このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

遺伝的要因は、睡眠プロセス、睡眠障害および認知機能の重要な一因です。

不眠症は最も一般的な睡眠障害の一つであり、不眠症患者の認知障害を評価するための満足のいく客観的試験機器がない。

BDNF機能を損なう遺伝的多型は不眠症の患者に見られ、正常な対照対象よりも有意に大きかった

BDNF多型と認知テストのパフォーマンス低下、睡眠ポリグラフパラメータ、および不眠症と鬱病の重症度との関連性が検出された。
抽象
バックグラウンド
BDNF活性の低下は、気分の落ち込みとの関連を示しています。他の証拠は、BDNF Val66Met多型(rs6265)が神経可塑性を低下させるように見えることを実証した。研究の限られた数は、これらの影響を調査した遺伝子多型で不眠症を。本研究は、正常な枕木におけるBDNF Val66Met多型(rs6265)の発生と不眠症のものとの間の関連性の存在を確認しようとした。
方法
研究対象は、不眠症を訴える患者群(n = 199)および対照群(n = 51)から構成された。各被験者は、要約不眠症質問票からの質問を用いて臨床的に面接を受けた。面接の後、被験者は不眠症重症度指数、ハミルトンうつ病評価尺度、およびモントリオール認知評価試験を完了するように求められた。一晩睡眠ポリグラフ検査も行った。遺伝学的研究のために血液試料を採取した。
結果
不眠症患者は、正常対照よりもヘテロ接合性(A / G)VAL / MET多型の有病率が高かった(p = 0.0001)。この発見は、BDNF活性を損なうこの遺伝的多型が睡眠障害の重要な相関関係であることを確認しました。さらに、不眠症群の中で有意に高い(p =≦0.0001)鬱病スコアの発見は、BDNFが鬱症状の発症における重要な因子であることを示唆した。
臨床的意義
本研究の結果は、BDNF 遺伝子多型が不眠症患者の間の症状の変動において顕著な役割を果たすこと、そしてさらに、この多型がうつ病の重症度と強く関連していることを示している。
前号の記事次の記事問題で
キーワード
BDNF認識機能障害遺伝子多型不眠症
1 。前書き
睡眠は、研究されてきたほとんど全ての動物において精巧に組織化され制御されている動的な生理学的状態である(Pandi-Perumalら、2010年;Zouら、2010年)。それにもかかわらず、それは進化論のパズルであり続けています。睡眠メカニズムの多くの側面はよく理解されていますが、その全体的な生理学的機能は依然として議論と研究の主題です(Pandi-Perumal et al。、2010 )。睡眠の全体的な機能のより大きな問題に取り組むことはこの論文の目的ではないが、著者は睡眠の基本的なメカニズムについてのより多くの知識と共にその機能のより良い理解が現れるという楽観的な立場をとる。ますます多くの証拠が、遺伝的要因が睡眠プロセスの重要な一因であるという推論を現在支持しており、そして事実、それらを開始しそして持続させる重要な推進力であり得る。これらの要因は、通常の睡眠のプロセスの根底にあり、延いては、睡眠障害が起こると根底にあることが繰り返し示されてきました(Maret et al。、2017 )。動物モデルおよびヒトにおける最近の研究は、その日周変動、恒常性反応、および睡眠障害を引き起こす様々な変化を含む遺伝的多型が睡眠の下位要素にどのように影響するかを解明し始めている(Low et al。、2008 ; Zimmerman et al。 2008 ; Parish、2013 ; Sorribes et al。、2013 ; Kuo and Williams、2014 ; Sitaraman et al。、2015 ; Cavanaugh et al。、2016 ; Lane et al。、2016)。
急性または慢性の睡眠不全は、主観的にも客観的にも測定可能であるように経験される神経認知障害をもたらす(Kronholmら、2009年;Nebesら、2009年;Xuら、2011年;Stockerら、2017年)。睡眠障害に起因する赤字の種類は、信号検出不良や反応時間の短縮などの単純な認知障害から、実行機能や問題解決能力を含むより複雑な困難まで多岐にわたります(Durmer and Dinges、2005 )。睡眠不足は、顕在的な作業要件と認知機能の要素との間の相互作用を乱すことによって、より高いレベルの認知機能を妨げることが示唆されている(Alhola and Polo-Kantola、2007 )。これらは順番に、全体的な問題解決のための望まれないフィードバック効果を生み出します。それは即時的で累積的な効果です(Jackson et al。、2013)。より具体的には、これらの効果は睡眠不足が注意の過程において時々刻々の変動を生み出すために起こると仮定されてきた(Krause et al。、2017)。「注意」が他のほとんどすべての認知活動の基盤である限り、睡眠不足の全体的な影響は、パフォーマンスに幅広い矛盾を生じさせることです(Jackson et al。、2013)。
不眠症はすべての睡眠障害の中で最も一般的です(Grewal and Doghramji、2017 )。覚醒経験への影響は広く研究されているが(Bonnet and Arand、2010)、この研究の結果はしばしば矛盾していて矛盾している( Tromp et al。、2016)。これらの矛盾は、不眠症が定義または分類される方法、方法論の問題、または使用されている最終的な認知課題の選択など、さまざまな要因に由来していることが示唆されています( Araújoet al。、2017)。
不眠症の患者は一般的に日中の認知障害、主に注意力と集中力の欠如を訴えるが(Goldman-Mellor et al。、2015)、限られた量の客観的証拠のみがこの関連を支持している(Femandez-Mendoza et al。、2010)。。この問題のレビューは、不眠症研究における日常的な使用のために特定の精神運動または認知能力尺度を推奨することはできないと結論している(Vgontzas et al。、2009 ; Moreira et al。、2011)。不眠症患者の認知障害を評価するための満足のいく客観的試験機器がないことを考慮して、不眠症研究における主な手段はインタビューと日中の警戒心と精神的な効率に関する自己申告アンケートである(Holcomb、2006)。
脳由来神経栄養因子(BDNF)は、中枢神経系および末梢神経系の両方に存在するニューロトロフィンファミリーの重要な一員である(Yanら、1997)。BDNFは、学習および記憶を改善し、酸化的および代謝的損傷に対してニューロンを保護し、そして神経発生を刺激することが報告されている(Mattsonら、2002年;Mattson、2005年)。前駆体ポリペプチド(プレプロBDNF)はBDNF遺伝子によってコードされる。それは後にタンパク質分解によって切断されてプロBDNFおよび成熟機能性BDNF分子を生成する。Pro − BDNFは、ニューロン構造および長期の海馬可塑性を調節することが見出された( Binder and Scharfman、2004 ; Bath and Lee、2006 ; Toh et al。、2018)。
met対立遺伝子は、エピソード記憶の低下および異常な海馬活性化と関連しています。したがって、これらの欠陥は、BDNFおよびそのVal / Met多型がヒトの記憶および海馬機能の増強において役割を果たしていることを実証している。蓄積された証拠は、Val / MetがBDNFの細胞内輸送および活性依存性分泌に影響を与えることによってこれらの効果を発揮することをさらに示唆している(Egan et al。、2003)。さらに、BDNFは海馬における萎縮性(ストレス)効果を改善すると考えられている(Xu et al。、2006)。加えて、BDNF欠乏症は自殺患者および鬱病および不安障害を患っている患者の血清中で脳内に証明されている(Choo et al。、2014)。これらのBDNF欠乏症は、そのような対象の血小板にさらに示されている(Lee and Kim、2010)。
BDNF Val66Met多型(rs6265)は、バリン(Val)からメチオニン(Met)へのアミノ酸の交換を特徴とする。これは、活動依存性BDNFの分泌を減少させることによって内側側頭葉(MTL)の神経可塑性を低下させるように思われる(Brooks et al。、2014)。したがって、これらの行動は広範囲の認知機能に影響を与える(Gong et al。、2009;Brooks et al。、2014)。Val対立遺伝子の過剰感染は認知機能障害と関連しているので(Lee et al。、2016)、BDNF分泌を調節するBDNFVal 66 Met多型も同様に認知機能を損なう可能性があることが示唆されている(Schmitt et al。、2016)。BDNFが効率的な認知機能に重要であるという仮説を支持するこれらの知見は、したがって、BDNFが正常な睡眠に必要であることをさらに示唆している(Schmitt et al。、2016)。睡眠調節におけるBDNFの重要性の裏付けとなる証拠は、Val66Metキャリアが40時間の強制的な覚醒の直後の徐波活動(SWA)および非急速眼球運動(NREM)睡眠における障害を示すという最近の研究によってさらに提供されている(Schmitt et al。、2016)。この証拠は論理的に説得力があるが予備的なものであり、さらなる確認に値する。本研究は、BDNFが睡眠調節にとって重要であるという推論を支持する限られた数の研究に貢献することを目指した。したがって、重要な実験目的は、BDNFを損なう遺伝的多型の存在が不眠症の患者において見出されるかどうか、そしてこれらの多型の発生が正常な対照対象におけるよりも有意に大きいかどうかを決定することであった。
2 。目的と目的
高覚醒は最終的に神経毒性を引き起こす状態を引き起こすことが提唱されている(Roozendaal et al。、2009 )。神経毒性物質の存在は、海馬および辺縁系の細胞を損傷し、最終的には死滅させ、そしてさらに、BDNFなどの神経保護物質の機能不全の原因となり得る( Dragunow et al。、1997 )。これらの要因の組み合わせは疑いもなく後遺症を有し、不眠症に関連する気分および認知症状の根底にあり得る。BDNFの神経保護作用がこの神経毒性を減少させ、それによって不眠症によって引き起こされる損傷を制限または修復するのを助けることができることは合理的な推論である。
したがって、本研究の目的は、正常対照(すなわち、不眠症のない対象)と比較した場合、不眠症患者がBDNFの神経保護作用を阻害する遺伝的多型の有意に高い罹患率を有するかどうかを判定することであった。第二の目的は、不眠症患者が認知能力および心理的気分および昼間の眠気を含む昼間の機能の他の尺度に関して正常と異なるかどうかを確認することであった。これらの目的と一致して、我々は睡眠制限のある対象がBDNFの神経保護作用を制限することが知られている遺伝的多型のより高い罹患率を有するであろうと仮定した。我々はさらに、正常と比較した場合、不眠症の患者は認知能力、気分、および日中の覚醒において著しく大きな障害を示すであろうという仮説を立てた。これらの仮説に関する肯定的な知見は、これまでの一連の証拠と論理的に一致しており、研究の全体的な目的、すなわち気分の向上、認知の向上との関連を含むBDNF活性の広範な効果を実証することを支持する。効率、および睡眠の質、そしてさらに、この相互関連性における対立遺伝子の種類および変異の役割を明らかにする。
3 。対象と方法
2011年1月から2014年1月までの期間に、マンスーラ大学病院の睡眠クリニックおよび精神科外来クリニックを訪れる患者から被験者を募集した。
研究対象は、2つのグループに分けられた:不眠症を訴える患者グループ(n = 199)および不眠症を訴えない患者の対照グループ(n = 51)。この患者グループは、現在は精神活性物質の依存や乱用のない、不眠症の訴えがある22〜48歳の患者で構成されていました。
身体検査および病歴によって評価したところ、対照群は身体的および心理的に健康であった。彼らは彼らの血液の化学的性質または彼らの一般的な医学的状態のいずれにおいても臨床的に重大な異常を示さなかった。彼らは非喫煙者であり、脳損傷の病歴もなく、妊娠していなかった(血液検査により評価)。質問票やベースライン睡眠ポリグラフによる評価では、睡眠障害や概日リズム障害の不満や証拠はありませんでした。さらに、正常な被験者は、彼らの習慣的な睡眠経験が満足のいくものであること、毎日6時間から10時間の間、通常の就寝時間があること、および06:00から09:00の間に起きたと報告しました。さらに、彼らは、彼らが研究に入ってから3ヶ月以内に交代勤務を始めなかったこと、研究に入ってから1ヶ月以内にタイムゾーンを横断して旅をしていなかったことと 彼らはさらに、不眠症に罹患しておらず、日中の眠気も睡眠呼吸障害も経験していないと報告した。採用された被験者は全員、デルタ地域に住むアラブ人であり、民族の多様性はなかった。
