このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

天皇誕生日12/23 現在の今上天皇 平成天皇の誕生日ということで祝日になっておりますね。天皇が変わるとしたら次は祝日が変わってきますが。休日は増えるのでしょうか?

スポンサードリンク

天皇誕生日は在位中の天皇の誕生日と同日に制定される祝日であります。

在位中の天皇の誕生日なので、別の天皇が即位すれば天皇誕生日も変更されることになります。

ちなみに現在も天皇誕生日が祝日として存在するのは、

  • 明治天皇誕生日11月3日(文化の日)
  • 昭和天皇誕生日の4月29日(昭和の日)

の二つになります。

この二つを踏まえたうえで説明していきましょう。

明治天皇誕生日

明治天皇の誕生日は11月3日です。

いわゆる現在の「文化の日」と言われる祝日です。

ということは、平成時代の今も祝日になっていますね。

しかし、祝日の名前は「明治天皇誕生日」ではなく、「文化の日」になっています。

その背景についてですが、明治時代はもちろん天皇誕生日として祝日でした。

明治天皇がお亡くなりになったあとは天皇誕生日の11月3日は一旦祝日ではなくなっています。

その15年後の昭和2年に国民の帝国議会に対する請願を受けたことによって決まりました。

復活した昭和2年から昭和22年までは、明治天皇誕生日という祝日だったわけです。(あまり知られていないかもしれません)

ただ、11月3日というのは、昭和21年に日本国憲法が公布された日でもあり、昭和23年の祝日法によりそれ以降は「文化の日」という名前に改定されたということです。

つまり、11月3日は明治天皇誕生日であり、且つ日本国憲法が公布された日でもあるということですね。

大正天皇誕生日

大正天皇の誕生日は8月31日です。

この日は現在祝日にはなっておりません。

もちろん大正時代はこの日が天皇誕生日として祝日だったわけですが、大正時代にはもう一つ祝日が増えています。

大正天皇の誕生日は8月31日で残暑が残る厳しい季節だったのです。

そのため天皇誕生日の式典が季節的に夏は暑く難しいので涼しくなる

2か月後の10月31日に式典を行うようになったのです。

だから8月31日の天皇誕生日に加えて、式典を行う10月31日も国民の祝日としていたのです。

ただ今日にはその名残を知っている人はすく非常に少ないかもしれません。

スポンサードリンク

 昭和天皇の誕生日

こちらは有名ですね。旧みどりの日 4月29日です。

この日は現在も私たちにとって「昭和の日」ということで祝日になります。

なぜ昭和が終わっても継続されているのか。

昭和64年に今上天皇(今の平成天皇)が即位したことによって、普通は天皇誕生日は4月29日から現在の12月23日に変更になりますよね。

しかし、4月29日というと、ゴールデンウィークの始まりの休日で国民に定着しており、その日を平日にすると国民が混乱するのではないかということで

その日を「みどりの日」として祝日を継続させることになったとのことです。

次の天皇誕生日と休日は増えるのか??

次の天皇誕生日は徳仁親王殿下が即位したら誕生日は2月23日なのでそこが天皇誕生日になります。

私個人的な意見では 平成の時代でもっとも身近な天皇陛下であるので国民としても休日にしてもらいたいという意見は大きいと思います。

多数派が多ければ12月23日は休日となる可能性の方が高いと感じますね。

週休二日が当たり前となっているのですが、さらに休日が増えていく現在。休日がふえるのはいいことですが、世間的には休日という形でブラック企業が蔓延しているのでそこはなんとかしてもらいたいところです。

スポンサードリンク