このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
本研究は、ファーストエピソード精神病(FEP)患者における不眠症の有病率を評価し、不眠症と社会人口統計学的および臨床的変数、ならびにQOLとシンガポールにおける機能との関係を調査することを目的とした。
方法
プログラム に参加してから3 ヶ月以内に早期精神病介入プログラム(EPIP)に登録された280人のFEP患者から、睡眠、喫煙、アルコール習慣、QOLおよび社会人口統計に関するデータを収集した。不眠症の社会人口統計学的および臨床的相関関係を決定するために多重ロジスティック回帰分析を行った。不眠症とQOLとの関連性ならびに機能は、重回帰分析を用いて調べた。
結果
臨床的不眠症の有病率は22.6%であった。高年齢および高用量の抗精神病薬は、不眠症のリスクの低下と有意に関連していたが、危険なアルコール使用、現在の喫煙、および未治療精神病の期間の延長は、不眠症のリスクの上昇と有意に関連していた。不眠症は、交絡因子を調整した後でも、研究で評価されたすべてのQOLドメインの有意な減少と関連していました。
結論
不眠症のFEP患者は、危険なアルコール使用と喫煙についてスクリーニングされなければなりません。患者は、不眠症の治療、禁煙、そして必要に応じて危険なアルコール使用のための簡単な介入を同時に受けなければなりません。
前の記事次の記事
キーワード
初回エピソード精神病シンガポール抗精神病薬喫煙危険なアルコール使用
1 。前書き
不眠症は、眠りにつくことまたは眠り続けること、早朝の目覚め、睡眠不満、ならびに倦怠感などの昼間の結果[1] の困難さの症状を特徴とし、一般的な人々の間で最も一般的な健康上の不満の1つであり、重大な公衆衛生上の懸念。米国国立衛生研究所の声明によると、定義に昼間の苦痛または障害が含まれている場合、不眠症の有病率は10%です[2]。母集団ベースの研究のコンセンサスに基づくと、さまざまな国から採取された多様な成人サンプルの約30%が1つ以上の不眠症の症状を報告していることが示唆されている[3]。。不眠症は日常の機能に重大な悪影響を及ぼし、仕事の欠勤、仕事の遂行の困難さおよび仕事に関連する事故[4]、生活の質の大幅な低下(QOL)[5]、ならびに資源利用および医療費の増加[6 ]に関連します。 ]。
女性の性別、高齢、および落ち込んだ気分は、不眠症の危険因子として一貫して確認されています。[7]、[8]コミュニティベースのサンプルでは、​​Taylor等。[9] 不眠症の人々は、不眠症の人々と比較して、それぞれ臨床的に有意なうつ病および不安を有する可能性が約10倍および17倍高い可能性があることがわかった。では、コミュニティのサンプル青年の、Johnsonら。[10] 69%の症例で、不眠症が併存鬱病に先行し、不安障害が73%の不眠症に先行したことがわかった[10]。。Nord-TrøndelagHealth Studies(1995 – 97年のHUNT2と2006 – 08年のHUNT3)からの予測された人口ベースのデータは、精神状態の発生の危険因子として不眠症を研究するために使用されました。HUNT2の不眠症は11 年後に行われたHUNT3の精神状態の重大な危険因子でした。交絡因子を調整した後でも、不眠症は鬱病[オッズ比(OR):2.38]と不安神経症(OR:2.08)の両方の有意な危険因子であり続けた[11] 。さらに、精神科治療を求める患者の50〜80%が不眠症に罹患していることが研究から示唆されており[12] 、2つの状態の有意な併存症を強調している。うつ病を緩和するための代替的な代替治療法(STAR * D)の研究データによると、大うつ病性障害(MDD)、不眠症の症状は非常に一般的であり、より重度のうつ病と関連していました[13]。
睡眠障害は統合失調症患者にもよく見られます。介入効果の臨床的抗精神病薬試験(CATIE)試験では、治療群全体で16〜30%の患者が不眠症を報告したことが報告されている[14]一方、Palmeseらによる研究。[15]統合失調症または統合失調性感情障害を有する175人の外来患者の間で行われた研究では、それらの44%が不眠症重症度指数(ISI)を用いた臨床的不眠症の基準を満たしていた。神経弛緩薬治療を受けていなかった321人の患者と331人の対照者における睡眠ポリグラフ検査のメタアナリシスは、統合失調症グループが増加した睡眠潜時、減少した合計を経験したことを報告しました健康な対照と比較して、睡眠時間、入眠後の覚醒の増加、および睡眠効率の低下[16] 。睡眠時の構造変化は、精神病発症時に投薬を受けていなかった個人でも報告されています。これは、眼球運動の急速な睡眠が短く、徐波睡眠が少ないことが特徴です[17]。
統合失調症の睡眠障害は、症状の重症度および抗精神病薬の使用に関連しています。Ritsner et al。[18]臨床的に安定な統合失調症患者において不眠症と正または負の精神病症状の間に有意な関係は認められなかったが、他の研究では不眠症が症状の重症度と逆相関することがわかった[19]、[20] 。抗精神病薬は持って鎮静それらの抗ヒスタミンに起因する効果、抗アドレナリン作用および抗コリン作用特性 [21] 、したがって、いくつかの第一または第二世代の抗精神病薬との統合失調症患者の治療は、通常、睡眠効率の改善と関連しているおよび睡眠の質。この効果の一部は精神病の症状の軽減に関連していることも示唆されています [21]。
世界保健機関(WHO)は、彼らが住んでいる文化や価値システムの文脈の中で、生活の中で自分の位置の「個人の感覚としてQOLを定義し、それぞれの目標に関連して、期待、基準、および懸念[22 ]。いくつかの研究は、貧弱な睡眠の質が統合失調症患者のQOLの低下と関連していることを発見しました[18]、[20]、[23]。Mulliganらによる研究。[24]客観的および主観的睡眠障害の両方が統合失調症患者の翌日機能低下を予測することを見出した。
精神病の最初のエピソード(FEP)は、精神病の初期段階にある患者を指します[25] 。これらの患者は、慢性的な患者に見られるような薬物療法および多剤併用による長期治療などの交絡因子がないため、不眠症と精神病の関係をよりよく理解する機会を提供します。睡眠関連の問題の早期発見は、心理的/行動的アプローチを用いた治療に向いています[26]。そして早期発見と治療はこれらの患者の睡眠を改善するだけでなくそれらの機能とQOLも改善することができた。しかし、FEP患者における不眠症の有病率と相関、ならびにQOLに対する不眠症の影響および特にアジアのサンプルでの機能を調べた研究はほとんどない。本研究の目的は、最初のエピソード精神病患者における不眠症の有病率を評価し、不眠症と社会人口統計学的および臨床的変数、ならびにQOLと機能との関係を調査することであった。
2 。方法