倫理的承認は地元の治験審査委員会(IRB RP / 16.02.89)から得られた。狙いと調査のステップが説明された後に、参加者から書面によるインフォームドコンセントが得られた。彼らは彼らの個人データは機密のままであり、彼らが望むときはいつでも研究から自由に撤回することができると確信していた。
3.1 。アンケート
各被験者は研究チームによって臨床的に面接を受け、詳細な睡眠歴が得られた。不眠症を診断するためのDSM-IV TR基準(Kessler et al。、2010)を検証する簡潔な不眠症アンケートを使用して、不眠症診断を確認した。
参加者は以下の質問事項に記入するように求められた。
3.1.1。不眠症重症度指数(ISI)
不眠症の重症度指数は、不眠症の夜間症状と昼間症状の両方の重症度を評価するために設計された簡単な手段です(Bastien et al。、2001)。不眠症重症度指数には7つの質問があり、それらはLikert回答尺度(0 =まったくないから4 =とても悪い)までの範囲で評価されるべきである。7つの答えが合計されて合計点が出ます。0〜7 =臨床的に重大な不眠症はありません。8〜14 =閾値下不眠症。15–21 =中等度の臨床不眠症。22〜28 =重度の臨床的不眠症。ISIの検証済みアラビア語版がこの研究で使用された(Suleiman and Yates、2011)。
3.1.2。ハミルトンうつ病評価尺度(HAM-D)(Hamilton、1960)
HAM-Dは、治療前、治療中、治療後の患者のうつ病レベルを判断する方法として長年使用されてきました。精神科患者の治療経験のある臨床医が投与する必要があります。感度は86.4%、特異度は92.2%です。
0〜7の範囲のスコアは正常と見なされます。8から13の範囲のスコアはそれぞれ軽度のうつ病、14−18 =中等度のうつ病、19−22 =重度のうつ病> 23 =非常に重度のうつ病を示す。検証されたアラビア語版は、(Ibrahim et al。、2012 ; Bachner、2016)から改作されました。
3.1.3。モントリオール認知評価テスト
モントリオール認知評価試験(のMoCA)認知機能における測定欠損(Nasreddineら、2005 )。このテストは、読み書きができず教育が不十分な被験者における軽度の認知障害の検出を容易にするために開発されました。MoCAはいくつかの認知領域を評価します:実行機能、言語、オリエンテーション、計算、概念的思考、記憶、視空間知覚、注意、そして集中。MoCAを投与するのに必要な時間は約15分です。回答者は30点満点で評価され、スコアは18〜25 =軽度の認知障害、10〜17 =中程度の認知障害、<10 =重度の認知障害です。テストの公式Webサイト( http://www.mocatest.org/)からダウンロードしたアラビア語版を使用しました。試験対象は、MoCA試験の個々の項目についての得点に従って後で分類された。小項目の標準値は、Nasreddine et al。、2005&2012 ; から引用した。Santangelo et al。、2015)。 3.2 。睡眠室検査 被験者は、マンスーラ大学病院の精神科に入院した患者、および病院の精神科の職員精神科医によって紹介された患者の中から募集された。これらの初期の新兵は、認定睡眠技術者(Model:Somte Polysomnoraphy(PSG Amplifier and Recorder - Compumedics Australia))によって連続的にモニターされた睡眠ポリグラフを使用した一晩睡眠研究に参加するよう招待されました。被験者が目を覚ましている間は周囲の照明は継続したままであったが、睡眠期間中は消灯していた患者が眠りについた後は訪問者や電話は許可されていなかった。 BDNFレベルの摂取量は、彼らは断食されたか、摂食障害に苦しんでた人いることを報告していたすべての被験者は、最初のスクリーニングプロセスの間に研究から除外した。被験者が使用を許されなかったカフェインに入院される前に、48時間、またはタバコ製品を一晩の評価中、各被験者は16時間の睡眠試験を用いて8時間連続的にモニターされた。脳波図(EEG)、脳波図(EOG)、筋電図(EMG)を含むチャンネルポリグラフ。就寝時刻は、被験者の通常の就寝時刻に合うように調整された。睡眠記録はその後、米国睡眠医学アカデミー(AASM)の標準化された基準に従って独立して採点された( Berry et al。、2012)。睡眠ポリグラフのパラメータの標準値は、以前に確立された所見から得られた( McCall and Edinger、1992 ; Ohayon et al。、2004)。翌朝、被験者の認知能力をテストし、血液サンプルを遺伝子検査のために採取しました。 3.3 。遺伝学 遺伝学的研究のための実験室プロトコールは他に記載された手順に従った(Brunoni et al。、2008 )。標準的なプロトコルとして、3ミリリットルの血液を各参加者からEDTAチューブに集めた(Lehmann et al。、2010 )。QIAmp Blood Kit(Qiagen、Germany)を用いて白血球からDNAを抽出した。BDNF遺伝子のVal66Met遺伝子多型(G196A; rs6265)の遺伝子型決定は、以前に他の場所で報告されているポリメラーゼ連鎖反応(PCR) - 制限断片長多型(RFLP)法によって行われた(Wangら、2008)。ゲノムDNAを、異なるプライマー(フォワードおよびリバース)を用いたPCRを用いて増幅した。フォワードプライマー配列、5'-ACT CTG GAG AGC GTG AAT-3 '。リバースプライマー、5'-ATA CTG TCA CAC ACG CTC-3 '。反応容量は25μl:100ng / μlで5μlのDNA、15.0μlであった。DreamTaq Green mater mix(Fermentas、Germany、ロット39428)は、0.5μlの各プライマー(25pmol /μl)、および4.0μlのH 2 Oからなった。反応条件はサーモサイクラーPTC − 100(Biorad、米国)中で実施した。PCR反応は以下の条件で行った。95℃で5分間。次いで、95℃で30秒間、適切な温度で30秒間のアニーリング、および伸長のために72℃で30秒間の各30秒間の変性サイクル、および72℃で10分間の最終伸長を35サイクル行った。Fast Digest NlaIIIを用いて制限断片長多型(RFLP)分析を行った。この溶液は、混合することによって全体積30μlに調製した:10μlのPCR産物+ 1.0μlのNlaIII制限酵素+2.0μlの10×Fast Digest Green緩衝液+ 17μlのヌクレアーゼフリー水(Fast Digest Hin1II; Thermo − Fisher Scientific; Microscomage; Process − Fisher Scientific)カタログ番号:FD1834)。混合物を37℃で10分間インキュベートし、続いて65℃で10分間加熱した。DNA断片を2.5%アガロースゲルに溶解した。(図1〜4を参照) 図3 1〜4 高解像度画像をダウンロード(266KB)フルサイズの画像をダウンロード 図3 1〜4 高解像度画像をダウンロードする(62KB)フルサイズの画像をダウンロード 図3 1〜4 高解像度画像をダウンロードする(108KB)フルサイズの画像をダウンロード 図3 1〜4 高解像度画像をダウンロード(209KB)フルサイズの画像をダウンロード 図3 1-4。BDNF分子の(ホモ接合性)を示す1つのバンドおよび(ヘテロ接合性)を示す(ヘテロ接合性)2つのバンドの出現を伴う、試験サンプルについてのポリメラーゼ連鎖反応の結果のサンプルの要約。 3.4 。統計分析 記述統計量:連続変数は平均値および標準偏差として、そしてカテゴリ変数は生の頻度または割合として表した。推論統計量:臨床変数と精神測定検査の観点から実験と対照の被験者の違いを調べた。2群の遺伝子型と対立遺伝子頻度はSPSS統計パッケージ(バージョン20.0)によるカイ二乗分析を用いて比較した。統計的有意性のレベルは、p値<0.05に設定した。報告されたすべてのp値は両側でした。2つの研究されたグループ(不眠症患者および対照)の遺伝子型および予想される対立遺伝子頻度の計算のために、我々は集団中の2つの対立遺伝子の頻度に基づくハーディ - ワインバーグ則を適用した(Allele1 + Allele2)2 =(Allele1)。 2 + 2(Allele 1×Allele 2)+(Allele 2)2(Guo and Thompson、1992 )。ハーディ - ワインバーグ平衡の存在は、適合度についてカイ二乗検定を用いて検定した。3群の遺伝子型および対立遺伝子頻度は、SPSSバージョン21.0を使用して、カイ二乗統計量およびフィッシャーの正確確率検定(サンプルが小さいときのみ)を使用して分析した。多型の保因者が不眠症を経験する可能性がある回数を検出するために、多重ロジスティック回帰分析を使用した。含めることを考慮した変数は、TST、WASO、睡眠効率、睡眠潜時の睡眠段階、およびMoCAの認知下位尺度でした。 4 。結果 合計250人の被験体(不眠症の愁訴のない51人の対照被験体および199人の不眠症の患者)が試験に登録された。人口統計学的要因は、独立した2標本t検定を使用して比較されました。体重、BMI、職業、およびクロノタイプを除いて、不眠症患者と健常対照者との間に有意差は見られず、p値は統計的に有意であった(表1)。患者および対照を含む募集対象の全サンプルは、単一の民族的背景(エジプトアラブ人)からのものであった。 表1。人口統計データと症例および統制の一般的な特徴。 変数/グループ 対照群(n = 51) 不眠症群(n = 199) p値 平均値(±SD) 分 マックス 平均値(±SD) 分 マックス 年齢(歳) 40.1(±11) 20 60 42.3(14.7) 20 57 0.32 高さ(cm) 167.5(±12.6) 149 175 164.2(±11.5) 124 186 0.07 重量(キロ) 79.9(±12.7) 52 110 88.5(±24.9) 64 100 0.0001 首周り(cm) 40.8(±1.6) 39 49 40.4(2.1) 24 58 0.2 BMI(kg / m 2) 26.3(±5.1) 16 38 31.4(±3.5) 14年 48 0.0001 コントロールN% 不眠症N% 性別 男性 2.9(22.1) 102(77.9) 0.2 クロノタイプ 朝のタイプ 37(28.2) 105(88.2) 0.001 イブニングタイプ 14人(11.8人) 66(89.2) 職業 主婦 8(10.8) 66(89.2) 0.001 従業員 22(34.4) 42(65.6) プロの労働者 21(21.6) 76(78.4) 学生の 無し 15(0.06) シフトワーカー いいえ 51(24) 189(78.8) 0.09 はい 無し 10(0.04) BDNF遺伝子型頻度および統計を表2に提示する。全体として、不眠症患者は、正常対照よりもヘテロ接合性(A / G)VAL / MET多型のはるかに高い罹患率を示し、その差は非常に有意であった(p =≦0.0001)。さらに、不眠症群は単一対立遺伝子頻度の変動を示した。MetとValの対立遺伝子頻度が正常な認知機能を持つグループよりも認知障害のあるグループの方が高く、この差は統計的に有意であることがわかった(p <0.01)。さらに、ISIスコアリングに基づいて、不眠症群におけるMetとValの対立遺伝子分布の間に統計的に有意な差が観察された(p = .0001)。この所見はまた、異なるBDNF遺伝子多型を0.0001のp値と比較したとき、不眠症群にも適用された。HDRSスコアに従ってうつ病群間の対立遺伝子頻度および遺伝子多型を比較す​​ると、有意差もまた観察された(それぞれp = 0.02、0.001)。この知見は、BDNF活性を損なうこの遺伝的多型が睡眠障害の重要な相関関係であるという研究の主な仮説を確認した。性別、職業、BMIの変数に関して、不眠症患者群と健常対照者の間で遺伝子分析に有意差は見られなかった。しかし、BDNF遺伝子型に関して不眠症患者と対照群の間に有意な差はISIとHDRSに関して見られた。合計スコア 表2。試験サンプル間の遺伝子型およびBDNF 対立遺伝子頻度。 