このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

軽度の外傷性脳損傷(mTBI)の労働者における回復の遅れについての理解は不十分です。

より深刻な臨床的不眠症および痛みを伴う労働者では、より高い世界的な障害を知覚する可能性が高かった。

不眠症は、作業障害のより大きな可能性と関連する唯一の共変量でした。

以前の交絡者(心理社会的地位、うつ病)は完全に調整した後は有意ではなかった。

結果は、mTBIにおける不眠症に対処することに臨床的焦点を当てています。
抽象
ねらい/背景
本研究の主な目的は、初めて、軽度の外傷性脳損傷(mTBI)/脳震盪を伴う労働者の間で不眠症と知覚障害との関係を調べることでした。
患者/方法
横断調査はカナダ最大のリハビリテーション教育病院の職場安全保険委員会クリニックで行われました。アンケート、保険会社の記録および臨床調査からのデータを分析した。不眠症重症度指数は、主要な独立変数を測定し、シーハン障害スケール「/軽度、中等度」や「マーク/極度」として分類され、障害の成果を、測定しました。両側t検定およびカイ二乗検定を二変量関連付けに使用した。二項ロジスティック回帰モデルは、以前に同定された変数を使用して適合した。
結果
サンプルは、傷害の196日後の中央値時点でmTBI /脳震盪を起こした92人の労働者(45.1±9.9歳、61%の男性)を含んでいた。より低い障害を報告している労働者と比較すると、より重度の不眠症、うつ病、不安および疼痛を伴うより高い障害を有する労働者が見つかりました。多変量解析では、より高い世界的な障害を報告するオッズは、不眠症と疼痛の増加とともに増加した[それぞれ調整オッズ比(OR)1.16(95%CI 1.03-1.31)および1.117(95%CI 1.01-1.24)]。不眠症は、完全に調整された作業障害モデルにおける唯一の重要な共変量です。研究された変数のどれも、社会的および家族の生活障害モデルにおいて統計的に有意ではありませんでした。
結論
mTBI /脳震盪患者の不眠症の診断と管理により大きな注意を払うべきです。
前の記事次の記事
略語
CI信頼区間DSM-IV-TR精神障害の診断と統計マニュアル、第4版 – テキスト改訂HADS-A病院の不安とうつ病のスケール – 不安ISI不眠症の重症度インデックスmTBI軽度の外傷性脳損傷PHQ-9患者健康調査票-9P-VAS痛みの視覚的アナログスケールTBI外傷性脳損傷TSI傷害からの時間SD標準偏差SDSシーハン障害尺度SDSWSIB労働者安全保険委員会
キーワード
不眠症軽度の外傷性脳損傷脳震盪作業障害社会障害家族の生活障害
©2015 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945715019875