このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

不眠症(ID)における反復思考と睡眠ポリグラフを評価しました。

ID患者は、より高いレベルの心配と反すうを示しました。

心配は総睡眠時間、効率、およびレム睡眠の割合と相関しています。

反復思考と睡眠の間の関係が示されています。
抽象
バックグラウンド
反復的思考は、いくつかの精神病理学的状態の顕著な特徴であり、特に不眠症における永続的かつ維持的な要因です。したがって、不眠症患者によって報告された主な不満の1つは、考えを止めたりコントロールしたりできないことです。心配と反すうは、睡眠障害を引き起こす2つの最もよく知られた反復思考スタイルです。本研究の目的は、睡眠ポリグラフによって客観的に記録された夜間睡眠指数に対するこれら2つの認知プロセスの関係を調査することであった。
方法
性別と年齢が一致した27人の不眠症患者と20人の健康対照者が採用され、睡眠の質、過度の日中の眠気、不眠症の重症度、心配、反すう、うつ病および不安症状、ならびに合理的な認知推定値を生み出す能力を評価することを目的とする包括的な評価が行われた。睡眠日記指数および睡眠ポリグラフ記録を評価した。
結果
不眠症患者は、対照と比較して、増大したレベルの心配および反芻を示した。我々の睡眠ポリグラフによる研究は、これら2つの異なるタイプの反復思考が客観的睡眠変数と有意に関連していることを明らかにした。特に、不安レベルの上昇は、入眠後の覚醒の増強、総睡眠時間、睡眠効率、およびレム睡眠の割合の減少に関連していたが、反芻は睡眠潜時の増加および睡眠効率の低下に関連していた。しかし、不安や憂鬱な症状を抑制した後でも、睡眠ポリグラフの変数との有意な関係を維持しているのは心配だけでした。驚くべきことに、繰り返しの考えは微細構造のレム睡眠の特徴および定量的な脳波と相関していませんでした 分析。
結論
我々の研究は、反復思考と睡眠の日中レベルの間に有意な関係が存在することを示しており、したがって、不眠症における認知的および夜間の電気生理学的活動の間の相互作用の仮説を裏付けている。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症繰り返しの考え心配反芻睡眠ポリグラフ
©2017 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945717304100