アレル頻度 遺伝子型 変数/ BDNF遺伝子 VAL対立遺伝子(N&頻度) Metアレル(Nと頻度) ×2 p ホモバンドA / AN% ホモバンドG / G N% ホモバンドA / G N% ×2 p 患者の状態 コントロール 70(0.69) 32(0.31) 10.4 0.00 6(2.4) 25(10) 20(8) 11.7 0.0001 不眠症患者 202(0.51) 196(0.49) 34(13.6) 37人(14.8人) 128(51.2) 性別 男性 133(0.51) 129(0.49) 2.8 0.08 27人(10.8人) 25(10) 79(31.6) 3.6 0.16 女性 139(0.58) 99(0.42) 35(14) 15(6) 69(27.6) 職業 主婦 76(0.51) 72(0.49) 15(6) 17(6.8) 42人(16.8人) 4 0.82 肉体労働者 71(0.55) 57(0.45) 0.8 0.85 9(3.6) 16(6.4) 39(15.6) プロの社員 108(0.56) 86(0.44) 15(6) 26人(10.4人) 56人(22.4人) 学生 17(0.57) 13人(0.43人) 1(0.4) 3(1.2) 11(4.4) 肥満度(BMI) 16〜18.5 14(0.64) 8(0.36) 1(0.4) 4(1.6) 6(2.4) 4 0.94 18.5–25 47(0.51) 45(0.49) 8(3.2) 9(3.6) 29(11.6) 25〜30 85(0.52) 77(0.48) 1.3 0.80 13(5.2) 17(6.8) 51(20.4) 30〜35 45(0.59) 31(0.41) 5(2) 12(4.8) 21(8.4) 35〜40 47(0.55) 39(0.45) 7(2.8) 11(4.4) 25(10) ≥40 340.55 28人(0.45人) 6(2.4) 9(3.6) 16(6.4) クロノタイプ 朝の傾向 140(0.53) 122(0.47) 0.2 0.60 27人(10.8人) 36(14.4) 68(27.2) 6.9 0.03 夕方の傾向 132(0.55) 106(0.45) 13(5.2) 26人(10.4人) 80(32) 認知機能のMoCAレベル 0.7 減損なし 130(0.54) 110(0.46) 0.9 0.01 21(8.4) 31(12.4) 68(27.2) 0.67 認知機能障害 142人(0.55人) 118(0.45) 19(7.6) 31(12.4) 80(32) ISIスコア 不眠症なし 143(0.64) 74(0.36) 13(5.2) 43(17.3) 48(19.2) 16 0.00 サブスレッショルド不眠症 41(0.41) 59(0.59) 20.1 0.00 15(6) 6(2.4) 29(11.6) 中等度の不眠症 66(0.49) 68(0.51) 9(3.6) 8(3.2) 50(20) 重度の不眠症 31(0.53) 27(0.47) 3(1.2) 5(2) 21(8.4) HDRSスコア 普通 130(0.68) 50(0.32) 6(2.4) 24(9.6) 20(8) 15年 0.001 軽度のうつ病 126(0.48) 13(0.52) 11.9 0.02 29(11.6) 25(10) 76(30.4) 中程度のうつ病 39(0.53) 35(0.47) 3(1.2) 5(2) 29(11.6) 憂鬱症 29(0.6) 19(0.4) 1(0.4) 6(2.4) 17(6.8) 非常にひどい 10(0.56) 8(0.44) 1(0.4) 2(0.8) 6(2.6) 表2はまた、ValおよびMetallelesの数および頻度、すなわちVal / Val、Val / MetおよびMet / Met遺伝子型の頻度も示す。以下の各試験スコアの対立遺伝子頻度に関して、不眠症患者と対照との間に統計的に有意な差が見出された:ISI、MoCA合計スコア、およびHDRS合計スコア。統計学的に有意な違いは、同じ変数の完全な遺伝子型の間でも見つかりました。まとめると、これらの知見は、BDNF遺伝子が現在調査されているサンプルにおける不眠症症状、認知障害および鬱病症状の発症および持続の一因であることを示している。 睡眠構造のほとんどの睡眠ポリグラフ的特徴における統計的に有意な差は、自己申告された不眠症を有する対象と正常な対照との間で見出された。これに対する例外は、睡眠効率、睡眠潜時、REM潜時、およびN 3睡眠の尺度であり、有意な差は検出されなかった。これらの結果は(表3)に見ることができる。 表3。a:症例と対照の睡眠ポリグラフの特徴。 PSG変数/グループ コントロール 不眠症患者 トン p 平均値(±SD) 分 マックス 平均値(±SD) 分 マックス 総睡眠時間(分) 214.5(±10.21) 44 361 279.2(±87.5) 35 387 5.3 0.0001 入眠後に起きる 20.8(±30.8) 0 79.5 40.9(±61.2) 0 293 2.3 0.024 睡眠効率(%) 78.3(±25.4) 12.2 100 79.4(±22.1) 12.2 100 0.31 0.75 睡眠潜時(分) 19.8(±32.7) 0 80 22.(±54.7) 0 400 0.3 0.76 レム待ち時間(分) 80.5(±98) 0 254 76(±82) 0 276 0.4 0.74 睡眠期間中に起きる(分) 19.67(±31.5) 0 80 45.9(±68.1) 6 348 3 0.003 ステージR 22.5(±31.4) 0 83 34.1(±35.8) 0 190年 2.1 0.034 ステージN1 53.1(±67.9) 1 189 81.7(±63.3) 1 225 2.8 0.005 ステージN2 50.4(±42.8) 0 104 86.7(±55.8) 0 212 4.3 0.0001 ステージN3 63.88(±73.1) 0 261 65.55(±46.9) 0 238 0.2 0.84 不眠症患者と対照の両方におけるポリソムノグラフィ変数とのVal対立遺伝子、Met対立遺伝子頻度および遺伝子型(Val / Val、Met / MetおよびVal / Met)の関連は、(表4a)に見ることができる。2つのグループ間のこれらの周波数のそれぞれが並んでいました。不眠症の被験者の間で、総睡眠時間に関して遺伝子型および対立遺伝子頻度に有意な統計的差異が見られた。これは、これらの患者のほとんどがより短い睡眠期間を有するので予想される所見である。睡眠潜時の有意性およびSWSの割合に関して不眠症の被験者と対照の間に有意差がある傾向が強く、睡眠時間が短く、ステージ3の睡眠に費やした被験者の間で多型がより高い頻度で検出された(「深い」または「回復」睡眠)。Val / Val遺伝子型頻度は、WASOおよびSWS%に関して、不眠症群と対照との間に有意差を示した(p値0.001.0.03)。Met / Met遺伝子型における差異は、総睡眠時間変数においてのみ検出された。単一の対立遺伝子頻度を比較することによって。Val対立遺伝子頻度は、N1およびN2パーセンテージを除いて、PSG変数の大部分において統計的有意性を示した。Met対立遺伝子頻度に関しては、不眠症者と対照との間で総睡眠タイミングおよび睡眠後の覚醒変数について有意な差が観察された。 表4a。症例と対照における睡眠ポリグラフ変数と遺伝子型および対立遺伝子頻度との関連 変数 遺伝子型N% アレルN% A / Aコントロール A / A患者 p G / Gコントロール G / G患者 P A / Gコントロール A / G患者 p Valアレルコントロール ヴァルアレル不眠症 p 対立遺伝子コントロール 対立遺伝子不眠症 TST 100〜200分 3(6.3) 4(2) 0.8 0 5(2.5) 0.03 7(14.6) 26(13) 0.0001 7(0.35) 36(0.51) 0.00001 13(0.65) 34(0.48) 0.00001 200〜300分 10(20.8) 17(8.5) 0 14(7) 6(12.6) 38(19) 6(0.18) 66(0.47) 26(0.81) 74(0.52) 300〜400分 2(4.2) 11(5.5) 1(2.1) 14(7) 4(8.3) 69(34) 6(0.42) 100(0.52) 8(0.57) 92(0.47) > 400分 4(8.3) 1(0.5) 2(4.2) 0 9(18.8) 0 13人(0.43人) 0 17(0.57) 2(1)
WASO
0〜7 13人(27.1人) 5(2.5) 0.001 3(6.3) 5(2.5) 0.3 19(36.9) 31(15.6) 0.00001 25(0.35) 42(0.5) 0.00001 45(0.64) 42(0.5) 0.00001
7〜20 2(4.2) 5(2.5) 0 8(4) 6(12.5) 22人(11.1) 6(0.37) 38(0.54) 10(0.62) 32(0.46)
20〜40歳 2(4.2) 12(6) 0 8(4.5) 0 29(14.6) 0 49(0.48) 4(1) 53人(0.52人)
> 40 2(4.2) 11(5.5) 0 11(5.5) 1(2.1) 51(25.6) 1(0.16) 73(0.49) 5(0.83) 75(0.48)
睡眠効率
60%未満 0 3(1.5) o.18 2人(4.2%) 4(2) 0.13 7(14.6) 24(12) 0.13 11(0.61) 33人(0.52人) 0.009 7(0.38) 31(0.48) 0.18
60%〜80% 9(18.8) 7(3.5) 0 8(4) 1(2.1) 25人(12.6人) 1(0.05) 41(0.52) 19(0.95) 39(0,48)
> 80% 10(20.8) 23(11.6) 1(2.1) 21(10.6) 18(37.5) 84(42.2) 20(0.34) 128(0.49) 38(0.65) 132(0.5)
睡眠待ち時間
<17 17(35.3) 19(9.5) 0.04 2人(4.2%) 21(10.6) 0.33 14人(29.2人) 83人(47.5人) 0.013 48(0.72) 124(0.49) 0.018 18(0.27) 128(0.5) 0.4 > 17 2人(4.2%) 11(5.5) 1(2.1) 3(1.5) 12(25) 23(11.6) 6(0.5) 45(0.6) 6(0.5) 29(0.39)
NREM 1
<6.8% 9(18.8) 10(5) 0.22 1(2.1) 8(4) 0.72 10(20.8) 49(24.6) 0.3 28人(0.7人) 69(0.5) 0.16 12(0.3) 67(0.49) 0.6 > 6.8% 10(20.8) 23(11.6) 2(4.2) 25人(12.6人) 16(33.3) 48(42.2) 36(0.64) 133(0.49) 20(0.35) 135(0.5)
NREM 2
> 55.7% 18(37.6) 29(14.6) 0.41 3(6.3) 30(15) 0.33 18(37.5) 113(56.8) 0.08 54(0.69) 171(0,49) 0.9 24(0.3) 175(0.5) 0.08
<55.7% 1(2.1) 4(2) 0 3(1.5) 8(16.7) 20(10) 10(0.55) 31(0.53) 8(0.44) 27(0.46) NREM 3 > 10.5% 7(14.9) 4(2) 0.03 0 10(5) 0.8 5(10.6) 27人(13.6人) 1 19(0.79) 36(0.42) 0.02 5(0.2) 50(0.58) 0.25
<10.5% 11(23.4) 29(14.6) 3(6.3) 23(11.6) 21(44.7) 106(53.3) 43(0.6) 166(0.52) 27(0.38) 152(0.48) Val / Met多型を有する対象が不眠症および特定の関連する睡眠ポリグラフ的変化を発症する危険性がある回数を検出するために奇数割合を計算すると、奇数割合はほとんどの睡眠ポリグラフ変数において(1)より高かった。試験対象における睡眠の性質および質に対する多型の効果を支持する(WASO、睡眠効率、睡眠潜時、N1%、およびN2%)に関して、p値は有意であった。これらのデータの結果は表4bに要約されている。 テーブル4b。症例および対照におけるポリソムノグラフィ変数とVal / Met 多型との関連性に対するオッズ比。 変数 A / Gなし(A / A + G / G)コントロール 非A / G(A / A + G / G)患者 A / Gコントロール A / G患者 または CI(上限値 - 下限値) Z P TST 100〜200分 3 9 7 26 1.24 0.26〜5.8 0.2 0.7 200〜300分 10年 31 6 38 2.04 0.66〜6.2 1.25 0.2 300〜400分 3 25年 4 69 2.07 0.4〜9.9 0.9 0.4 > 400分 6 1 9 0 NA NA NA NA
WASO
0〜7 16 10年 19年 31 2.61 0.9〜6.9 1.9 0.05
7〜20 2 13年 6 22 0.56 0.09〜3.2 0.6 0.5
20〜40歳 2 20 0 29年 NA NA NA NA
> 40 2 22 1 51 4.64 0.4〜53.8 1.2 0.2
睡眠効率
