このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

無作為化対照試験では、ガイドなしのICBTiが合併した心理的症状に影響を与えるかどうかを調べた。

181人がICBTi(n = 95)またはオンラインの患者教育条件(n = 86)に9週間無作為に割り付けられた。

結果は、不安または鬱病の症状に対して、治療前から治療後にかけて中程度から大きな効果サイズをもたらした。

本知見は、誘導されていないICBTiが短期間の併存症状に積極的に影響を及ぼすことを示している。
抽象
バックグラウンド
不眠症に対する認知行動療法(CBTi)は標準的な治療法と考えられています。インターネットは、CBTiを提供するための便利で成功したツールであることが証明されています。ただし、いくつかの研究は、併発的な心理的症状と疲労に誘導されていないインターネット配信CBTi(ICBTi)の可能な効果を調査しました。
方法
無作為化比較試験に基づいて、我々は、誘導されていないICBTiが合併した心理的症状に影響を与えるかどうかを調べた。不眠症の成人(n  = 181; 67%女性;平均年齢44.9歳[SD 13.0])を 9週間にわたりICBTi(n  = 95)またはオンライン患者教育条件(n = 86)に無作為化した。
結果
混合の結果、線形モデリングは、大きな群間に媒体を得たエフェクトサイズ(不安や抑うつの症状のために事前する後処理からD  ; 95%CI = 0.79から0.35 = -0.57)および疲労( D = 0.92; 95%CI = 1.22-0.62)。ICBTiグループは6ヵ月の無作為化されていないフォローアップで再評価され、完了した参加者は平均して不安やうつ病の症状を有意に(事後評価から)増加させました。評価後)は維持された。ただし、脱落率が高く、対照群のデータがないため、長期的な影響については注意が必要です。結論として、本発明の知見は、誘導されていないICBTiが短期間の併存症状に積極的に影響を及ぼし、それにより誘導されていないICBTiの臨床的関連性を強調することを示す。
お試し登録
ClinicalTrials.gov識別子:NCT02261272
前の記事次の記事
キーワード
不眠症に対する認知行動療法インターネットによる介入疲労うつ病不安
1 。前書き
不眠症は最も一般的な睡眠障害であり、世界中の何百万もの人々の生活の質を損なっている(Ohayon 、1997 ; Pallesen et al。、2001 )。不眠症は気分、社会的機能、仕事、認知機能に影響を及ぼし、しばしば疲労につながるため、昼間の機能低下は不眠症診断の重要な側面です(American Psychiatric Association、2013 )。さらに、うつ病や不安などの精神疾患は一般に不眠症を併発する(Ohayon 、2007 ; Sanchez-Ortuno and Edinger、2012)伝統的に不眠症は精神疾患の症状と見なされてきましたが、不眠症は悪化し精神障害を引き起こす可能性がある独立した障害を表すかもしれないことを示す文献が増えています(Harvey、2001)。例えば、不眠症の症状は、併存疾患の治療に成功した後も持続することが多く、これは主に不眠症の症状に焦点を当てた個別の治療の必要性を強調していると主張されている(Harvey、2001 ; Sanchez-OrtunoおよびEdinger)。 、2012 )。今日、不眠症の認知行動療法(CBTi )はゴールドスタンダード治療と考えられています(Morin et al。、2006、Wilson et al。、2010)。CBTiは不眠症症状の軽減に良い結果を示しており(Okajima et al。、2011 )、いくつかの研究はCBTiがうつ病や不安などの合併した精神症状と障害に関して同様の改善をもたらすかどうか調べた(例えばBélangeret al。、2016 ; Ho et al。、2015)。
