このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

不眠症は、2000年と2007年の両方のデータセットにおいて幻覚的経験と関連していた。

最初の不眠症は18か月後の新しい幻覚体験と関連していました。

上記の関連付けは、悪影響およびパラノイアを抑制した後も有意なままであった。
抽象
不眠症は精神病を経験している人々に一般的です。それはパラノイアの原因となっているとされていますが、幻覚との因果関係はまだ確立されていません。我々は不眠症i)幻覚との横断的関連を持っているという仮説を検証した。ii)幻覚の新たな発端を予測し、iii)これらの関連はうつ病、不安、およびパラノイアを抑制した後も残る。2番目(2000年、N = 8580)と3番目(2007年、N = 7403)のイギリスの精神医学的罹患率からのデータ調査は不眠症と幻覚の間の横断的関連性を評価するために使用された。2000年のデータセットには、不眠症が幻覚の新たな発生を予測するかどうかをテストするために使用されたサブサンプル(N = 2406)の18ヶ月の追跡調査が含まれていました。不眠症は、両方の横断的データセットにおいて幻覚と関連していた。軽度の睡眠障害は幻覚を報告する確率が2〜3倍高かったのに対し、慢性不眠症は4倍高かった。不眠症はまた、今後18ヶ月にわたってde novoで起こる幻覚のオッズの増加と関連していました。オッズ比が小さいにもかかわらず、これらの関連付けは依然として重要です、うつ病、不安やパラノイアを抑制した後。これは不眠症が幻覚の経験の開発に関連付けられていることの最初の長期的な証拠です。不眠症の効果的な治療は幻覚の発生を減らすかもしれません。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症幻覚精神病統合失調症疫学
1 。前書き
不眠症は一般的な心理的障害であり、成人の一般人口の約3分の1が睡眠障害を報告しており(Ohayon、2002、Morphy et al。、2007)、約6-10%が不眠症障害の診断基準を満たしている(Ohayon、2002、Walsh) 、2004)。精神病性疾患における睡眠の重要性が認識され始めている(この分野の総説についてはReeve et al。、2015を参照)。例えば、睡眠障害は、最初のエピソード精神病(Ruhrmann et al。、2010)とその後の再発(Birchwood et al。、1989 )の危険因子です。睡眠と概日リズムの証拠もあります統合失調症患者の混乱( Wulff et al。、2012、 Afonso et al。、2014 )。個々の精神病経験のうち、パラノイアと不眠症との関係のみが持続的な注目を集めている( Reeve et al。、2015 )。不眠症は、迫害妄想の患者に非常に一般的であり(Freeman et al。、2009)、新たな発端と迫害思想の持続を予測しています( Freeman et al。、2012 )。不眠症とパラノイアとの関連は、情動的症状によって部分的に媒介される(Freeman et al。、2010)これが睡眠障害を治療の標的としている(Freemanら、2015b、Freemanら、2015a、Myersら、2011、Waiteら、2016)。実際、睡眠障害(および日中の精神病症状への影響)は、患者自身が助けになることを重んじる問題として強調されており、このグループにおける睡眠障害の治療は一般的なアプローチであることが証明されている(Waite et al。、2015a )。最近の研究では、破壊およびスリープ最初の証拠を提供幻覚を(断面関連付けられ小柳とStickley 2015、Taylorら。、2015、シーブら。、2016この研究は、不眠症と幻覚の間の横断的および縦断的関連性を評価することによって、この新たな文献に追加されます。
不眠症の発生を幻覚と関連づける可能性があるもっともらしいメカニズムがあります。最近の4800人の若者を対象とした双子の研究では、不眠症と精神病経験の間の共分散の60〜71%が相加的な遺伝的影響によるものであることが実証された( Taylor et al。、2015)。非共有環境は、共分散の残りの29〜40%を占めました(Taylor et al。、2015 )。これらの関連性は減少したが、悪影響を抑制した後も有意なままであった(Taylor et al。、2015 )。不眠症と幻覚の間の特定の関連もまた調査された。不眠症と幻覚の間に0.37の表現型相関が報告された。二変量遺伝率(相加的遺伝的影響に起因するこれら2つの表現型間の関連の割合)は.63であり、一方、二変量非共有環境は.37であった(Taylor et al。、2015)。