60%未満 2 7 7 24 0.98 0.16〜5.8 0.02 0.9
60%〜80% 9 15年 1 25年 15.00 1.7〜130.4 2.45 0.014
> 80% 11 44 18年 84 1.17 0.5〜2.6 0.36 0.7
睡眠待ち時間
<17 19年 40 14年 83 2.82 1.28–6.1 2.6 0.009 > 17 3 14年 12年 23 0.41 0.1〜1.7 1.2 0.2
NREM 1
<6.8% 10年 18年 10年 49 2.72 0.9〜7.6 1.9 0.05 > 6.8% 12年 48 16 48 0.75 0.3〜1.7 0.66 0.5
NREM 2
> 55.7% 21 59 18年 113 2.23 1.1〜4.5 2.2 0.02
<55.7% 1 7 8 20 0.36 0.03〜3.5 0.85 0.4 NREM 3 > 10.5% 7 14年 5 27年 2.70 0.7〜10 1.4 0.13
<10.5% 14年 52 21 106 1.36 0.6〜2.8 0.7 0.4 不眠症患者と対照との間の精神測定検査の平均を比較すると(表5)、睡眠障害(ISI)および鬱症状(HDRS)の尺度、ならびに前方および後方桁の認知機能に統計的有意差が観察された。、MoCAの連続7および文の繰り返しの下位スケール(それぞれp = 0.0001、0.0001、0.05、0.03、0.04)、不眠症患者はMoCA下位スケールの低い平均を示す。 表5。不眠症症例と対照の間の精神測定所見の比較 変数/グループ コントロール 不眠症患者 トン p 平均値(±SD) 分 マックス 平均値(±SD) 分 マックス MoCA 視空間/エグゼクティブ 10.1(±7.2) 1 26 5.3(±1.3) 4 8 4.7 0.9 ネーミング 2.7(±0.9) 1 5 1.9(±0.9) 1 3 5.6 1 前方および後方桁 2.7(±1.5) 0 5 3.1(±2) 1 5 1.6 0.05 警戒 1.9(±0.8) 0 3 1.6(±0.9) 0 3 2.3 0.9 シリアル7 1.8(±0.7) 0 3 2.1(±0.7) 1 3 1.8 0.03 文の繰り返し 1.2(±0.7) 0 3 1.4(±0.5) 0 2 1.9 0.04 言葉の流暢さ 1.2(±1.2) 0 3 1.4(±1.2) 0 3 1.1 0.15 抽象化 1.6(±0.9) 0 5 1.4(±0.7) 0 2 1.5 0.9 遅延記録 2(±2) 0 6 1.9(±1.8) 0 5 0.3 0.6 オリエンテーション 6.3(±7.6) 0 27年 3.6(±2.2) 0 6 2.5 0.9 総MoCA 14(±10.4) 1 29年 14.6(±11.5) 1 28年 0.3 0.7 HDRS HDRS合計 4.8(±2.8) 2 18年 14.6(±6.4) 2 28年 10.6 0.0001 ISI ISI合計 4(±4.6) 2 28年 13.7(±7.5) 2 28年 8.8 0.0001 Val対立遺伝子、Met対立遺伝子頻度および遺伝子型(Val / Val.Met / MetおよびVal / Met)と認知下位尺度およびMoCAの総スコアとの関連を表6aに見ることができ、ValおよびMet対立遺伝子がコントロールの連続した7つのサブスケールでは統計的に有意差があるが、不眠症患者グループでは言語の流暢さと前方および後方のサブスケールに有意性があった。結果は決定的なものではないが、対照群と不眠症群の両方における認知機能の仲介におけるBDNFの役割を示している。 表6aを。Val対立遺伝子、Met 対立遺伝子頻度、および遺伝子型(Val / Val、Met / MetおよびVal / Met)と認知下位尺度およびMoCAの合計スコアとの関連付け。 変数/グループ 遺伝子型 対立遺伝子 A / AがN%を制御 A / A不眠症N% p G / G管理N% G / G不眠症N% p A / GがN%を制御 A / G不眠症N% p ValアレルがN%を制御 ヴァルアレル不眠症N% p Met対立遺伝子はN%を制御する 対立遺伝子不眠症N% p ネーミング 普通 7(14.6) 3(1.5) 0.025 0 2(1) 1 0 11(5.5) 0.2 62(0.61) 19(0.43) 1 40(0.39) 25(0.57) 0.2 障害者 12(25) 30(15.1) 3(6.3) 31(15.6) 26(54) 122(61.3) 72(0.68) 22(0.39) 34(0.32) 34(0.61) 前方および後方ディジットスパン 普通 11(22.9) 10(5) 0.07 3(6.3) 5(2.5) 0.008 19(39.6) 47(23.6) 0.0005 103(0.64) 21(0.33) 0.003 57(0.36) 43(0.67) 0.6 障害者 8(16.7) 23(11.5) 0 28(14) 7(14.6) 86(43) 31(0.65) 20(0.56) 17(0.35) 16(0.44) 文の繰り返し 普通 6(12.5) 10(0.5) 1 6(2.1) 7(3.5) 0.007 8(16.7) 34(21.6) 0.6 30(0.63) 12(0.55) 0.4 18(0.38) 10(0.45) 0.4 障害者 13(27) 23(11.5) 2(4.2) 26(13) 16(33) 90(45.3) 104(0.65) 29(0.37) 56(0.36) 49(0.63) オリエンテーション 普通 12(25) 18(9) 0.5 3(6.3) 13(6.5) 0.08 26(54) 87(43.7) 0.0001 52(0.6) 21(0.55) 0.2 34(0.4) 17(0.45) 0.04 障害者 7 15(7.5) 0 20(10) 0 46(23) 82(0.67) 20(0.32) 40(0.33) 42(0.67) 口語のけいれん 普通 11(22.9) 13(6.5) 0.25 2(4.2) 8(4) 0.18 9(18.8) 37(18.6) 1 81(0.7) 2(0.41) 0.001 35(0.3) 41(0.59) 0.013 障害者 8(16.1) 20(10) 1(2.1) 25人(12.5) 17(35.4) 66(48.3) 53(0.58) 12(0.4) 39(0.42) 18(0.6) シリアルセブンズ 普通 11(22.9) 3(1.5) 0.007 3(6.3) 8(4) 0.09 17(35.4) 31(15.6) 0.02 26(0.52) 7(0.44) 0.8 24(0.48) 9(0.56) 0.02 障害者 8)(16.7) 17(8.5) 0 12(6) 9(18.8) 57人(28.6人) 108(0.68) 34(0.4) 50(0.32) 50(0.6) Val / Met多型を持つ被験者がMoCAテストで認知障害を発症する危険性があった回数を検出するためのオッズ比の計算について。全ての比率が1より上であることが見出され、BDNFヘテロ接合状態を有する対象がより認知機能障害を発症する傾向が強いことを示している。p値は、命名およびオリエンテーションサブスケールを除くすべてのMoCAサブスケールで有意でした。さらに、試験対象の認知を損なうことにおけるBDNFヘテロ接合状態の役割を解明する。その結果は表6bに見ることができる。 表6bと。Val / Met 多型とMoCAの認知下位尺度との関連についてのオッズ比。 変数/グループ A / Gなし(A / A&G / G)コントロール なしA / G(A / A&G / G)不眠症 A / G コントロール A / G不眠症 または 95%CI Z P ネーミング 普通 7 5 0 11 NA NA NA NA 障害者 15年 61 26 122 1.15 0.57〜2.33 0.4 0.7 前方および後方ディジットスパン 普通 14年 15年 19年 47 2.31 0.93〜5.7 1.8 0.06 a 障害者 8 51 7 86 1.93 0.65〜5.6 1.2 0.2 文の繰り返し 普通 12年 17年 8 34 3.00 1〜8.7 2 0.04 b 障害者 15年 49 16 90 1.72 0.78〜3.7 1.3 0.17 オリエンテーション 普通 15年 31 26 87 1.62 0.7〜3.4 1.2 0.21 障害者 7 35 0 46 NA NA NA NA 口語のけいれん 普通 13年 21 9 37 2.54 0.9〜6.9 1.8 0.06 a 障害者 9 45 17年 66 0.78 0.31〜1.9 0.56 0.57 シリアルセブンズ 普通 14年 11 17年 31 2.32 0.86〜6.22 1.6 0.09 a 障害者 8 29年 9 57 1.75 0.61〜5 1 0.3 ある 重要性への傾向。 b 重要です。 5 。討論 脳由来神経栄養因子(BDNF)は、 ニューロトロフィンファミリーの中で最も広く発現され、そしてよく特徴付けられているメンバー分類であるポリペプチド成長因子の独特のファミリーである。BDNFは哺乳動物の脳におけるシナプス結合性および可塑性の調節に関与している。シナプス可塑性とBDNFによる神経活動との間の相乗的な相互作用は、それを認知の根底にある脳プロセスの決定的な調節因子にしています。BDNFが海馬長期増強(LTP)において重要な役割を果たすことは確実に確立されている。いくつかの証拠が、BDNFシグナル伝達の欠乏がいくつかの主要な疾患の病因に寄与しているという推論を強く支持している( Lu et al。、2014)。ストレスは脳内のBDNFレベルを低下させると仮定されているので、この効果は生物の動的状態によって増強され得る。その結果、BDNF遺伝子は「ストレス – 脆弱性」候補として同定された( Groves、2007 )。BDNF欠乏症の影響は、ヒトの鬱病および不安障害において示されている(Choo et al。、2014 )が、不眠症におけるBDNFの役割は十分に実証されていない。196G / A 多型において、コドン66 でのバリンからメチオニンへの置換はBDNFの分子構造を損なう。したがって、Val / Met多型は、様々な精神障害によるストレスから生じる認知障害のための一塩基多型(SNP)候補として提案されている(Harrisbergerら、2015)。しかし、BDNFと不眠症との関連を調べた研究はほとんどありません。 不眠症患者では、シリアル 7の減算、前方および後方の数字を含む、MoCAによって検出された認知機能は、対照群のそれと比較した場合、著しく損なわれた。これらの結果は以前の研究の知見とよく一致した(Kozisek et al。、2008 ; Wang et al。、2012 ; Giese et al。、2014)。本研究では、被験者間のBDNF多型変異は性別や職業と関連していなかった。しかし、被験者のクロノタイプはBMIに大きな影響を及ぼしました。この知見は、不眠症の個人の間では機能不全のBDNF対立遺伝子がより豊富であることを示唆している。この発見は、BDNF活性がストレスと関連しているという以前の研究で確認されています(Bath et al。、2013 ; Bennett and Lagopoulos、2014)。Val / Met多型は、認知課題に対するパフォーマンスの低さと関連しています(Kryger et al。、2017 )。本研究は、BDNF 遺伝子多型が不眠症患者の認知障害を促進するメカニズムの1つであるという仮説を支持します。この結論は、Eckert et al。の発見によっても支持されています。(2017) 、ならびに他の研究者のものと(参照メタ分析によってHosangら、2014 )。別の研究は、Val / Met多型が宣言的記憶処理中のヒト海馬の活動に重大な影響を与えることを見出した(Hariri et al。、2003 )。次に、このBDNFによる海馬活動の変動は、正確な情報がどの程度記憶されているかを強く予測しています。彼らはまた、健康な被験者の比較的小さなサンプルにおける異なる脳領域および回路内の情報処理に対する遺伝的変異の生物学的影響を調査するためのアプローチとしての機能的ニューロイメージングの可能性を強調した。うつ病の重症度とBDNF多型との関係についてさらに分析を行った。うつ病のためのBDNF理論はしばらく前から提唱されてきたが、理論の支持は普遍的ではなかった。((他の場所で見直さグローブス、2007)。また、別の研究(ゾウら。、2010)BDNFのVal / Metの多型とうつ病の重症度との関連を見つけることができませんでした、ので、より多くの作業が正確に特徴づけるために行われる必要があることを示唆しています気分障害の発症におけるBDNF遺伝子の役割本研究では、血清BDNF変動は、不眠症の被験者における総HDRSおよび抑うつ症状の重症度と有意かつ正に相関していた。 (Luら、2014年;Bouckaertら、2016年;Zhangら、2016年;Gulyaeva、2017年)このように、この研究の知見は、BDNFが鬱症状の発症において役割を果たすことを示唆している。うつ病は神経栄養因子の機能に悪影響を及ぼすストレスの一種であるという見方で、他の研究者によって提示されたモデルとも一致している(Giese et al。、2013)。ハット睡眠はストレスとBDNFの間の相互作用を促進する重要なメディエータです(Giese et al。、2013)。この見解によれば、ある人の睡眠の質は、何人かの人が特定のストレス負荷に対処できるのに対し、他の人は鬱病のような精神障害を発症することができる理由を説明するかもしれない。 本研究では、BDNF 対立遺伝子頻度に関連して、ISIの総スコアに関して患者と対照の間に有意差があることを見出した。他の研究者によっても同様の結果が得られている(Wangら、2012年;Gieseら、2014年;Schmittら、2016年)。ゾウ他。鬱病患者においてBDNF遺伝子Val66Met多型と不眠症症状との間に有意な関連があることを発見した(Zou et al。、2010)。同じ研究では、Met対立遺伝子保有者は不眠症の発生率が低く、したがって多型自体がMet対立遺伝子自体の役割とは別の影響を及ぼしていたことを意味している。これらの調査結果とは対照的にRethorst等のものでした。(2015)誰がBDNFの変化と不眠症の変化の間に関係を見つけませんでした。 現在の調査では、対照群と不眠症群との間でMet対立遺伝子およびVal対立遺伝子の変動が検出されている研究群における可変対立遺伝子頻度が同定された。BDNF Val / Met多型と認知の関連を調べる研究をレビューした(Toh et al。、2018 )の最近のメタアナリシスでは、Tohのレビューした研究はどれも不眠症患者に対して行われていない。これもまた、現在の研究の新規性と重要性を示していますか。認知領域を評価するためにMoCAテストを実施しました。不眠症と対照対象との間に統計的に有意な差が検出され(連続7、文の繰り返し、前向きおよび後向きの数字のサブテスト(それぞれp = .0.05.03、0.04))、眠気が罹患者の認知能力の低下に役割を果たす可能性がある異なる研究の間で採用された変数方法論のために、様々な研究の間で不眠症に罹患している認知ドメインのタイプに一致はありません認知障害をBDNF遺伝子多型にリンクすることは我々が採用したさらなるステップでした。(Toh et al。、2018)により実施された全身メタアナリシスでは、MoCA亜尺度とスタチンの間で認知機能が多型とより関連していたことが可変であることも判明した。それは現在の研究での調査結果の議論ではある程度比較不可能ですが、それらは食い違いを見つけました。認知障害とBDNF遺伝子多型との関連性に関するレビューされた研究の間の結果。いくつかの研究は、多型を持つ個体がBDNF Val / Met多型を持つ個体よりも悪い認知状態を持っていたことを示す我々の研究の発見と一致しました。ホモ接合性対立遺伝子(Val / Val&Met / Met)は、ヘテロ接合性対立遺伝子(Val / Met)よりも、特に記憶ドメインにおいてより良好に機能することが述べられた(Aasら、2013;Canivetら、2015;Caoら)。 、2016年 ; De Beaumontら、2013年 ; Eganら、2003年 ; Gongら、2009年 ; Gosselinら、2016年 ; Hoら、2006年 ; Jasinskaら、2016年 ; Lambら、2005年。、2015年 ; Limら、2016年 ; Miyajimaら、2008年 ; Narayananら、2016年 ; Richter-Schmidingerら、2011年 ; Razら、2009年 ; Schofieldら、2009年 ; Tanら。ら、2005年;Tukelら、2012年;Yogeethaら、2013年)(Tohら、2018)に引用されている。単独でmet対立遺伝子を持つことは、このドメインが我々の研究で評価されなかったヘテロ接合体の遺伝的状態を持つものより実行機能ドメインにおけるより良い成績と関連していました。さらに、(Toh et al。、2018 )によってレビューされた研究のどれも、認知機能障害の言語流暢性ドメインにおいて有意な関連を示していません。ほぼ同様の結果が見つかりました。BDNF多型、特にヘテロ接合性組成物Val / Metは、MoCA試験におけるより低い認知能力スコア、ISIにおけるより高い重症度の不眠症スコア、およびHDRSにおけるより高い重症度の鬱病症状と関連していた。以前の研究では、Met対立遺伝子は世界の人口に一様に分布しているわけではないことがわかっています。それが特定の人種でより頻繁に表されているにもかかわらず、研究は精神障害および認知機能と対立遺伝子の関連に食い違いを見つけました。遺伝子型の変化がどのように表現型の変化をもたらすのかは、しばしば不明確である。これは、遺伝子型の変化と認知機能の明確な変化との間の関連を推測するという課題を複雑にすることが多い。同定された遺伝的変異体が認知に直接影響を与えることは可能であるが、遺伝的変異が他のいくつかの遺伝子を通して効果を媒介することも合理的である。また、現在の研究で不眠症であることが起こる原発性疾患のタイプは、BDNF分子によって実行されると思われる保護効果を覆い隠すか悪化させるかもしれません。我々の被験者はまた高齢者集団ではなかったので、海馬体積の減少に対する加齢の影響は我々の研究では述べることができない。現在の研究では、募集サンプルは完全にアラブ人およびイスラム教徒の民族性からのものであり、したがって募集サンプル間のアレル頻度の分布の非変動性であった。コプトクリスチャン、南部の純粋なヌビア人、そして西部の純粋なベルベル人のような他の民族のエジプト人グループでBDNF多型をスクリーニングすることは、将来の注目すべき目標となるでしょう。Met遺伝子型に関連する認知的および行動的効果は、白人においてはるかに強い効果を生み出すことが示されている(Bath and Lee、2006)。したがって、これまでに行われてきた研究の大多数は、ヨーロッパ系ではない被験者を除外しています。またはデータ分析の前に他の民族グループを削除した。したがって、採用した被験者が地中海と中東の出身であるという今回の研究の重要性。Met変異の悪影響を支持または排除するメカニズムが整っている可能性があります。そのような変化は、場所や出来事を思い出すことを含む仕事でより悪い成績を示したが、古典的であった仕事に関してVal / Valの個人と異ならなかった個人における対立遺伝子頻度(Val / MetとMet / Met)の大きな違いを説明するかもしれません海馬依存性が低いことが示されています。後者の例としては、例えば、Val / Met遺伝子型を有する個体がタスクの符号化部分および検索部分の両方の間にVal / Val個体と比較して有意に低い活性化レベルを有する単語学習および計画タスクが挙げられる。さらに、BDNF Met対立遺伝子についてヘテロ接合性のヒトは、いくつかの研究においてBDNF Val / Val被験体と比較して有意差を示さなかったことに留意しなければならない(Egan et al。、2003)。現在の研究の知見を、他の疾患群における認知機能とBDNF遺伝子の関連性を調べる同様の研究と比較することは困難である。サンプルの大きさ、方法論、遺伝子検査のテクニック、使用されるコグニティブバッテリーの種類が異なるため、これらの研究の比較可能性を妥当ではない、または信頼性の高いものにしています。さらに、BDNF多型性は、測定された標的のタスクまたは機能に基づいて、いくつかの研究(Szaboら、2013年)では携行対象にとって有利であり、いくつかの他の研究(Zhangら、2012年)では不利であることがわかった。 この研究にはいくつかの制限がありました。特に、横断研究デザインは、BDNF対立遺伝子変異と不眠症患者および対照者の睡眠ポリグラフのパラメータおよび精神測定検査における肯定的な発見との間の因果関係を推論する能力を制限した。第二に、研究に参加することに同意するであろう健康な対照を募集するのが困難であるために、各サンプル中の対象の数はいくぶん不均衡だった。第3に、BDNFの血清レベルは対立遺伝子変異と相関するとは測定されず、したがって睡眠、認識および気分を制御する脳領域における構造的および機能的異常をチェックする脳画像診断法の利用不可能性に加えて。最後に、不眠症患者は、BDNF多型が治療によって変更されたかどうかをチェックするために追跡調査されなかった。 6 。結論 不眠症は、認知障害および鬱症状に関連する症候群です。本研究の結果は、BDNF遺伝子多型が不眠症患者間の症状の多様性において顕著な役割を果たすこと、そしてさらに、それがこの患者群におけるうつ病の重症度と強く関連していることを示す、小さいながらも増え続ける一連の証拠を追加する。。これらの示唆的所見は、不眠症の状況においてBDNF対立遺伝子発現がどのように変化するかを特徴付けるために追加のコホートデザイン研究が必要であるという推奨を支持する。 資金源 この作品はマンスーラ大学国立補助金事務所 – エジプトによってサポートされていました。グラント番号:MU-FM-2011。付与日:2011年1月から現在まで。 謝辞 私たちは研究の参加者に感謝しています。著者は、彼の助言と援助のために臨床病理学部免疫学教授のYoussef Mossad教授にお世話になっています。私たちは彼の研究室の担当者に、遺伝子検査のためのサンプルの準備に関する彼らの助けと指導について感謝します。さらに、睡眠検査室でPSG分析を実施した睡眠技術者の努力を認めます。 作家の貢献 NFWZ – この研究の主要な寄稿者 概念の作成、研究デザイン、資金調達および倫理委員会への申請、研究およびデータ収集の実施、PSGデータの分析および解釈、遺伝子研究室によるフォローアップ、データ入力、統計的分析および解釈、作業準備原稿のドラフト ES、ME、EM – 調査、データ収集、保管、検索を組織して実施した。JZ:対立遺伝子頻度の計算のためのHeidy-Weinbergの適用。とDWS。ASB、SRP – 研究デザイン、原稿作成、原稿の批評的改訂。すべての著者は投稿の前に原稿の最終版を承認しました。 利益相反 宣言されていません。 参考文献 Aas et al。、2013 M. Aas 、英国 Haukvik 、S. Djurovic 、Ø。 バーグマン、L. Athanasiu 、MS Tesli 、… 、K. Sundet BDNFのval66metは精神病で子供の頃のトラウマ、認知と脳の異常との関連を調節 神経精神薬理学および生物学的精神医学の進歩、46 (2013 )、pp。181 – 188 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 2007年Alhola and Polo-Kantola P. Alhola 、P. Polo-Kantola 睡眠不足:認知能力への影響 神経精神科 Dis。扱います。、3 (5 )(2007 )、頁553 – 567 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Araújoet al。、2017 T. アラウージョ、DC Jarrin 、Y. Leanza 、A. Vallières 、CM モリン 不眠症の定性的研究:分野における知識の現在の状態 睡眠中。牧師、31 (2017 )、頁。58 – 69 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース バッハナー、2016年 アラビア語版ハミルトンうつ病評価尺度(HAM-D6)に対する反応の YG Bachner 心理測定特性 J.Am。精神科 ナース。准。、22 (1 )(2016 )、頁。27 – 30 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Bastien et al。、2001 CH バスティアン、A. Vallières 、CM モリン 不眠症研究の成果尺度として不眠重症度指標の検証 睡眠中。、2 (4 )(2001 )、PP。297 – 307 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 2006年バースとリー KG Bath 、FS リー Variant BDNF(Val66Met)が脳の構造と機能に与える影響 コグ 影響します。ふるまい。神経症。、6 (1 )(2006 )、頁。79 – 85 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Bath et al。、2013 K. バース、A. Schilit 、F. リー BDNF発現に対するストレスの影響:年齢の影響、性別、ストレスの形 神経科学、239 (2013 )、頁149 – 156 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース ベネットとラゴプロス、2014年 M. ベネット、J。 