不眠症の罹患率は着実に増加しており、効果的な治療の必要性が急務である(Pallesen et al。、2014)。今日までのところ、経済的なコストとこの治療法を直接提供している有能な人員の不足のために、CBTiの利用可能性は依然として不十分である(Edinger and Means、2005)。CBTiの有用性を高める手段として、インターネット配信CBTi(ICBTi)(例えば、Ritterbandら、2009年)が開発され、患者の睡眠を改善するのに非常に有効であることが見出された(ChengおよびDizon、2012年;Zachariaeら、2004年)。、2016年)。研究はまた、ICBTiが患者の併存症状を改善する可能性があることを示しています(Ye et al。、2015 ;Christensen et al。、2016)。Ye et al。(2015)インターネットベースのCBTi介入に関する10の資格のあるRCTを含むメタアナリシスを行いました。分析は全体的に良い結果を示した。併存うつ病と不安症の複合効果の大きさは、それぞれ-0.36と-0.35でした。オーストラリアからのRCT(Christensen et al。、2016)も、不眠症および亜臨床的鬱病を有する個人における鬱病の症状に対するインターネットベースのCBTi(SHUTi )の効果を調べた。6週間で六ヶ月での結果は、SHUTi治療を受けた参加者(nは = 574)は、インターネットベースのプラセボ対照プログラムを使用した参加者と比較して、有意に低いレベルの鬱病症状を有していた。
健康的なインターネットを使用した睡眠(SHUTi)プログラムは、重要な結果を示したCBTiの高度なオンライン適応の一例です(Ritterband et al。、2009 ; Ritterband et al。、2012)。SHUTiの最初の臨床試験(Ritterband et al。、2009 )では、治療から6か月後に4人の患者のうち3人近くが寛解していることが判明しました。これは、対面CBTiで通常見られるものと同様です。さらに、結果は、SHUTi介入が併存する精神的症状を軽減することを示した(Thorndike et al。、2013)。
今回の研究では、ノルウェー語翻訳版のSHUTiを使用して、その治療法が英語圏の国以外でも同様の効果があるかどうかを調べました。予備的結果は、SHUTi治療が参加者の睡眠を全体的に改善することを示した(Hagatun et al。、2017 )。このような誘導されていない介入が併存疾患にどのように影響するかについての知識の欠如に基づいて、本稿の目的はSHUTi介入が心理的苦痛と疲労の症状にどのように影響したかを調べることでした。
2 。方法
2.1 。参加者と手続き
この試験プロトコールは、西部ノルウェーの医学および健康研究倫理のための地域委員会によって承認された(2012/1934 REK、南東B)。研究手順の詳細は別の次の論文(Hagatun et al。、2017 )に報告されているので、ここでは簡単に要約します。参加者はメディアを通じて募集され、電話によるスクリーニングインタビューを受ける前にオンラインスクリーニングを完了しました。包含基準は、最低18歳であり、不眠症の診断基準を満たしていた。除外基準は以下のとおりであった:夜間作業、別の睡眠障害の存在または睡眠を損なう可能性がある精神的な問題/障害(例、中等度または重度のうつ病)。含まれる参加者は、9週間にわたってSHUTiまたはウェブベースの患者教育条件のいずれかに無作為に割り当てられた。SHUTiグループの参加者は6ヵ月後に追跡調査されました。
2.2 。介入
SHUTiプログラムは、伝統的な対面型CBTiをベースにした、完全に自動化された対話型オンラインセルフヘルププログラムです(Ritterband et al。、2009 )。SHUTiは、睡眠衛生、睡眠制限、刺激管理、および認知的再構築を含む6つの週次オンラインモジュールで構成されています。プログラムは主に参加者が読むための有益なテキストに基づいています、そして次に治療内容(CBTi)はインタラクティブな演習、クイズ、アニメーション、ビデオビネットと専門家の説明を通して詳しく説明されて、リハーサルされます。さらに、参加者には、その週の中核で教えられたコンテンツを実践するための宿題が割り当てられます。重要な側面SHUTiプログラムの特徴は、各参加者がオンラインの睡眠日記やアンケートを通じて登録した情報に基づいて、自動的に生成されるパーソナライズされた治療の推奨を提供することです。SHUTiプログラムのより詳細な説明は他の場所に公開されている(Ritterbandら、2009年;Thorndikeら、2008年)。
本研究のコントロール介入は、不眠症の症状に関して一般開業医を訪問したときに不眠症の個人が受ける可能性がある情報の種類に似た情報を含む患者教育ウェブサイトを含んでいた(Sivertsen et al。、2010)。)このサイトでは、参加者は、不眠症の症状、潜在的な因果関係、および維持要因、ならびに単純な睡眠衛生戦略を含む睡眠改善戦略の提案、および刺激制御で使用されるいくつかの最も基本的な行動勧告について読むことができました。したがって、情報は主にCBTiの治療原則に基づいています。患者教育介入とSHUTi介入の間にはいくらかの重複がありますが、2つの介入は自助教材の共有量と治療的アプローチの点で非常に異なります。双方向性と個別化されたフィードバックはSHUTiでの包括的な自助介入の重要な要素ですが、患者教育介入で提供された情報は簡潔で静的でした。したがって、患者教育介入のすべての情報は、双方向性やフィードバックの要素を含まずにテキストとして表示され、読み終えるのに約30分かかりました。患者教育グループの参加者は、最初の評価後(9週間後)の完了後にICBTi(SHUTi)へのアクセスを提供されましたが、これらの参加者からそれ以上のデータは収集されませんでした。
