このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
急性不眠症は、1979/1980年以来明瞭な病理学的実体として分類されているにもかかわらず(ASDC / DSM III-R)、その頻度および発生率の推定値または慢性不眠症または寛解への移行に関するデータは公表されていない。このデータの欠如は、a)不眠症の病因、およびb)いつ、どのように治療を開始すべきかの理解を妨げる。本研究の目的は、2つのコミュニティサンプルからそのようなデータを提供することでした。サンプルは、USA(に募集されたN = 2861)と英国のノース・イースト(nは = 1095)。さらに、英国のサンプルから得られた412名の正常睡眠者を縦断的に調査し、急性不眠症の発生率、移行率、および寛解率を予測し、急性不眠症が最初の症状か、再発症状か、または他の疾患の症状と併発したかどうかを評価した。急性不眠症の有病率は9.5%(米国)および7.9%(英国)であった。英国における3つの急性不眠症サブタイプの罹患率は、初発急性不眠症2.6%。再発性急性不眠症3.8%。1.4%の合併症のある急性不眠症。英国のサンプルにおける急性不眠症の年間発生率は31.2%から36.6%の間であった。寛解率は、急性不眠症の定義、および現在のエピソードが最初に発症したのか再発したのかに応じて変動しました。これらの調査結果は不眠症の自然史への予備的な洞察を提供します。
前の記事次の記事
キーワード
急性不眠症最初の発症入射有病率送金
1 。前書き
慢性不眠症のポイント有病率については多くのことが知られているが、この疾患の自然史についてはほとんど知られていない。どのような要因が関連しています:不眠症の最初のエピソード(最初の発症)。急性不眠症からの寛解の発生および非発生 そして急性から慢性不眠症への移行。このトピックの重要性は、どのようにそしてなぜ急性不眠症が起こるのか、そしてどのようにそしてなぜ急性が慢性化するのかを知る必要性だけではなく、いかにそしてなぜ急性および/または慢性不眠症が精神医学的疾患の危険因子であるかに及ぶ(Collins et al) 、2011年;Nakelmannら、2007年;Perlisら、2006年;RiemannおよびVoderholzer、2003年;Taylorら、2003年)。
現在までのところ、その後の罹患率の危険因子としての不眠症の最も明白な事例が大うつ病に対してもなされている(Baglioni et al。、2011 ; Pigeon and Perlis、2007)。これに関連して、不眠症は、1)大うつ病の不在下でしばしば起こることが示されている(Buysse et al。、1994)。2)大うつ病の最初の発症に先行し、その危険因子である(Ford and Kamerow、1989 ; Breslau et al。、1996)。3)大うつ病を標的とする治療に対する無反応/無寛解の危険因子を表す(Pigeon et al。、2008)。4)大うつ病の治療(または自然寛解)にもかかわらず、しばしば持続する(Iovieno et al。、2011)。; Pigeon et al。、2008)。5)大うつ病の再発の危険因子を表す(Ford and Kamerow、1989 ; Breslau et al。、1996)。6)併発性大うつ病(不眠症特有の治療法を伴う)との関連で治療の対象となった場合、「原発性不眠症」の治療結果に匹敵する、場合によってはそれを超える結果が得られる(Taylor et al。、2007)。;Manberら、2008)。7)(不眠症に特有の治療を伴う)共存する大鬱病の状況での治療の標的とされた場合、抗うつ薬と相加的な効果を有する結果を生み出す(Fava et al。、2006 ; Manber et al。、2008)これらの調査結果を、いくつかの解説とメタアナリシスと共にまとめた(Riemann et al。、2001 ; McCrae&Lichstein、2001 ; Billiard and Bentley、2004 ; Lichstein、2006 ; Smith and Perlis、2006 ; Riemann、2007)。不眠症の自然史をよりよく理解することは、予防的介入および/または大うつ病などの病気に対するより良い治療法を創出するための努力に大いに役立つという考え。
移行、時間的変動、および寛解を予測する要因についての質問を探る前に、文献の2つの原則的なギャップに対処する必要があります:1)急性不眠症はどのくらい一般的ですか?2)単位時間当たりの発生率は?これらの質問に答える際に、急性不眠症に限定されず、慢性不眠症の疫学的研究において歴史的に明白であったことがさらに困難となる。標準の定義を適用したり、標準の評価を使用したりしなかった。おはよん(2002)彼が不眠症の有病率がそれがどのように定義されたかに基づいてかなり変化したことを彼が示したとき、彼はこの問題に注意を向けました。彼は、文献の系統的レビューにおいて、頻度、重症度、慢性度、および/または睡眠開始または維持困難が日中に影響を及ぼしたという報告を考慮せずに不眠症症状を特徴付ける質問を利用したことを示した。および/または被験者によって問題があると認識された。彼はさらにそのような考察が考慮に入れられたとき、有病率が広く変動したことを示した。一般的に定義すると、人口の30〜48%が不眠症であることがわかっています。より具体的に定義すると、症状の頻度を考慮することによって、有病率は16〜21%に減少しました。さらに具体的に定義すると、日中の影響を考慮に入れることによって、有病率はさらに9〜15%に減少しました。慢性性を説明しない、および/または急性不眠症と慢性不眠症とを区別しないこれらの所見は、標準的定義を使用するための現代の研究の必要性を強調している(標準的評価ではない場合)。
