このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

更年期障害へのアプローチで発生する不眠症はよく特徴付けされていません。

不眠症の閉経期前後の女性は、測定可能な睡眠障害を持っています。

不眠症で頻繁に起こるほてりは、彼らのより悪い睡眠の質に寄与します。

閉経期前後の女性の不眠症は、悪影響を避けるために治療されるべきです。
抽象
閉経期の移行は、40〜60%の女性に見られる睡眠障害および不眠症の罹患率の増加によって特徴付けられますが、彼らの睡眠障害に対する生理学的根拠の証拠はありません。臨床的不眠症を発症した患者(34人)と比較して(38人の女性)患者の72人(年齢範囲:43〜57歳)における睡眠障害および客観的なほてりの根底にある寄与を定量化することを目的とした。更年期移行。睡眠の質は、2週間の睡眠日記および1回の臨床検査用睡眠ポリグラフ(PSG)記録を用いて評価した。閉経期移行期、月経周期相、うつ症状、および客観的なほてりの存在を制御する重回帰モデルでは、不眠症の診断はPSG測定の総睡眠時間を予測した(p < 0.01)、睡眠効率(p = 0.01)および入眠後の覚醒(WASO)(p = 0.01)。不眠症の女性は、平均43.5 分少ないPSG測定睡眠時間を示した(p < 0.001)。レム睡眠中のベータEEG出力の上昇を除いて、不眠症における皮質EEGの過覚醒の証拠はほとんどなかった。エストラジオールと卵胞刺激ホルモンのレベルは、ベータEEGパワーとは無関係ですが、のぼせの頻度と関連していました。不眠症は、生理的なほてりがある可能性が高く、ほてりの存在は、睡眠時間あたりのPSG覚醒の数を予測した(p = 0.03)。日記から、不眠症の女性はより多くのWASOを報告しました(p = 対照と比較して、0.002)、WASOにおけるより夜間の変動性(p < 0.002)およびより多くのほてり(p = 0.012)。閉経へのアプローチにおいて不眠症を発症する女性は、測定可能な睡眠不足を有し、サンプルのほぼ50%が6 時間未満の睡眠を有する。中年期の女性における不十分な睡眠および不眠症に関連する既知の健康への悪影響を回避するために、ほてりのような更年期障害の独特な側面を考慮に入れて、更年期移行の文脈で発生する睡眠障害に対処すべきである。 前の記事次の記事 キーワード 閉経睡眠不眠症ほてり中年期の女性健康エストラジオール 著作権©2015 Elsevier Ltd.すべての権利予約。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0306453015002097