増強ドーパミン作動活性により媒介ドーパミンD2受容体は、精神病の陽性症状および増加の両方の根底できる覚醒(モンティとモンティ、2005 )。さらに、睡眠時間(すなわち睡眠不足)を減少させることは、聴覚幻覚に非常に類似した経験の異常をもたらす可能性がある(Lubyら、1960年、Westら、1962年)。不眠症および妄想症について示されているように、情動症状が不眠症と幻覚との関連を媒介する可能性が非常に高い(Freeman et al。、2010 )。不眠症は、情動障害のリスクを大幅に高めます(Baglioni et al。、2011)および不眠症治療試験は情動症状との因果関係の予備的証拠を提供している(Manber et al。、2008、Espie et al。、2012)。言い換えると、情動障害は臨床的な幻覚を経験している人々において極めて一般的であり、精神病の認知モデルにおいて長い間認識されてきた(Morrison、1998、Garetyら、2001、BeckおよびRector、2003)。でベックとレクター(2003)認知モデル、幻覚は、部分的には、外的に生成された音と同一​​であると経験されるべき超原子価(または「ホット」)認知の閾値を低下させる情動障害(聴覚幻覚)に起因する。それらの関連性を支持して、情動症状が発症(Slade、1973)の重症度(Norman and Malla、1991 ; Smithら、2006)および幻覚の持続(Escherら、2002、De Looreら)を引き起こすという証拠がある。ら、2011)。
精神病的経験は患者グループに限定されないが、一般集団でも一般に起こる(Johnsら、2004年、van Osら、2009年)。例えば、米国のコミュニティサンプルの 28.4%が1つ以上の精神病スクリーニング質問票(PSQ)項目を承認しています(Bebbington and Nayani、1995)が、臨床医による評価では、診断基準を満たすサンプルはわずか0.2〜0.7%でした(Kendler)。ら、1996)。これらの精神病的経験が長期にわたって持続すると、臨床的精神病への移行のリスクが高まる(Dominguez et al。、2009)。)全国的に代表的な調査は、精神病的経験と潜在的な因果要因との関連性についての大規模な疫学的試験を提供することができる(Freeman et al。、2012、Marwaha et al。、2014)。本研究は不眠症と幻覚の経験が関連しているかどうかを全国的に代表的な英国の調査データから確立しようとしている。以下の仮説が検証されました。i)不眠症は幻覚体験の発生に関連します。ii)睡眠困難は新しい幻覚体験の出現を予測し、iii)これらの関連は情緒的症状(うつ病および不安)およびパラノイアを抑制した後も有意であり続けます。
2 。方法
2.1 。設定とデザイン
2番目と3番目の英国成人精神医学的罹患率調査は、個人世帯に住む成人における精神的健康問題の有病率を評価することを目的とした。イギリス、ウェールズ、スコットランドに住む16〜74歳の人々が2000年の調査に含まれ(N = 8580、回答率= 70%)、イギリスに住む16歳以上の成人が2007年の調査に含まれた(N= 7403、回答率= 57%)。どちらの調査でも、世帯は小規模ユーザーのPostal Address Fileから抽出されました。これには、1日に50個未満のメールを受信するすべての配達ポイントが含まれます。郵便セクターは、規模に比例した確率で選択されました。1世帯につき1人が選ばれた。2000年にキッシュグリッド法が系統的に1人の個人を選択し、2007年にはその個人が無作為に選択された。各時点で2段階の面接が行われました。第1段階は構造化された評価とスクリーニング対策を含み、第2段階は臨床的に訓練された面接官によって完了されました。両方の調査で精神病性障害の症例が確認された。PSQを含むプロセスであるフェーズ1の間、参加者は精神病の可能性についてスクリーニングされた(Bebbington and Nayani、1995)以下の基準の1つ以上を満たしている場合、彼らは精神病のフェーズ2評価に招待されました。

現在抗精神病薬です。

過去3ヶ月間の精神的健康問題のための入院。

PSQの質問5aへの肯定的な回答(聴覚幻覚に関する)。

精神病性障害またはそれを示唆する症状の自己申告による診断。
これらの基準のいずれにも該当しない参加者は精神病ではないと仮定された。フェーズ2で面接を受けた人々のために、精神病の診断は神経精神医学における臨床評価のスケジュール(SCAN)に基づいていました(WHO、1999)。「可能性精神病」のカテゴリーには、SCANとの面接で診断されなかったが上記のスクリーニング基準の2つを満たした人々と共に、SCANの面接で診断された人々が含まれた。
2000年の調査では、縦断的データを提供するために、最初の面接の18か月後にサブサンプル(N = 2406)に面接を行った。2000年の調査への回答者は3つのグループに分けられました:識別された精神障害を持つもの、診断がないが一般的な精神障害のいくつかの症状を支持するもの、そして症状を報告しないもの。この後者のグループの過剰な表現を避けるために、サンプルグループ1と2のすべてのものがフォローアップに含まれ、3番目のグループの5人に1人がインタビューを受けました。調査設計に関するさらなる詳細は、以前の方法論的報告に見出すことができる( Singletonら、2000年;McManusら、2009年)。
過去12ヶ月間の幻覚の存在は、PSQからの2つの項目を用いて評価された(Bebbington and Nayani、1995 )。H1:他の人には聞こえなかったことを聞いたり見たりしたことはありますか?(PSQ5、yes / no)and H2:それを説明するような人が一人もいなかったとき、あなたはいつでもかなりの数の言葉や文章を言っている声を聞きましたか?(PSQ5a、はい/いいえ)。臨床面接と比較した場合、完全PSQは96.9%の感度および95.3%の特異度を有していた(神経精神医学における臨床評価のスケジュール;Wingら、1990)。