2.3 。測定値
不安およびうつ病の症状は、病院不安およびうつ病尺度(HADS)(Zigmond and Snaith、1983)によって測定され、Chalder疲労尺度(Chalderら、1993 )は、ベースラインでの疲労の身体的および精神的症状を測定するために使用された、治療後および6ヶ月間の無作為化されていない追跡調査。調査によると、HADSサブスケールのうつ病と不安を区別する能力は最適ではないことが示されているため、合計HADSスコアのみを使用した( Cosco et al。、2012)。
2.4 。統計分析
患者教育ウェブサイトと比較したSHUTiプログラムの効果を調べるために、ベースラインデータを持つすべての参加者が分析に含まれるように、原則を扱う意図を使用して反復測定分析の線形混合モデルを実施した。無作為化された参加者のうち24人は分析に含まれていませんでした。なぜなら彼らはアンケートを完了していなかったからです(図1 も参照)。これら24人の参加者の誰も治療の割り当てを知らなかったし、彼らは誰も治療を受けていませんでした。したがって、これらの欠落を分析に含めないことは、研究の内部的妥当性に対する脅威とは見なされません。反復測定の共分散構造に制約は課されませんでした(type = unstructured、R-matrixのみ)。混在モデル分析は最尤推定を使用し、従属変数でランダムに欠落しているデータ(MAR)を処理できます。MARの仮定を証明するための決定的なテストはありませんが、それは一般的に完全に無作為に欠けている(MCAR)よりも現実的な仮定であると考えられています。分析のために、時間(前対後)、群(SHUTi対対照)、および相互作用効果時間×群をモデルに含めた。統計的に有意な(p <0.05)相互作用の影響は、時間の影響がSHUTi群と対照群の間で異なっていたことを示します。 図1 高解像度画像をダウンロード(446KB)フルサイズの画像をダウンロード 図1。参加者の流れ SHUTi参加者の6ヶ月の追跡調査からのデータを含む追加の混合モデル分析が行われた。この目的のために、時間をカテゴリー変数としてモデル化し、事後評価対事前評価および6ヶ月追跡調査対事後評価での結果を比較するために後方差分コーディングを採用した。この符号化方式では、あるレベルのカテゴリカル変数時間に対する従属変数の平均が、前の隣接レベルの時間に対する従属変数の平均と比較されます。3つの時点について、2つのパラメータがこのように推定され、これらはそれぞれポストとプレの間、および6ヶ月のフォローアップとポストの間の従属変数の推定平均差を表す。 3 。結果 全部で181人の不眠症の成人が含まれ、SHUTi(n  = 95)または患者教育グループ(n  = 86)に割り当てられた。 3.1 。サンプル特性 基本的な人口統計学的特性に関して、SHUTiと患者教育グループの間に違いはありませんでした。平均年齢は44.9歳(SD 13.0)であった。サンプルは男性よりも多くの女性(67%)を含み、そして大多数(66%)はパートナーと結婚/暮らしていた(表1参照)。 表1。人口統計情報 特性 SHUTi (n  = 95) 患者教育 (n  = 86) 合計 (n  = 181) 年齢、y、平均(SD) 45.0(12.4) 44.8(13.7) 44.9(13.0) 性別(n) 女性たち 64%(61) 71%(61) 67%(122) 男性 36%(34) 29%(25) 33%(59) BMI a、平均(SD) 24.7(4.0) 24.1(4.2) 24.4(4.1) 配偶者の有無(n) 46 既婚/パートナー 64%(61) 67%(58) 66%(119) 未婚/パートナーなし 36%(34) 33%(28) 34%(62) 教育、y、平均(SD) 16.3(3.24) 16.6(2.71) 16.4(2.99) 不眠症、期間 3〜11ヶ月 16%(15) 14%(12)21.0%(18)33.7%(29)30.2%(26)12 15%(27)21.0%(38)34.3%(62) 28.7%(52) 1〜5歳 24%(23)34.7%(33)27.8%(26) 20%(17) 22%(40)21.0%(38)34.3%(62)28.7%(52) 6〜10歳 34%(32)34.7%(33)27.8%(26) 35%(30)30.2%(26) 34%(62)21.0%(38)34.3%(62) 28.7%(52) > 10年 26%(25)34.7%(33)27.8%(26) 30%(26)30.2%(26) 28%(51)21.0%(38)34.3%(62)28.7%(52)