ラゴプロス ストレスと外傷:樹状突起棘の形成と後退のBDNF制御 プログレ Neurobiol。、112 (2014 )、頁80 – 99 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Berry et al。、2012 RB ベリー、R。 ブルックス、CE ガマルド、SM ハーディング、C。 マーカス、B。 ボーン 睡眠および関連する出来事の採点に関するAASMマニュアル ルール、用語や技術仕様、睡眠医学のアメリカアカデミー、ダリエン、イリノイ州(2012 ) Google Scholar Binder and Scharfman、2004 DK バインダー、HE Scharfman ミニレビュー Growth Factors 、22 (3 )(2004 )、pp。123 – 131 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード ボンネットとアランド、2010年 MH ボンネット、DL アラン、 過覚醒および不眠症:科学の現状 睡眠中。牧師、14 (1 )(2010 )、頁9 – 15 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Bouckaert et al。、2016 F. Bouckaert 、A. DOLS 、L. Emsell 、F.-L. デ冬、K. Vansteelandt 、L. クレス、S. Sunaert 、M. STEK 、P. Sienaert 、M. Vandenbulcke 海馬の体積、血清BDNF、およびうつ病の重症度との関係は、後半の人生うつ病における電気ショック療法を、次の Neuropsychopharmacology 、41 (11 )(2016 )、頁2741 – 2748 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Brooks et al。、2014 SJ ブルックス、EK ニルソン、JA ・ヤコブソン、DJ スタイン、R. Fredriksson 、L. リンドは、HB Schiöth BDNF遺伝子多型は、スウェーデンの高齢者人口に貧しいワーキングメモリのパフォーマンス、減少小脳および海馬のボリュームと前頭前皮質の違いにリンクされています PLoS One 、9 (1 )(2014 )、記事e82707 CrossRef Google Scholar Brunoni et al。、2008 AR Brunoni 、M. ロペス、F. Fregni A系統的レビューと大うつ病とBDNFレベルでの臨床試験のメタ分析:うつ病における神経可塑性の役割のための含意 Int。J.、11 (8 )(2008 )、頁1169 – 1180 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Canivet et al。、2015 A. Canivet 、CT Albinet 、N. アンドレ、J. Pylouster 、M. ロドリゲス・バレステロス、A. Kitzis 、M. Audiffren BDNF多型および高齢者におけるエピソード記憶に対する身体活動の影響:横断調査 ユーロ。エイジングフィッシュ 行為。、12(1)(2015)、p。15年 Google Scholar Cao他、2016 B. ツァオ、IE バウアー、AN シャルマ、B. Mwangi 、T. フレージャー、L. Lavagnino 、DA ニールセン 双極性障害患者における縮小海馬体積とメモリ性能BDNFのval66metを運ぶは、対立遺伝子を満たし J.Affect。無理。、198 (2016 )、頁198 – 205 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Cavanaugh et al。、2016 DJ Cavanaughさんは、AS Vigderman 、T. ディーン、DS ガルベ、A. セーガル ザ・ショウジョウバエ概日時計のゲートは、睡眠促進ニューロンの時間帯依存変調により眠ります 睡眠、39 (2 )(2016 )、345 – 356ページ Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Choo et al。、2014 M. チュー、Y. 金、J. 黄、L. HJ 、S. キム 大うつ病における脳由来神経栄養因子遺伝子多型および自殺行動との間の関連付け アン。落ち込んでください。不安、1 (2 )(2014 )、p。7 Scopus Google Scholarでレコードを表示する De Beaumont et al。、2013 L. デボーモント、AJ Fiocco 、G. ケネル、S. Lupien 、J. ポワリエ BDNF val66met対立遺伝子を有する内向的中年成人において変化宣言メモリ ふるまい。脳の解像度。、253 (2013 )、頁152 – 156 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Dragunowら、1997 Μ。 Dragunow 、G. MacGibbon 、P. ロウラーズ、N. バターワース、B. コナー、C. ヘンダーソン、M. ウォルトン、A. ウッドゲート、P. ヒューズ、R. Faull アポトーシス、神経栄養因子および神経変性 牧師。、8 (3-4 )(1997 )、頁223 – 265 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Durmer and Dinges、2005 JS Durmer 、DF Dinges 睡眠不足の神経認知への影響 Neurologyセミナー、Thieme Medical Publishers、Inc. 、333 Seventh Avenue、ニューヨーク、NY 10001、米国(2005 ) 著作権©2005によって Google Scholar Eckert et al。、2017 A. エッカート、S. カレン、J. ベック、S. ブランド、U. Hemmeter 、M. Hatzinger 、E. Holsboer-Trachsler 睡眠、ストレスとBDNFとの間のリンク ユーロ。精神医学、41(2017)、p。S282 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Egan et al。、2003 MF イーガン、M. 小島、JH Callicott 、TE ゴールドバーグ、BS Kolachana 、A. Bertolino 、E. ザイツェフ、B. 金、D. ゴールドマン、M. ディーン ザBDNFのval66met多型は、BDNFの活性依存性分泌およびヒトの記憶に影響を及ぼし、海馬機能 セル、112 (2 )(2003 )、頁257 – 269 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Femandez-Mendoza et al。、2010 J. Femandez・メンドーサ、S. カルホーン、E. Bixler 目的短い持続時間を有する不眠症は、神経心理学的性能の障害と関連している:一般集団の研究 睡眠、33 (4 )(2010 )、頁459 – 465 Google Scholar Giese et al。、2013 M. Giese 、E. Unternaehrer 、S. ブランド、P. カラブレーゼ、E. Holsboer-Trachsler 、A. エッカート ストレスと睡眠影響BDNFレベルの相互作用 PLoS One 、8 (10 )(2013 )、記事e76050 CrossRef Google Scholar Giese et al。、2014 M. Giese 、E. Unternährer 、H. Hüttig 、J. ベック、S. ブランド、P. カラブレーゼ、E. Holsboer-Trachsler 、A. エッカート BDNF:不眠症の指標? Mol。精神医学、19(2)(2014)、p。151 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Goldman-Mellor et al。、2015 S. ゴールドマン – メラー、A。 カスピ、AM グレゴリー、H。 ハリントン、R。 ポールトン、TE Moffitt 不眠症は神経心理学的機能の障害と関連しているか?集団ベース研究からの証拠 睡眠、38 (4 )(2015 )、pp。623 – 631 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Gong et al。、2009 P. 功、A. 鄭、D. 陳、W. のGe 、C. Lvは、K. チャン、X. ガオ、F. チャン 健康中国の漢集団でのデジタルワーキングメモリと空間的局在化に対するBDNF Val66Met多型の影響 J.Mol。神経症。、38 (3 )(2009 )、頁250 – 256個の Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Gosselin et al。、2016 N. Gosselin 、L. デ・ボーモント、K. ギャグノン、AA バリル、V. Mongrain 、H. Blais 、… 、J. キャリア BDNF Val66Met多型は、新たな宣言型思い出を作成する能力を予測するために、睡眠の統合と相互作用します J.Neurosci。、36 (32 )(2016 )、頁8390 – 8398 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Grewal and Doghramji、2017 RG Grewal 、 不眠症の K. Doghramji 疫学。不眠症の臨床ハンドブック スプリンガー(2017 )、頁。13 – 25 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード グローブ、2007年 J. Groves BDNFうつ病仮説を再評価する時が来たのか? ネイチャーパブリッシンググループ(2007 ) Google Scholar Gulyaeva、2017 N. Gulyaeva 脳BDNFとグルタミン酸作動性系との相互 作用 :証拠の簡単な状態とうつ病の病因との関連 Biochem。モス 、82 (3 )(2017 )、PP。301 – 307 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Guo and Thompson、1992 SW Guo 、EA Thompson 複数の対立遺伝子に対するHardy-Weinbergの割合の正確な検定の実行 バイオメトリクス(1992 )、頁361 – 372 CrossRef Google Scholar ハミルトン、1960 M. ハミルトン うつ病の評価尺度 J.Neurol。脳神経外科 精神医学、23 (1 )(1960 )、56 – 62 頁 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Hariri et al。、2003 AR Hariri 、TE Goldberg 、VS Mattay 、BS Kolachana 、JH Callicott 、MF Egan 、DR Weinberger 脳由来神経栄養因子val66met多型はヒトの記憶に関連する海馬活動に影響を及ぼし、記憶能力を予測する J.Neurosci。、23 (17 )(2003 )、頁。6690 – 6694 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Harrisberger et al。、2015 F. Harrisberger 、R. Smieskova 、A. シュミット、C. レンツ、A. ウォルター、K. Wittfeld 、H. Grabe 、U. ラング、P. Fusar-ポーリ、S. Borgwardt BDNF Val66Met多型と神経精神障害における海馬体積:系統的レビューとメタアナリシス 神経症。バイオ行動。牧師、55 (2015 )、頁107 – 118 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Ho et al。、2006 B. ホー、P. Mileve 、D. オリアリー、A. Librant 、N. アンドレアセン、T. Wassink 認知および脳の磁気共鳴画像脳の形態計測の相関は、統合失調症患者と健常ボランティアにおいて神経栄養因子Val66Met多型由来 アーチ。