以前の研究(Freeman et al。、2010)と同様に、改訂されたClinical Interview Schedule Revised(CIS-R; Lewis et al。、1992)の項目から3つのレベルの不眠症が計算された。
I1:過去1ヶ月間の睡眠障害の是認(D1)
I 2:中等度の不眠症:1週間に少なくとも3泊(D 3)睡眠障害(I 1)を得るために少なくとも1時間かかる(最初は睡眠に達する、または再び睡眠に戻る; D 5)。
I3:慢性不眠症:中程度の重症度の不眠症(I2)、少なくとも6ヶ月持続し(D10)、そして疲労の報告(B1)。
慢性不眠症は、一般に、不眠症障害の診断基準の代表的なものである。睡眠障害を起こす、または眠りに戻ること。週に少なくとも3泊、少なくとも3ヶ月間、日中の機能障害が報告されている(American Psychiatric Association、2013)。
この小さなサンプルを分析するための検出力を高めるために、縦断分析のために次元不眠変数を計算した。これは、CIS-Rの項目を合計したもので、眠りにつくこと、または眠ることの難しさ(D1)、睡眠障害のある夜の数(D3)、睡眠時間(D6)、早朝の目覚め(D7)、睡眠障害を経験している時間の長さ(D10)、および疲労の報告(B1)。スコアは0から14の範囲です。
CIS-R症状数スコア(DVG11およびDVJ12)を使用して、現在のうつ病および不安について調整を行った。これらは、面接前の週に不安とうつの両方が発生してからの頻度、期間、重症度および時間を測定した。可能なスコアは0から4の間にあります。パラノイアの調整はPSQからの項目を使用しました:あなたは、人々があなたやあなたの利益に害を及ぼすために故意に行動していると感じたことがありましたか?(PSQ3a)
2.2 。分析
データは、社会科学用統計パッケージ(SPSS、バージョン19)を用いて分析された。すべてのデータセットは、サンプリングレート、回答者の選択確率、年齢、性別、地域を考慮することによって、それらが確実に全国人口を代表するように重み付けされています。追跡調査面接のための示差的選択を説明するために、縦断的データセットにさらなる重みを適用した。二段階ロジスティック回帰を用いて、3段階の分析を用いて不眠症と幻覚の関連性を評価した。第1段階では未調整のオッズ比、第2段階ではうつ病および不安神経症、第3段階ではうつ病、不安神経症および妄想について調整しました。これらの調整は、不眠症と関連するすでに確立されている協会に照らして行われました。情動症状(Johnson et al。、2006)およびパラノイア( Freeman et al。、2010)、どちらも一般的に幻覚と同時に起こります。オッズ比について95%信頼区間(CI)が報告されています。
3 。結果
2000年の断面データセット内で、3852人が男性(加重= 46.8%)、4728人が女性(加重= 53.2%)であった。年齢は16〜74歳の範囲であり、加重平均年齢は43.87歳であった(標準誤差= 0.23)。2007年の横断データでは、3197人が男性(48.6%の加重)、4206人が女性(51.4%の加重)であった。年齢は16〜95歳の範囲であり、加重平均年齢は46.35歳(標準誤差= 0.03)であった。縦断的なデータセットにおいて、1020人の調査の回答者は男性(49.3%の加重)および1386人の女性(50.7%の加重)であった。年齢は16〜74歳の範囲であり、加重平均年齢は43.44歳(標準誤差= .49)であった。
2000年と2007年の両方のデータセットにわたる不眠症と幻覚の経験(H1とH2)の有病率は表1に報告されている。2000年の調査では、精神病の可能性が60例(加重0.5%)および40例(加重0.4%)に見られた。表2 は、精神病の可能性が高い患者における睡眠障害と幻覚の変数の支持を報告しています。
表1。2000年と2007年の合計データセットにおける睡眠障害と幻覚の頻度と加重有病率。
2000年 2007年
周波数 加重有病率(​​%) 周波数 加重有病率(​​%)
睡眠障害 3380 38.0 3096 39.4
不眠症 1120年 11.9 1123 13.7
慢性不眠症 623 6.6 638 7.6
H1 371 4.3 323 4.3
H2 82 0.9 68 0.9
H1 = ‘去年、他の人にはできなかったことを聞いたり見たりしたことがありますか?’ H2 = ‘それを説明するような人が一人もいなかったときに、かなりの数の言葉や文章を言っている声が聞こえましたか?
表2。精神病にかかっている可能性のある人における睡眠障害および幻覚の頻度および加重有病率。
2000年 2007年
周波数 加重有病率(​​%) 周波数 加重有病率(​​%)
睡眠障害 40 66.5 25年 67.5
不眠症 22 36.3 13年 33.8
慢性不眠症 21 34.0 11 29.6
H1 27年 49.1 19年 47.4
H2 25年 45.6 15年 37.1
H1 = ‘去年、他の人にはできなかったことを聞いたり見たりしたことがありますか?’ H2 = ‘それを説明するような人が一人もいなかったときに、かなりの数の言葉や文章を言っている声が聞こえましたか?
