このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

不眠症は、睡眠特有の負の期待バイアスによって支えられていると考えられています。

これはまだ客観的尺度で評価されていません。

認知実験評価は、不眠症における期待バイアスを評価するために使用されます。

不眠症の高い症状のグループは、睡眠特有の負の期待バイアスを示しました。

不眠症の中で機能する睡眠特有の偏った期待の存在を確認します。
抽象
不眠症の認知モデルは、睡眠不足の結果に関する否定的な期待が不眠症の維持に寄与することを一貫して示唆しています。しかしながら、今日まで、アンケート評価よりも応答バイアスに対して免疫性が高い客観的認知評価タスクを使用して、不眠症が実際にそのような負の睡眠関連期待バイアスによって特徴付けられるかどうかを決定しようとする研究はない。それ故、現在の研究は反応時間を用いた。臨床的に有意な不眠症の症状を有するグループ(n = 30)と低不眠症の症状を有するグループ(n = 40)の間の期待の偏りを評価するタスク。このタスクには、睡眠不良の影響、および睡眠に関係のない活動を説明するシナリオの提示が含まれていました。これらの活動は、良性または否定的な方法で解決することができました。結果は、低不眠症症状群と比較して、高不眠症症状群は良性転帰と比較して、負の転帰と一致して睡眠関連シナリオを解決するために不均衡に速いことを示した。2つのグループは、睡眠関連以外のシナリオを解決するパターンに違いはありませんでした。この所見のパターンは、臨床的に重大な不眠症の症状を持つ個人に作用する睡眠特異的な期待バイアスと完全に一致しています。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症睡眠認知バイアス期待バイアス
全文を見る
©2017 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0005796717301031