データは、早期精神病介入プログラム(EPIP)に登録され、精神衛生研究所(IMH)またはそのサテライトクリニックで治療を求めているFEP患者の間の睡眠、喫煙およびアルコール習慣を調べる研究のために集められました。EPIPは、FEPでそれらを管理しようとする精神科医、心理学者、症例管理者、ソーシャルワーカー、および作業療法士の集学的チームによって導かれる患者中心のプログラムです[27]。これは全国規模のプログラムで、2001年に精神衛生研究所とウッドブリッジ病院で開始されました。このプログラムの患者は以下の基準を満たしています:i)15〜40歳の年齢 、ii)治療歴のない最初のエピソード精神病性障害、< 12 として定義される 数週間の抗精神病薬、iii)薬物乱用の現在の病歴なし、およびiv)主要な内科的または神経学的疾患の病歴なし。プログラムは毎年約200人の新しい患者を登録します。 EPIPプログラムに登録された15〜40 歳の患者は英語を読み、理解することができ、臨床的に安定していると研究研究に参加すると見なされた患者は研究に含まれた。「臨床的に安定な」の定義は、Fleischhackerらによって使用されたものからわずかに修正された。[28]そして、「症状が安定していると判断され、治療医によって判断され、2週間以上安定した用量の抗精神病薬を一般的な健康状態で良好に受けている」患者として確立された。現在のデータは、患者が3日以内に面接を受けたベースライン来院からのものである。 参加者全員が、2月14日から11月16日までEPIPプログラムに参加した。21歳未満の参加者についても親の同意が得られました 。倫理の承認は、National Healthcare Groupドメイン特定審査委員会から得られました。 2.1 。対策 臨床的尺度を除くすべての測定はiPad上で自己管理された。iPadの取り扱いに慣れていない人には、ハードコピー版のアンケートを使用する選択肢が与えられました。 2.1.1。社会人口統計アンケート 年齢、性別、配偶者の有無、民族、教育年数、雇用状態、および宗教に関するデータが収集されました。喫煙に関するデータは、参加者が喫煙したことがあるかどうかを尋ねることによって収集されました。彼らに提供されたオプションは – ‘はい’、 ‘いいえ’、 ‘社会的喫煙者’と ‘元喫煙者’を含みます。「喫煙したことがある」と自分自身を「ソーシャル喫煙者」であると宣言したことを報告した人には、先月の喫煙日数についての質問がありました。毎日喫煙を支持している人、または数日喫煙している人は、「現在の喫煙者」として分類されています。彼らは「元喫煙者だったことを報告した患者は、彼らが吸っていた最後の時間について尋ねた、彼らは面接の日前に、少なくとも1ヶ月タバコを吸っていたと述べている人たちは、「元喫煙者」として分類された[29 ]。 2.1.2。不眠症重症度指数(ISI) 7項目のISI [30] は、不眠症の重症度と影響を評価するために使用されました。ISIは7項目で構成され、それぞれ1項目ずつ、入眠の重症度、睡眠維持、早朝の目覚めの問題、睡眠不満、昼間の機能に対する睡眠障害の干渉、他人による睡眠障害の注目度、および睡眠障害によって引き起こされる苦痛を評価します。各項目は5点リッカート尺度(0 = 問題なし、4 = 合計スコアは次のように解釈されます。不眠症がない(0〜7)。閾値下不眠症(8〜14)。中等度の不眠症(15〜21歳)。重度の不眠症(22〜28)。この研究では、Yongらによって使用されているように、臨床的不眠症を示すために15以上のスコアのカットオフを使用した。[31]以前はシンガポール。ISIは精神病のある人々の間の研究に使用されてきた[32]。 2.1.3。アルコール使用障害特定試験(AUDIT) AUDITは、危険で有害な飲酒のスクリーニング質問票として、世界保健機関によって開発された、短い10項目の目録です[33] 。この10項目の自己申告アンケートは、アルコール消費(項目1〜3)、飲酒行動(項目4〜6)、およびアルコール関連問題(項目7〜10)の分野を網羅しています。各質問は0から4まで採点され、最大スコアは40であり、8以上のスコアは危険なアルコール使用を示唆し、さらなるモニタリングまたは評価の必要性を示唆しています[34] 。その精神測定特性は、シンガポールの精神科患者を対象とした研究で確立された[35]。 2.1.4。WHOの生活の質 BREF(WHOQOL-BREF) この26項目のアンケートでは、身体の健康(7項目)、心理的(6項目)、社会的関係(3項目)、および環境(8項目)の4つのドメインに基づいてQOLを測定します[36]。個人の「全体的なQOLの認識」と「全体的な健康の認識」について2つの項目が別々に検討されます。他の24項目はドメインスコアに貢献します。WHOQOL-BREFの各項目は、5点序数尺度で採点されます。次いで、ドメインスコアをスケールスコアに変換するために、平均ドメインスコアに4を掛け、スコアが高いほどQOLが高いことを示す。以前の研究では、WHOQOL -BREFを使用してシンガポールのFEP患者のQOLを調べています[37]。 2.2 。抗精神病薬の臨床評価と投与量 EPIPの全患者はベースラインで臨床的に評価され、臨床転帰を追跡するために前向きに追跡される。これらは、診断を確立するための最初の接触(ベースライン)でのDSM-IVのための構造化臨床面接(SCID-臨床版)[38] を含む。精神病症状(妄想、幻覚、混乱した行動)の発症から確定診断および治療が確立されるまでの期間(月単位)として操作可能な未治療精神病(DUP)の期間。症状の重症度および機能は、統合失調症に対するポジティブおよびネガティブ症候群スケール(PANSS) [39] および機能評価スケール(GAF)を用いて評価される。[40]それぞれ。これらの評価は、評価機器の使用法について訓練を受けた精神科医によって行われます[41] 。臨床評価および抗精神病薬に関するデータは、患者記録から収集した。抗精神病薬の一日量は、クロルプロマジン(CPZ)同等物に変換された [42]、[43]、[44]。 2.3 。統計分析 全ての統計分析はSTATAバージョン13.1を用いて行われた。平均や標準偏差などの記述統計量は連続変数に対して計算され、頻度と割合はカテゴリ変数に対して計算されました。不眠症の社会人口統計学的および臨床的相関関係を決定するために、エンター法を用いた多重ロジスティック回帰分析を行った。年齢、性別、民族性、配偶者の有無、雇用、宗教、教育年数、喫煙状況、SCID診断、年齢、CPZ換算、PANSS陽性および陰性症状尺度のベースライン評価、ならびに一般的な精神病理学的尺度(GPS) )、GAFスコア回帰モデルの独立変数としてのDUP 社会人口統計学的相関は広く、FEPにスリープ状態に関連する研究で検討されていないので、私たちは中で同定されている分析におけるそれらの変数に含ま集団研究不眠症に関連付けられているとして、[7] 、[45]臨床的変数の選択がありましたFEP[19]、[20]、[21]を有する人々の中で不眠症を調べる以前の文献に基づくアプリオリ。生活の質、機能および不眠症の間の関係を調べるために、多重線形回帰分析を用いた。では、線形回帰モデル、我々は不眠症を一次独立変数およびQOLと同様に社会人口統計学的および臨床的変数を管理した後に従属変数として機能するように扱った。これらの回帰分析では、独立変数間の多重共線性を分散インフレ率(VIF)値を得ることによって決定しました。VIF値が> 10であれば、多重共線性が考慮された。カットオフとして>10のVIF値を使用して、我々は、有意な独立変数のどれも多重共線性を示さないことを見出した。