3.1 。不眠症と幻覚経験の間の横断的関連
表3 は、2000年と2007年の両方のデータセットから得られた、不眠症と幻覚の経験との関連を示しています。過去1ヶ月間に睡眠障害を経験すると(I1)、幻覚体験の加重有病率(​​H1)は2.9〜6.6%(2000年データセット)から3.1〜6.3%(2007年データセット)に増加しました。慢性不眠症の経験(I3)は、幻覚の経験(H1)の有病率を3.8%から11.5%(2000)へ、そして3.8%から10.8%(2007)へと増加させた。同様に、睡眠障害は、いくつかの単語または文章を話す聴覚音声の加重有病率(​​H2)を0.5%から1.5%(2000)および0.3%から1.8%(2007)に増加させました。慢性不眠症はH2を支持する加重有病率を0.7%から3.1%(2000年)と0.7%から3.3%(2007年)に増加させた。
表3。2000年と2007年のデータセットにおける不眠症と幻覚経験の間の横断的関係
未調整 うつ病や不安の調整 うつ病、不安、および妄想の調整
オッズ比 P値 95%CI オッズ比 P値 95%CI オッズ比 P値 95%CI
2000データセット
H1:「昨年、他の人にはできなかったことを聞いたり見たりしたことがありますか」
I1:睡眠障害 2.36 <0.001 1.84〜3.03 1.76 <0.001 1.35〜2.29 1.65 <0.001 1.27–2.16 I2:不眠症 2.69 <0.001 2.04〜3.55 1.71 0.001 1.25〜2.34 1.61 0.003 1.17〜2.20 I3:慢性不眠症 3.28 <0.001 2.40〜4.50 1.93 <0.001 1.35〜2.78 1.86 0.001 1.30〜2.66 H2:「周りにそれを説明することができる人がいなかったとき、あなたはかなりの数の言葉や文章を言っている声をいつでも聞いていましたか?」 I1:睡眠障害 3.32 <0.001 2.00〜5.52 1.97 0.016 1.13〜3.42 1.78 0.044 1.02–3.11 I2:不眠症 4.14 <0.001 2.56–6.68 1.98 0.017 1.13〜3.47 1.82 0.040 1.03〜3.21 I3:慢性不眠症 4.41 <0.001 2.67〜7.29 1.83 0.033 1.05〜3.18 1.74 0.047 1.01〜3.00 2007年データセット H1:「昨年、他の人にはできなかったことを聞いたり見たりしたことがありますか」 I1:睡眠障害 2.12 <0.001 1.65-2.72 1.66 <0.001 1.27–2.18 1.49 0.005 1.13〜1.96 I2:不眠症 2.56 <0.001 1.92〜3.42 1.78 0.001 1.28〜2.48 1.61 0.006 1.15〜2.25 I3:慢性不眠症 3.07 <0.001 2.18〜4.34 2.03 0.001 1.36〜3.01 1.72 0.011 1.13〜2.61 H2:「周りにそれを説明することができる人がいなかったとき、あなたはかなりの数の言葉や文章を言っている声をいつでも聞いていましたか?」 I1:睡眠障害 5.22 <0.001 2.74〜9.96 3.05 0.003 1.47–6.32 2.69 0.010 1.27–5.66 I2:不眠症 7.08 <0.001 4.12〜12.16 3.56 <0.001 1.76〜7.17 3.13 0.002 1.54〜6.36 I3:慢性不眠症 4.83 <0.001 2.65〜8.81 1.94 0.071 0.95〜3.96 1.55 0.245 0.74〜3.27 3つのレベルの不眠症のそれぞれと2つのレベルの幻覚の経験のそれぞれとの間の関連は、調整前は有意であった。一般に、オッズ比(OR)は、不眠症と幻覚の両方の経験の重症度が増すにつれて、成績が高まりました。例えば、評価前の月の睡眠障害は、他の人が見ることができないものを見たり聞いたりするオッズの大幅な増加と関連していました(H1; 2000 OR = 2.36、2007 OR = 2.12)。慢性不眠症は、かなりの数の単語または文章を話す声を聞くことに対するオッズの有意な増加と関連していた(H2; 2000 OR = 4.41、2007 OR = 4.83)。予想通り、うつ病、不安、パラノイアの調整すべてのORのサイズを小さくしました。それにもかかわらず、これらの調整後、1つを除くすべての関連付けは、アルファレベル0.05で有意なままでした。例外は、慢性的な不眠症(I3)とかなりの数の単語または文章を話す声(H2)であり、それは有意ではなくなった( p = .25)。 3.2 。不眠症と新しい幻覚体験の開始との間の長期的関連 この分析では、不眠症を新たな幻覚的経験の危険因子として評価するために、ある時点で幻覚的経験を承認した人々は除外された。不眠症の2次元尺度と2つのレベルの幻覚体験(H1とH2)との関連についてのORを表4に示す。ある時不眠症は18か月後の新しい幻覚体験と有意に関連しています。ベースラインレベルの不安、鬱病、および妄想の調整後も、結果は有意なままであった。表4のオッズ比は、不眠症の寸法尺度における一点増加を反映している。したがって、不眠症の尺度での10ポイントの増加は、いくつかの単語を話す声を聞くための17.3のオッズ比と関連しています(1.33は10の累乗)。 表4。時間1の不眠症と18か月後の幻覚の経験の間の長期的な関連。 予測変数 n または P値 95%CI H1:「昨年、他の人にはできなかったことを聞いたり見たりしたことがありますか」 不眠症T1(寸法スコア) 2251 1.17 0.004 1.05〜1.30 T1鬱病および不安を管理する不眠症 2251 1.14 0.010 1.03〜1.26 T1鬱病、不安および妄想を管理する不眠症 2251 1.13 0.013 1.03〜1.25 H2:「周りにそれを説明することができる人がいなかったとき、あなたはかなりの数の言葉や文章を言っている声をいつでも聞いていましたか?」 不眠症T1(寸法スコア) 2375 1.33 0.003 1.10〜1.60 T1鬱病および不安を管理する不眠症 2375 1.28 0.014 1.05〜1.57 T1鬱病、不安および妄想を管理する不眠症 2375 1.28 0.027 1.03〜1.58 注:この表のオッズ比は不眠症の次元スケールでの一点増加を反映しています。