このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

我々はてんかんにおける不眠症の有病率、重症度、および共存症を調べた。

睡眠症状について選択されていない成人の65%以上が不眠症を報告した。

不眠症は、短い睡眠、睡眠薬、頭部外傷、および喘息/ COPDと関連していた。

AEDポリセラピーは中等度から重度の不眠症の可能性を高めました。
抽象
バックグラウンド
系統的にてんかんの成人の不眠症を調査した研究はほとんどありません。
方法
自己申告された器具と睡眠ポリグラフを使用して、てんかんのある成人90人における不眠症の有病率、重症度、および併存症の前向き断面調査を実施しました。不眠症の重症度は、不眠症重症度指数(ISI)を使用して定量化しました。
結果
てんかんを有する成人90人中59人(65.5%)が不眠症(ISI ≧ 8)、中等度または重度(ISI ≧ 15)を28.9%で報告した。標準的な臨床診断基準とISIとの間でISIスコアが 8 未満および15以上の良好な一致が見られた。修正Beck Depression Inventory(mBDI)(r = 0.25、p = 0.021)、元のBDI(r = 0.32、 p = 0.002)、自己申告総睡眠時間(TSD)(r = – 0.3、p = 0.006)はISIスコアと有意に関連していた。重回帰モデルにより、TSDが減少することがわかりました(β = – 0.93、p = 0.007)、頭部外傷(β = 4.37、p = 0.003)、鎮静剤 – 催眠剤使用(β = 4.86、p = 0.002)、AEDポリセラピー(β = 3.52、p = 0.005)、および喘息/ COPD(β β =3.75、p=0.014)はより高いISIスコアの予測因子であった。限局性てんかん患者63人については、mBDIの増加(β = 0.24、p = 0.015)、TSDの減少(β = – 1.11、p = 0.008)、喘息/ COPD(β = 4.19、p = 0.02)、およびてんかん手術( ß = 5.33、p =0.006)は、ISIスコアの増加の有意な予測因子であった。側頭葉てんかん(TLE)患者は、超TLE 患者と比較して重症度が高い傾向を示した(β = – 2.92、p = 0.054)。
結論
我々の調査結果は、てんかんの成人における不眠症の重症度は、併存する内科的および鬱病の症状と関連している可能性が高く、てんかんと直接関連する可能性が低いことを示しています。不眠症の標準的な臨床診断基準と不眠症の症状のない被験者および中等度から重度の症状のある被験者のISIとの間の良好な一致はてんかん研究におけるこの機器の使用を支持している。
前の記事次の記事
キーワード
てんかん不眠症重大度併存症不眠症の重症度インデックス
1 。前書き
睡眠とてんかんは一般的ですが、しばしば悪い同僚です。睡眠障害は、てんかんのある成人では一般的な年齢が一致する集団のそれと比較して2〜3倍一般的です[1]、 [2]、 [3]、 [4]。てんかんのある成人の睡眠障害を調べたいくつかの前向き研究では、てんかんのある成人における最も一般的な睡眠/覚醒の不満として睡眠維持不眠症(眠り続けることの困難さ)が確認されています。てんかんの成人における不眠症の苦情を調べるいくつかの前向き研究は、主に自己申告の睡眠調査票に基づいています [1]、 [3]、 [5]、[6]、[7]、[8]、[9]。
てんかんの成人における不眠症の罹患率、重症度、および併存症をよりよく理解するために、構造化インタビューおよび不眠症重症度指数(ISI)[10] を含む一連の検証済み自己申告を用いて体系的に研究することを選択した。診断されていない閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)を特定するための 18チャンネルEEG を用いた臨床検査ビデオ – ポリソムノグラフィ(PSG )。
2 。材料および方法
2.1 。調査対象母集団
クリーブランドクリニックてんかんセンターで見られたてんかんのある成人( 18 歳以上)を睡眠障害の有病率を調査する横断研究で前向きに登録し、以前にOSAの有病率と危険因子を発表しました[11]。 。2008年に入学が完了しました。睡眠障害について特に言及されたことも、睡眠障害を主訴として提示したこともありませんでした。1)PSGの既往歴または既知の睡眠障害、2)研究手順を完了する能力(最近の精神科入院または自殺未遂)を損なうような活発な医学的または精神医学的状態、および頻繁にフォローアップを必要とする新たな診断または進行性医学的状態。 3)書面によるインフォームドコンセントを提供できず、また研究手順を順守できない、および/または4)活発な迷走神経刺激療法を除外した。クリーブランドクリニックの施設内審査委員会がこの研究を承認し、参加者は登録前にインフォームド・コンセントを与えた。
2.2 。構造化インタビューと一連の自己評価措置の完成
参加者は、彼らの睡眠/覚醒パターン、夜間行動、睡眠/覚醒障害症状、てんかんの特徴、病歴および投薬、ならびに他の物質(週当たりのオンスで定量されるアルコールおよびカフェイン)を確認するために構造化面接を受けた。インタビューはてんかんと睡眠薬の両方でボード認定された研究者(NFS)の一人によって行われました。
、2)1)ISIを不眠症の体系的グレードの存在および重篤度に:参加者が含ま自己申告検証アンケートのバッテリーを完了エプワース眠気尺度(ESS)主観的測定日中の眠気を、そして3)ベックうつ病インベントリ可能性を測る(BDI)を併存うつ病 参加者はPSGの前に1週間の睡眠/覚醒日記を完成させました。睡眠および覚醒時間、少なくとも30 分の夜間の覚醒、および発作が記録された。総睡眠期間(TSD)は、日記期間にわたる主要な睡眠期間の平均期間であった。
