このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
交代勤務は、不眠症の症状を誘発するなど、従業員の健康に悪影響を及ぼす可能性があり、これは従業員と雇用主の両方にとって深刻な問題を引き起こす可能性があります。いくつかの人口統計学的変数と共に、朝、神経症、および外向性の人格変数は、不眠症の症状と相関することがわかっているが、予測データは乏しいままである。それに応じて、この研究では、シフトワーカーを用いた階層的な縦断的(6ヶ月)回帰研究を実施することによって、人格変数が不眠症を予測できるかどうかを発見しようとした(n = 96)ノルウェー、トロンハイムの保健または社会部門で雇用されている。ブロック1の変数として、年齢、性別、在宅の子供、経験年数および交代勤務日数、ブロック2の変数として神経症、外向および朝の性格を含めた。ベルゲン不眠症尺度で測定したように、不眠症を従属変数とした。他の結果の中でも、以前の研究によれば、神経症はT2での不眠症を積極的に予測していたが、朝の朝は負に関連しており、これはこの主題に関するいくつかの研究と一致する。年齢は不眠症と負の関係にあることが判明しており、これは以前の知見に反対している。そのため、いくつかの性格変数は交替勤務者の不眠症を予測するように思われるが、我々の結果を検証するためにより大きなサンプルを用いた追加の縦断的研究が行われるべきである。
前の記事次の記事
キーワード
交代制勤務不眠症性格特性縦断的研究
1
現在の住所:Psykisk helsevern、Nidaros DPS、Østmarkveien21、7040 Trondheim、ノルウェー。
©2016 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0191886916309187