このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

私はHR(ハードロック) HM(へヴィメタル)が好きです。この手の音楽って好き嫌いがはっきりと分かれるところだと思うのですが。どんなところから入っていたらよいのかわからない人もいると思いますのでざっくりとまとめてみました。

スポンサードリンク

ハードロックとへヴィメタルとは?

【 ハードロックとは】

1960年代末以降のロックの主流となった硬質のサウンドで大音量による長時間演奏。電気ギターを中心にしたバンド・サウンドでR&Bの影響を受けた即興演奏を展開した60年代末のブルース・ロックのジミ・ヘンドリックス(ジミ・ヘン)や、クリームらの演奏によって触発されたミュージシャンによって形成されたのが、ハード・ロック。

【へヴィメタルとは】

1960年代末のブラックサバスやレッド・ツェッペリンなどのハード・ロックから派生した重く歪んだ金属的なギター・サウンドによる攻撃的な大音量とシャウトするボーカル、タテ乗りリズムによるロックをさす。80年代のAC/DCやアイアン・メイデンから90年代にかけてのボン・ジョヴィやメタリカなどのバンドもあげられる。

なぜ日本では流行ってない?

流行っているというよりはひっそりと活動し続けている。日本のメディアが流行らせない。というのも上げられるかもしれませんね。

もしかしたら過去のXが某テレビ番組でしてしまったことも原因かもしれません。

しかし過去を悔やんでも仕方がありません。

いいえ日本だって頑張っているんです。

日本のメタルバンドを紹介。

1.陰陽座

和風なメタルバンドです。普通に聞いていたらメタルだとわからない曲もあります。初心者におすすめです。

2..聖飢魔II

一度は見たことがあるデーモン小榑陛下のバンドです。普通に聞けると思います。けったいな人だと思わずにまずはレンタルしてみてください。

3.犬神サアカス團

少し毒がありますが、聞きごたえはキャッチ‐なので はまる人ははまるかもしれませんね。

聞いてみればわかるんですが結構普通の曲なんです。

スポンサードリンク

どこの国がすごいのか?

これは断然ですが北欧特にフィンランドが1番だと思います。

とくに有名どころは

ストラトヴァリウス

ソナタアークティカ

ナイトウィッシュ

HIM

コルピクラーニ

などがあげられます。

フィンランドは国民が500万人くらいしかしませんが 世界一メタルバンドが多い国です。これは国民せいかもしれませんが、やることが

音楽するかテレビ見るかくらいしかないと発言されたバンドの方がいるように老若男女とわずバンドをする傾向にあるそうです。

また、教育的にも自分の進路をなんどでもやり直せるようになっているので自動的に音楽したい人が増えていくのかもしれませんね。

日本の音楽チャートのようなもので普通にメタルバンドが1位をとってしまうような国です。

へヴィメタルの偏見で聞くと頭悪くなるといわれることもありますが、フィンランドは学力世界一位です。だからそんなの関係ないよと思わせることができますよね。

だから世界は面白いのかもしれません。

スポンサードリンク

国によっても全然違ってきますが。

いろんな分野の音楽を聴いておくと 海外旅行に行った時も楽しめますし、偏見の目がなくなるかもしれないのでいいと思いますよ。

HR/HM名盤1300―死ぬまでに聴きたい名盤カタログ

新品価格
¥2,808から
(2015/8/4 19:41時点)