2.3 。18チャンネルEEGを備えた包括的な実験室用ビデオPSG
参加者は、OSAを評価するために実験室で一晩出席したビデオPSG-EEGを受けた。OSAはてんかん患者によく見られる合併症であるため[11]、[12]、OSAの重症度の尺度である無呼吸低呼吸指数(AHI)を分析の共変量と見なしました。
ポリグラフの記録は、18個のチャネルが含まEEG 、electrooculography(2つのチャネル)、顎筋電(EMG、三つのチャネル)、脚EMG(4チャンネル)、およびシングルチャネルは、リードII EKG修飾しました。鼻腔内圧力トランスデューサー、鼻腔内熱センサーおよび圧電胸部および腹部ベルト、いびきマイクロホン、パルスオキシメトリー、ならびに体位を用いて気流および呼吸をモニターした。
分析時には、睡眠覚醒段階、覚醒、呼吸器系事象、およびその他の事象を、米国睡眠医学アカデミー(AASM)採点マニュアル規則を用いて採点した[13]。低呼吸は 、少なくとも10 秒間のベースラインの50%以上の鼻圧変動の減少として定義され、3%以上の酸素飽和度低下または覚醒と関連していた。未確認のPSG研究は、患者の身元または他の検査結果を知らされていない睡眠ポリグラフ検査者(NFS)によって解釈された。無呼吸および低呼吸を合計してAHI(睡眠時間当たりの無呼吸および低呼吸の平均数)を導き出した。
2.4 。電子カルテレビュー
クリーブランドクリニックの電子カルテ(EMR)のデータをレビューし、特に以下の情報を収集しました。1)人口統計(年齢、性別、肥満度指数 [BMI]、配偶者の有無、雇用状況、およびタバコの使用)。2)患者のてんかんの特徴(てんかん症候群、発作の種類、前月を除く月平均発作頻度、過去6 ヶ月間の全身性強直間代性(GTC)発作の存在)。3)抗てんかん薬(AED)、鎮静催眠薬、向精神薬、中枢神経系刺激薬を含む、登録時に処方された薬、および娯楽用ドラッグ ; 4)合併した医学的障害 5)てんかん手術の病歴。
2.5 。けいれん負担、けいれんの種類、および標準化されたAED線量の計算
発作の種類、発作の負担、およびAEDの影響をより体系的に評価するために、各患者について、その発作の負担、発作の種類、および治療のために毎日服用したAEDの量の世界標準化変数成人のためのその主な適応における推定平均1日量に基づく尺度である、定義済み1日量を用いた彼らのてんかん(STD量)[14]、[15]。AEDを第1世代、第2世代、または組み合わせとして分類しました。
発作を無効にする平均月間頻度(オーラを除く)は、入学前の6ヶ月間にわたって利用可能な場合にEMRレビューおよび発作日記を通じて決定され、継続的な尺度として分類されて評価されました(発作なし、 月1回未満の発作、または≥)。月に1回発作)。構造化インタビューとEMR、そして利用可能であれば、日常的なEEG、ビデオEEGモニタリング、およびニューロイメージング研究に基づいて、各研究参加者のてんかんを一般化限局性側頭葉てんかん(XTLE)または限局性側頭葉(XTLE)、または不明に分類した。
2.6 。不眠症重症度指数(ISI)
不眠重症度指数(ISI)不眠症を同定し、その重症度等級のために検証尺度である[10] 、[16] 、[17] 、[18] 、[19] 。ISIは困難それが日常機能を妨げるどのように眠って、難易度眠りに滞在し、早朝覚醒、睡眠の現在のパターンと満足度、落下のために評価する7つの項目で構成されて目を覚まし、昼間障害の主観的な意識を、とのレベルの苦痛を引き起こしました過去2週間以内にそれによって。各項目は5点満点で評価され、合計得点は0から28の範囲です。カットオフ得点≥ ISIに関する8は、癌患者の不眠症を確実に特定することが示されています[20]。別の最近の研究は、ISIが客観的な不眠症を確実に同定し、151人の成人において不眠症のPSG所見(長期の潜時、より短い睡眠時間、およびより低い割合のREM睡眠時間)と良好な相関関係を示すことを見出した[16]。ISIは、無意味(0〜7)、または不眠なし、閾値下/軽度の不眠(8〜14)、または中等度または重度の不眠( 15以上)と評価されました。
エプワース眠気尺度(ESS)は、昼間の睡眠傾向の人の最近の主観測定[21] 。個人は4段階(0〜3)で評価し、8つの異なる現実的な一般的な状況または活動で居眠りしたり眠りに落ちたりする可能性があります。全ESSスコアは8項目のスコアの合計で、0〜24の範囲であり、総スコアが 10 以上で異常とみなされ、過度の昼間の眠気(EDS)を示します[22] 。ESSは高いテスト – 再テスト信頼性と内部一貫性を持っています[22]、[23]、[24]、[25]。
ベックうつ病インベントリ(BDI)が検証され、21項目である自己報告うつ病のためのアンケート。BDIは、スコアと臨床状態の間に一貫した関係があり、良好なテスト – 再テストの信頼性があります。スコアが 9 を超えると、うつ病を示唆していると考えられます[26]。最近の研究では、てんかんのある成人126人のうつ病の診断に対するBDIの感度と特異度は約90%であることがわかりました[27] 。本研究では、共線性を避けるために、睡眠と覚醒の苦情を確認する2つの項目(16と17)を省略した修正BDI(mBDI)を開発した。具体的には、項目16は睡眠の質に対処する、早朝の目覚め、および睡眠の維持、そして項目17は疲労感に対処します。
2.7 。統計分析