今日まで、ラバルグループだけが、標準評価アプローチを使用し、標準定義基準を採用して、不眠症の自然史を前向きに文書化している(LeBlanc et al。、2007 ; Morin et al。、2009 ; LeBlanc et al。、2009)。この研究は時間をかけての亜症候性および症候群の不眠症の発現に主に焦点を当てているが、このグループからの2番目と3番目の報告は睡眠不足から無症候性不眠症への移行を強調している。このアプローチを考えると、眠りの良い眠っている人の30.7%が1年間で無症候性不眠症を発症していることがわかった(LeBlanc et al。、2009)。)これらのうち、28.8%が初発イベントでした。彼らのタイプの最初のものであるこれらのデータは、参加者が不眠期間に関係なく無症候性として分類される可能性があるので無症候性不眠症とは異なる急性不眠症の調査のための説得力のある出発点を表す。つまり、週3日、開始または維持の問題がある期間(日数、月数、年数)にかかわらず、他の定義上の基準の1つを満たさなかった場合には、依然として亜症候性として分類されます。問題、昼間の障害、または睡眠関連の心配または苦痛)
最近、試みが急性不眠症(概念及び定義するためになされた。Ellisら、2012 ;(提案されたDSM-Vのnosologyに描写されるよう考慮不眠障害のコアコンポーネントをとるようにして)APA(参照)図。 1)。この定義は、誘因の存在および睡眠の不満の重症度の定量的尺度(すなわち、睡眠開始潜時または30分以上の睡眠開始後の覚醒)を組み込むために拡張された。無症候性不眠症とは対照的に急性不眠症の構成を採用する利点は2つあります。第一に、それは睡眠障害の国際分類 – 第2版(AASM、2005年)と一致するという付加価値を有する。)およびDSM-V分類システム(どちらも明示的に急性だが無症候性不眠症の分類を採用している)。第二に、無症候性不眠症が治療が正当化されないことを暗示的に示唆している場合、急性不眠症は予防の可能性と早期介入の両方を可能にする。
フルサイズの画像をダウンロード
図1。DSM-V定義不眠症障害(成人)のための提案された病理学。
本研究の目的は、Ohayon(2002)とLavalグループによる以前の研究を基にしています。これは以下によって達成されました。a)DSM − VおよびEllisらからの従来の急性不眠症の構築物を採用する。(2012)、b)急性不眠症と慢性不眠症を区別するための追跡調査期間の短い前向き縦断研究の使用、c)急性不眠症の初発および再発エピソードの有病率と発生率の識別。
2 。方法
2.1 。募集と手続きの研究1
米国調査の参加者は、オンラインの世論調査機関(Zogby International)を通じて募集されました。この調査の目的は、急性不眠症の個人および/または正常な睡眠のある個人を特定し、彼らが研究に参加することへの関心とどの程度の評価が煩わしいかについて質問することでした。調査には4つの質問が含まれています。2つは睡眠に関するもので、もう2つは研究への参加に関するものです。2つの睡眠の質問はクローズドエンドの回答形式(はい/いいえ/わからない)でした。最初の質問は、「過去6ヶ月間、あなたは自分自身を良い睡眠者と見なしますか?」でした。つまり、眠りに落ちるのに15分もかからず、15分もかからずに目が覚めているのですか。’。これは、正常睡眠(NS)を報告している人と不眠症(急性または慢性)を持っている人とを区別するために使用された。2つ目の質問は、「最近転倒したり、眠ったりするのに問題がありましたか。つまり、1〜3ヵ月前までは確実に良い睡眠者であり、週に3日以上続けたいときに突然眠ることが困難であることがわかりましたか。これは、正常睡眠(NS)と急性不眠症(AI)とを区別するために使用された。この研究の参加者は、併存する睡眠障害や身体的または精神的な病気については尋ねられませんでした。
2.2 。募集および手続き研究2
英国の人口は、イギリス北東部の2つの地方ラジオ局での一連のラジオ広告、および地元のコミュニティ設定のポスター(スーパーマーケットなど)を通じて募集されました。広告は、睡眠状態に関係なく、人々に睡眠習慣や問題についてのインタビューを研究者に依頼するよう求めた。参加者は「SLEEP」という単語をテキストで入力するか、連絡先の詳細を電話して留守にするかのいずれかを専用のボイスメールに要求しました。ラジオ広告は3週間(1週間の広告、1週間の休憩、および1週間の広告)の期間をカバーしました。広告は、4時間ごとに少なくとも1回の放送で1日に4〜7回放送され、したがって放送は24時間のサイクル全体に配信されました。
電話インタビューは、調査の簡単な説明とインタビューを継続する期間(約20分)から始まりました。その後、参加を希望する参加者は、参加する意思があるかどうかの同意を求められました。参加予定者が継続を希望しない場合は、報告目的で年齢と性別を尋ねられました。同意後、インタビューは4つの中心的な質問から始まりました。
(1)
「あなたはあなたの睡眠に問題を抱えたことがありますか?」
(2)
[もし最初の質問にそうであれば]『これは現在進行中の問題ですか?』
(3)
[最初の質問と2番目の質問に[はい]の場合]「これはどのくらい続いていますか?」
(4)
[最初の質問と2番目の質問にはいの場合] ‘あなたの睡眠障害の本質は何ですか?