また、Hosmer-Lemeshow適合度検定、赤池情報量基準(AIC)、および受信者動作特性下面積(ROC)曲線を使用して、モデル全体の適合度も調べました。統計学的有意性は、pの通常のレベルに設定した。 両側検定による< 0.05。 3 。結果 この調査には、280人の回答者のサンプルが含まれていました。2年間の研究募集期間中に601人の患者がEPIPに参加したが、そのうち49人は様々な理由で研究への参加に不適格であった(患者は「超高精神病リスク」、言語不適格性などの診断を満たした)。また、272人の患者がこの研究への参加を拒否し、奏効率は50.8%でした。参加することに同意した人々と比較して、参加することを辞退した回答者はより年上である可能性が高かった。患者の平均年齢(SD)は25.8(6.2)歳であり、患者の年齢は15から40 歳の範囲であった。男性と女性の割合はほぼ同じで、大多数の患者は中国系の人種であり(71.3%)、未婚(85.7%)で統合失調症であった 関連精神病(90.2%)(表1)。 表1。初回発症精神病患者のサンプルの社会人口学的特徴 n % 性別 女性 137 49.1 男性 142 50.9 人種 中国語 199 71.3 マレー語 41 14.7 インド人 25年 9.0 その他の 14年 5.0 配偶者の有無 結婚したことがない 239 85.7 現在結婚しています 33 11.8 分離した 2 0.7 離婚 5 1.8 雇用 雇用/ NS 117 42.9 学生/主婦 78 28.6 失業者 78 28.6 宗教 キリスト教の 70 25.1 仏教/道教 80 28.7 ヒンズー教 14年 5.0 イスラム教 56 20.1 その他 59 21.1 喫煙状況 現在の喫煙者 73 26.2 喫煙したことがない 158 56.6 元喫煙者 48 17.2 AUDITスコア≥ 8 危険な使用なし 243 87.1 危険な使用 36 12.9 SCID診断 統合失調症とそれに関連する精神病 212 90.2 精神病症状を伴う気分障害 23 9.8 平均 SD 年齢(歳) 25.8 6.2 教育年数 13.2 3.1 推定CPZ換算量(mg /日) 278.0 217.1 ベースラインPANSS陽性 21.8 6.0 ベースラインPANSSネガティブ 15.8 8.7 ベースラインPANSS GPS 38.3 11.4 ベースラインGAF合計 44.3 12.1 発症からのDUP(月数) 13.6 21.7 AUDIT – アルコール使用障害識別テスト。CPZ – クロルプロマジン。GAF – 機能の世界的評価。NS – ナショナルサービス、PANSS – ポジティブおよびネガティブ症候群スケール。SCID -診断と統計マニュアルのための構造化臨床面接メンタル疾患。 このサンプルのISIのCronbachのアルファは0.90でした。臨床的不眠症(中等度および重度)の有病率は、15以上のISIカットオフスコアに従って22.6%であり、一方、閾値下不眠症(スコア8〜14)のそれは39.1%であった。本研究でFEP患者の38.4%は不眠症を患っていなかった(表2)。全ISIスコアは0から28の範囲であり、平均(SD)は9.8(6.6)であった。表3 は、不眠症に関連する社会人口学的および臨床的要因を示しています。危険なアルコール使用中にCPZ等価物で測定した高齢および高用量の抗精神病薬の投与は有意に不眠症のリスク低下と関連していた (AUDITスコア8以上)、現在の喫煙への参加、および未治療精神病の期間の延長は、不眠症リスクの高さと有意に関連していた。 表2。不眠症による研究サンプルの社会人口学的および臨床的特徴 不眠症 いいえ(n = 216) はい(n = 63) n % n % 性別 男性 102 71.8 40 28.2 女性 114 83.2 23 16.8 人種 中国語 158 79.4 41 20.6 マレー語 27年 65.9 14年 34.1 インド人 18年 72.0 7 28.0 その他 13年 92.9 1 7.1 AUDIT≥ 8 無害の使用 195 80.3 48 19.7 危険な使用 21 58.3 15年 41.7 喫煙状況 喫煙したことがない 135 85.4 23 14.6 現在喫煙中 48 65.7 25年 34.3 元喫煙者 33 68.8 15年 31.2 雇用 雇用/ NS 92 78.6 25年 21.4 学生/主婦 64 82.1 14年 17.9 失業者 56 71.8 22 28.2 宗教 キリスト教の 58 82.9 12年 17.1 仏教/道教 67 83.8 13年 16.2 ヒンズー教 12年 85.7 2 14.3 イスラム教 39 69.6 17年 30.4 その他 40 67.80 19年 32.20 夫婦 独身/未婚 187 78.2 52 21.8 これまでに結婚した 29年 72.5 11 27.5 SCID診断 統合失調症とそれに関連する精神病 168 79.3 44 20.7 精神病症状を伴う気分障害 20 86.9 3 13.1 不眠症 いいえ はい 平均 SD 平均 SD 年齢(歳) 26.0 6.4 25.0 5.9 学校教育の年 13.4 3.0 12.7 3.4 CPZ eqv(mg /日) 294.8 225.9 226.8 175.3 ベースラインPANSS陽性スコア 22.4 6.2 19.5 4.9 ベースラインPANSSネガティブスコア 16.4 8.9 13.9 7.8 ベースラインPANSS GPSスコア 38.7 11.6 36.7 10.7 ベースラインGAF合計 71.6 11.4 71.4 9.8 未治療の精神病の期間(月) 12.1 19.4 19.4 28.4 AUDIT – アルコール使用障害識別テスト。CPZ – クロルプロマジン。PANSS – 陽性および陰性症候群スケール。SCID -の診断と統計マニュアルための構造化臨床面接精神疾患。 表3。不眠症の社会人口学的および臨床的相関 オッズ比 95%ウォルド信頼限界 p値 年齢(歳) (平均、標準偏差) 0.91 0.84 0.99 0.024 性別 女性 1 男性 1.37 0.61 3.10 0.447 人種 中国語 1 マレー語 1.63 0.10 27.28 0.734 インド人 1.58 0.18 13.69 0.677 その他 0.21 0.01 5.75 0.356 AUDIT≥ 8 無害の使用 1 危険な使用 5.03 1.76 14.41 0.003 喫煙状況 喫煙したことがない 1 現在喫煙中 3.50 1.27 9.64 0.015 元喫煙者 2.78 0.91 8.51 0.073 学校教育の年 1.02 0.89 1.17 0.742 雇用 雇用/ NS 1 学生/主婦 0.99 0.34 2.91 0.983 失業者 1.13 0.44 2.87 0.801 宗教 キリスト教の 1 仏教/道教 0.79 0.25 2.52 0.686 ヒンズー教 0.40 0.02 9.20 0.569 イスラム教 1.63 0.10 25.47 0.728 その他 1.84 0.57 6.00 0.310 夫婦 独身/未婚 1 これまでに結婚した 2.68 0.76 9.45 0.125 SCID診断 統合失調症とそれに関連する精神病 1 精神病症状を伴う気分障害 0.42 0.09 1.92 0.262 オッズ比 95%ウォルド信頼限界 p値 CPZ eqv(mg /日) 0.998 0.995 0.9998 0.035 ベースラインPANSS陽性スコア 0.93 0.86 1.01 0.080 ベースラインPANSSネガティブスコア 0.98 0.92 1.05 0.591 ベースラインPANSS GPSスコア 1.01 0.96 1.07 0.644 未治療の精神病の期間(月) 1.02 1.01 1.04 0.010 全体的なモデルフィット Hosmer-Lemeshow適合度検定 ピアソンχ2 242(27) p値 0.052 AIC 223.58 ROC曲線下面積 0.833 AIC – 赤池情報量基準。