ISIは、カテゴリカル(有意でない場合はIS < 8 、サブスレッショルド/軽度で8から15 未満 、中程度または重度の場合は15以上)および連続変数として扱われました。AHIは3つのカテゴリーに分類された(AHI < 5、5〜 < 10、および≥10 )。ESS(≧ 10は異常と見なされる)は、カテゴリカル変数として扱われました。 連続変数とISIのカテゴリー変数との関係は、スピアマンの順位相関を使用してテストされました。連続変数としてのISIスコアとESSとの関係は、Welchの2標本t検定を使用して検定されました。カテゴリカルISI変数と順序カテゴリグループ間の差異の検定は、2つのカテゴリに対してWilcoxonの順位和検定、または3つ以上のカテゴリに対してKruskal-Wallisの順位和検定を使用して実行されました。 睡眠面接に基づいて、国際睡眠障害分類第2版(ICSD-2)[28] に従って研究参加者を不眠症と分類し、ISI(ISI ≧ 15)で測定した有意な不眠症との一致を分析した。コーエンのカッパを使ったICSD-2。 ISIスコアと独立変数の間の相関は、連続変数の場合はPearsonの積率相関、または順序係数の場合はSpearmanの順位相関を使用してテストされました。最後に、ISIスコアは重回帰を使用してモデル化されました。含まれる変数は、単変量解析で10%の有意水準に達することに基づいて選択されました。 連続変数は標準偏差の平均として表示され、カテゴリ変数はカウント(%)を使用して表示されます。全ての分析は、Rソフトウェア(version 2.15.1、Vienna、Austria)を用いて行った。有意水準p < 0.05がすべての検定の基準でした。 3 。結果 3.1 。患者の人口統計 九十人の被験者は(平均年齢:39.1 ± 12.4 歳; 67%女性; BMIの平均:28.9 ± 7 MM /キログラム2 )試験手順を完了しました。てんかんのタイプは63(70%)での焦点でした。平均発作頻度(オーラを除く)は 1ヶ月あたり4 ± 7.6発作でした。26人(28.9%)が登録前の6ヶ月間無発作であった。被験者は平均1.7 ± 0.8 AED を処方された。標準化されたAEDの平均投与量は1ヶ月あたり2.1 ± 1.6であり、平均より高い薬物量を示唆しています。表1は、研究集団の人口統計学的特徴を示す。 表1。サンプル特性(N = 90) 人口統計 年齢(歳) 39.1 ± 12.4 性別男性) 30(33.3) BMI 28.9 ± 7.1 配偶者の有無(既婚) 39(49.4) 雇用(雇用) 53(61.6) てんかんタイプ 局所てんかん 63(70) 時間的 37(41.1) 臨時 20人(22.2人) 未定 6(6.7) 全身性てんかん 22(24.4) 道の 5(5.6) 抗てんかん薬 ナンバーAED 1.7 ± 0.8 AED単独療法 42(46.7) 1代目 20人(22.2人) 2代目 43(47.8) 組み合わせ 27(30) 標準化された線量 2.1 ± 1.6 発作負担A 総発作/月 4 ± 7.6 焦点発作/月 2.9 ± 7.2 GTC /月 1.2 ± 2.9 発作のない 26人(28.9人) ≥ 1発作/ MO 41(45.6) GTCの歴史 53(58.9) 併存条件b 高血圧 11(12.2) 喘息/ COPD 18(20) 気分障害 28(31.1) てんかん手術 11(12.2) 頭部外傷 20人(22.2人) その他の薬品および物質b たばこ用 33人(36.7人) 鎮静剤 – 睡眠薬 17(18.9) 抗うつ薬 24(22.2) 向精神薬 23(25.6) 連続変数の平均値 ± SD。そうでなければN(%)。AED:抗てんかん薬。GTC:全身性強直間代性発作。COPD:慢性閉塞性肺疾患。月:月 ある 過去6 ヶ月以上。 b 対象の少なくとも10%が罹患している。 3.2 。無呼吸 – 低呼吸指数およびエプワース睡眠スケールスコア 一晩PSGでのAHIは 、49人中54人(54%)、 15人中5人から10人(17%)、26人中10人(29%)で正常であった。EDSを支持するエプワース眠気尺度スコア≧ 10が31人(34.4%)の患者で報告された。 3.3 。不眠症の重症度インデックス このグループの平均不眠症重症度指数(ISI)スコアは10.6 ± 6.7であった。31人の患者(34.4%)が 有意な不眠症症状を示唆しないことを示唆する<8のスコアを有し、33人(36.7%)が閾値以下/軽度の不眠症の苦情を有し、そして26人(28.9%)が中等度または重度の不眠症の診断と一致するISIスコアを有した。表2は、臨床的に有意な不眠症に対するICSD − 2による不眠症分類とISIとの間の比較の結果を示す(ISI合計 ≧ 15)。ICSD-2によって不眠症ではないと分類された患者のうち、全員がISIによって臨床的に有意な不眠症ではないと分類された。ICSD-2によって不眠症と分類された67人の患者のうち、26人(39%)のみがISIを有していた ≥15。2 つの分類は、より低いレベルとより高いレベルの不眠症症状を持つ人々にかなりよく一致しましたが、中間レベルの不眠症症状を持つ人々を分類する方法については意見が一致しませんでした。偶然の一致について調整した、ISIとICSD-2との間の一致の割合は0.24であり、95%CI(0.13、0.36)であった。 表2。臨床的に重大な不眠症に対するICSD-2とISIの合意 ISIカテゴリー いいえ(< 15) はい( 15以上) ICSD-2 カウント 行% Col% カウント 行% Col% いいえ 23 100 35.9 0 0 0 はい 41 61.2 64.1 26 38.8 100 カッパ =0.24(0.13、0.36)。