回答フォーマットは質問1および2(はい/いいえ)については締め切り、参加者は質問3に対する答えを週/月/年で見積もるように求められました。質問4の後に4つの選択肢からなる強制選択回答がありました。 「眠りにつく」、「眠り続ける」、「早すぎる目覚め」、または「目覚めの際に気分が悪くなった」。質問1、2、および4では、DSM-Vで定義された不眠症の診断の基準AおよびBについて説明しました(図1参照)。)3番目の質問は基準Eを対象とし、急性不眠症(AI)(すなわち3日から3ヶ月)と慢性不眠症(CI)(すなわち3ヶ月以上)を区別するためにも使用されました。最後の質問には常に、不眠症の定義のDSM-Vの他の中心的な要素を網羅する不眠症の定義が続きました(すなわち、その主な睡眠障害が日中の機能障害(基準C)をもたらす)。 1週間に最低3泊(基準D)、十分な睡眠の機会があるにもかかわらず困難が生じる(基準F))。必要に応じて、各質問に対する最終的な回答(例:記憶障害、集中困難、疲労、昼間の眠気、苦痛、過敏性を含む苦痛または障害のマーカーのリスト)を得るために、追加のプロンプトが使用された。職業的または心理社会的機能の障害は、参加者が彼らの不眠症が昼間の機能障害をもたらしたかどうかわからない場合に提供された。第1または第2の質問に否定的に答えた、または不眠症の最低基準を満たさなかった参加者は、正常睡眠者(NS)として分類された。参加者が部分的な基準を満たしている場合(例えば、先月、週に3泊の睡眠を開始したのに昼間の機能不全がなかったなど)、それらも正常な睡眠者として分類されました。
中心的な質問に続いて、次に参加者は、急性不眠症および他の睡眠障害または精神医学的/医学的障害(すなわち併存する急性不眠症)の兆候を有するものを特定するために一連の17の質問をされた。これらの質問は、5つの広範な睡眠障害の種類(睡眠過敏、睡眠関連の呼吸障害、パラソムニア、概日リズム障害、および落ち着きのない足の症候群および周期的な四肢運動を含む)の主なDSM-IVおよび国際睡眠障害分類第2版基準をカバーしました障害)。たとえば、「足にクロール、痛む、かゆみなどの感覚がありますか。これは就寝時に悪化し、動く衝動を感じて寝るのを妨げますか?」さらに、参加者は、併存する精神疾患または内科的疾患を自己申告するよう求められた。これらの質問に対する回答フォーマットは閉鎖され(すなわち、はい、いいえ、または不確実)、参加者がいずれかの質問に対して肯定的に答えた場合、彼らは併存する急性不眠症を有すると分類された。質問に答えて自信がないと報告した参加者には、睡眠障害または自覚できない病気の明確な症状がすべて提供され、必要に応じて、ベッドのパートナーがこれまでに報告したことはないかと質問されました。決定的な「はい/いいえ」の応答に達するまで症状がある。最後に、参加者全員に年齢と性別を報告するよう求めた。インタビューの後、参加者は彼らの時間について感謝され、彼らが彼らの睡眠についてのさらなる追跡調査に参加したいかどうか尋ねられました。これらの質問に対する回答フォーマットは閉鎖され(すなわち、はい、いいえ、または不確実)、参加者がいずれかの質問に対して肯定的に答えた場合、彼らは併存する急性不眠症を有すると分類された。質問に答えて自信がないと報告した参加者には、睡眠障害または自覚できない病気の明確な症状がすべて提供され、必要に応じて、ベッドのパートナーがこれまでに報告したことはないかと質問されました。決定的な「はい/いいえ」の応答に達するまで症状がある。最後に、参加者全員に年齢と性別を報告するよう求めた。インタビューの後、参加者は彼らの時間について感謝され、彼らが彼らの睡眠についてのさらなる追跡調査に参加したいかどうか尋ねられました。これらの質問に対する回答フォーマットは閉鎖され(すなわち、はい、いいえ、または不確実)、参加者がいずれかの質問に対して肯定的に答えた場合、彼らは併存する急性不眠症を有すると分類された。質問に答えて自信がないと報告した参加者には、睡眠障害または自覚できない病気の明確な症状がすべて提供され、必要に応じて、ベッドのパートナーがこれまでに報告したことはないかと質問されました。決定的な「はい/いいえ」の応答に達するまで症状がある。最後に、参加者全員に年齢と性別を報告するよう求めた。インタビューの後、参加者は彼らの時間について感謝され、彼らが彼らの睡眠についてのさらなる追跡調査に参加したいかどうか尋ねられました。いいえまたはわからない)そして参加者がいずれかの質問に対して肯定的に答えた場合、彼らは併存する急性不眠症を有すると分類された。質問に答えて自信がないと報告した参加者には、睡眠障害または自覚できない病気の明確な症状がすべて提供され、必要に応じて、ベッドのパートナーがこれまでに報告したことはないかと質問されました。決定的な「はい/いいえ」の応答に達するまで症状がある。最後に、参加者全員に年齢と性別を報告するよう求めた。インタビューの後、参加者は彼らの時間について感謝され、彼らが彼らの睡眠についてのさらなる追跡調査に参加したいかどうか尋ねられました。いいえまたはわからない)そして参加者がいずれかの質問に対して肯定的に答えた場合、彼らは併存する急性不眠症を有すると分類された。質問に答えて自信がないと報告した参加者には、睡眠障害または自覚できない病気の明確な症状がすべて提供され、必要に応じて、ベッドのパートナーがこれまでに報告したことはないかと質問されました。決定的な「はい/いいえ」の応答に達するまで症状がある。最後に、参加者全員に年齢と性別を報告するよう求めた。インタビューの後、参加者は彼らの時間について感謝され、彼らが彼らの睡眠についてのさらなる追跡調査に参加したいかどうか尋ねられました。質問に答えて自信がないと報告した参加者には、睡眠障害または自覚できない病気の明確な症状がすべて提供され、必要に応じて、ベッドのパートナーがこれまでに報告したことはないかと質問されました。決定的な「はい/いいえ」の応答に達するまで症状がある。最後に、参加者全員に年齢と性別を報告するよう求めた。インタビューの後、参加者は彼らの時間について感謝され、彼らが彼らの睡眠についてのさらなる追跡調査に参加したいかどうか尋ねられました。質問に答えて自信がないと報告した参加者には、睡眠障害または自覚できない病気の明確な症状がすべて提供され、必要に応じて、ベッドのパートナーがこれまでに報告したことはないかと質問されました。決定的な「はい/いいえ」の応答に達するまで症状がある。最後に、参加者全員に年齢と性別を報告するよう求めた。インタビューの後、参加者は彼らの時間について感謝され、彼らが彼らの睡眠についてのさらなる追跡調査に参加したいかどうか尋ねられました。参加者全員に年齢と性別の報告を求めた。インタビューの後、参加者は彼らの時間について感謝され、彼らが彼らの睡眠についてのさらなる追跡調査に参加したいかどうか尋ねられました。参加者全員に年齢と性別の報告を求めた。インタビューの後、参加者は彼らの時間について感謝され、彼らが彼らの睡眠についてのさらなる追跡調査に参加したいかどうか尋ねられました。