アルコール使用量(AUDIT-C)b、平均値(SD) 3.8(1.7) 3.5(1.9) 3.7(1.8)
喫煙(n) 8%(8) 13%(11) 11%(19)
FTND =ニコチン依存症のためのFagerstrom検定。
ある
BMI =肥満度指数。
b
AUDIT-C =アルコール使用障害識別テスト。
3.2 。消耗
事後評価でアンケートは、対照群の参加者のSHUTi参加者と24(28%)(19(20%)により完了しなかったχ 2(1181)  = 1.56、P  = 0.21)。参加者のベースライン特性を治療後の欠測データと比較すると、アルコール摂取のみが追跡調査時の欠如と関連していた。しかし、アルコール使用スコアと結果の尺度(不安や鬱病の症状、疲労)との相関は0.4を下回り、混合モデル分析における補助変数としてこれを含めても影響は最小限であることが示されました( Enders、2010)。)6ヶ月の追跡調査での消耗は、SHUTi参加者の59人(62%)がアンケートに回答しなかったために高かった。6ヵ月の追跡調査での行方不明と関連していた唯一のベースライン特性は、より高い年齢でした(t (67)  = -2.06、p  = 0.04)が、結果変数との相関が弱いため、年齢も分析に含めませんでした。
3.3 。不安やうつ病の症状
不安や抑うつの症状が有意SHUTi群で減少した(平均プリ  = 9.72を、平均ポスト  = 6.79、D 以内  = 0.56; 95%CI = 0.73から0.39)、及び改善患者教育群に比べて有意に大きかったです(D 間  = 0.57; 95%CI = 0.79から0.35)(表2)。6ヶ月の非ランダム化されたフォローアップの完了SHUTiの参加者の中で、治療の利益はわずかに減少した(平均6ヶ月  で= 8.42)、効果の大きさ(ポスト対6ヶ月)D 内 = 0.30(95%CI = 0.14〜0.45)。向かってベースラインと6ヶ月の非ランダム化フォローアップ傾向の差境界統計的に有意な(P  = 0.06)。
表2。SHUTi参加者および患者教育参加者に対する事前評価および事後評価からのHADSおよび疲労。
睡眠変数と時間 SD pooled_pre SHUTi 患者教育 時間×グループ効果
N 平均(95%CI)a 範囲内の d (95%CI) N 平均(95%CI)a 範囲内の d (95%CI) F P -Value 間の d (95%CI)
HADS
事前評価 5.21 95年 9.72(8.66、10.77) −0.56(−0.73、−0.39) 86 10.72(9.61、11.83) 0.01(-0.13、0.15) 23.05 <0.001 −0.57(−0.79、−0.35) 事後評価 76 6.79(5.70、7.88) 62 10.79(9.61、11.97) 疲労 事前評価 5.75 95年 18.90(17.73、20.06) −1.04(−1.30、−0.78) 86 19.88(18.66、21.11) −0.12(−0.27、0.03) 36.62 <0.001 −0.92(−1.22、−0.62) 事後評価 68 12.91(11.62、14.12) 64 19.22(17.83、20.61) ある 混合モデル解析からの推定周辺平均 3.4 。疲労 前から改善された疲労の平均レベルがSHUTiグループ内の処理を投稿する(平均事前  = 18.90を、平均ポスト  = 12.91、D 以内  = 1.04; 95%CI = 1.30から0.78)、及び患者教育よりも有意に大きかったです群(D 間  = -0.92; 95%CI = 1.22から0.62)(表2)。SHUTiグループにおける6ヶ月の追跡データの分析は、治療効果が完成した参加者の間で比較的安定しており(平均6ヶ月  = 13.56)、効果の大きさ(6ヶ月対ポスト)d  = 0.13 以内であることを示した(95%CI = 0.02〜0.28)(表3)。 表3。SHUTi参加者の6か月の追跡調査の結果。 