ICSD-2:睡眠障害の国際分類、第2版。ISI:不眠症重症度指数。 単変量解析 ISIと連続変数のみmBDI(pに対して有意な関係を見出さ = 0.005)、BDI(P < 睡眠日記(Pに基づいて0.001)、及びTSD = 0.004)(補足データ表1)。ISI重症度カテゴリーと併存喘息/ COPDのカテゴリー変数(p = .003)および鎮静催眠薬の使用との間に有意な一変量関係が認められた(p < .001)(補足データ表2)。PSG測定におけるISI重症度カテゴリーの比較は、REM潜時についてのみ有意差を見出し、中等度または重度の不眠症スコアを有するものはより大きなREM潜時を有する(補足データ表3)。毎月の総発作頻度とPSG変数との間に有意な相関は見られなかった。 ISIとBDI(r = .32、p = 0.002)、mBDI(r = 0.25、p = 0.021)、TSD(r = – 0.3、p = 0.006)、およびESS(r = r)との間の有意な相関 0.25、p = 0.02)が観察された(表3)。mBDI、BDI、およびESSのスコアが高いほど、またTSDが短いほど、中程度または重度の不眠症と有意に関連していた。ISIスコアと年齢、BMI、アルコール/カフェインの使用、またはてんかん関連の変数に関して、有意な相関関係は見つかりませんでした。 表3。ISIと関心のある変数の間の相関。 変数 相関 95%CI p値 年齢(歳) 0.07 – 0.14、0.27 0.51 ボディ・マス・インデックス 0.19 – 0.02、0.38 0.076 修正ベック不況インベントリ 0.25 0.04、0.44 0.021 うつ病インベントリ 0.32 0.12、0.5 0.002 エプワース眠気スケール 0.25 0.04、0.43 0.02 総睡眠時間 – 0.3 – 0.48、 – 0.09 0.006 アルコール量(オンス/週) – 0.1 – 0.3、0.11 0.34 カフェイン量(オンス/週) – 0.01 – 0.22、0.2 0.96 総発作/月のA 0.07 – 0.14、0.27 0.54 GTC / mo a – 0.03 – 0.24、0.18 0.77 ナンバーAED b 0.13 – 0.08、0.34 0.24 標準化されたAED線量 0.13 – 0.08、0.33 0.23 特に指定のない限り、ピアソンの積率モーメントの相関。AED:抗てんかん薬。GTC:全身性強直間代性発作。月:月 ある 過去6 ヶ月以上。 b スピアマンの順位相関 最終重回帰モデル(表4)を使用して、中等度または重度の不眠症のスコアが、TSDが低下したてんかんのある成人(β = – 0.93、p = 0.007)、頭部外傷(β = β )で報告される可能性が高いことを見出しました。4.37、p = 0.003)、鎮静催眠薬使用(β = 4.86、p = 0.002)、AED ポリセラピー(β = 3.52、p = 0.005)、および喘息/ COPD(β = 3.75、p = 0.014) 。限局性てんかん患者63人のサブセット分析により、より高いmBDIスコアが同定された(β = 0.24、p = 0.015)、TSDの減少(β = – 1.11、p = 0.008)、喘息/ COPD(β = 4.19、p = 0.02)、てんかん手術(β = 5.33、p = 0.006) ISIスコア より重度の不眠症に対する統計的に有意でない傾向が、XTLEを有する患者と比較してTLEを有する患者において同定された(β = – 2.92、p = 0.054)。 表4。中等度から重度の不眠症に対して有意な変数を示すISIの最終回帰モデル。 因子 レベル ベータ 95%CI p値 総睡眠時間 – 0.93 – 1.56、 – 0.27 0.007 頭部外傷 はい対いいえ 4.37 1.38、6.96 0.003 鎮静剤 – 催眠術の使用 はい対いいえ 4.86 2.56、8.65 0.002 AED療法 ポリ対モノ 3.52 0.14、5.15 0.005 喘息/ COPD はい対いいえ 3.75 0.24、6.1 0.014 AED:抗てんかん薬。COPD:慢性閉塞性肺疾患。 4 。討論 検証された不眠症の尺度[10]を体系的に使用して、我々は睡眠/覚醒障害のてんかんセンターに紹介されなかったてんかんのある90人の地域在住成人の66%がある程度の不眠症と一致する異常なISIスコアを持っていたまたは29%でひどい。これは、てんかんの成人における不眠症の有病率が、一般成人集団研究 におけるISIスコアの25%の有病率と比較してかなり高いことを示しています[29] 。一般集団とは対照的に、不眠症に対するICSD-2診断分類とISIスコアとの間の良好な一致≥ 不眠症および高レベルの不眠症の訴えがない患者には15が見られたが、低/中レベルの不眠症にはなかった。我々の研究における低/中レベルの不眠症に対する意見の不一致は、典型的には発作とAED療法に起因する、この集団が経験した固有の睡眠の断片化と疲労によるものかもしれません。我々がスペクトルの端部で良い一致を見いだしたということは、てんかん患者の重大な不眠症を識別するためのISIの有用性を支持する。 不眠症のこの高い有病率は、医学文献に報告されている他のいくつかの前向き研究と似ています。Vendrame et al。難治性てんかんのない成人152人のうち55%に中等度または重度の不眠症の有病率が睡眠センターを基準にして発見された[30]。