このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

我々は不眠症とてんかん発作についててんかん患者207人を調査した。

43%が臨床的に有意な不眠症を有し、58%が発作のないことを示した。

うつ病、クロノタイプ、および特別なヘルスケアの使用は、より悪い不眠症と相関していました。

発作が継続している人は、発作がないよりもより一般的で重度の不眠症でした。

より重度の不眠症の人は、生活の質が悪かった。
抽象
目的
どのように不眠症がてんかん患者の発作管理と生活の質と関連しているかを評価すること。
方法
臨床訪問を受けているてんかんの連続した患者を不眠症重症度指数(ISI)で調査した。患者は少なくとも1つの抗けいれん薬で治療されなければならず、心因性偽性発作を文書化したことはあり得なかった。過去4週間以内の発作の有無および生活の質(QOLIE-P-10)を記録した。その他の変数には、人口統計学的データおよび臨床データ、睡眠覚醒タイミング、Hörne–Östberg朝 – 夕方アンケート(MEQ)、眠気(エプワース眠気尺度(ESS)、および気分(疫学研究センターうつ病尺度、CES-D)が含まれます。
結果
207人の患者が調査を完了した。43%が臨床的に有意な不眠症を有し、そして51%が少なくとも軽度の不眠症を有した。発作は58%でした。平均ISIスコアは、発作が継続している患者では有意に悪く、より重度のISIスコアはQOLの悪化と強く相関していました。より若い年齢、てんかんのより短い期間、鎮静剤/睡眠薬の使用、医学的および睡眠時の共存症、睡眠のタイミングおよびクロノタイプの遅延、過度の眠気、ならびに鬱病はすべて、より重度の不眠症と関連していた。直近の4週間に渡って予期せぬヘルスケア訪問をした人々は、より悪い不眠症を患っていた。これらの共変量を調整した後、より重度の不眠症は発作の自由の欠如およびより悪いQOLと有意に関連したままであった。
意義
不眠症はてんかんにおいて一般的であり、短期間の発作制御不良およびより悪いQOLと関連している。将来の研究は因果関係を評価しなければならない。不眠症の評価はてんかんの包括的な治療に重要であり、てんかん発作の抑制に影響を与える可能性があります。
グラフィカルな抽象
高解像度画像をダウンロードする(150KB)フルサイズの画像をダウンロード
前の記事次の記事
キーワード
てんかん不眠症生活の質うつ病概日遅延相睡眠症候群
略語
QOL生活の質TIBベッドタイムMSF休日の平均睡眠時間ISI不眠症の重症度インデックスAED抗てんかん薬MEQ朝 – 夕方アンケートESSエプワース眠気スケールCES-D疫学研究センターうつ病スケール
著作権©2016 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0920121116300328