Gen. Psychiatry 、63 (2006 )、pp。731 – 740 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 2006年ホルコム 不眠症を評価するための SS ホルコム 勧告 ナースプラクティス 、31 (2 )(2006 )、頁。55 – 60 CrossRef Google Scholar Hosang et al。、2014 GM Hosang 、C. Shiles 、KE Tansey 、P. McGuffin 、R. UHERの ストレスやうつ病におけるBDNF Val66Met多型との相互作用:系統的レビューとメタアナリシス BMC Med。、12(1)(2014)、p。7 Google Scholar 2012年イブラヒム他 A. イブラヒム、S. ケリー、C. グレーズブルック 信頼性とエジプトの大学の学生、試料中のハミルトンうつ病スケールのアラビア語版の妥当性 Compr。精神医学、53 (2012 )、pp。638 – 647 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース ジャクソン他、2013 ML ジャクソン、G. Gunzelmann 、P. ホイットニー、JM Hinson 、G. Belenky 、A. ラバト、HP ヴァン・ドンゲン 解体や睡眠不足で認知能力を再構築します 睡眠中。牧師、17 (3 )(2013 )、頁215 – 225 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Jasinska et al。、2016 KK Jasinska 、PJ Molfese 、SA Kornilov 、WE Mencl 、SJの フロスト、M. リー、… 、N. ランディ 子供の能力や神経の活性化のパターンを読んザ・BDNF Val66Met多型の影響 PLoS ONE 、11 (8 )(2016 )、p。e0157449 、10.1371 / journal.pone.0157449 CrossRef Google Scholar Kessler et al。、2010 RC ケスラー、C. Coulouvrat 、G. Hajak 、MD Lakoma 、T. ・ロス、N. サンプソン、V. Shahly 、A. Shillington 、JJ ・スティーブンソン、JK ウォルシュ 信頼性とアメリカの不眠症の調査では簡単な不眠症アンケートの有効性 睡眠、33 (11 )(2010 )、頁1539 – 1549 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Kozisek et al。、2008 ME Kozisek 、D. Middlemas 、DB Bylund 脳由来神経栄養因子および抗うつ治療の作用機序におけるその受容体トロポミオシン関連キナーゼB Pharmacol​​。その 、117 (1 )(2008 )、頁。30 – 51 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Krause et al。、2017 AJ クラウス、EB サイモン、BA Manderの、SM グリア、JM Saletin 、AN ゴールドスタイン-Piekarski 、MP ウォーカー 睡眠不足の人間の脳 自然レビューNeuroscience (2017 ) Google Scholar Kronholm et al。、2009 E. Kronholm 、M. サッリネン、T. Suutama 、R. Sulkava 、P. 時代、T. Partonen 一般集団での睡眠時間や認知機能を自己申告 J.Sleep Res。、18 (4 )(2009 )、PP。436 – 446 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Kryger et al。、2017 MH クリガー、T。 ロス、WC Dement Principles and Sleep Medicineの実践 エルゼビア(2017 ) Google Scholar クオとウィリアムズ、2014年 T.-H. クオは、JA ウィリアムズ 急性睡眠不足は、感染後の睡眠を強化し、ショウジョウバエにおける細菌感染の間に生存を促進します Sleep 、37 (5 )(2014 )、pp。859 – 869 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Lamb et al。、2015 YN Lamb 、CS Thompson 、NS McKay 、KE Waldie 、IJ Kirk 脳由来神経栄養因子(BDNF)val66met多型は、ウェクスラー記憶スケール – 第3版(WMS-III)のサブスケールのパフォーマンスに異なる影響を及ぼす 前面。サイコロ。、6(2015)、p。1212年 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Lane et al。、2016 JM レーン、J. 梁、I. Vlasac 、SG アンダーソン、DA Bechtold 、J. ボーデン、R. Emsley 、S. ギル、MA リトル、AI リエージュ ゲノムワイド関連新しい遺伝子座を同定し、共有遺伝学を強調睡眠障害形質の分析します神経精神医学的および代謝的形質を伴う ネイチャージェネティクス(2016 ) Google Scholar Lee and Kim、2010年 B.-H. Lee 、Y.-K. 末梢血単核球の Kim BDNF mRNA発現は最近自殺未遂をしたかしなかった鬱病患者において減少した J.Affect。無理。、125 (1 )(2010 )、PP。369 – 373 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar Lee et al。、2016 S.-Y. リー、T。 Wang、S. チェン、Y。 チャン、P。 チェン、S。 黄、N. Tzeng 、L.-J. Wang 、IH Lee 、KC Chen 双極性障害における血漿脳由来神経栄養因子と認知機能の相関はBDNF Val66Met多型により調節される サイ。議員、6 (2016 ) Google Scholar Lehmann et al。、2010 M. レーマン、S. Selinski 、M. Blaszkewicz 、M. Orlich 、D. Ovsiannikov 、O. Moormann 、C. Guballa 、A. クレス、MC トラス、H. Gerullis Rs710521 [A] TP63の染色体3q28近くでは増大と関連しています膀胱がんリスク アーチ。トキシコール 、84 (12 )(2010 )、PP。967 – 978 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Lim et al。、2016 YY リム、J. Hassenstab 、C. Cruchaga 、A. Goate 、AM フェイガン、TL Benzinger 、優性遺伝アルツハイマーネットワーク 前臨床常染色体優性アルツハイマー病におけるBDNF Val66Met緩和の記憶障害、海馬機能およびタウ 脳、139 (白金10 )(2016 )、頁。2766 – 2777 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Low et al。、2008 PS 低、SS シャンク、TJ セジノフスキー、D. Margoliash キンカチョウにおける睡眠構造の哺乳類のような機能 手順 Natl。アカド。サイ。、105 (26 )(2008 )、頁9081 – 9086 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Lu et al。、2014 B. 呂、G. Nagappan 、Y. Luの BDNFおよびシナプス可塑性、認知機能、および機能不全 神経栄養因子、Springer (2014 )、pp。223 – 250 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Maretら、2017 S. マレット、Y. Dauvilliers 、M. Tafti 睡眠と睡眠障害の遺伝学。睡眠障害薬 Springer (2017 )、pp。523 – 537 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード マットソン、2005年 MP Mattson エネルギー摂取量、食事頻度、および健康:神経生物学的観点 アンヌ。Rev. Nutr。、25 (2005 )、PP。237 – 260 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Mattson et al。、2002 MP Mattson 、SL Chan 、W. Duan 遺伝子、食事および行動による脳の老化および神経変性疾患の修正 フィジオル。牧師、82 (3 )(2002 )、頁637 – 672 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード マッコールとエジンガー、1992 WV McCall 、JD Edinger 主観的な全不眠症:睡眠状態の 誤解 の例 睡眠、15 (1 )(1992 )、頁。71 – 73 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 宮島ほか、2008 F. 宮島、W. Ollier 、A. メイズ、A. ジャクソン、N. タッカー、P. Rabbitt 、A. ペイトン 脳由来神経栄養因子の多型Val66Metの影響高齢者の認知能力 遺伝子脳行動。、7 (4 )(2008 )、PP。411 – 417 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Moreira et al。、2011 双極性障害患者における L. Moreira 、FS Neves 、MA Romano-Silva 、LF Malloy-Diniz 、H. Correa BDNFおよびエピソード記憶 牧師ブラ。Psiquiatr。、33 (1 )(2011 )、頁。96 – 97 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Narayanan et al。、2016 V. ナラヤナン、V. Veeramuthu 、A. アフマド・Annuar 、N. ・ラムリ、V. Waran 、K. Chinna 、… 、D. ガネサン 脳由来神経栄養因子(BDNF)のミスセンス変異は軽症患者で神経認知パフォーマンスを変えます外傷性脳損傷:縦断的研究 PLoS ONE 、11 (7 )(2016 )、p。e0158838 CrossRef Google Scholar Nasreddine et al。、2005 ZS Nasreddine 、NA フィリップス、V. Bédirian 、S. Charbonneau 、V. ホワイトヘッド、I. コリン、JL カミングス、H. Chertkow モントリオール認知評価、のMoCA:軽度認知障害のための簡単なスクリーニングツール J.Am。老人 Soc。、53 (4 )(2005 )、PP。695 – 699 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Nasreddine et al。、2012 ZS Nasreddine 、N. フィリップス、H. Chertkow 、H. ロセッティ、L. Lacritz 、M. Cullum 、M. Weinerの モントリオール認知評価のための規範的データ(のMoCA)集団ベースのサンプルで Neurology 、78 (10 )(2012 )、765 – 766 頁 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Nebes et al。、2009 RD Nebes 、DJ Buysse 、EM Halligan 、PR Houck 、TH モンク 自己申告睡眠の質が健康な高齢者の貧しい認知能力を予測します J.Gerontol。Ser。B 、64 (2 )(2009 )、PP。180 – 187 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Ohayon et al。、2004 MM Ohayon氏、MA Carskadon 、C. Guilleminault 、MV Vitiello 健常者では、古い時代に子供の頃からの定量的睡眠パラメータのメタ分析:人間の寿命全体に規範的な睡眠値を開発 Sleep 、27 (7 )(2004 )、pp。