このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

オコエ瑠偉バッティングが凄いという情報がありましたので調べてみました。打撃だけではなく走塁と守備に関して50m走とグローブについても調べてみました。

スポンサードリンク

オコエ瑠偉選手について

名前:オコエ 瑠偉(おこえ・るい)

身長体重:183cm88kg

右投げ右打ち

ポジション:外野手

遠投120m

50m5秒9

東村山ドリーム(軟式)(東京都東村山市秋津東小)→東村山シニア(硬式)(東京都東村山市東村山第六中)→東京都関東第一高校

野球を始めた年齢は6歳できっかけは近所のおじさんに誘われたそうです。
高校野球の魅力として最後の最後まで何が起きるかわからないところを上げております。
アピールポイントとしては走・攻・守全てで攻めるところと語っております。

バッティングが凄い!

オコエ選手のバッティングが凄い!のですが、それを語るうえで中学時代にさかのぼります。

実は中学時代はゴルフもやっており、その時の経験が生きている等ことも語っております。

ゴルフでボールの回転が打球の方向や飛距離に大きく影響することを学んだそうです。

そこから学んだことで、普段のバッティングできれいなバックスピンのかかった打球をセンター返しで打とうと心掛けているそうです。

※ちなみに中学時代のオコエ選手の体育の成績は2だったそうです。それは身体能力ということではなく単純に授業態度が非常に悪かったということで。本人も認めているそうですね。

スポンサードリンク

50m走について

50mは5秒9。そして2塁到達タイムは7秒53とプロの中でも俊足レベル。

因みにプロのトップレベルの選手と比較してみました。

オコエ選手 一塁到達 4.07 三塁到達10.75

荻野貴選手(あだ名は快速荻野二塁) 一塁到達 3.57 三塁到達11.01

メジャー選手
ハミルトン選手 一塁到達 3.75 三塁到達 10.50
トラウト選手 一塁到達 3.49 三塁到達 10.66

この数字が何を表すかというと
高校生レベルで瞬発力やトップスピードに乗るのが抜群に速い
ということです

オコエ選手の足だけでも買ってくれる球団が出てくるのは間違いありません。なぜならなば、プロに入ってパワーや技術はアップ可能なのですがスピードだけは天性のもので鍛えてもなかなか伸びないからです。

それくらい走力には魅力があるということを各球団のスカウト陣は評価しております。

バッティングは努力次第でなんとでもなる。

グローブについて

オコエ選手は道具にもこだわりを貫きます。

野球メーカー・SSKに特注したグラブは「中指出し」モデルとなっております。

グラブから指を出すのは人差し指が普通だが、中指を出すことでボールをグラブの中央で捕球しやすくなるといいます。

ちなみに脚力を支えるスパイクも軽量化に特化した特注品。

30センチの大きな足への締め付けを嫌い、ヒモではなくベルクロタイプとなっているそう。

※ベルクロ→面ファスナーの一種で2枚のナイロンテープのうち1枚には鉤(かぎ)状の微小な突起があります。もう1枚には無数の輪が密生しているので、これらを合わせることにより、相互にかみ合って密着するようになっています。

走攻守すべてにおいてトップを目指すというのは身体能力もそうですが、

道具へのこだわりも含めたところをみて素晴らしいと思いますね。

スポンサードリンク