彼らは中等度または重度の不眠症(ISI ≧ 15)に対して同じ基準を使用しましたが、我々が行ったように既存の不眠症の患者を除外しませんでした。彼らは、不眠症はBDI除外項目16のみの修正版でAEDの数およびうつ病のスコアと相関することを見出した(睡眠の質、早朝の目覚め) 、および睡眠維持)。自己申告アンケートを用いた別の前向き研究では、睡眠維持不眠症は90人の対照群の中でよりもてんかん患者の連続100人の間で報告される可能性が高かった(52%対34%)。発症不眠症(それぞれ34%対28%)[2]。しかし、対照群は病院職員から採用されたため、その研究に偏りが生じた可能性がある。てんかん患者165人のベテランの40%(87%の男性;平均年齢56)てんかん診療所に通っては我々は異なる不眠症、古いと主に男性人口、報告された[31] 。 本研究では、我々は不眠症のタイプを定義せずまた対照群と比較しなかった。代わりに、我々は、てんかん患者におけるISIとその関連因子を用いて不眠症の症状の重症度を調べた。ISIスコアと年齢、性別、BMI、アルコール/カフェイン使用、OSAの重症度、発作負担、発作タイプ、AEDタイプ、またはAED STD用量、薬物負荷の尺度との間に有意な相関関係はありませんでした。中等度または重度の不眠症の可能性を増加させた唯一のてんかん変数は、一般に薬理耐性てんかんのマーカーと考えられているAEDポリセラピーでした。総薬物量は中等度または重度の不眠症の予測因子ではなかったが、特定の薬物または薬物の組み合わせが可能である可能性がある。不眠症の症状に影響を与えます。私達のサンプルは私達の患者によって取られた多くの薬物療法を調査するには小さすぎた。 ISIスコアとBDI、mBDI、およびESSとの間には有意な相関関係が見られましたが、多変量回帰モデルでは、抑うつ症状、昼間の眠気、およびOSAの存在によって中等度または重度の不眠症が予測されません。むしろ、我々の最終モデルでは、TSD、併発性喘息/ COPD、頭部外傷、鎮静剤 – 催眠剤使用、およびAED 多剤併用のみが重大な不眠症症状を予測した。予想通り、睡眠日記および鎮静剤 – 睡眠薬使用に基づくTSDの減少、非ベンゾジアゼピンからなる睡眠補助薬は、不眠症の症状と強く関連していました。一般集団における不眠症の研究も同様に、不眠症は喘息、COPD、およびてんかんを含む神経学的問題を含む他の医学的障害を有する患者においてより一般的であることを見出しました [32]。 うつ病はてんかん患者の間で最も一般的な併発性精神障害です [33]、[34]。不眠症の患者は、一般集団のコミュニティベースのサンプルにおいて、不眠症のない人よりも有意に高いBDIスコアを有することが示された[35] 。鬱病は、一般集団におけるようにてんかんを有する人々における不眠症の独立した危険因子であり得る。最近の研究で、てんかん患者のうつ病や不安は、睡眠の質、EDS、そして自殺念慮や自殺のリスクの増加と関連していることが確認されました[36]。てんかん患者の鬱病もAED不順守および生活の質の低下の可能性を高める[37] 。我々のサンプルでは、​​ISIスコアと併存する気分障害との間の関連性は観察されず、そしてBDIもmBDIも我々の最終回帰モデルにおける不眠症症状の独立した予測因子ではなかった。抗うつ薬と向精神薬の使用頻度が高いことを考えると、我々のサンプルでうつ病のある患者は適切に治療されており、不眠症の症状はあまり見られなくなっています。この横断的研究は、うつ病、その治療、および睡眠/覚醒の不満の間の因果関係を探求するようには設計されていません。 我々の研究では、てんかんの成人の3分の1(34%)がESSに基づくEDSを報告していることを我々はさらに見出した。他の研究では、EDSがてんかんの成人で2番目に多い睡眠/覚醒の訴えであることがわかっています[6]。我々の研究と同様のこれらのアンケートベースの研究は、EDSの有病率が、年齢および性別を一致させた対照よりもてんかんを有する成人において有意に高かったことを発見した。それぞれ)我々が行ったようにESSカットオフを 10以上とする[6]。EDSの有病率が高いことに加えて、ESSとISIの間に有意な正の相関があり、それは一般に有意な負の相関が観察される不眠症の一般集団コホートとは著しく対照的であることを見出した。 我々の研究は、断面デザインと小さなサンプルサイズによって制限されています。選択バイアスが調査結果に貢献した可能性があります。研究参加者は、三次医療てんかんセンターから募集され、一般的な神経科または一次医療クリニックで治療を受けた患者よりも活動性てんかんを有する可能性が高かった。したがって、我々の調査結果はそのような臨床設定でてんかん患者に一般化することはできません。また、我々は個々のAEDとの関連で不眠症の重症度を調査しませんでした。サンプルサイズの制約のために、我々はAEDを第一世代か第二世代のどちらかとして、あるいは一方または他方との併用療法あるいは併用療法として分類することを選択した。睡眠/覚醒の訴えは一般的にAED療法に起因することがわかっています[38] 。睡眠に有害で有益な効果覚醒が報告されています。しかし、これらの影響を調査する前向き無作為化試験は欠けています。本研究では、AEDによる多剤療法はISIスコアの増加と関連しており、この結果は別の最近の研究からの知見と同等である[30] 。最後に、OSAを評価することを除いて、他の原発性睡眠障害が不眠症の訴えに寄与しているのかどうかを分析しませんでした。 てんかんを伴うコホートにおける不眠症の症状を調査したいくつかの以前の研究の中で、我々の研究はいくつかの理由で独特である。第一に、OSAは一般集団よりもてんかんを有する成人においてより一般的であるので、我々はすべての被験者においてPSGを記録することによってこの合併症を抑制した[11]、[12]。