このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

不眠症特有の反すうは、不眠症における特性と状態の過剰覚醒の両方に関連しています。

不眠症の反芻は、不眠症における感情の異常調節にも関連しています。

不眠症関連の反すうは、覚醒と感情の調整に寄与する可能性があります。

それは不眠症における覚醒と感情の間の複雑な関連性を媒介するかもしれません。
抽象
目的
不眠症特有の反芻は、不眠症の被験者に見られます。研究では、特性と状態の両方の要素を含む、過剰覚醒が重要な要素として特定されています。情動調節不全もまた不眠症において役割を果たすことが示されている。したがって、その目的は、不眠症の反芻が、不眠症における形質依存性および状態依存性の覚醒および情動異常調節の両方とどのように関連しているかを調査することでした。
方法
不眠症障害(DSM-5)と36人の眠りの良い患者68人を用いて評価した:不眠症重症度指数(ISI)、昼間の不眠症症状反応尺度(DISRS)、覚醒素因尺度(APS)、睡眠前覚醒尺度(PSAS) )、および感情規制スケール(DERS)の難しさ。一変量および多変量回帰分析および媒介分析を行った。
結果
不眠症の被験者(F 41、平均年齢50.2±10)は、すべての尺度(ISI、DISRS、APS、PSAS、DERS、p <0.0001)において、良好な眠りの良い人(F 22、平均年齢49.7±14)よりも高いスコアを示した。不眠症の反すうは、特性(APS、B = 0.22、p <0.0001)の就寝前覚醒(PSAS認知B = 0.22、p <0.0001、PSAS体性B = 0.24、p <0.0001)および情動異常(B = 0.0001)と直接相関していた。0.5、p = 0.03)。それが形質とプレスリープ状態過覚醒(Z = 3.3、の間の関連媒介P = 0.0008)、認知および体細胞興奮の間の双方向の関連付け(pは = 0.02)、および特性過覚醒と感情調節異常との間の関連(Z = 2.3、p = 0.04)。 結論 不眠症では、特定の反すうは覚醒に対する特性素因と状態依存性覚醒の両方に関連しています。それはまた感情異常調節に関連しています。不眠症特有の反すう反応スタイルは、不眠症における特性および状態依存性の覚醒因子と覚醒および感情調節との間の複雑な関連性を調節する可能性がある。この枠組みでは、不眠症のある被験者を扱う際には、広範囲の認知プロセスが考慮されるかもしれません。反芻志向の心理学的戦略の使用は重要かもしれません。 前の記事次の記事 キーワード 認知 – 身体的覚醒特性覚醒反芻情動異常 ©2016 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945716302738