推定平均差 (se) P -Value SD プレ 範囲内の d (95%CI) HADS 役職。対プレ -2.93(0.43) <0.001 5.39 −0.54(−0.71、−0.37) 6ヶ月対ポスト 1.63(0.61) 0.01 0.30(0.14、0.45) 6ヶ月対前のA -1.30(0.68) 0.06 −0.24(−0.48、0.004) 疲労 役職。対プレ −6.03(0.64) <0.001 5.36 -1.13( – 1.40、 – 0.86) 6ヶ月対ポスト −0.70(0.67) 0.31 0.13(-0.02、0.28) 6ヶ月対前のA −5.34(0.75) <0.001 -1.00(-1.20、-0.80) 注:6ヶ月間の追跡調査の結果は、SHUTiグループのみに基づいています。 ある 単純なダミーとしてコード化された時間による追加の分析に基づく。 4 。討論 今回の試験での知見は、SHUTi治療が鬱病および不安の症状に関して、ならびに昼間の機能に関して、疲労に関して心理的苦痛に有益な効果を及ぼしたことを示しています。治療前、両グループは9ポイントを少し上回る心理的苦痛についての総合スコア(HADS合計)を持っていました。これは、HADS合計の推奨カットオフスコアです(Kjærgaardet al。、2014)。)治療完了時には、SHUTiグループはカットオフを下回りましたが、患者教育グループは依然としてカットオフを上回る平均スコアを持っていました。したがって、SHUTi群は患者教育群と比較して有意に改善し、SHUTi介入が不眠症患者の心理的苦痛のレベルに良い影響を与えることを示しています。さらに、倦怠感のレベルは、患者教育グループと比較して、SHUTiグループで有意に減少しました。 全体的に見て、併存症状に対するSHUTiの効果に関する現在の知見は、不眠症のCBTも不眠症患者のうつ病および不安の併存症状のレベルの改善につながる可能性があることを示す既存の研究と一致している(Bélangeret al。、2016 ; Manberら、2008年;Taylorら、2007年)。さらに、現在の結果は、併存症状に対する伝統的なCBTiの影響がインターネットベースのCBTi介入にも当てはまることを示す以前の研究を支持している(Christensen et al。、2016 ; Ye et al。、2015)。 長期有効性に関して、無作為化されていない6か月の評価からの全体的な結果は、併存する心理的症状に対する治療の有益な効果は比較的長期的であるように思われることを示しています。6ヶ月の追跡調査でうつ病または不安症状がいくらか回復しているように見える理由の1つは、SHUTiプログラムがうつ病または不安症状を直接目的としていないためである可能性があります。それにもかかわらず、現在の試験は、治療完了時(9週間後)の疲労レベルの低下が6ヶ月の追跡調査で比較的安定していることを明らかにした。これらの知見は、疲労に対するSHUTi介入の有効性を探索する以前の試験を拡張している(例えば、Ritterband ら、2012 ; Thorndikeら、2013)、治療完了を超えた持続的効果の証拠を伴う。 全体として、本研究は、不眠症に対するガイドなしのICBTi治療の有効性が睡眠結果を超えていることを示しています。SHUTiは、疲労や不安や鬱病の症状など、合併症の症状も改善します。多くの不眠症患者がそのような併存する不満を持っているので、本研究は誘導されていないICBTi介入の臨床的関連性を支持する。ただし、いくつかの制限があります。この研究には軽度のうつ病の症状がある個人のみが含まれていたため、天井効果が生じた可能性があり、より高いレベルのうつ病の患者が含まれている場合、結果はさらに実質的なものになりました。一方、中程度または重度のうつ病患者の包含患者さんがその物質を使って作業するには体調が悪すぎるため、治療の効果が低下している可能性があります。参加者は自己募集しました。疲労の尺度およびうつ病または不安の症状は自己報告に基づいていた。そして、無作為化されていない6ヶ月の追跡調査では脱落率が高かった。ドロップアウト率が高い理由として考えられるのは、自動Eメール以外に、フォローアップデータを取得するための追加の努力がなされていないことです。ただし、LMM による分析には、参加者全員から入手可能なデータが含まれていました。これは、無作為に欠落するという仮定の下で有効な推定値を提供することで知られています。 Enders、2010年)いくつかの強みにも注意する必要があります。ICBTi治療が合併症の症状を改善することを示すいくつかの以前の研究があります。しかし、本研究は無誘導治療プログラムを使用し、アクティブなコントロールグループを持つことによって以前の結果を拡張します。