このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

テレビ視聴や座席時間が長い青年は、不眠症を示す可能性が高かった。さらに、より低いテレビ視聴(<1時間)もまた不眠症の危険因子であった。

特に男の子の間で、より高い身体活動は不眠症の予防要因でした

4時間を超えるテレビ視聴は、身体的に活動的な青年の間でさえ不眠症の危険因子でした。
抽象
私たちの目的は、ブラジルの青年期における不眠症と身体活動レベル(PA)の関係、および座っている時間とテレビの視聴時間との関係を調べることでした。2015年に実施されたブラジルの学者健康調査、9年生の若者を対象とした全国的な調査[ n:14.28歳(範囲:11-18歳)](n) = 100,839)を使用した。自己申告の不眠症、テレビ視聴、座席時間および総PA(適応国際PAアンケート)を収集した。年代、人種、都市の種類(首都または内部)の国の地域、食品の摂取量および超加工食品の摂取量は共変量でした。関連を評価するためにロジスティック回帰分析を行った。より長い座席時間とテレビ視聴(8時間/日以上)は、男児の不眠症リスクの高さと関連していた[座位時間:OR = 2.39(95%CI = 1.88–3.04)。TV:OR = 2.49(95%CI = 1.92-3.22)および女の子[座っている時間:OR = 2.17(95%CI = 1.84-2.57; TV:OR = 1.72(95%CI = 1.44-2.04)])。 1日当たり4時間の座っている時間は、[男性:OR = 1.43(95%CI = 1.19-1.73);女の子:OR = 1.66(95%CI = 1.41-1)]の若者の不眠症リスクの高さと関連していた。そして、誰が300分/週の身体活動勧告に従わなかったか[男子= OR = 1.35(95%CI = 1.13-1.60); 女子:OR = 1.38(95%CI = 1.20-1.57)。我々のデータは、より高いレベルのテレビ視聴または座っていることは、彼らの身体活動行動に関係なく、この青年集団の睡眠障害と関連していることを示唆している。
前の記事次の記事
キーワード
身体活動体を動かさない生活メンタルヘルスうつ病青少年
©2018 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165178118301690