AUDIT – アルコール使用障害識別テスト。CPZ – クロルプロマジン。PANSS – 陽性および陰性症候群スケール。ROC – 受信機の動作特性。SCID -の診断と統計マニュアルための構造化臨床面接精神疾患。 表4は、不眠症、QOL、および機能の間の関係を示す。複数の線形回帰モデルにおけるすべての相関を調整した後、分析は、不眠症が4つのドメインすべて、すなわち身体的健康、心理的、社会的関係、および環境にわたってQOLの低下と関連していることを明らかにした。 表4。生活の質、機能および不眠症の関係 不眠症 p値 いいえ はい 重回帰 平均 SD 平均 SD 調整済みB 95%CI WHOQOLドメイン 体の健康 14.76 2.13 10.82 2.42 – 3.20 – 3.95 – 2.44 < 0.001 心理学 12.86 2.79 9.60 2.90 – 2.46 – 3.45 – 1.48 < 0.001 社会関係 13.51 2.53 10.33 3.33 – 3.06 – 4.01 – 2.12 < 0.001 環境 13.69 2.64 11.38 2.52 – 1.64 – 2.50 – 0.78 < 0.001 機能する GAF合計 43.74 12.23 46.5 11.23 – 1.23 – 4.52 2.05 0.460 GAF – 機能の全体的評定。WHOQOL – 世界保健機関の生活の質。 調整Bは、性別、人種、配偶者の有無、雇用、宗教、喫煙状況、診断、年齢、教育年数、クロルプロマジン相当量、ベースライン陽性および陰性症候群尺度 – 陽性、陰性および一般的な精神病理学スコアおよび未治療期間をコントロールした後に推定された精神病です。 4 。討論 このFEP患者のサンプルにおける不眠症の有病率は22.6%であり、他の場所で統合失調症患者を対象とした研究で報告されたものよりも低い。Xiangら。[20]とHouら。[46]は、 統合失調症の中国人患者でそれぞれ36%(過去12 ヶ月にわたる不眠症の少なくとも1種類)の罹患率を報告した。Ritsner et al。[18]統合失調症の研究に参加している患者の45.4%は、睡眠不良者として分類されています。しかし、不眠症の定義、それを確立するために使用される時間枠、およびこれらの研究で使用される評価手段の違いにより、直接比較は困難です。シンガポールで不眠症を調査した研究はほとんどありません。Yeoらによる研究。[47]は、シンガポールの地域社会における中国人とマレーシア人の間で15.3%の有病率を報告したが、Yong et al。[31] ISIカットオフスコア15を用いてパーキンソン病患者の21.4%の有病率を報告した。 多変量解析により、危険なアルコールの使用、現在の喫煙およびより長い期間の未治療精神病が、不眠症のより高いリスクと有意に関連している一方、高齢およびより高い抗精神病薬投与量はより低い不眠症のリスクと関連していることが明らかにされた。統合失調症の患者の間で不眠症の危険なアルコール使用と喫煙の危険性を調べた研究はほとんどありません。人口調査は不眠症が過度のアルコール使用につながるかもしれないことを提案する。慢性不眠症の人は、就寝時にアルコールを年齢と性別を一致させた対照グループの約2倍の頻度(12.9%)で使用していると報告した(5.6%)[48]。1年の追跡調査を伴う精神障害および不眠症は、合併症のない不眠症が翌年にわたるアルコール乱用の最初の発症リスクの増加と関連していることを発見しました[49]。Vinson et al。[50] プライマリーケア患者における危険なアルコールの使用と睡眠の関連性を調べ、危険な飲酒は睡眠障害にほとんど関連していないと結論付けたが、睡眠にアルコールを使用することは危険な飲酒と強く関連していた。一方で、Haario等。[51] 彼らのプロスペクティブコホート研究では、大量飲酒および過飲用が明らかにされたベースラインでは、交絡因子すべてを調整した後の追跡調査時のその後の不眠症症状と関連していた。一般集団に関する研究は、喫煙が睡眠に悪影響を及ぼし、不眠症と関連していることを発見しました [52]、 [53]、 [54] 。現在の喫煙者はより短い睡眠時間、より長い睡眠潜時、より速い急速な眼球運動睡眠密度、睡眠時無呼吸のより多くのエピソード、および睡眠中のより多くの脚の動きを持つ傾向がありました [55]、 [56] 。ニコチンの興奮作用、禁断症状あるいは、睡眠障害呼吸の高罹患率は、喫煙者の不眠症につながる可能性があります[57]。 未治療の精神病の持続期間は、症状と機能の両面でいくつかの有害転帰と関連しています[58]。したがって、長期間の未治療精神病も睡眠構造に悪影響を及ぼす可能性があります。未治療精神病のより長い期間が未治療の併存不眠症を延長し、これらの患者においてより慢性で治療抵抗性の不眠症をもたらすことも可能である。 統合失調症患者を対象とした集団ベースの研究と以前の研究の両方が、より高い不眠症のリスクと関連していることを発見したため、高齢が不眠症のリスクの低さと関連するという発見はやや戸惑います[20]、[59]。しかし、これは若いコホート(年齢範囲 – 15〜40 歳)であり、最も若い年齢層のものは学生である可能性が高く、全国民奉仕活動を行う軍人である可能性が高いため(シンガポールのすべての男性市民に対する法定要件)。統一されたサービスの中で強制的なサービスを受けている第二世代の永住者は、より多くの睡眠を必要とし、その機能的役割を与えられ、睡眠不足の影響をより急激に感じた可能性がある。。研究はまた、ティーンエイジャーと若年成人による電子機器の過度の使用は遅延睡眠/覚醒スケジュールに関連付けられていることを示唆している、そしてそれは、睡眠の期間に負の影響を持っていること[61] 、[62]とで若いコーホートに属するもの現在の研究では、電子機器、特にハンドヘルドモバイル機器が過剰に使用されている可能性があります。 睡眠中の抗精神病薬の役割は以前の研究で調査されており、それはドーパミン作動性 D2受容体ならびにアドレナリン作動性 α1、ヒスタミン作動性H1、およびコリン作動性(ムスカリン-1)受容体の遮断が統合失調症患者の睡眠改善に重要な役割を果たすことが示唆される [21]、[63]。高力価の典型的な抗精神病薬と非定型抗精神病薬の両方が、統合失調症における総睡眠時間を増加させ、睡眠効率を増加させることが示されています[63]。これは、より高い抗精神病薬の用量が不眠症のより低いリスクと関連しているという我々の発見を説明するだろう。 