また、これは英語/米国の環境以外でのガイドなしのICBTiに関する数少ない研究の1つです。 そのような介入の臨床的有効性に関するより深い知識を得るためのさらなる研究が依然として必要とされている。今後の研究では、精神疾患の症状がより重症の患者をサンプルに含めることを検討する必要があります。さらに、ICBTiの長期的な耐久性に関するさらなる知識を得るために、対照群を用いたより長期の追跡評価によるさらなる研究が必要である。 略語 CBTi 不眠症に対する認知行動療法 ICBTi インターネット配信のCBTi SHUTi インターネットを使って健康的に眠る HADS 病院不安と抑うつ尺度 LMM 線形混合モデル 利益相反 LMRとFPTは、この出版物で報告された研究に関連した製品(SHUTiプログラムを含む)を開発および提供している会社であるBeHealth Solutions、LLCに一部出資しています。残りの著者らは、彼らが開示することには利益相反がないと報告しています。 投稿者の投稿 著者SHが原稿を作成し、SHとORFSが統計分析を行いました。著者のLMR、FPT、BS、ØV、およびTNは研究の構想および設計を担当し、BS、OEH、およびTNは資金を得た。すべての作者は重要な知的内容のために原稿の批評的な改訂を行いました。 資金情報 この研究は、ノルウェー健康・リハビリテーション特別財団(No 2013/2/0029)、メルツァー研究基金、ノルウェー公衆衛生研究所、ノルウェー研究評議会(プロジェクト番号239985)によって資金提供されました。 参考文献 2013年アメリカ精神医学会 アメリカ精神医学会 精神障害の診断と統計マニュアル:DSM-V アメリカ精神医学会、ワシントンDC (2013 ) Google Scholar Bélangeret al。、2016 L. ベランジャー、AG ハーヴェイ、É。 フォルティエ-Brochu 、ら。 不眠症に対する認知行動療法に対する治療反応に対する併存不安と鬱病の影響 J.相談してください。クリン サイコロ。、84 (2016 )、頁659 – 667 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Chalder et al。、1993 T. Chalder 、G. Berelowitz 、T. Pawlikowska 、ら。 疲労スケールの開発 J. Psychosom。結果 、37 (1993 )、PP。147 – 153 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Cheng and Dizon、2012年 SK Cheng 、J. Dizon 不眠症に対するコンピュータ化認知行動療法:系統的レビューとメタアナリシス サイコザー。サイコソム 、81 (2012 )、PP。206 – 216 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Christensen et al。、2016 H. クリステンセン、PJ Batterham 、JA ゴスリング、ら。 うつ病エピソード予防のためのオンライン不眠症プログラム(SHUTi)の有効性(GoodNight研究):無作為化対照試験 ランセット 精神医学、3 (2016 )、pp。333 – 341 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Cosco et al。、2012 TD コスコ、F. ドイル、M. ウォード、H. マギー 病院不安と抑うつ尺度の潜在構造:10年間の系統的レビュー J. Psychosom。結果 、72 (2012 )、PP。180 – 184 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Edinger and Means、2005年 JD Edinger 、MK は原発性不眠症に対する認知行動療法を 意味し ます クリン サイコロ。牧師、25 (2005 )、頁539 – 558 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Enders、2010年 欠落データ分析を適用した CK Enders The Guilford Press 、ニューヨーク、ニューヨーク(2010 ) Google Scholar Hagatun et al。、2017 S. Hagatun 、Ø。 Vedaa 、T. Nordgreen 、ら。 