このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

右頭頂葉への1HzのrTMSは、併発性GADおよび不眠症に有効である。

不安と不眠症の症状はどちらもrTMS治療で改善されました。

不安と不眠症の症状の改善は正の相関がありました。

rTMSは合併GADと不眠症のための効果的な治療法の選択肢です。
抽象
バックグラウンド
反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)は、精神神経疾患の治療のための有望な技術であると考えられてきた。しかしながら、全般性不安障害(GAD)の治療におけるrTMSの有効性についてはほとんどわかっていません。さらに、併存するGADと不眠症に関する治療データはまだ不足しています。本研究の目的は、併存するGADと不眠症の患者の不安症状と不眠症症状の両方に右頭頂葉に適用した1Hz rTMSの治療効果を調べることでした。
方法
36人の患者を偽または活動的rTMS群のいずれかに無作為に割り付けた(各群n = 18)。rTMSを、右後頭頂皮質(P4電極部位)上に1Hzの周波数および静止運動閾値の90%の強度で投与した。
結果
右頭頂葉に対する1HzのrTMSの10日間は、活性群において不安症状および不眠症症状の両方を有意に改善した。ベースライン時の不安の重症度は不眠症の重症度と有意に相関していなかったが、不安に対するハミルトン評価尺度(HRSA)スコアの改善はピッツバーグ睡眠品質指数(PSQI)スコアの改善と正の相関があった。
結論
本研究は、併発性GADおよび不眠症の患者における右頭頂葉に対する低周波rTMSの有効性を評価するための最初の無作為化偽対照試験である。本発明者らの結果は、頭頂皮質上に投与された1Hz低周波rTMSが、併存するGADおよび不眠症の患者における不安症状および不眠症症状の両方に有効であることを示唆した。
前の記事次の記事
キーワード
全般性不安障害不眠症反復経頭蓋磁気刺激右頭頂皮質注意バイアス感情処理
1
著者Z. HuangとY. Liは、この作業に等しく貢献しました。
©2018 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1935861X18301633