この研究では、交絡因子を調整した後でも、WHOQOL-BREFによって評価された4つすべてのQOLドメインが不眠症と関連していることがわかりました。この知見は、統合失調症患者の間の以前の研究で報告されており、不眠症はQOLに対して独立した効果を持つことがわかっています[18]、[20]、[23]、[46]。エネルギー不足、昼間の機能障害、およびそれに伴うストレスにつながる不眠症は、QOLのあらゆる側面を損なう可能性があります[18]。 研究にはいくつかの制限があります。研究は本質的に横断的であり、したがって因果関係を決定することはできません。不眠症および他の転帰は、自己申告および自己管理措置のみを用いて捉えられた。自己管理措置は、回答者に大きな認識上の負担をかけます。しかし、社会的な望ましさの偏りや、機密情報を開示したいという彼らの意欲と比較して、これを比較する必要がありました。自己管理ツールを使用して対処される懸念。[64]、[65] 。2つの質問票が喫煙とアルコール使用に関する情報を収集したので、私たちは自己管理モードを使うのが最善だと感じました。青少年がアルコール摂取、違法薬物の有意に高いレベルを報告することも研究は示唆しています紙自己管理アンケートによりコンピュータモードでの使用、および心理的苦痛[66]は、したがって、私たちは、この比較的若いサンプルのための自己投与のモードとしてのiPadを使用することにしました。また、質問があれば、同じ場所(診療所と評価室)に配置された訓練を受けた研究者に近づくことができると回答した。研究が投与の形式[67]、[68]、およびISIの検証された自己投与版[69]に基づいて生活の質の結果に有意差を報告していないことを認識することも重要です。本研究ではを用いた。我々は対照群を持っていなかったので、有病率がより反映されているのか、より広い人口よりも高いのかを判断することができません。うつ病や不安は測定されておらず、PANSSスケールは一般的な精神病理学をドメインの1つとして捉えていますが、特定のスケールを使用するとより多くの情報が得られる可能性があります。このプログラムに参加した患者のうち、約50%しか研究に参加していません。研究は自己報告に基づいていたので患者は臨床的に安定している必要があり、したがって臨床医は彼らが研究に参加することができると感じた患者のみを紹介した。患者さんは若く、診断、その意味、そして病気の影響に慣れるのに苦労していたため、研究への参加意欲は低かったかもしれません。この低い参加率は結果の一般化を妨げます。しかしながら、不眠​​症の有病率を推定するための標本サイズを決定するために行われた単一比率式に基づく検出力分析は、標本サイズが研究に適切であることを確認した。22.6%の有病率推定値に基づいて、我々は、0.05の誤差範囲を有する信頼区間推定値を生成するのに必要とされるのは269人の被験者のみであることを見出した。したがって、我々の現在のサンプル数は不眠症の有病率を推定するのに十分である。しかしながら、[70]、[71]、[72]。サンプルには63個のイベントがあり 、これらはモデル内に6個以上の予測子を含めるべきではないことを示唆しています。したがって、標準カットオフとしてp値0.05以上の基準を使用して有意でない変数を除外することにより、手動の後方変数選択法を使用してデータを再検討しました。結果は、不眠症の有意な相関は同じままであり、予測因子あたり10の事象の規則を満たすことを示した。患者のうちの2人だけが定期的に睡眠薬を処方されましたが、何人かはまた睡眠薬prnを処方されました そのため、分析に睡眠薬に関するデータを意味のある方法で含めることはできませんでした。また、患者が家族内科医から睡眠関連の問題の治療を受けていた可能性もありますが、これはIMHから取得した投薬記録には反映されていません。最後に、私たちはこの調査に英語を話す参加者だけを含めました。そして、シンガポールでは、特に若い年齢層では英語の読み書き能力は高いですが、 5%の参加者は言語の不適格性により辞退した。この研究の強みには、多民族FEP患者の大規模なサンプルサイズ、および危険なアルコール使用、喫煙などの変数を含めることが含まれていますが、これまでの研究ではFEP患者の不眠症との関連は調べられていません。結論として、我々の研究は、5人に1人のFEP患者が不眠症を患っていることを見出し、これは重要な発見である。不眠症の有害な影響ならびに有害なアルコールの使用および喫煙などの予防可能な関連要因の特定を考慮して、これらはスクリーニングされなければならず、同時に不眠症の治療、禁煙および危険なアルコールの短期間の介入のために紹介されなければならない。必要です。 問題の程度、そのQOLへの影響、ならびに睡眠衛生の必要性についての意識は、FEP患者の間で生み出されなければならない。薬理学的および非薬理学的介入を含む介入研究を考慮しなければならない。FEPは、不眠症の早期発見と管理の機会を提供し、それは慢性不眠症の発症、ならびに患者の病気の重症度および生活の質に対するその長期的な影響を防ぐことができる。 参考文献 [1] MM Ohayon 不眠症の疫学:私たちが知っていることとまだ学ぶ必要があること Sleep Med Rev 、6 (2002 )、97 – 111ページ 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [2] 国立衛生研究所の 成人における慢性不眠症の症状と管理に関する 科学 会議の声明 (2005 )、頁。1049 – 1057 6月13日〜15日 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [3] T. ロス 不眠症:定義、有病率、病因、および影響 J Clin Sleep Med 、3 (2007 )、pp。S7 – S10 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [4] D. レジェ、C. Guilleminault 、G. ベイダー、E. レヴィ、M. パイヤール 医療不眠症の社会プロインパクト Sleep 、25 (2002 )、pp。625 – 629 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [5] WW Ishakの、K. Bagot 、S. トーマス、N. Magakian 、D. Bedwani 、D. ラーソン、ら。 不眠症患者のクオリティオブライフ INNOV CLIN Neurosci 、9 (10 )(2012 )、頁。13 – 26 Google Scholar [6] M. ノバック、I. Mucsi 、CM シャピロ、J. Rethelyi 、MS コップは 不眠症、疫学的観点により保健サービスの利用を増加しました J Psychosom Res 、56 (2004 )、pp。527 – 536 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [7] TP Su 、SR Huang 、P. Chou 地域在住の中国人高齢者における不眠症の有病率と危険因子:台湾の都市地域調査 アウスト・NZJ精神医学、38 (2004 )、頁706 – 713 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [8] YT Xiang 、X. Ma 、ZJ Cai 、SR Li 、YQ Xiang 、HL Guo 、他。 