インタビューを完了し、フォローアップ調査に参加することに同意した人は、オンライン調査のためのログイン詳細を送信されるか、または電話インタビューの翌日に調査の紙のコピーを掲示されました。インタビューからの中心的かつ補足的な質問(すなわち、睡眠問題の性質および併存する精神医学的および医学的疾病をカバーする)に加えて、調査は睡眠の質、量、およびタイミング、ならびにサブタイプに関する追加情報を得るために構成された不眠症の重症度 不眠症の重症度は、不眠症重症度指数:ISIを用いて評価した(Morin、1993)ISIは、自己申告による7項目アンケートで、主訴の重症度(3項目)、睡眠関連の苦痛のレベル(1項目)、日常生活への干渉(1項目)、生活の質への影響について質問します。 (1項目)、および現在の睡眠パターン(1項目)に対する満足度。さらに、人格、心理的調整、眠気および疲労、生活の質、日常の面倒および生活上の出来事、対処スタイルおよび戦略、ならびに睡眠関連の機能不全の信念および先入観を網羅する一連の尺度も含まれた。参加者には、各評価時点で2週間の睡眠日記も提供されました。ベースライン評価の1ヶ月後、3ヶ月後、および6ヶ月後に追跡調査を作成し、参加者に配信しました。
急性不眠症の発生率の本分析については、ベースライン、1ヶ月、および3ヶ月の間の睡眠状態(正常睡眠から急性不眠症まで)に関する過渡的データのみが報告されている。ベースラインでの正常睡眠から急性不眠症への移行は、発生率に対する定義基準の影響を調べるために2つの方法で測定された。

不眠症のDSM-V診断(すなわち、睡眠の開始または維持、または十分な睡眠の機会にもかかわらず、1週間に少なくとも3夜は睡眠障害を起こし、昼間の機能障害を起こします(Criterions A〜F)。これは、インタビューで使用されたのと同じ4つの中心的な質問と、現在の睡眠パターンが昼間の障害をもたらすかどうか(yes / no)、および典型的な週に罹患した夜の数(質問0と7)参加者が日中の機能障害を持っているかどうかを判断するのを助けるために、電話インタビューで概説されている同じ日中の障害のマーカーが質問の隣に例として含まれていた。

2つ目の測定戦略は、不眠症障害のDSM-V基準に基づいていましたが、Ellis et al。によって概説されている急性不眠症の追加の「症例」基準がありました。(2012)。この例では、急性不眠症の新しい「症例」について、参加者はさらに以下を報告しなければならなかった:a)報告された30分以上の睡眠潜時(SL)または覚醒後睡眠開始(WASO)。不眠症の発症時の個人の生活の質(QoL)が、理想から大幅に低下すること。参加者は、最初の次元について通常のSL、WASO(数分)を見積もるよう求められ、単一の自己申告による質問で、「…彼らの不眠症が始まる頃に生活の質が著しく低下した」かどうかを評価した。さらに、参加者は、これらの基準の下で急性不眠症の症例を有すると定義されるために、不眠症重症度指数(臨床カットオフスコア)で14を超えるスコアを付けなければならなかった(Bastien et al。、2007)。
(英国のサンプル内の)急性不眠症はまた、面接および調査で尋ねられたすべての質問(中心的および補足的)を用いて以下の分類に分類された。1)初回発症の急性不眠症(FOAI)、2)初回発症の合併症の急性不眠症(FOCAI)3)急性不眠症の再発エピソード(REAI)。
FOAIは、a)個人が急性不眠症の基準を満たしていること、b)以前に睡眠障害を経験したことがないこと、c)他の睡眠障害または医学的/精神的疾患がないことを報告したことに基づいて定義された。
FOCAIは、参加者が別の睡眠障害の基準を満たしていること、または内科的/精神医学的疾患を自己申告したこと以外はFOAIと同じ基準で定義されていました。
REAIはFOAIと同じ特徴がありましたが、参加者は以前の睡眠障害を報告しました。
2.3 。統計分析
有病率および発生率は記述データ(すなわち、実際の報告数および割合)を用いて計算された。睡眠変数群(すなわち、正常睡眠者、急性不眠症およびFOAI、FOCI、REAI)間の差異は、連続変数について独立t検定および一元配置分散分析を使用して分析し、二分変数についてはカイ二乗検定を使用した。
3 。結果
3.1 。有病率
Zogbyのオンライン調査は、2861名のパネルメンバー、886名(31.23%)の女性に配布され、その回答が完成しました(24名が性別を知らせていませんでした)。年齢はグループ分けして記録され(18〜24、25〜34、35〜54、55〜69、70 +)、16人の参加者の年齢関連データは欠落していました。参加者の大多数は55〜69歳のグループに分類されました(1351人の参加者は47.49%)。質問された2つの質問に基づいて、参加者は正常睡眠者(NS:n = 1870、65.36%)または急性不眠症の者(AI:n)のいずれかとして特徴付けられた。 = 271、9.47%)。注:参加者の不確実性(「わからない」と答える)、または与えられた質問に対する個人の回答パターンを考慮した必要な不確定性のカテゴリ(通常の推薦に対する「はい」など)により、720人1週間に3日以上、最近の問題を是認するために、「はい」と眠りに落ちるか眠り続けます。
英国の調査のために専用ボイスメールに受信された3498のメッセージおよびテキストのうち、1095のインタビューからの完全なデータが得られた(31.3%)(参加者の流れについては図2を参照)。さらに、1382人の個人のうち、287人(20.77%)が正しく識別して電話をかけたが、面接への参加を希望しなくなった。そのうち、179人(62.37%)が女性、108人(37.63%)が男性で、平均年齢は33.05人(SD 13.04)でした。参加したのは732人(66.85%)が女性で、363人(33.15%)が男性でした。応答サンプルの平均年齢は32.72歳でした(SD 13.81)。応答者と非応答者との間に、年齢(t(1379)= – 37、p <0.05)または性別(カイ二乗(1)= 2.03、p <0.05)に差はなかった。