したがって、不眠症の尺度での10ポイントの増加は、いくつかの単語を話す声を聞くための17.3のオッズ比と関連しています(1.33は10の累乗)。 4 。討論 この研究は、不眠症と幻覚の経験との間の横断的および縦断的関連性を初めて研究するために、2つの大きな全国的に代表的なデータセットを使用した。我々の仮説に沿って、不眠症は2000年と2007年の両方の横断的データセットにおいて幻覚的経験と関連していた。重要なことに、この関連は、負の影響(うつ病および不安)または併存するパラノイアのどちらにも完全に起因するものではありませんでした。。予想されるように、悪影響と偏執症の両方を抑制することで関連の規模を縮小することができたが、直接的な関係は依然として重要であった。2つのデータセットを調べることの利点は、組み込みのレプリケーションがあることです。2つ目の重要な発見は、最初の不眠症が18か月後の幻覚の経験の増加した発端と関連していたということでした。調査のうちの1つでこの効果を研究することだけが可能でした。しかし、この結果の重要性は、不眠症が単なる幻覚の結果ではないということを示すことにあります。不眠症が幻覚に起因することはもちろん可能であるが、現在の結果は、不眠症が幻覚の発生の危険因子であり得ることを明らかにしている。 これらの結果は、不眠症が精神病的経験の発症に寄与的な因果的役割を果たしているかもしれないという見解に重要性を増している(Freeman et al。、2012 )。この仮説を検証するための次のステップは、不眠症を治療し、精神病的経験への影響を評価することです(因果関係の介入主義モデルと呼ばれるアプローチ(Kendler and Campbell、2009 ))。非常に大規模な(2000人を超える参加者)不眠症に対するCBTの無作為化比較試験(RCT)(すなわち、持続性不眠症に対して推奨される治療法;Morin and Benca、2012)。国立ヘルスケアエクセレンス研究所2015。長期不眠症の管理(> 4週間)[WWW文書]。NICE臨床知識サマリー。URL http://cks.nice.org.uk/insomnia#!scenario:1(5.11.15にアクセス)..)が現在進行中です(Freeman et al。、2015b)。この研究では、精神的に似たような経験(およびその他の精神的な健康上の問題)に対する睡眠の改善が、一般的に現れるときの影響を調べます。介入は、(コンピュータとスマートフォンを介して)デジタルで提供され、これは費用対効果の高いアプローチです。精神病的経験の持続(Dominguezら、2009 )、および睡眠障害の存在(Ruhrmannら、2010 )を考えると臨床精神病の危険因子を構成する場合、これらの亜臨床現象に対する睡眠の治療の影響は、臨床的および理論的な関心事の両方である。
現在の研究には明らかな制限があります。疫学的研究は多数の人々の検査を可能にするが、それらは評価の深さを制限する。各データセットで幻覚を支持する人々の数は少なかった。したがって、幻覚の新たな発想を研究する力は特に限られており、ベースラインで幻覚を起こした少数の人々が不眠症を発症することになったかどうかをテストすることはできなかった(すなわち逆仮説をテストするため)。私たちの見解は、相互関係がある可能性が高いということです不眠症と幻覚などの精神病体験の間に。この双方向の因果関係は、十分に強力な研究での試験を必要とします。さらに、疫学的研究は、交絡および他の関連しているが異なる変数(例えば、過去または家族歴の睡眠および精神障害)が、報告された不眠症と幻覚の関連についてより良い説明を提供する可能性を残している。先験的にあった2つの変数を制御している間そうする理由(悪影響と偏執病)では、他の要因(例えば物質の使用)が関係に影響を与えるかどうかを排除するために実験的な操作が必要です。最後に、一般集団からの推論は精神病の臨床的に関連のある最初のエピソードに当てはまると仮定するのは魅力的ですが、これを高リスクの個人の適切に設計された研究で確認することが重要になります。
これらの警告にもかかわらず、本研究は不眠症と幻覚の間の一貫した横断的関連性を確立し、不眠症は幻覚の発生の危険因子の1つである可能性があることを示しています。これらの関連付けは、不眠症とパラノイアの間に見られるものを反映しています。臨床的意義は、睡眠障害の治療が幻覚と迫害妄想の両方に共通の危険因子を軽減するかもしれないということです。
利益相反
BCSはSleepio Ltd.に臨床サポートを提供します
GMG はP1vitalの株式を保有し、アストラゼネカ、Abbvie、Cephalon / Teva、Convergence 、Eli Lilly、GSK、Lundbeck、 Medscape、Merck、Otsuka、P1Vital、Servier、Sunovionのコンサルタント、アドバイザー、またはCMEスピーカーとして過去2年間に勤務しています。武田。
CAEは、Sleepio / Big Health Ltdの株式を保有しており、過去2年間にBoots Pharmaceuticals、UCB、およびNovartisのコンサルタント、アドバイザー、またはCMEスピーカーとして勤務してきました。
他のすべての作者は利益相反がありません。
謝辞
RF、BS、GMG、PJH、CAE、およびDFは、Wellcome Trust Strategic Award(098461 / Z / 12 / Z )からオックスフォードスリープおよび概日神経科学研究所(SCNi)への研究支援を受けています。DFは国立衛生研究所(NIHR)(助成金番号RP- 2014-05-003)の研究教授によって支援されています。GMGはNIHRの上級研究員です。表明された見解は著者の見解であり、必ずしもNHS、NIHRまたは保健省の見解ではない。
参考文献
Afonso et al。、2014
健常人と比較した統合失調症患者における
P. Afonso 、ML Figueira 、T. Paiva
睡眠覚醒パターン
Biol。精神医学、15 (2014 )、pp。517 – 524
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
2013年アメリカ精神医学会
アメリカ精神医学会