中国の北京の農村部および都市部における不眠症の有病率、その社会人口統計学的および臨床的相関、ならびに治療:一般集団ベース調査 Sleep 、31 (12 )(2008 )、pp。1655 – 1662 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [9] DJ テイラー、KL Lichstein 、HH Durrence 、BW Reidel 、AJ ブッシュ 不眠、うつ、および不安の疫学 Sleep 、28 (11 )(2005 )、pp。1457 – 1464 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [10] EO ジョンソン、T。 ロス、N。 ブレスラウ 不眠症と不安障害および鬱病との関連性:リスクの方向性の探究 J Psychiatr RES 、40 (2006 )、頁700 – 708 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [11] B. Sivertsen 、T. Lallukka 、P. サロ、S. Pallesen 、M. Hysing 、S. Krokstad 、ら。 健康障害の危険因子としての不眠症:ノルウェーにおける人口ベースの大規模前向きHUNT研究の結果 J Sleep Res 、23 (2 )(2014 )、pp。124 – 132 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [12] MT スミス、ML パーリス、A。 パーク、MS スミス、J。 ペニントン、DE Giles 、他。 持続性不眠症に対する薬物療法と行動療法の比較メタ分析 アムJ精神医学、、150 (2002年の)、頁5 – 11 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [13] P. Sunderajan 、BN Gaynes 、SR Wisniewskiの、S. 宮原、M. ソラマメ、F. Akingbala 、ら。 鬱病患者における不眠症:STAR * D報告 CNS SPECTR 、15 (6 )(2010 )、PP。394 – 404 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [14] JA Lieberman 、TS Stroup 、JP McEvoy 、MS Swartz 、RA Rosenheck 、DO Perkins など。 慢性統合失調症患者における抗精神病薬の有効性 N Engl J Med 、353 (12 )(2005 )、pp。1209 – 1223 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [15] LB Palmese 、PC DeGeorge 、JC Ratliff 、VH スリアリは、BE ウェクスラー、AD クリスタル、ら。 不眠症は統合失調症に頻繁に見られ、夜間の食事と肥満に関連する Schizophr RES 、133 (1-3 )(2011 )、PP。238 – 243 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [16] S. シュイナード、J. ポウリン、E. STIP 、R. Godbout 統合失調症の未治療患者における睡眠:メタアナリシス Schizophr Bull 、30 (4 )(2004 )、pp。957 – 967 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [17] K. ウルフ、DJ ダイク、B。 ミドルトン、RG フォスター、EM ジョイス 睡眠と統合失調症における概日リズムの混乱 Br J Psychiatry 、200 (4 )(2012 )、pp。308 – 316 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [18] M. Ritsner 、R. KURS 、A. Ponizovsky 、J. Hadjez 統合失調症の生活の知覚品質:睡眠の質との関係 QUALライフRES 、13 (4 )(2004 )、頁783 – 791 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [19] P. アフォンソ、S. Brissos 、ML フィゲイラ、T. パイヴァ 主に陽性症状との統合失調症患者は、アクティグラフで測定し、より乱れた睡眠-覚醒サイクルを持っています 精神医学RES 、189 (1 )(2011 )、頁。62 – 66 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [20] 中国人の統合失調症患者における YT Xiang 、YZ Weng 、CM Leung 、WK Tang 、KY Lai 、GS Ungvari 有病率と不眠症の相関関係および生活の質への影響 睡眠、32 (1 )(2009 )、105 – 109 頁 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [21] 統合失調症患者における S. Cohrs 睡眠障害:抗精神病薬の影響と効果 CNS Drugs 、22 (11 )(2008 )、pp。939 – 962 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [22] WHOQOLグループ 世界保健機関の生活の質の評価(WHOQOL):世界保健機関からの意見書 Soc Sci Med 、41 (10 )(1995 )、pp。1403 – 1409 Google Scholar [23] JR Hofstetter 、PH Lysaker 、AR Mayeda 統合失調症患者の睡眠の質は、生活の質と対処に関連している BMC精神医学、5(2005)、p。13年 Google Scholar [24] LD マリガン、G。 ハドック、R。 エムズリー、ST ニール、SD カイル 統合失調症の機能および精神病症状の予測における睡眠障害の役割の高解像度検査:新規の経験サンプリング研究 J Abnorm Psychol 、125 (6 )(2016 )、PP。788 – 797 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [25] PD McGorry 精神病への早期介入:明白、効果的、期限切れ J Nerv Ment Dis 、203 (5 )(2015 )、pp。310 – 318 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [26] D. フリーマン、H. スタートアップ、E. マイヤース、A. ハーベイ、J. ゲデス、LM ゆう、ら。 