このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

不眠症の症状は、自殺リスクに対する独自の変動には寄与しませんでした。

知覚された煩わしさおよび憂鬱な症状は不眠症の影響を説明した。

調査結果は、睡眠の改善が間接的に自殺リスクを減らす可能性があることを示唆しています。
抽象
不眠症は自殺念慮と繰り返し関連してきましたが、関連性の理由は明らかではありません。対人的自殺心理学理論(IPTS)は、3つのコア変数(帰属の阻害、煩わしさの認識、および獲得能力)が、自殺念慮および自殺行動のすべての危険因子に対する最終的な共通経路であることを提案している。最近の研究では、不眠症はIPTSとは無関係に自殺念慮に関連している可能性があることが示唆されています。私たちは、151人の精神科入院患者(12〜17歳)の横断的データを調べて、不眠症の症状と自殺リスクの継続的な尺度との関連性を判断しました。(ますます厳しくなる考えおよび計画として測定される)はIPTSの枠組みによって説明された。すべてのIPTS変数およびうつ症状がモデルに含まれている場合、不眠症症状は自殺リスクに対する独自の変動に寄与していませんでした。知覚された煩わしさおよび鬱症状は、不眠症の症状と自殺リスクとの間の関係を説明するために見出された。我々の調査結果は、睡眠の改善が自殺リスクを減らす可能性があり、対人ニーズ認知の管理が不眠症症状の存在下でのリスクを減らす可能性があることを示唆している。
前の記事次の記事
キーワード
自殺入院患者臨床サンプル
©2017 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165178117305231