精神障害の診断と統計マニュアル
(第5版)、アメリカ精神医学会、アーリントン、バージニア州(2013 )
Google Scholar
2011年バリオーニ他
C. バリオーニ、G. Battagliese 、B. Feige 、K. Spiegelhalder 、C. ニッセン、U. Voderholzer 、C. ロンバルド、D. リーマン
不眠症、うつ病の予測因子として:縦疫学研究のメタ分析評価
J.Affect。無理。、135 (2011 )、頁10 – 19
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
ベビントンとナヤニ、1995
P. Bebbington 、T. Nayani
精神病スクリーニングアンケート
Int。J.方法、精神医学。結果 、5 (1995 )、頁。11 – 19
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
ベックとレクター、2003
AT ベック、NA リアクター
幻覚の認知モデル
コグ その 結果 、27 (2003 )、頁。19 – 52
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Birchwoodら、1989
M. バーチウッド、J. スミス、F. マクミラン、B. ホッグ、R. プラサド、C. ハーヴェイ、S. ベーリング
統合失調症における予測再発:オブザーバーとして患者および家族を使用して初期の兆候監視システムの開発および実装、予備調査
サイコロ。メド。、19 (1989 )、頁649 – 656
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
De Loore et al。、2011
E. デLoore 、N. ギュンター、M. Drukker 、F. フェロン、B. Sabbe 、D. Deboutte 、J. バンOを、I. Myin-Germeys
永続性および青年期における幻聴の結果:の長手一般集団の研究1800人
Schizophr。結果 、127 (2011 )、頁252 – 256個の
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
Dominguez et al。、2009
MDG ドミンゲス、M. Wichers 、R. リーブ、H.-U. Wittchen 、J. バンOが
臨床精神病の発症が次第に持続性の無症候性精神病の経験の結果であるという証拠:8年間のコホート研究
Schizophr。ブル。、37 (2009 )、頁。84 – 93
Google Scholar
Escher et al。、2002
S. エッシャー、M. Romme 、A. Buiks 、P. Delespaul 、J. ヴァンOsの
幼年期幻聴の独立したコース:シーケンシャル3年間の追跡調査
Br。J. Psychiatry (Suppl。43 )(2002 )、pp。S10 – S18
Google Scholar
Espie et al。、2012
C. エスピー、S。 カイル、C。 ウィリアムズ、J。 オング、N。 ダグラス、P。 ヘームズ、J。 ブラウン
自動メディアリッチを介して届けられる慢性不眠症障害に対するオンライン認知行動療法の無作為化プラセボ対照試験ウェブアプリケーション
Sleep 、35 (2012 )、pp。769 – 781
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Freeman et al。、2009
D. フリーマン、K. ピュー、N. ボロンソヴァ、L。 サウスゲート
不眠症とパラノイア
Schizophr。結果 、108 (2009 )、頁280 – 284
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
Freeman et al。、2010
D. フリーマン、T。 ブルガ、H。 メルツァー、R。 ジェンキンス、D。 スタール、P。 ベビントン
迫害観念と不眠症:第2回イギリス全国精神医学的罹患率調査の結果
J.結果 、44 (2010 )、頁1021 – 1026
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
Freeman et al。、2012
D. フリーマン、D. スタール、S. マクマナス、H. メルツァー、T. Brugha 、N. ワイルズ、P. Bebbington
不眠症は、偏執的思考の発生と持続性の予測因子として、不安や抑うつを心配します
Soc。精神科精神科 エピデミオール。、47 (2012 )、頁。1195 – 1203
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Freeman et al。、2015a
D. フリーマン、F. ウェイト、H. スタートアップ、E. マイヤース、R. リスター、J. マキナニー、AG ハーベイ、J. ゲデス、Z. Zaiwalla 、R. Luengo・フェルナンデス、RG フォスター、L. クリフトン、L. -M ゆう
前向き査定盲検、無作為化パイロット試験:永続的な妄想や幻覚(BEST)の患者の睡眠の改善のための認知行動療法の有効性
ランセット精神医学、2 (2015 )、pp。975 – 983
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
Freeman et al。、2015b
D. フリーマン、B. シーブ、GM グッドウィン、L.-M. ゆう、PJ ハリソン、R. Emsley 、S. ボストック、RG フォスター、V. Wadekar 、C. ハインズ、CA ESPIE
大学生のメンタルヘルス上の不眠症のための認知行動療法の効果:無作為化比較試験のための研究プロトコール
試験、16 (2015 )、pp。236 – 243
Google Scholar
Garety et al。、2001
PA Garety 、E. Kuipers 、D. ファウラー、D. フリーマン、PE Bebbington
精神病の陽性症状の認知モデル
サイコロ。メド。、31 (2001 )、頁189 – 195
