このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

情動異常調節不眠症およびNR喫煙予後の予想

情動異常調節不眠症とNR喫煙動機

情動調節不全を介した不眠症およびHC喫煙禁断の期待
抽象
前書き
不眠症は喫煙と同時に起こります。ただし、それらの共存症を説明することができるメカニズムはよく知られていません。
方法
本研究は、不眠症が経由してプロセスを吸って、負の強化への間接的な効果発揮するという仮説テスト感情調節不全 126大人の毎日喫煙者(; Mの55人の女性を求める非治療の中で年齢 = 44.1 歳、SD = 9.72)を。負の強化喫煙プロセスには、負の強化喫煙結果の期待、負の強化喫煙の動機、および短い禁煙からの2つの負の期待(身体的症状および有害な結果)が含まれた。
結果
不眠症の症状は、負の強化喫煙の結果の期待、負の強化の喫煙の動機、および短時間の禁煙からの有害な結果の期待に対する感情の調節不全を通して、重大な間接的な効果をもたらした。しかしながら、予測とは対照的に、不眠症は、短期間の禁煙による感情の調節不全による身体症状の予測とは関連していなかった。
結論
これらのデータは、感情の調節不全の間接的な影響が、体性状態よりも認知 – 感情的な負の強化過程に関連していることを示唆している可能性があります。全体として、本知見は、不眠症および喫煙の説明メカニズムとしての感情調節異常を結び付ける臨床的に重要な一連の陰性強化喫煙プロセスにそのような研究を独自に拡張することに関連するますます多くの文献に寄与している。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症情動異常喫煙睡眠タバコ
全文を見る
©2017 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0306460317301144