不眠症に対する誘導されていないインターネットベースの認知行動療法の短期的有効性:6か月の無作為化されていない追跡調査による無作為化対照試験 ふるまい。睡眠中。(2017 )、頁。1 – 23 Scopus Google Scholarでレコードを表示する ハーヴェイ、2001 AG Harvey Insomnia:症状または診断? クリン サイコロ。牧師、21 (2001 )、頁。1037 – 1059 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Ho et al。、2015 FY-Y Ho、K. Chung 、W.-F. ヨン、ら。 不眠症に対する自助的認知行動療法:無作為化対照試験のメタ分析 睡眠中。牧師、19 (2015 )、頁。17 – 28 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Kjærgaardet al。、2014 M. Kjærgaard 、CE Arfwedson王、K. ウォータールー、R. Jorde 健康から、試料中のベックうつ病インベントリ-IIの心理的特性の研究、モンゴメリーとアスベルグうつ病評価尺度、および病院不安と抑うつ尺度人口 スキャンします。J.Psycol。、55 (2014 )、頁。83 – 89 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Manber et al。、2008 R. Manber 、J. エディンガー、J. グレス、M. サン・ペドロ・サルセド、T. クオ、T. Kalista 不眠症のための認知行動療法は、併存大うつ病性障害や不眠症の患者のうつ病の成果を強化 スリープ、31 (2008 )、頁489 – 495 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Morin et al。、2006 CM モリン、RR Bootzin 、DJ Buysse 、JD エディンガー、CA ESPIE 、KL Lichstein 心理や不眠症の行動療法:最近の証拠の更新(1998-2004) Sleep 、29 (2006 )、pp。1398 – 1414 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 1997年オハヨン MM Ohayon 不眠症のDSM-IV診断基準の有病率:精神障害に関連する不眠症を睡眠障害と区別する J.結果 、31 (1997 )、PP。333 – 346 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 2007年オハヨン MM Ohayon 一般集団における睡眠障害の罹患率と合併症 牧師プラット。、57 (2007 )、頁。1521 – 1528 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 岡島ほか、2011 I. 岡島、Y. 駒田、Y. 井上 原発性不眠症のための認知行動療法の治療有効性に関するメタ分析 Sleep Biol。リズム。、9 (2011 )、頁。24 – 34 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Pallesen et al。、2001 S. Pallesen 、IH Nordhus 、GH ニールセン、ら。 ノルウェーの成人人口における不眠症の有病率 Sleep 、24 (2001 )、pp。771 – 779 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Pallesen et al。、2014 S. Pallesen 、B. Sivertsen 、IH Nordhus 、B. Bjorvatn 大人ノルウェーの人口の不眠症の有病率の10年間のトレンド 睡眠中。、15 (2014 )、PP。173 – 179 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Ritterband et al。、2009 LM Ritterband 、FP Thorndike 、LA Gonderの-フレデリック、ら。 不眠症の成人に対するインターネットベースの行動介入の有効性 アーチ。Gen. Psychiatry 、66 (2009 )、692 – 698ページ Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Ritterband et al。