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
Johns et al。、2004
LC ジョーンズ、M. キャノン、N. シングルトン、RM マレー、M. ファレル、T. Brugha 、P. Bebbington 、R. ジェンキンス、H. メルツァー
有病率と英国の人口の自己報告された精神病症状の相関
Br。J. Psychiatry 、185 (2004 )、pp。298 – 305
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Johnson et al。、2006
EO ジョンソン、T。 ロス、N。 ブレスラウ
不眠症と不安障害および鬱病との関連性:リスクの方向性の探究
J.結果 、40 (2006 )、頁700 – 708
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
ケンドラーとキャンベル、2009年
KS ケンドラー、J。 キャンベル
精神科医における介入的因果モデル:心身問題の再配置
サイコロ。メド。、39 (2009 )、頁881 – 887
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Kendler et al。、1996
KS Kendler 、TJ Gallagher 、JM Abelson 、RC Kessler
生涯にわたる有病率、人口統計学的危険因子、および米国のコミュニティサンプルで評価された非有効精神病の診断的妥当性。全国共存症調査
アーチ。Gen. Psychiatry 、53 (1996 )、pp。1022 – 1031
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
小柳とスティッキー、2015年
小柳A. 、A Stickley
一般集団における睡眠障害と精神病的症状との関連性:グローバルな視点
スリープ、38 (2015 )、頁。1875年- 1885年
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Lewis et al。、1992
G. ルイス、AJ ペロシ、R. アラヤ、G. ダン
地域社会における精神障害の測定:素人インタビュアーによる使用のための標準化された評価
サイコロ。メド。、22 (1992 )、頁465 – 486
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Luby et al。、1960
ED ルビー、CE フローマン、JL Grissell 、JE Lenzo 、JS ゴットリーブ
睡眠剥奪:行動、思考、運動性能、および生物学的なエネルギー伝達システムへの影響
サイコソム メド。、22 (1960 )、PP。182 – 192
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
McManus et al。、2009
S. マクマナス、H. メルツァー、T. Brugha 、P. Bebbington 、R. ジェンキンス
イングランド、2007年に成人精神罹患率:家計調査の結果
NHS保健社会福祉情報センター、ロンドン(2009 )
Google Scholar
Manber et al。、2008
R. Manber 、JD エディンガー、JL グレス、MG サン・ペドロ・サルセド、TF クオ、T. Kalista
不眠症のための認知行動療法は、併存大うつ病性障害や不眠症の患者のうつ病の成果を強化
スリープ、31 (2008 )、頁489 – 495
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Marwaha et al。、2014
S. Marwaha 、MR ブルーム、PE Bebbington 、E. Kuipers 、D. フリーマン
ムードが不安定と精神病:英国の全国調査データの分析
Schizophr。ブル。、40 (2014 )、PP。269 – 277
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
モンティとモンティ、2005
JM モンティ、D。 モンティ
統合失調症における睡眠障害
Int。Rev. Psychiatry 、17 (2005 )、pp。247 – 253
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
モリンとベンカ、2012年
CM モリン、R. ベンカ
慢性不眠症
ランセット、379 (2012年の)、頁。1129 – 1141
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
Morphy et al。、2007
H. モルフィー、KM ダン、M. ルイス、HF ボードマン、PR クロフト
不眠症の疫学:イギリスの人口における縦断的研究
スリープ、30 (2007 )、頁274 – 280
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
モリソン、1998
AP Morrison
聴覚性幻覚の維持に関する認知分析:統合失調症への声はどのような身体的感覚がパニックになるのですか?
ふるまい。コグニット。サイコザー。、26 (1998 )、PP。289 – 302
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
Myers et al。、2011
持続性の迫害妄想を有する個人における不眠症の
E. マイヤーズ、H。 スタートアップ、D。 フリーマン
認知行動療法:パイロット試験
J.Behav。その 経験値 精神医学、42 (2011 )、pp。330 – 336
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
国立ヘルスケアエクセレンス研究所2015。長期不眠症の管理(> 4週間)[WWW文書]。NICE臨床知識サマリー。URL http://cks.nice.org.uk/insomnia#!scenario:1(5.11.15にアクセス)..