フルサイズの画像をダウンロード
図2。英国のサンプルにおける参加者の流れ
求められた中心的な質問に基づいて、参加者は最初に2つのデータセット(すなわちNSまたはAI)間で比較可能なグループに特徴付けられた。1095人の参加者のうち、676人(61.7%)が正常睡眠者(NS)、86人(7.9%)が急性不眠症(AI)を有すると特徴付けられた。333人(30.4%)の参加者からのデータは、慢性的な睡眠障害を報告するためのさらなる分析から除外された。比較的、アメリカとイギリスのデータセットの頻度分布はほぼ同じでした。NS:アメリカ= 65.4%対イギリス= 61.7%、AI:アメリカ9.5%対イギリス= 7.9%。これらの各カテゴリーの人口統計学的プロファイルを表1に示します。
表1。国別罹患率データ。
アメリカ(n =総回答者2861) イギリス(n =総回答者1095)
実数 全サンプルの% 年齢別 性別 実数 % 平均年齢(SD) 女性(%)
18〜24
n = 25(全サンプルの%) 25〜34
n = 174(サンプル全体の%) 35〜54
n = 752(全サンプルの%) 55〜69
n = 1351(全サンプルの%) 70+
n = 543(サンプル全体の%) 女性(%)
通常の寝台車 1870年 65.36% 12人(48%) 108人(62.07%) 464(61.4%) 913(67.58%) 363(66.85%) 529(39.92%) 676 61.74% 26.66(10.57) 507(75%)
急性不眠症 271 9.47% 5人(20%) 22人(12.64%) 78人(10.37%) 120人(8.88%) 46人(8.47%) 96(35.68%) 86 7.85% 35.31(10.65) 52人(60.47%)
3.2 。英国サンプルのサブグループサンプル構成
英国のサンプルで尋ねられた中心的および補足的な質問に基づいて、急性不眠症(n = 86)の人のうち、29人(33.7%)が初発急性不眠症として分類され、15人(17.44%)が初発併発性急性不眠症、および42人(48.84%)は、急性不眠症の再発エピソードを有すると分類された。これらのサブグループに基づく年齢と性別の分布を表2に示します。4つのグループ間の一元配置分散分析は、全体的な年齢差を示しました(F(3757)= 43.91、p <.001)。事後シェフ検定では、3つの短期間、すなわち非短期間の睡眠障害グループ(すなわち、NS、FOAI、FOCAI)の間に有意差は見られなかったが、これら3つのグループのそれぞれの間に有意差はなかった。急性不眠症の再発エピソード、後者のグループのそれらは有意に年上である。性別に関しては、女性はほぼすべてのグループで男性よりも睡眠障害が多いと報告しています(ただし、男性では急性不眠症の再発エピソードがわずかに多く見られました)(Chi Square = 6.17、df = 2、p <0.05)。全体的に睡眠障害を報告している人々と正常な睡眠者との間に性差もありました(Chi Square = 8.25、df = 1、p <.005)。 表2。寝台グループ別のサンプル特性。 N = 1095を報告している実際の数 平均年齢(標準偏差) 性別女性) 通常の寝台車 676(61.74%) 26.66(10.57)a 507(75%)a 初発急性不眠症 29人(2.65%) 26.1(9.93)b 20人(69%)b 急性不眠症の再発エピソード 42人(3.84%) 45.5(11.13)abc 20(47.6%)abc 初発の共存症の急性不眠症 15人(1.37%) 34.33(10.90)c 12(80%)c 急性不眠症期間外の睡眠障害の除外(3日以内 – 3ヶ月以上) 333人(30.41%) 43.67(12.20) 173人(51.95%) 同じ文字を共有する数字はかなり異なります(p <0.05)。 3.3 。英国サンプルのサンプル構成 ベースライン時の676人の正常な眠り者のうち、412人(60.9%)が1ヵ月の追跡調査に参加しました(女性309人、男性101人、未記録2人)。平均年齢27.7(SD 11.4)および295(43.6%)が参加しました。 1ヵ月後および3ヵ月後(220人の女性、74人の男性、1人は未記録)の評価、平均年齢29.0歳(SD 11.8)。時間枠および診断カテゴリーによる群の人口統計学的特徴を表3に示す。 表3。診断基準およびサブタイプ別のサンプルの特徴 実績数レポート 平均年齢(標準偏差) 性別女性) 1ヶ月の発生率(n = 412) DSM-V 18人(4.37%) 27.67(8.87) 12人(67%) DSM-V +のケース基準 15人(3.4%) 27.33(8.97) 9人(60%) 3ヶ月の発生率(n = 295) DSM-V 27人(9.15%) 27.22(11.53) 22人(81.5%) DSM-V +のケース基準 23人(7.8%) 26.09(10.3) 14人(60.9%) 寛解(初回) DSM-V 7人(87.5%) 26.57(8.94) 3人(50%) DSM-V +のケース基準 6人(75%) 27.67(8.82) 3人(50%) 送金(定期) DSM-V 4人(67%) 25.25(3.78) 3人(75%) DSM-V +のケース基準 2人(50%) 25(7.07) 2(100%) 3.4 。発生率(新規発症不眠症の前向き評価) DSM-V基準のみを用いて調べた場合、1ヶ月の急性不眠症の発生率は4.37%(412人の参加者のうち18人)であり、そのうち11人(61.1%)が初発急性不眠症の症例として報告した。3ヵ月の発生率は9.15%(295人の参加者のうち27人)であり、それらの参加者の12人(44.4%)が初発急性不眠症の症例としてそれを報告した。3ヵ月の数字を使用して、36.2%の年間発生率が計算され、16.27%がそれを初回発症急性不眠症の症例として報告しています。追加の症例基準(すなわち30分以上のSLまたはWASO、および自己申告によるQoLの減少)を付けてDSM-Vを使用すると、1ヶ月の急性不眠症の発生率は3.4%に減少した(412人の参加者のうち15人)。初発急性不眠症の症例として報告した参加者のうち11人(73.33%)。3か月の発生率の急性不眠症は7.8%(295人の参加者のうち23人)であり、それらの参加者の14人(60.86%)が初発急性不眠症の症例としてそれを報告した。