妄想および幻覚を有する患者に対する睡眠を改善するための認知行動療法の使用(BEST研究)の効果:無作為化対照試験のための研究プロトコル 試行、14(2013)、p。214 CrossRef Google Scholar [27] S. バーマ、LY プーン、H. リー、S。 ラオ、SA チョン シンガポールの早期精神病の介入サービスの進化。東アジアのアーチ 精神医学、22 (3 )(2012 )、pp。114 – 117 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [28] WW Fleischhacker 、J. Rabinowitz 、G. Kemmler 、M. Eerdekens 、A. Mehnertは 1ため長時間作用リスペリドンで処理した安定した統合失調症患者では、幸福および精神症状を機能知覚 年 Br J Psychiatry 、187 (2005 )、pp。131 – 136 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [29] HG Cheng 、O. McBride 、MR Phillips 2010年の全世界成人タバコ調査における喫煙の害についての知識と喫煙状況の関係 TOB制御、24 (1 )(2015 )、頁。54 – 61 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [30] CH バスティアン、A. Vallières 、CM モリン 不眠症研究の成果尺度として不眠重症度指標の検証 Sleep Med 、2 (4 )(2001 )、pp。297 – 307 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [31] MH Yong 、S. Fook-Chong 、R. Pavanni 、LL Lim 、EK Tan 症例はパーキンソン病の睡眠障害の睡眠ポリグラフ検査 PLoS One 、6 (7 )(2011 )、記事e22511 CrossRef Google Scholar [32] 持続性の迫害妄想を有する個人における不眠症の E. マイヤーズ、H。 スタートアップ、D。 フリーマン 認知行動療法:パイロット試験 J Behav Ther Exp精神医学、42 (3 )(2011 )、pp。330 – 336 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [33] JB サンダース、OG Aasland 、TF Babor 、JR ・デ・ラ・フエンテ、M. グラント アルコール使用障害識別テストの開発(AUDIT):WHO共同プロジェクト有害なアルコール消費-II者の早期発見に 中毒、88 (1993 )、頁791 – 804 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [34] DF Reinert 、JP Allen アルコール使用障害特定テスト(AUDIT):最近の研究のレビュー Alcohol Clin Exp Res 、26 (2 )(2002 )、pp。272 – 279 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [35] S. Subramaniam 、MV マヘシュ、C. 徐、J. タン、R. Fauziana 、P. Satghare 、ら。 統合失調症および鬱病患者における危険なアルコール使用 アルコール、65 (2017 )、頁。63 – 69 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [36] WHOQOLグループ 世界保健機関の生活の質の評価(WHOQOL):開発と一般的な心理測定的特性 Soc Sci Med 、46 (12 )(1998 )、pp。1569 – 1585 Google Scholar [37] K. Sim 、R. Mahendran 、SA Chong 健康に関連する生活の質および最初のエピソード精神病における精神医学的共存症 COMPR精神医学、46 (4 )(2005 )、頁278 – 283 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [38] MB まず、RL スピッツァー、M. ギボン、JBW ウィリアムズ DSM-IV軸I障害のための構造化臨床面接、臨床医バージョン(SCID-CV) アメリカン精神医学出版社、ワシントンDC (1996 ) Google Scholar [39] SR ケイ、A. Fiszbein 、LA Opler 統合失調症の陽性および陰性症候群スケール(PANSS) Schizophr Bull 、13 (1987 )、261 – 276 頁 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [40] A. Frances 、HA Pincus 、MB ファースト 精神障害の診断および統計マニュアルにおける機能規模(GAF)の世界的評価-IV アメリカ精神医学会、ワシントンDC (1994 ) Google Scholar [41] S. バーマ、M. Subramaniam 、E. アブディーン、LY プーン、SA チョン 症候及び第一エピソードの精神病を有する患者において機能的寛解 Acta Psychiatr Scand 、126 (2012 )、pp。282 – 289 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [42] M. アトキンス、A. バージェス、C. Bottomly 、M. リッチオ クロルプロマジン換算:臨床と研究の両方のアプリケーションのためのコンセンサス意見 Psychiatr Bull 、21 (1997 )、pp。224 – 226 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [43] JM Davis と同等の抗精神病薬 J Psychiatr RES 、11 (1974 )、頁。65 – 69 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [44] 新しい非定型抗精神病薬のための SW ウッズ クロルプロマジン同等量 J Clin Psychiatry 、64 (6 )(2003 )、pp。663 – 667 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [45] FL Rocha 、HL ゲラ、MF リマ – コスタ ブラジル人コミュニティにおける不眠症の有病率および関連する社会人口学的要因:Bambuí研究 Sleep Med 、3 (2 )(2002 )、pp。121 – 126 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [46] CL 侯、Y. 李、MY カイ、XR 馬、Y. ゼング、FJ 甲、ら。 プライマリケアで治療された統合失調症の中国人患者における不眠症の罹患率と臨床的および生活の質の相関 Perspect Psychiatrケア、53 (2 )(2017 )、頁。