第二に、我々は、WHOによって公表された方法論を使用して各被験者の標準化されたAED用量を決定することによってAED負担を管理した。第三に、我々は不眠症の評価に関連する2つの項目を排除することによってBDIを修正した:睡眠の質と日中の疲労感。 私たちの研究は、睡眠とてんかんの関係を調査している文学の増大するボディに追加されます。我々は、不眠症の重症度はてんかんそれ自体とは関連がなく(AEDポリセラピーを保存する)、むしろ合併症のある状態、特に喘息/ COPD、頭部外傷、および鬱症状と関連していることを見出した。ISIスコアと年齢または性別との間に関連性がないことは、てんかん患者の不眠症が一般集団で観察される不眠症とは異なる可能性があることをさらに示唆する。 39]、[40]、[41]。これらの所見はてんかん患者の不眠症の診断と管理において考慮されるべきです。 了承 作者はこの仕事の彼の有用なレビューについてDouglas E. Moul、MDに感謝します。 利益相反の開示 著者は、開示することについて利益相反がありません。 私たちは、倫理的出版に関わる問題に関する本誌の見解を読み、この報告書がそれらのガイドラインと一致していることを確認します。 付録A 。補足データ Word文書のダウンロード(54KB)docxファイルに関するヘルプ 補足表 参考文献 [1] A. デWeerd 、S. デ・ハース、A. Otte 、DK Trenite 、G. ヴァンErpの、A. コーエン、ら。 部分てんかん患者の主観的睡眠障害:有病率と生活の質への影響に関するアンケート調査 てんかん、45 (2004 )、pp。1397 – 1404 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [2] R. ハタミ、D. Zutter 、A. シーゲル、J. マティス、F. ドナーティ、CL Bassetti 睡眠・覚醒の習慣や障害100人の成人てんかん患者-前向き研究のシリーズで Seizure 、15 (2006 )、pp。299 – 306 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [3] C. Piperidou 、A. Karlovasitou 、N. Triantafyllou 、A. Terzoudi 、T. Constantinidis 、K. Vadikolias 、ら。 てんかん患者の生活の質に対する睡眠障害の影響 Seizure 、17 (2008 )、pp。588 – 594 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [4] S. Jenssen 、E. Gracely 、T. マフムード、JI トレーシーは、MR スパーリング 主観的眠気は、三次医療てんかんセンターの患者のうち、うつ病に主に関します てんかんBehav 、9 (2006 )、pp。632 – 635 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [5] R. マンニ、L. ポリティニ、I. サルトリ、MT ラッティ、カリフォルニア州 ガリンベルティ、A. タルタラ てんかん患者の昼間の眠気:エプワース眠気尺度による評価 J Neurol 、247 (2000 )、pp。716 – 717 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [6] BA Malow 、RJ Bowes 、X. Lin てんかん患者の眠気の予測因子 Sleep 、20 (1997 )、pp。1105 – 1110 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [7] L. Vignatelli 、F. Bisulli 、I. Naldi 、S. Ferioli 、F. Pittau 、F. Provini 、ら。 夜間前頭葉てんかん患者における過度の日中の眠気と主観的な睡眠の質:症例対照研究 てんかん、47 (補遺5 )(2006 )、頁。73 – 77 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [8] R. Pizzatto 、K. 林、N. 渡辺、G. Campiolo 、MAH Bicalho 、R. Guarnieri 、R. Claudino 、R. ワルツ、L. Sukys-Claudino 癲癇患者における過剰な眠気および睡眠パターン:ケースコントロール調査 エピBehav 、29 (2013 )、頁。63 – 66 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [9] SR オー、M. カッツ、J。 マズール、RB リプトン 発作高齢者の精神状態、気分、睡眠への影響 てんかんBehav 、14 (2009 )、頁540 – 544 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [10] CH バスティアン、A. Vallieres 、CM モリン 不眠重症度指数の検証不眠症研究に対する結果尺度として Sleep Med 、2 (2001 )、297 – 307ページ 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [11] N. Foldvary-シェーファー、ND アンドリュース、D. Pornsriniyom 、DE Moul 、Z. 