このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

精神科外来患者におけるさまざまな睡眠障害の有病率を調べた。

睡眠障害は、研究人口の 83.4%で発見されました。

不眠症の症状は、参加者の78.2%によって報告されました。

参加者の29.2%が中等度から重度の不眠症を報告した。

精神科グループ間で不眠症の重症度の有意差が認められた。
抽象
バックグラウンド
睡眠障害はしばしば精神障害と関連しており、その原因と結果の両方があり得る。
目的
精神科外来患者における睡眠障害の有病率と不眠症の重症度を研究する。
方法
三次レベルのメンタルヘルスケア施設に通う患者から目的サンプリングを使用して500人の患者が無作為に選択され、睡眠の質と共に睡眠障害の存在が評価された。不眠症の患者では、その重症度が決定されました。
結果
人口の83.4%が何らかの睡眠障害を患っていた。不眠症の症状は人口の78.2%が報告しており、29.2%は中等度から重度の不眠症であった。人口の78.4%は睡眠の質が低かった。不眠症重症度指数(ISI)を比較したところ、異なる精神科グループ間で有意差が認められた。多項ロジスティック回帰では、重症の不眠症の可能性は、精神病と比較して、診断が鬱病の場合の方が多く、躁病またはocdの場合は少なくなります。
結論
この研究は、精神科外来患者における睡眠障害の有病率を評価したインドで最初のものでした。我々の研究は、患者を適切に管理するために睡眠障害を注意深く評価することの重要性を強調しています。
前の記事次の記事
キーワード
睡眠障害精神科患者不眠症
©2017 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1876201817303581