このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
不眠症は、気分障害または不安障害を発症する可能性を高める。さらに、心配や反芻などの不安やうつの症状は不眠症の一因となります。これらの関係を考えると、これらの疾患が合併したときにこれらの疾患が治療にどのように反応するかを描写する必要があります。
方法
不安および/または鬱病の症状を呈する266人の個人がこの研究に参加し、そこで不眠症、不安、鬱病、身体障害および睡眠時間の症状が評価された。これらの患者のうち102人が不安および/または鬱病のためのインターネットベースの認知行動療法(iCBT)で治療され、61人が治療を完了した。このサブセットでは治療前後の症状の変化を調べた。
結果
不眠症は、不眠症重症度指数によって測定されるように、患者の40%において明白であった。不眠症の人は、不眠症の人よりも不安や鬱の症状が重いと報告しています。不安やうつ病に焦点を当てたiCBTは、不眠症、不安、うつ病、および身体障害の症状の軽減と関連していました。総睡眠時間は治療によって変化しなかった。
制限事項
データは日常的ケアで収集されたため、対照群も長期追跡調査もなかった。
結論
これらの知見は、不安および鬱病性障害にわたる不眠症の重要性を浮き彫りにしている。彼らはさらに、不安および/または鬱病の治療は、併存する不眠症の症状を改善するように見えるが、睡眠時間を変えるのに効果がないかもしれないことを実証している。
前の記事次の記事
キーワード
睡眠不眠症不安うつ病CBT併存症
著作権©2014 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165032714004510