3か月の調査結果を考慮に入れると、これらの基準に基づく年間発生率は31.2%と計算され、参加者の18.98%が初発急性不眠症の症例を報告しました。 3.5 。発生率(寛解の前向き評価) 寛解に関しては、DSM-V病理学に基づいて、1か月までに急性不眠症を獲得した14人の参加者のうち11人(78.57%)が3ヵ月以内に送金した(FOAIの3人の参加者およびREAIの1人の参加者はフォローを失った)アップ)。DSM-Vおよび追加の症例基準を使用した場合、1か月までに不眠症を発症した12人のうち8人(67%)が3ヶ月までに送金した(FOAIの3人の参加者はフォローアップに失敗した)。サブタイプ(FOAIおよびREAI)による寛解率にはかなりの範囲があり、FOAI参加者の8人中7人(87.5%)、およびREAI参加者の6人中4人(67%)がDSM-V基準の下で寛解した。 。最後に、8人のうちの6人(75%)のFOAI参加者と4人のうちの2人(50%)のREAI参加者が追加のケース基準と共にDSM-Vの下で送金した。 4 。討論 本研究は、1)他の睡眠障害、疾病および状態からの潜在的な共存症、ならびに2)新たな発症と発症との区別を考慮しながら、高い時間分解能を有する前向きデザインを用いて急性不眠症の最初の有病率および発生率データを提供する。再発性急性不眠症。結果は、急性不眠症が非常に蔓延していること(米国9.5%および英国7.9%)を示し、その年間発生率は31.2%から36.6%の間である。さらに、本研究は、暫定的ではあるが、急性から慢性不眠症への寛解率(78.57%)および移行率(21.43%)の最初の指標を提供する。 この研究は不眠症の自然史の体系的な調査に向けた最初のステップです。有病率、発生率、移行率、および寛解率を知ることで、問題の規模と範囲を最初に示すことができます。次の段階では、素因、誘発要因、永続要因の相対的な寄与と、それらが慢性不眠症への移行をどのように結び付けるか、またはそれに対して緩衝するかを決定します。理論的には、この移行は、不眠症の初期段階で採用される様々な認知過程(例えば、破滅的な心配や機能不全の信念)および行動行動(例えば、睡眠機会の延長)によって特徴づけられることが示唆されている(Spielman、1986 ; Spielman et al)。 1987年)これらの理論的な経路を実証的に検証することで、どのようにしていつ介入するのかという問題が明らかにされます。さらに、慢性不眠症を予防することが可能であれば、不眠症が鬱病の臨床経過とどのように関連しているか、および不眠症に対する早期介入が大鬱病の発生率および重症度に影響を及ぼすかどうかをさらに探求することになる。 本研究の1つの限界は、過去のエピソードの数と期間および過去の寛解の期間が本データから導き出すことができないという事実にある。同様に、(以前の研究よりも高い分解能で)使用されているサンプリング戦略では、測定間隔の間に各参加者の状態を判断することはできません。本研究では中心的な問題ではないが、これらの問題は時間的変動を調べるという点で関連性があり、将来の調査に値する。2つ目の制限は、両方のサンプルが調査対象の地理的地域を表していないことです。イギリスのサンプルの場合も、採用されている採用戦略により自己選択バイアスが発生します。これらの問題は明確な欠点であり、そのため、ここで提示される有病率は、より代表的な採用戦略を用いた疫学的データが提示されるまでは慎重に検討する必要があります。このことは、発生率のデータは、研究の開始時に眠っていて、研究が縦断的であることに気付いていない個人から得られたものであると述べた。さらに、米国からの有病率データのための個人の選択は、睡眠または健康研究のためだけに自分自身を識別しない投票機関のメンバーである個人に基づいていた。そういうものとして、これらの率に影響を与える自己選択の偏りが少なくなる可能性があります。米国と英国のサンプルの全体的な構成にも、人口統計学的な有意差がありました。これは追加の欠点と見なすことができますが、年齢に関して2つのデータセットの間で観察された類似性(すなわち、急性不眠症は、より年齢の高いグループより若いグループに影響を与えるように思われる)は、これをありそうな危険因子として強調している。それにもかかわらず、正常な眠っている人と急性不眠症の人のクロスサイト有病率の推定値は類似しており、無症候性不眠症に関するラヴァル研究の発生率データとここで示された急性不眠症データもまたほぼ同等であった(年間発生率は30.7%とDSM-Vおよび追加のケース基準を使用した場合、それぞれ31.2%。 最後に、本研究は急性不眠症、その発生率と有病率および寛解または慢性不眠症への移行の可能性を定義することに向けた良い最初のステップを表しています。一度再現されると、次のステップは、どの個人が慢性不眠症に移行するのかを確実に予測する要因を特定することです。これにより、急性不眠症の状況で治療から最大の恩恵を受ける個人の特定が可能になるだろう。これを超えて治療自体がどうあるべきかという問題があります。そのような場合、伝統的な薬物療法または不眠症に対する認知行動療法(CBT-1)は、あまりにも集中的または十分に集中的ではないレジメンを表すことがあります。したがって、 資金源の役割 本研究の主な資金提供者(経済社会研究評議会)は、研究のデザイン、実施、または解釈に影響を及ぼさず、この原稿の作成には一切関与していませんでした。 著者の貢献 エリス博士 – 英国の研究を計画し、資金を求め、そして倫理的承認を求めそして得、データ収集とデータ入力を監督し、データを分析し、結果を解釈しそして最初のドラフトを書きそしてさらなるドラフトを編集した。 Dr. Perlis – アメリカ研究の一部を設計し、倫理的承認を求め、そして得、データ収集とデータ入力を監督し、結果を解釈し、そして最初の草稿を書き、そしてさらなる草稿を編集しました。 ニール女史 – 倫理的承認を求め、取得し、インタビューおよびデータ入力を調整し、実施し、そして最初およびそれ以降の草案を編集した。 Espie教授 – 研究のデザインを伝え、行政支援を受け、結果の解釈に関わった、下書きを編集した。 バスティアン教授 – 研究の構想とデザインを伝え、技術的および物質的な支援を提供し、結果を解釈し、ドラフトを編集しました。 すべての作者は原稿を投稿する許可を与えています。 利益相反 すべての著者は、彼らがこの原稿に関連した利益相反がないと宣言します。 