このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

不安感受性の介入は不眠症の症状と診断を減らしました。

不眠症の減少は3ヶ月と6ヶ月の追跡調査で維持された。

これらの減少は、うつ病や不安の減少によるものではありません。
抽象
不眠症障害は、特に併発性不安障害を有する個人の間で損なわれており、流行している。不眠症のための効果的なコンピュータ化された治療法の利用可能性にもかかわらず、不眠症と同時に起こる不安症状の両方を標的とするものはほとんどない。現在の研究では、不眠症の症状を軽減する上で、繰り返しの接触管理に対して、不安感性認知の懸念、不安、気分、および不眠症の症状の診断危険因子に対するコンピュータ化治療の有効性がテストされています。仮説は、治療研究のために提示された地域の個人の混合臨床サンプルでテストされました(n = 151)治療の1、3、6ヶ月後に経過観察された人。結果は、不安感受性介入が、3ヶ月および6ヶ月の追跡調査で不眠症の症状の減少および臨床的に有意な不眠症のスコアをもたらすことを示した。これらの減少は、うつ病と不安の同時の減少を共変動させたときにも依然として重要です。追跡調査の不眠症症状の分散の15〜54%がモデルによって説明されています。現在の知見は、不安感受性が不眠症の症状において原因となる役割を果たしている可能性があることを示唆している文献の増大するボディに追加します。結果はまた、不安過敏症を標的とすることは、また一般的に不眠症障害と併発する症状を軽減する短い携帯式の介入で不眠症の症状を軽減するための有効な方法であり得ることを示唆している。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症不安感受性睡眠コンピュータ治療
1
この試験はClinicalTrials.Gov(登録番号:NCT01941862)に登録されています。
全文を見る
©2017 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0005796717302036