このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

 

吉永小百合さんは日本を代表する女優さんですね。若い人たちにはなじみが薄いかもしれませんが。

昔はとても可愛い人だったという情報をもらいました。当時を振り返ってみてどのような人だったのかを検証してみました。

スポンサードリンク

吉永小百合さんプロフィール

本名 :岡田 小百合
生年月日:1945年3月13日
出生地 :東京都渋谷区
血液型:O型
星座:うお座
動物占い:ぞう
身長 :157cm
職業 :女優・歌手
ジャンル:映画・テレビドラマ・CM
活動期間:1957年 -
配偶者 :岡田太郎
学歴:早稲田大学第二文学部西洋史学専修卒

吉永小百合さんエピソード

昭和32年に渋谷区立西原小学校6年生(12歳)時

ラジオ東京(現 TBSラジオ)の連続ラジオドラマ『赤胴鈴之助』でデビューしました。

赤胴鈴之助とは当時の子供に大人気だったアニメのです。

昭和37年に高校在学中、『キューポラのある街』(浦山桐郎監督)にヒロイン役で出演しブルーリボン賞主演女優賞を受賞します。。ビクターから『寒い朝』でレコードデビューし20万枚のヒットしました。

1965年に大学入学資格検定に全科目合格は出来ていなかったのですが、早稲田大学に高卒と同等以上の学力があると認められ早稲田大学第二文学部西洋史学専修に入学しました。

また、多忙にもかかわらず留年せずに次席で卒業したというエピソードもすごいです。

1973年(昭和48年) – フジテレビディレクター岡田太郎(後の共同テレビ社長、会長、取締役相談役を歴任)と結婚。15歳差の年の差結婚でした。

あの有名司会者もまさかの?

そしてあのタモリさんも吉永小百合さんを目当てに早稲田大学入学を決意したという話です。

それほどに可愛かったというかアイドル的存在(昔の広末良子のような感じでしょうか?)だったと考えられます。

生きる支えが「いつか小百合さんに会える」ということだったということで。

厳しいモダンジャズ研究会の練習もこれで乗り切ったというエピソードがあります。

また、学生食堂のおばさんにリサーチをかけたところ週二回来ているというところまで聞き出して学食に通ったというエピソードもあるそうです。

 

それほどまでにサユリストと呼ばれる人たちは多かったのでしょう。

スポンサードリンク

旦那さんのプロフィール

本名 :岡田 太郎
生年月日:1930年7月20日
出生地 :東京都
星座:うお座
動物占い:かに
職業 :テレビプロデューサー

独自の演出技法でアップの太郎と呼ばれていたそうです。

のちに共同テレビの社長となりました。

結婚について

当時吉永さんは多忙すぎるスケジュールによる精神的ストレスから、声帯に異常を来し、声が出なくなってしまったそうです。そんな時に声をかけたのが岡田さんだった。
「彼女によれば、『(岡田さんは)いろんな治療法を勧めてくれて、声を取り戻しました。自分を愛してくれている、という思いが膨らんでいった』と」

岡田さんとの結婚により役柄のイメージに合わず、結婚に反対する両親との仲違いも報道されたりもしたそうです。

昔のフジテレビの近くにある寿司店の2階の座敷で、ひそかにデートをしていたそうで。吉永さんの運転手も同席しましたが、父親には『会ってはいるけど、怪しいことはありません』とあくまで仕事の打ち合わせのように装っていたそうです。

それが実を結び結婚に結びついたということです。

当時の写真を見てもとても可愛いです。

 

これからも吉永さんの活躍を見守っていきましょう!

スポンサードリンク