このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

我々は不眠症に対する不安過敏症(AS)介入の影響を調べた。

AS介入は、ASとその下位尺度を通じて不眠症の症状を軽減しました。

間接的な影響は、うつ病や不安症状を共存させるときに起こりました。
抽象
目的
最近の研究は、トランス診断脆弱性因子、不安感受性(AS)、および睡眠障害の間の関連を示唆している。研究はASが短い介入を通して可鍛性であることを示しましたが、ASを標的とする介入が不眠症の症状を減らすかどうかを調べた研究はまだありません。以前の研究におけるこのギャップを考慮して、本研究は、自己申告された不眠症症状に対するASを標的とした短いコンピュータ化介入の直接的および間接的な影響を試験した。
方法
コミュニティ参加者(N  = 97)は、AS介入(精神教育およびインターセプト曝露からなる)または健康情報管理条件のいずれかに無作為に割り付けられ、ベースライン時および1ヶ月の追跡調査時に評価された。
結果
調査結果によると、不眠症の症状はベースライン時および追跡調査時にASおよびその副因子に関連していた。さらに、不安神経症およびうつ病のベースライン症状について共変動した後に保持された、ASおよびその副因子による不眠症症状に対する治療の間接的効果があった。
結論
これらの予備的知見は、ASの標的化が不眠症の症状を軽減するための簡潔で効果的な方法であるかもしれないことを示唆しているが、不眠症と診断された個体の臨床サンプルで再現されるべきである。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症不安感受性睡眠コンピュータ治療
著作権©2014 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945714004687