日、J. ベナ 睡眠時無呼吸とてんかん:危険では? てんかんBehav 、25 (2012 )、頁363 – 367 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [12] 臨床的一連の成人てんかん患者における閉塞性睡眠時無呼吸: R. マンニ、M。 テルザギ、C。 アルバシーノ、I。 サルトリ、CA ガリンベルティ、A。 タルタラ :併存疾患の頻度と特徴 てんかん、44 (2003 )、頁836 – 840 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [13] C. Iber 、S. Ancoli -イスラエル、A. Chesson 、SF 泉 睡眠の得点と関連するイベントのためAASMマニュアル:ルール、用語や技術仕様 睡眠医学のアメリカアカデミー、ウェストチェスター、イリノイ州(2007 ) Google Scholar [14] KW クラーク、D。 グレイ 薬経済学におけるツールとして定義された1日量。長所と制限 Pharmacoeconomics 、7 (1995 )、pp。280 – 283 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [15] A. Wessling 、G. Boethius 定義された母集団における薬物使用の測定。定義1日量(DDD)方法論の評価 Eur J Clin Pharmacol 、39 (1990 )、pp。207 – 210 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [16] K. Sadeghniiat-Haghighi 、Z. ヤズディ、M. Firoozeh 不眠症を測定する2つの評価ツールの比較:不眠症の重症度の指標と睡眠ポリグラフ インドJ Psycholメッド、36 (2014 )、頁。54 – 57 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [17] C. Gagnon 、L. Belanger 、H. Ivers 、CM Morin プライマリケアにおける不眠症重症度指数の検証 J Am Board Fam Med 、26 (2013 )、pp。701 – 710 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [18] CA Severson 、WH Tsai 、PE Ronksley 、SR Pendharkar 電子健康データソースを使用した睡眠センター人口の不眠症の特定と不眠症の重症度指数 J Clin Sleep Med 、9 (2013 )、pp。655 – 660 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [19] CM モリン、G. ベルヴィル、L. Belanger 、H. Ivers ザ・不眠症の重症度指数:不眠症のケースを検出し、治療応答を評価するための心理指標 Sleep 、34 (2011 )、pp。601 – 608 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [20] MH Savard 、J. Savard 、S. Simard 、H. Ivers 癌患者の不眠重症度指数の実証的検証 Psychooncology 、14 (2005 )、頁429 – 441 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [21] MW Johns 昼間の眠気を測定するための新しい方法:エプワース眠気尺度 Sleep 、14 (1991 )、540 – 545ページ Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [22] MW Johns エプワース眠気尺度の信頼性と因子分析 Sleep 、15 (1992 )、pp。376 – 381 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [23] P. Mondal 、JA Gjevre 、RM テイラー・Gjevre 、HJ リム 睡眠実験室の紹介人口のピッツバーグ睡眠の質指数とエプワース眠気尺度との関係 NATサイスリープ、5 (2013 )、頁。15 – 21 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [24] MS Miletin 、PJ Hanly エプワース眠気尺度の測定特性 Sleep Med 、4 (2003 )、pp。195 – 199 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [25] PT ジョージ 眠気、意識サイクルのトロイカ、およびエプワース眠気スケール Sleep Breath 、5 (2001 )、pp。181 – 191 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [26] AT Beck Beckうつ病目録 Psychological Corporation 、サンアントニオ(1987 ) Google Scholar [27] GN de Oliveira 、JM Lessa 、AP Goncalves 、EJ Portela 、JW Sander 、AL Teixeira てんかん患者のうつ病のスクリーニング:神経障害、てんかんのうつ病目録(NDDI-E)、病院不安およびうつ病スケールうつ病サブスケール(HADS) -D)、およびベック不況インベントリ(BDI) 癲癇Behav 、34 (2014 )、頁。