2015年国立健康管理研究所、長期不眠症の管理(> 4週間)[WWW文書]。NICE臨床知識サマリー。URL 〈http://cks.nice.org.uk/insomnia#!scenario:1〉(アクセス5.11.15)
Google Scholar
ノーマンとマラ、1991
RMG ノーマン、AK マラー
失調症の気分と統合失調症の症状
サイコロ。メド。、21 (1991 )、頁203 – 897
CrossRef Google Scholar
2002年オハヨン
M. Ohayon
不眠症の疫学:私たちが知っていることとまだ学ぶ必要があること
睡眠中。牧師、6 (2002 )、頁。97 – 111
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
Reeve et al。、2015
S. リーブ、B. シーブ、D. フリーマン
妄想や幻覚の発生における睡眠障害の役割:系統的レビュー
クリン サイコロ。牧師、42 (2015 )、頁。96 – 115
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
Ruhrmann et al。、2010
S. Ruhrmann 、F. シュルツ・ルター、R. Salokangas 、M. Heinimaa 、D. Liszen 、P. Dingemans 、ら。
高リスクの青年および若年成人における精神病の予測
アーチ。Gen. Psychiatry 、67 (2010 )、pp。241 – 251
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Sheaves et al。、2016
B. シーブ、K. Porcheret 、A. Tsanas 、CA ESPIE 、RG フォスター、D. フリーマン、PJ ハリソン、K. ウルフ、GM グッドウィン
不眠症、悪夢、およびchronotype深刻な精神疾患のリスクのマーカーとして:学生からの結果人口
Sleep 、39 (2016 )、pp。173 – 181
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Singleton、N.、Lee、A.、Howard Meltzer、2000。個人の家庭に住んでいる成人の精神医学的罹患率、2000:Technical Report London:全国統計局。ロンドン..
Singleton、N.、Lee、A.、Meltzer、H.、2000。個人の家庭に住んでいる成人の間の精神医学的罹患率。テクニカルレポート。全国統計局、ロンドン。
Google Scholar
スレイド、1973
PD Slade
心理学的調査と聴覚性幻覚の治療:2番目の症例報告
Br。J.Med。サイコロ。、46 (1973 )、PP。293 – 296
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Smithら、2006
B. スミス、DG ファウラー、D. フリーマン、P. Bebbington 、H. Bashforth 、P. Garety 、G. ダン、E. Kuipersの
感情と精神病:うつ病、自尊心、負の模式的な信念や妄想と幻覚の間のリンク
Schizophr。結果 、86 (2006 )、頁181 – 188
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
Taylor et al。、2015
MJ テイラー、AM グレゴリー、D. フリーマン、A. ロナルド・
思春期のシェア遺伝と環境の影響で行うの睡眠障害と精神病のような経験?
J.Abnorm。サイコロ。前編 、124 (2015 )、頁674 – 684
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
van Os et al。、2009
J. バンOを、RJ Linscott 、I. Myin-Germeys 、P. Delespaul 、L. Krabbendam
A系統的レビューと精神病連続のメタ分析:精神障害の精神病やす-持続-減損モデルのための証拠
サイコロ。メド。、39 (2009 )、頁179 – 195
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Waite et al。、2015
F. ウェイト、N。 エヴァンス、E。 マイヤーズ、H。 スタートアップ、R。 リスター、AG ハーヴェイ、D。 フリーマン
現在の妄想および幻覚の文脈における睡眠障害およびその治療の患者の経験
サイコロ。Psychother。:理論の研究。練習、(2015 )
10.1111 / papt.12073(ePubより先に印刷)
Google Scholar
Waite et al。、2016
F. ウェイト、E。 マイヤーズ、AG ハーヴェイ、CA エスピー、H。 スタートアップ、B。 シーブス、D。 フリーマン
統合失調症患者の睡眠障害の治療
ふるまい。コグ サイコザー。、44 (3 )(2016 )、PP。273 – 287
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
2004年ウォルシュ
JK ウォルシュ
不眠症の臨床的および社会経済的相関
J.Clin。精神医学、65 (補遺8。 )( 2004 )、頁。13 – 19
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
West et al。、1962
LJ 西、HH Janszen 、BK レスター、FS Cornelisoon
睡眠不足の精神病
アン。New Y. Acad サイ。、96 (1962 )、頁。66 – 70
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
1999年WHO
スキャン:ジュネーブ、精神神経科における臨床評価のスケジュール。
Google Scholar
Wing et al。、1990
JK ウィング、TT Babor 、TT Brugha 、J. バーク、JE クーパー、R. Giel 、A. Jablenski 、D. Regier 、N. ザルトリウス
SCAN:神経精神における臨床評価のスケジュール
アーチ。Gen. Psychiatry 、47 (1990 )、pp。589 – 593
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
Wulff et al。、2012
K. ウルフ、D。
統合失調症における
ダイク、B。 ミドルトン、RG フォスター、EM ジョイス
睡眠および概日リズム障害
Br。J. Psychiatry 、200 (2012 )、pp。308 – 316
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード

この作業は、オックスフォード大学OX3 7JXのWarneford病院の精神科で行われました。
©2016作者。Elsevier Ireland Ltd.によって公開されました。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165178116302840

関連記事はこちら