謝辞 この研究の一部は経済社会研究評議会(RES-061-25-0120-A)によって資金提供されました。インタビューに協力してくれたGreg Elder、Rachel Sharman、Gemma Bond、Heather Slater、そしてAshley Chapmanに、以前のバージョンについてコメントを提供してくれたDr. Nicola Barclayにも感謝します。 参考文献 アメリカ睡眠医学アカデミー、2005年 米国睡眠医学アカデミー 睡眠障害の国際分類(ICSD-2)診断およびコーディングマニュアル (2005 ) ロチェスターミネソタ Google Scholar 2011年アメリカ精神医学会 アメリカ精神医学会。精神障害の診断と統計マニュアル。第5版を提案しました。(www.dsm5.org/ProposedRevisions/Pages/proposedrevision.aspx?rid=65)。01.09.11を取得しました。 Google Scholar 2011年バリオーニ他 C. バリオーニ、G. Battagliese 、B. Feige 、K. Spiegelhalder 、C. ニッセン、U. Voderholzer 、ら。 うつ病の予測因子としての不眠症:縦断的疫学研究のメタアナリシス評価 情動障害のジャーナル、135 (2011 )、頁10 – 19 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Bastien et al。、2007 CH バスティアン、A. Vallieres 、CM モリン 不眠症の研究のための臨床アウトカム指標として不眠重症度指数の検証 Sleep Medicine 、2 (4 )(2007 )、pp。297 – 307 Google Scholar ビリヤードとベントレー、2004年 M. ビリヤード、A。 ベントレー 不眠症は症状と病気のどちらに分類されるのが一番ですか。 Sleep Medicine 、1 (5 Supp。)(2004 )、pp。S35 – S40 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Breslau et al。、1996 N. ブレスラウ、T. ・ロス、L. ローゼンタール、P. Andreski 睡眠障害や精神疾患:若年成人の長手方向の疫学調査 Biological Psychiatry 、39 (1996 )、pp。411 – 418 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Buysse et al。、1994 DJ Buysse 、CF レイノルズ 3 、DJ クッパー、MJ Thorpy 、E. Bixler 、R. マンフレディ、ら。 国際睡眠障害分類(ICDS)、DSM-IVおよびICD-10カテゴリーを用いた216人の不眠症患者における臨床診断:APA / NIMH DSV-IV野外試験からの報告 スリープ、17 (1994 )、頁630 – 637 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Collins et al。、2011 PY コリンズ、V. パテル、SS Joestl 、D. 月、TR インゼル、AS DAAR メンタルヘルスにおけるグランドチャレンジ ネイチャー、475 (2011 )、頁27 – 30 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Ellis et al。、2012 JG エリス、P. Gehrman 、CA ESPIE 、D. リーマン、ML ペルリス 急性不眠症:現在の概念化と今後の方向性 睡眠医学のレビュー、16 (2012 )、頁5 – 14 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Fava et al。、2006 M. ソラマメ、WV マッコール、A. クリスタル、T. ヴェッセル、R. ルーベンス、J. カロン、ら。 大うつ病性障害と共存する不眠症患者におけるフルオキセチンと同時投与されたエスゾピクロン Biological Psychiatry 、59 (2006 )、pp。1052 – 1060 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース フォードとカメロー、1989 D. フォード、D. カメロー 睡眠障害と精神障害の疫学的研究:予防の機会? Journal of the American Medical Association 、262 (1989 )、pp。1479 – 1484 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Iovieno et al。、2011 N. Iovieno 、A. バンNieuwenhuizen 、A. Clain 、L. ベア、AA Nierenberg フルオキセチンと再発の危険を伴う大うつ病性障害の寛解後の残存症状 うつ病と不安、28 (2011 )、pp。137 – 144 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード LeBlanc et al。、2007 M. ルブラン、S. ボーリューボノー、C. Merette 、J. Savard 、CM モリン 心理的及び集団ベースのサンプル中の不眠症に関連した生活因子の健康関連クオリティ Journal of Psychosomatic Research 、63 (2 )(2007 )、pp。157 – 166 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース LeBlanc et al。、2009 M. ルブラン、C. Merette 、J. Savard 、H. Ivers 、L. Baillargeon 、CM モリン 集団ベースのサンプルに発生率および不眠の危険因子 睡眠、32 (8 )(2009 )、pp。1027 – 1037 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 2006年リヒテンシュタイン KL リクシュタイン 二次性不眠症 睡眠医学のレビュー、10 (2006 )、頁。3 – 5 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Manber et al。、2008 R. Manber 、JD エディンガー、JL グレス、MG サン・ペドロ・サルセド、TF クオ、T. Kalister 不眠症のための認知行動療法は、併発大うつ病性障害や不眠症の患者のうつ病の成果を強化します 睡眠、31 (4 )(2008 )、489 – 495ページ Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード McCrae and Lichstein、2001年 CS McCrae 、KL リヒテンシュタイン 中等 症 – 診断上の課題と介入の機会 睡眠医学のクチコミ、5 (2001 )、頁。47 – 61 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース モリン、1993 CM モリン 不眠症:心理評価と管理 Guilford Press 、ニューヨーク(1993 ) Google Scholar Morin et al。、2009 CM モリン、L. Belanger 、M. ルブラン、H. Ivers 、J. Savard 、CA ESPIE 、ら。 不眠症の自然史:人口ベースの3年間の縦断的研究 Archives Internal Medicine 、169 (5 )(2009 )、pp。447 – 453 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Neckelmann et al。、2007 D. Neckelmann 、A. Mykletun 、AA Dahl 不安および鬱病を発症する危険因子としての慢性不眠症 Sleep 、30 (7 )(2007 )、pp。873 – 880 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 2002年オハヨン MM Ohayon 不眠症の疫学:私たちが知っていることとまだ学ぶ必要があること Sleep Medicine Reviews 、6 (2 )(2002 )、pp。91 – 111 Google Scholar Perlis et al。、2006 ML パーリス、LJ スミス、JM ライネス、SR マットソン、WR ピジョン、CR ユングキスト、他。 高齢者における鬱病発症の危険因子としての不眠症 行動睡眠医学、4 (2 )(2006 )、頁104 – 113 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード ピジョンとペルリス、2007年 WR ピジョン、ML ペルリス 不眠症とうつ病:羽毛の鳥? 睡眠障害の国際ジャーナル、1 (2007 )、頁。82 – 91 Scopus Google Scholarでレコードを表示する ピジョン他、2008年 WR ハト、M. ヘーゲル、J. Unutz​​er 、MY ファン、MJ Sateia 、JM ライナス、ら。 不眠症はインパクトコホートにおける終末期うつ病の永続的な要因か? スリープ、31 (2008 )、頁481 – 488 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 2007年リーマン D. リーマン 不眠症と合併した精神障害 Sleep Medicine (2007 )、pp。S15 – S20 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース RiemannとVoderholzer、2003年 D. Riemann 、U. Voderholzer 原発性不眠症:うつ病を発症する危険因子 Journal of Affective Disorders 、76 (2003 )、pp。255 – 259 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Riemann et al。、2001 D. リーマン、M. バーガー、U. Voderholzer 睡眠とうつ病- psychobiological研究の結果:概要 生物学的心理学、57 (2001 )、頁。67 – 103 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 2006年Smith and Perlis MT スミス、ML ペルリス 誰が不眠症の認知行動療法の候補者ですか? 健康心理学 、25 (2006 )、頁。15 – 19 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード スピルマン、1986年 不眠症の AJ スピルマン 評価 臨床心理学レビュー、6 (1986 )、頁。11 – 25 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Spielman et al。、1987 AJ Spielman 、L. カルーソ、PB Glovinsky 不眠症の治療上のAの行動の視点 北米の精神科クリニック、10 (1987 )、pp。541 – 553 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Taylor et al。、2003 健康リスクファクターとしての DJ テイラー、KL リヒテンシュタイン、HH Durrence 不眠症 Behavioral Sleep Medicine 、1 (4 )(2003 )、pp。227 – 247 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Taylor et al。、2007 DL テイラー、KL Lichstein 、J. ウェインストック、S. サンフォード、JR 寺 軽度のうつ病を持つ人々で不眠症のための認知行動療法のパイロット研究 行動療法、38 (1 )(2007 )、頁49 – 57 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース クラウン版権©2012 Elsevier Inc.によって公開 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022395612002099