、2012 LM Ritterband 、ET Bailey 、FP Thorndike 、HR 主、L. Farrell-Carnahan 、LD Baum 不眠症のある癌生存者の睡眠を改善するためのインターネット介入の初期評価 Psycho-Oncology 、21 (2012 )、pp。695 – 705 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード サンチェス・オルトゥーノとエジンガー、2012年 MM Sanchez-Ortuno 、JD Edinger 精神障害を伴う不眠症の管理のための認知行動療法 Curr。Psychiatry Rep。、14 (2012 )、pp。519 – 528 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Sivertsen et al。、2010 B. Sivertsen 、IH Nordhus 、B. Bjorvatn 、S. Pallesen 一般診療で睡眠の問題:ノルウェーの一般開業医の評価と治療のルーチンの全国調査 J.Sleep Res。、19 (2010 )、頁。36 – 41 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Taylor et al。、2007 DJ テイラー、KL リヒシュタイン、J。 ウェインストック、S。 サンフォード、JR テンプル 軽度のうつ病を持つ人々における不眠症の認知行動療法のパイロットスタディ ふるまい。その 、38 (2007 )、頁。49 – 57 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Thorndike et al。、2008 FP Thorndike 、DK Saylor 、ET Bailey 、LA Gonder-Frederick 、CM Morin 、LM Ritterbandの 開発と、不眠症に対するインターネット介入の有用性とその影響 EJ。Appl。サイコロ。、4 (2008 )、頁。32 – 42 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Thorndike et al。、2013 FP Thorndike 、LM Ritterband 、LA Gonderの-フレデリック、HR 主よ、KS インガーソル、CM モリン 併存心理的疲労症状に及ぼす影響:Aは、不眠症と大人のためのインターネットの介入のランダム化比較試験 J.Clin。サイコロ。、69 (2013 )、頁。1078 – 1093 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Wilson et al。、2010 SJ ウィルソン、DJ 作品Nutt 、C. アルフォード、ら。 不眠症、寄生虫症および概日リズム障害のエビデンスに基づく治療に関する英国精神薬理学協会コンセンサスステートメント J.Pychopharmacol​​。、24 (11 )(2010 )、頁1577 – 1601 CrossRef Google Scholar Ye et al。、2015 Y.-Y. あなた、Y.-F. チャン、J. チェン、ら。 不眠症に対するインターネットベースの認知行動療法(ICBT-i)は併存する不安と鬱病を改善する – 無作為化対照試験のメタ分析 PLoS One 、10 (2015 )、記事e0142258 CrossRef Google Scholar Zachariae et al。、2016 R. Zachariae 、MS Lyby 、LM Ritterband 、MS オトゥール 不眠症のためのインターネット配信認知行動療法の有効性-無作為化比較試験の系統的レビューとメタアナリシス 睡眠中。牧師、30 (2016 )、頁1 – 10 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Zigmond and Snaith、1983 AS Zigmond 、RP Snaith 病院の不安とうつ病の程度 Acta Psychiatr。スキャンします。、67 (1983 )、頁361 – 370 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード ©2018作者。Elsevier BVによって出版された https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2214782917301112