このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

渦中の清原和博氏がブログで中居君に感謝していたという件について語っていきたいと思います。

スポンサードリンク

清原選手について選手としての特徴

打撃

右の長距離バッターですが中堅から右方向への流し打ちが上手いです。
入団当初は内角のボールを苦手で打ち悩んでいたがフォームをコンパクトにしたことで内角のボールに無理なく対応できるようになった。

勝利打点王や最高出塁率の獲得経験はあるが、打者の三冠タイトルである首位打者、本塁打王、打点王の獲得経験は無く、これが落合との差となっている。
通算525本塁打は本塁打王を獲得していない選手の中では史上最多であり無冠の帝王という異名を付けられたこともあります。

チーム打撃に徹する選手であり、打点や本塁打などタイトルを取れる可能性が高い時もあったのですが、自分の記録よりチーム勝利ということを目指していたそうです。
本塁打より犠飛が欲しい時にはそれにこたえてきたもよう。

高校時代も自分本位にやるなら、もっと本塁打数は多かった。チームのために頑張ってきたからと言っています。
これはイチローも同じようなことを言っています。打率2割でよいなら30本でも40本でもホームランを打てるというような発言をしています。

現役中10度のリーグ優勝、8度の日本シリーズ優勝と西部の黄金期を支えた選手でありますが、
シーズンMVPおよび日本シリーズMVPになったことがない選手です。

2000本安打、500本塁打、1500打点を達成した打者は日本プロ野球史上清原選手を含めても6人です。
(他は王貞治氏、野村克也氏、門田博光氏、張本勲氏、落合博満氏)、通算本塁打数は歴代5位、通算打点数は歴代6位に位置している非常にすごい選手でした。

また、オールスター戦に強く、オールスター戦通算打率1位(100打数以上対象)・通算本塁打2位・通算打点1位・通算塁打1位・通算得点1位という記録を残している。オールスターMVP受賞最多記録(7回)も保持しており、現役時代は「お祭り男」の異名を取った。

最多四球を4度記録するなど通算1346四球は王選手と落合選手に次いで歴代3位の記録で、通算打率.272に対して通算出塁率は.389、OPS.909を記録しています。
また、サヨナラや満塁の場面に非常に強く、通算サヨナラ本塁打・通算サヨナラ安打・通算サヨナラ満塁本塁打すべての日本記録を保持しています。ここからもお祭り男と呼ばれる所以が見受けられます。
一方で西武時代末期からは三振が非常に多かったほか、1955三振と196死球という痛い記録も日本記録となっている。

スポンサードリンク

守備・走塁

一塁手でゴールデングラブ賞を5度受賞している。
西武時代は年に数試合は三塁を守り、日本シリーズのセ・リーグの本拠地での試合でも、普段は指名打者のデストラーデが一塁、清原は三塁を守った。
走塁面ではシーズン二桁盗塁を二度マークしており、決して鈍足の部類ではなかった。度重なるけがにより走塁面では無理ができなくなってしまった。
1990年の優勝が決定した試合ではホームスチールを決めるなど、要所要所で活躍をしてきました。

中井君とのブログ内容について

今は清原氏のブログは閉鎖されてしまいました。

1月15日のブログで
沢山の方々に自分のことをテレビに出演できるように言ってくれたという感謝の意を表明しております。

でも清原氏がこうなってしまったのは
その原因は本人にあって

2014年にあったあの疑惑と離婚騒動だったと思います。

そんな事があってテレビに出れなかった清原も

中居正広の「金スマ」で1年ぶりに中井君のおかげで
テレビに出演することができました。

今回の逮捕であの当時の疑惑が本当になってしました。
中井君としてはSMAPの件といいてんやわんやかもしれません。

今回このようになってしまったことは残念ですが。悔いのないような人生を過ごしてください。自分もそうありたいので。

スポンサードリンク