1255 – 1273 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Pandi-Perumal et al。、2010 S. Pandi-Perumal 、DW Spence 、GM Brown 、MJ Thorpy睡眠薬への 大きな挑戦:問題とパラダイム 前面。Neurol。、1 (2010 ) Google Scholar 教区、2013 JM パリッシュ 睡眠と睡眠障害の遺伝的および免疫学的側面 CHEST J. 、143 (5 )(2013 )、頁1489 – 1499 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar Raz et al。、2009 N. Raz 、KM Rodrigue 、KM Kennedy 、S. Land 年齢に敏感な認知スキルの遺伝的および血管修飾因子:COMT、BDNF、ApoE、および高血圧の影響 神経心理学、23 (1 )(2009 )、105 – 116ページ Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Rethorst et al。、2015 C. Rethorst 、T. グリア、M. Toups 、I. バーンスタイン、T. カーモディ、M. Trivediの IL-1βおよびBDNFは、過眠症の改善に関連付けられているが、不眠症、大うつ病性障害で運動を次のされていません トランスル。精神医学、5 (8 )(2015 )、記事e611 CrossRef Google Scholar Richter-Schmidinger et al。、2011 T. リヒター- Schmidinger 、P. Alexopoulos 、M. ホーン、S. Mausの、M. ライヒェル、C. レイン、J. Kornhuberの 健康における海馬体積とメモリ性能に脳由来神経栄養因子およびアポリポタンパク質E遺伝子変異体の影響若年成人 J.Neural。トランス 、118 (2 )(2011 )、PP。249 – 257 (オーストリア、ウィーン:1996) Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Roozendaal et al。、2009 B. Roozendaal 、BS McEwen 、S. Chattarji Stress、記憶と扁桃体 Nat。牧師。、10 (6 )(2009 )、PP。423 – 433 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Santangelo et al。、2015 G. サンタンジェロ、M. シチリアーノ、R. Pedone 、C. ヴィターレ、F. ファルコ、R. Bisogno 、… 、L. Trojano イタリアの人口のサンプル中モントリオール認知評価のための規範的データ Neurol。サイ。、36 (4 )(2015 )、PP。585 – 591 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード シュミット他、2016 K. シュミット、E。 ホルボア – トラックスラー、A。 エッカート BDNF睡眠、不眠症、および睡眠不足 アン。メド。、48 (1-2 )(2016 )、頁。42 – 51 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Schofield et al。、2009 Schofield、PR、Williams、LM、Paul、RH、Gatt、JM、Brown、K.、Luty、A。、Gordon、E。(2009)。BDNF Val 66 Met多型に関連した選択的情報処理における障害認知、P300および前頭海馬系からの証拠 Biol。Psychol。、80(2)、176–188。 Google Scholar Sitaraman et al。、2015 D. Sitaraman 、Y. 麻生、X. ジン、N. チェン、M. フェリックス、GM ルービン、MN Nitabach ショウジョウバエのキノコ体の分離シナプス微細回路による恒常性睡眠信号の伝搬 Curr。Biol。、25 (22 )(2015 )、頁2915 – 2927 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Sorribes et al。、2013 A. Sorribes 、H. Þorsteinsson 、H. Arnardóttir 、I.Þ. Jóhannesdóttir 、B. Sigurgeirsson 、GG デPolavieja ゼブラフィッシュにおける睡眠-覚醒サイクルの個体発生:人間との比較 前面。神経回路 、7 (2013 ) Google Scholar Stockerら、2017 RP ストッカー、H。 カーン、L。 ヘンリー、A。 ゲルマン 主観的な訴えおよび客観的な神経認知能力に対する睡眠障害の影響 – 直後の脳震盪後評価および認知テストで測定 アーチ。クリン 神経心理学。、32 (3 )(2017 )、PP。349 – 368 Scopus Google Scholarでレコードを表示する スレイマンとイェイツ、2011年 KH Suleiman 、BC Yates 不眠症の重症度指数をアラビア語に翻訳する J.Nurs。学者。、43 (1 )(2011 )、頁。49 – 53 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Szabo et al。、2013 AJ ザボ、ML Alosco 、LA ミラー、JE McGeary 、A. Poppas 、RA コーエン、J. Gunstad 心血管疾患を有する人における脳由来神経栄養因子Val66Met多型と認知機能 精神医学、13 (4 )(2013 )、pp。206 – 212 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Tan et al。、2005 YL Tan 、DF 周、LY Cao 、YZ Zou 、GY Wu 、XY 張 統合失調症のエピソード記憶に対するBDNF Val66Met遺伝子型の効果 Schizophr。結果 、77 (2-3 )(2005 )、PP。355 – 356 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Toh et al。、2018 YL トー、T. 呉、M. タン、A. タン、A. チャン 認知の脳由来神経栄養因子遺伝子多型の影響:系統的レビュー 脳のふるまい。(2018)、p。e01009 CrossRef Google Scholar Tromp et al。、2016 MD Tromp 、AA Donners 、J. Garssen 、JC Verster 睡眠、摂食障害の症状、および昼間の機能 Nat。サイ。睡眠、8(2016)、p。35 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Tukel et al。、2012 R. Tukel 、H. Gurvit 、B. Ozata 、N. Oztürk 、BA Ertekin 、E. Ertekin 、GS Direskeneli 強迫性障害における脳由来神経栄養因子遺伝子Val66Met多型と認知機能 午前 J.Med。Genet B神経精神科 Genet 、159Bは、(7 )(2012 )、頁、850 – 858 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Vgontzas et al。、2009 Vgontzas 、D. リャオ、S. Pejovic 、S. カルホーン、M. Karataraki 、EO Bixler 不眠症目的短い睡眠時間とは、2型糖尿病と関連しています Diabetes Care 、32 (11 )(2009 )、1980 – 1985ページ Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Wangら、2008年 S. 王、N. レイ、W. ロハス、MV パーラ、G. Bedoya 、C. ギャロ、G. Poletti 、G. Mazzotti 、K. ヒル、AM ウルタド ラテンアメリカMestizosにおけるゲノム混合物の地理的パターン PLoS Genet。、4 (3 )(2008 )、第e1000037 条 CrossRef Google Scholar Wangら、2012 WH 王、GP 彼、XP シャオ、C. 区、HY 陳 脳由来神経栄養因子と閉塞性睡眠時無呼吸/低呼吸症候群患者の認知機能との関係 アジアPac J Trop Med 、5 (11 )(2012 )、pp。906 – 910 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar Xu et al。、2006 Y. 徐、B. 区、L. ネクタイ、H. ヤオ、W. 江、X. 馬、X. 李 クルクミンはCREBの慢性的挙動にストレス、HPA軸、BDNF発現およびリン酸化の効果を逆転させます 脳の解像度。、1122年(1 )(2006 )、頁。56 – 64個の 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Xu et al。、2011 L. 徐、CQ 江、TH ラム、B. 劉、YL ジン、T. 朱、WS 張、KK チェン、GN トーマス 短いまたは長い睡眠時間は古い中国語で記憶障害に関連付けられている:広州バイオバンクコホート研究 睡眠、34 (5 )(2011 )、575 – 580 頁 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Yan et al。、1997 Q. ヤン、R。 ローゼンフェルド、C。 マセソン、N。 ホーキンス、O。 ロペス、L。 ベネット、A。 ウェルチャー 成人ラット中枢神経系における脳由来神経栄養因子タンパク質の発現 Neuroscience 、78 (2 )(1997 )、pp。431 – 448 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Yogeetha et al。、2013 BS Yogeetha 、LM Haupt 、K. McKenzie 、HG Sutherland 、RK Okolicsyani 、RA Lea 、LR グリフィス BDNF、およびメモリ内のTNF-α多型 Mol。Biol。。議員、40 (9 )(2013 )、頁5483 – 5490 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Zhang et al。、2012 XY 張、MH 秀、CN ハイレ、X. 羅、K. 徐、HP 張、L. 祚、Z. チャン、X. 張、TA Kosten 認知および統合失調症を有する患者におけるBDNF Val66Met遺伝子多型の血清BDNFの相関および正常コントロール ハム。Genet 、131 (7 )(2012 )、頁1187 – 1195 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Zhang et al。、2016 J. Zhang 、W. Yao 、K. Hashimoto 炎症性鬱病における脳由来神経栄養因子(BDNF)-TrkBシグナル伝達および潜在的治療標的 Curr。ニューロファルマコル。、14 (7 )(2016 )、PP。721 – 731 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Zimmerman et al。、2008 JE Zimmerman 、N. Naidoo 、DM Raizen 、AI Pack 睡眠の保存:非哺乳類モデル系からの洞察 トレンド 、31 (7 )(2008 )、頁371 – 376 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Zou et al。、2010 Y.-F. ゾウ、Y. 王、P. 劉、X.-L. 風水、B。 王、T。 奘、X. ゆう、J. 魏、Z.-C. 劉、Y. 劉 うつ病の重症度と脳由来神経栄養因子の遺伝子Val66Met多型の協会、中国の大うつ病患者におけるフルオキセチンとその副作用の有効性 Neuropsychobiology 、61 (2 )(2010 )、頁。71 – 78 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード