このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

たなかじゅんさんの漫画ナッちゃんを全巻読みました。これを読めば明日から鉄工所のことが分かる!?

スポンサードリンク

ナッちゃんとは

父の起こした鉄工所を父の死と共に OLをしていた娘のナッちゃんが引きついて紆余曲折しながらも周囲の信頼を得ていくというストーリー。

非常に工夫をされていて鉄工所のイメージががらりと覆されると思います。

21巻出ているだけあって読めば読むほど面白いことが分かると思います。

鉄工所?

鉄工所ってどんなところ?という人も多いと思いますのでざっくりと鉄工所について説明します。

・切り抜く

板金を切り抜いて必要な長さに整えます。

・穴をあける。

ターレットパンチプレスという機械を使って板金に穴をあけていきます。

・曲げる

板金を曲げて形を作ります。

・溶接

金属通しをくっつけるために行う作業になります。溶接にも複数の種類があって

ナッちゃんでよく出てくるのはアーク溶接とTIG溶接です。

単体だけの仕事ではやっていけないのが鉄工所の仕事だと思います。もちろんできなくもないのですが、やはりオールマイティーに何でもできたほうがお客さんから見たときに使い勝手がよいと思われます。

だからナッちゃんはいろいろな仕事をもってこられその都度うんうん悩みながらも結局解決していく。その過程が面白いと思いますし、私たちの手元に来ている製品もこのようにしてきているんだということが分かれば、作った人への感謝が生まれるかもしれませんね。

スポンサードリンク

見どころは?

自分自身がこの漫画をよんで感じたことは、もっと早く知りたかったということです。

少なくても自分が読んだ漫画の中で5本の指に入るくらい素晴らしい漫画だと思っております。

特にものづくりの道に進む人たちはこの漫画を一刻も早く読んでもらいたい。

場所によっては工業高校や工業大学にもおいてあるそうですが、わが母校にはおいていなかったし卒業まで知らなかった。

機械の仕組みや制作修理の過程が細かく書かれているので、全くの素人でもなんとか読み進めていくことはできると思います(不明なところはググってくださいね)

フィクションだからといってしまえばそこまでなのですが、女性でここまでできる人はいないです。しかも仕事に関してのマインドや進め方、解決方法まで教えてくれる漫画です。

スポンサードリンク

この漫画を読むのと読まないとでは工業センスが全く違ってきます。

鉄工所とは関係ない 電気 化学 情報 関係の人たちも絡めて来ておりますのでこんなに素晴らしい漫画はほかにはないと思います。

※何気に電気の知識もでてきますし、化学メーカーの知識も出てきますし、プログラミングの知識も出てきます。

それはナッちゃん一人でできるものではなく、周囲にいる人たちの知識も借りながらの話になるのですが、一人親方の場合は周りに協力者が居てくれるというだけで恵まれますね。

ちなみに小学校の社会科の教科書にもとりあげられていたりするので結構すごい漫画です。

ナッちゃん 全21巻 完結セット (ジャンプコミックスデラックス)

中古価格
¥8,220から
(2015/8/4 21:32時点)