このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

特性および就寝前の覚醒過多は不眠症の重要な要因と考えられています。

認知プロセスとメタ認知プロセスの両方が、特性および睡眠前覚醒において役割を果たす可能性があります。

不眠症におけるメタ認知活動は時間とともに現れるかもしれません。

メタ認知プロセスは、不眠症の長い病歴を有する対象において考慮され得る。
抽象
目的
形質素因過覚醒とプリスリープ状態の過覚醒には、不眠症の重要な要因と考えられているが、研究は、認知との役割サポートメタ認知プロセスを。したがって、本研究の目的は、不眠症における有益でない睡眠関連の信念、睡眠関連のメタ認知、および特性/睡眠前覚醒の間の関係を評価することであった。
方法
不眠症(DSM-5)と36人の眠りの良い眠っている68人の被験者は、睡眠尺度に関する機能不全の信念(DBAS)、メタ認知アンケート – 不眠症(MCQI)、覚醒素因尺度(APS)を含むアンケートのセットで評価されました。睡眠前覚醒スケール(PSAS)。統計分析には、単変量、多変量回帰、および媒介分析が含まれていました。
結果
不眠症を有する被験体は、(DBAS、MCQI、APS、およびPSASに高いスコアを報告したPの < 良い枕木に比べ0.001)。不眠症のグループでは、特性の覚醒が不眠症関連メタ認知によって最もよく決定されました(p = 0.02)。睡眠前認知覚醒は、何年もの不眠症を管理した後、不眠症関連メタ認知(p = 0.001)および形質覚醒過覚醒(p < 0.0001)によって決定された。不眠症 – メタ認知活性は、特性 – 覚醒覚醒と認知覚醒との間の関連(p = 0.01、p = 0.002)および睡眠前認知と体性との間の双方向の関連を媒介した 覚醒(p = 0.002、p = 0.04)。 結論 この研究は、不眠症の人々の間の睡眠関連覚醒の発達には、広範囲の認知およびメタ認知プロセスが関与している可能性があることを示唆しています。不眠症のメタ認知活性は、不眠症の期間に応じて、形質因子および就寝前状態因子に影響を及ぼし得る。不眠症の評価および治療の両方とも、特に不眠症の長い病歴を有する対象における不眠症のメタ認知プロセスにも焦点を当てることができる。 前の記事次の記事 キーワード 慢性不眠症役に立たない信念不眠症 – メタ認知プロセス睡眠前覚醒特性覚醒 ©2017 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022399917301861

関連記事はこちら