このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

MSLTで示されるように、不眠症のすべての人が過覚醒するわけではありません。

MSLTによって定義される不眠症の高覚醒も昼間のNEの上昇に見られる。

高日中のMSLT / NEは催眠薬の用量漸増のリスク増加と関連している。

用量漸増は、プラセボを受けている不​​眠症で主に表されます。
抽象
バックグラウンド
催眠薬の乱用責任についての懸念を考慮して、この研究では、不眠症の人々の覚醒過敏症および12ヵ月間の夜間催眠術使用中の催眠術自己投与との関係を評価した。
方法
翌日に不眠症(年齢32〜64歳)の95人の被験者がスクリーニング夜間睡眠ポリグラフ(NPSG)および多睡眠潜時試験(MSLT)を受けた後、ゾルピデム10mgまたはプラセボを12ヶ月間毎晩投与するように無作為に割り付けられた。NPSGおよびMSLTを実施し、尿を採取し(0700〜1500 h)、治験薬投与の1ヶ月および8ヶ月の間にノルエピネフリン(NE)レベルについて分析した。サブセット(n = 54)は1、4、および12か月後に催眠術の自己投与評価を受けました。
結果
MSLTのスクリーニングにおける1日の平均睡眠潜時は、MSLTの全潜伏期間(2〜20分)にわたって分布していました。最も高いスクリーニングMSLT潜時は、最も低いMSLT潜時を有する対象と比較して、より高いNEレベルを有する対象において検出された。自己投与評価を受けているサブセットでは、最も高いMSLT潜伏期間を有するものと比較して、最も高いMSLT潜伏期間を有するものがより多くのカプセル(プラセボおよびゾルピデム)を選択し、4ヶ月に選択したカプセルの数を1ヶ月に対して増加させた。
結論
これらのデータは、いくつかの不眠症が高いMSLT / NEレベルで過剰覚醒し、そして低いMSLT / NE不眠症と比較して、それらは1ヶ月に対して4ヶ月および12ヶ月に自己投与されるカプセルの数(ゾルピデムおよびプラセボ)を増加させることを示す。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症MSLT北東催眠自己管理
ClinicalTrials.gov識別子:NCT01006525。治験名:慢性催眠用途の安全性と有効性 http://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT01006525
©2016 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945716300582