50 – 54 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [28] 睡眠障害の国際分類 診断およびコーディングマニュアル(第2版)、アメリカ睡眠医学会、ウェストチェスター、イリノイ州(2005 ) Google Scholar [29] S. Ancoli-Israel 、T. Roth 米国における不眠症の特徴:1991年全国睡眠財団調査の結果。私 Sleep 、22 (Suppl。2 )(1999 )、pp。S347 – S353 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [30] M. Vendrame 、B. ヤン、S. ジャクソン、SH アウエルバッハ 不眠症やてんかん:アンケートに基づく調査 J Clin Sleep Med 、9 (2013 )、pp。141 – 146 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [31] 南フロリダの MR ロペス、JY チェン、AM カンナー、DZ カルバリョ、JA ダイヤモンド、DM ウォレス 不眠症症状てんかん てんかんBehav 、27 (2013 )、頁159 – 164 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [32] R. Budhiraja 、T. Roth 、DW Hudgel 、P. Budhiraja 、CL Drake 有病率および睡眠時睡眠ポリグラフの相関、医学的障害と併発 Sleep 、34 (2011 )、pp。859 – 867 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [33] BP ヘルマン、M. サイデンバーグ、B. ベル 精神科慢性てんかんにおける併存疾患:識別、結果、および大うつ病の治療 てんかん、41 (補遺2 )(2000 )、pp。S31 – S41 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [34] てんかんにおける AM Kanner Depression:罹患率、臨床的記号論、病原性機序、および治療 Biol Psychiatry 、54 (2003 )、pp。388 – 398 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [35] DJ テイラー、KL Lichstein 、HH Durrence 、BW Reidel 、AJ ブッシュ 不眠、うつ、および不安の疫学 Sleep 、28 (2005 )、pp。1457 – 1464 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [36] CM Wigg 、A. Filgueiras 、MDA M. ゴメス てんかんや自殺念慮のある患者における睡眠の質、うつ、不安との関係 Arq Neuropsiquiatr 、72 (2014 )、pp。344 – 348 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [37] AB Ettinger 、MB Good 、R. Manjunath 、R. Edward Faught 、T. Bancroft てんかんにおける抗てんかん薬の服薬遵守と生活の質との関係 癲癇Behav 、36 (2014 )、PP。138 – 143 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [38] N. Foldvary・シェーファー、S. Neme-Mercante スリープとてんかん E. Wyllie (編)、てんかんの治療:てんかんの原理と実践(6版)、Lippincott Williams&Wilkins 、フィラデルフィア、PA (2015 )、pp。467 – 473 Google Scholar [39] PZ スペンサーの 性別、年齢、および不眠症のリスク CNS Spectr 、13 (2008 )、7 – 9ページ Scopus Google Scholarでレコードを表示する [40] E. 吉岡、Y. 西条、T. 北、H. 佐藤、M. Kawaharada 、T. 福井、ら。 不眠症における性差および有給労働および家族の責任の役割 Soc Psychiatry Psychiatr Epidemiol 、47 (2012 )、pp。651 – 662 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [41] I. Jaussent 、Y. Dauvilliers 、ML Ancelin 、JF Dartigues 、B. タヴェルニエ、J. Touchon 、ら。 高齢者における不眠症症状:関連因子と性差 アムJ Geriatr精神医学、19 (2011 )、頁。88 – 97 記事のダウンロードPDF CrossRef Scopusでの記録を見るGoogle Scholar ©2016 Elsevier Inc. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1525505016001396