このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

PDの睡眠障害は、長期のブライトライト療法の間に調べられました。

ブライトライト治療は、最大6年間、PDの不眠症とRSBDを改善しました。

不眠症は、長期的にはPD患者においてRSBDよりも容易に改善した。
抽象
睡眠中の不眠症、過睡眠およびレム睡眠行動障害(RSBD)は、パーキンソン病(PD)に罹患している患者にとって主要な問題であるが、それらはまたその発症を予測するためにも使用される。これらの二次症状はPD患者の生活の質を低下させるが、限られた有効性または治療計画を複雑にする危険性のために利用可能な治療選択肢はほとんどない。光線療法(LT)は睡眠障害のための戦略として提案されていますが、それはPDでの使用のために最近実行されただけです。オープンラベルの後ろ向き研究PD患者が4ヵ月から15年前に多色光を用いてLTを受けていた場所で行われた。退職直前の1時間の光曝露は、LT開始後わずか1ヶ月で不眠症を有意に改善し、RSBDを減少させることがわかった。さらに、LTが4〜6年間にわたって継続されている限り、改善は維持されました。これらの睡眠関連状態を緩和することにおけるLTの有効性は、診断または患者の年齢からの時間によって妥協されなかった。これらの結果は、PDの睡眠障害を治療するためのLTのような非侵襲的技術の長期適用の価値を示唆し、LTの長期有効性に関するさらなる対照試験を正当化する。
前の記事次の記事
キーワード
パーキンソン病不眠症レム睡眠行動障害光線療法
©2018 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945718300054