このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

不眠症は作業能力の低下と有意に関連していた。

客観的な短い睡眠時間は作業能力の低さと強く関係していることがわかった。

労働者の睡眠時間が短い不眠症の関節は、作業能力の低下と関連していた。

この研究は、不眠症と睡眠時間と作業能力との関係に関する証拠に貢献しています。
抽象
目的
本研究の目的は、不眠症と客観的な睡眠時間が、劣悪な作業能力に及ぼす独立的かつ共同的な影響を検討することであった。
方法
この横断研究では、合計2820人の中国の製造業労働者が、DSM-IV基準に従って、面接によって不眠症患者および正常な睡眠パターンを有する個人として分類された。≥:睡眠時間は4つのカテゴリに分類された 7 時間、6~7 時間、5~6 時間、および< 5 ウォッチPAT-200試験の目的睡眠時間に応じて時間。労働能力は中国労働能力指数(WAI)質問票を用いて評価した。回帰分析では、さまざまな交絡因子を調整した後に、睡眠時間と作業能力の低い不眠症との独立した共同の関連性を調べた。 結果 不眠症と客観的な短い睡眠時間はどちらも独立して劣悪な作業能力と関連していました。通常の睡眠および 7 時間以上の睡眠時間のグループと比較して、 5 時間未満の睡眠時間を有する不眠症患者で最も低い作業能力のリスクが高かった[オッズ比(OR)3.43、95%信頼区間(CI)1.87-5.23]。続いて、5〜6 時間睡眠した不眠症の人(OR 2.03、95%CI 1.42〜2.67)。 結論 労働者の不眠症と睡眠期間は、別々にも一緒にも、劣悪な労働能力のリスクの増加と関連しています。客観的睡眠時間は、不眠症の人々の作業能力を評価する際に考慮されるべきです。 前の記事次の記事 キーワード 不眠症不眠症の症状睡眠時間作業能力 著作権©2014 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022399914003365

関連記事はこちら