80 – 86 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [47] B. Yeo 、IS Perera 、LP コック、WF Tsoi Insomnia in the community Singapore Med J 、37 (1996 )、pp。282 – 284 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [48] CD ジェファーソン、CL ドレイク、HM スコフィールド、E. マイヤース、T. マクルーア、T. Roehrs 、ら。 不眠症の集団ベースのサンプルにおける睡眠衛生習慣 Sleep 、28 (5 )(2005 )、pp。611 – 615 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [49] MM ワイスマン、S. グリーンワルド、G. ニーニョ-ムルシア、WC 狂する 精神障害によって複雑不眠症の罹患率 Gen Hosp Psychiatry 、19 (4 )(1997 )、pp。245 – 250 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [50] DC Vinson 、BK Manning 、JM Galliher 、LM Dickinson 、WD Pace 、BJ Turner アルコールおよびプライマリケア患者の睡眠障害:AAFP National Research Networkからの報告 Ann Fam Med 、8 (6 )(2010 )、pp。484 – 492 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [51] P. Haario 、O. Rahkonen 、M. Laaksonen 、E. Lahelma 、T. Lallukka 不眠症の症状と不健康な行動の間の双方向の関連付け J Sleep Res 、22 (1 )(2013 )、pp。89 – 95 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [52] DW ブルック、E。 ルーベンストーン、C。 チャン、JS ブルック 成人期の喫煙の軌跡は 、中年 期後半の女性の不眠症を予測する Sleep Med 、13 (9 )(2012 )、pp。1130 – 1137 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [53] S. Cohrs 、A. Rodenbeck 、D. リーマン、B. Szagun 、A. Jaehne 、J. Brinkmeyer 、ら。 喫煙者における睡眠の質と睡眠時間の障害 – ニコチン依存症に関するドイツの多施設共同研究の結果 アディクトBIOL 、19 (2014 )、頁486 – 496 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [54] JP マクナマラ、J。 ワン、DB ホリデー、JY ウォーレン、M。 パラダ、AM Balkhi 、他。 喫煙に伴う睡眠障害 Psychol Health Med 、19 (4 )(2014 )、pp。410 – 419 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [55] A. Jaehne 、T. Unbehaun 、B. Feige 、UC ルッツ、A. バトラ、D. リーマン 喫煙が睡眠に及ぼす影響:polysomnographical分析 Sleep Med 、13 (10 )(2012 )、pp。1286 – 1292 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [56] L. チャン、J。 サメット、B。 カフォー、ニューメキシコ州 Punjabi タバコの喫煙と夜間の睡眠のアーキテクチャ Am J Epidemiol 、164 (6 )(2006 )、pp。529 – 537 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [57] DW Wetter 、TB Young タバコの喫煙と睡眠障害の関係 Prev Med 、23 (3 )(1994 )、pp。328 – 334 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [58] 未治療精神病の期間と最初のエピソード患者のコホートにおける転帰との間の M. マーシャル、S。 ルイス、A。 ロックウッド、R。 ドレイク、P。 ジョーンズ、T。 クラウダス 協会:系統的レビュー Arch Gen Psychiatry 、62 (9 )(2005 )、pp。975 – 983 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [59] MM Ohayon氏、M. Partinen 不眠症とフィンランドの世界的な睡眠の不満 J Sleep Res 、11 (4 )(2002 )、339 – 346 頁 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [60] MA Carskadon 青春期の睡眠:完璧な嵐 Pediatr Clin North Am 、58 (3 )(2011 )、pp。637 – 647 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [61] AL ギャンブル、AL D’Rozario 、DJ バートレット、S. ウィリアムズ、YS ビン、RR はGrunstein 、ら。 青年期の睡眠パターンと夜間の技術利用:オーストラリアの放送会社の大睡眠調査の結果 PLoS One 、9 (11 )(2014 )、記事e111700 CrossRef Google Scholar [62] M. Gradisar 、A. ウォルフソン、A. ハーヴェイ、L. ヘイル、R. ローゼンバーグ、CA Czeisler アメリカ人の睡眠と技術使用:アメリカ世論調査で国民睡眠財団の2011スリープからの所見 J Clin Sleep Med 、9 (2013 )、pp。1291 – 1299 Scopus Google Scholarでレコードを表示する [63] JM モンティ、D。 モンティ 統合失調症患者の睡眠と抗精神病薬の効果 Sleep Med Rev 、8 (2 )(2004 )、pp。133 – 148 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [64] A. アンケート管理の ボウリング モードはデータ品質に深刻な影響を与える可能性があります J公衆衛生(OXF) 、27 (3 )(2005 )、頁281 – 291 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [65] N. シュワルツ、F。 ストラック、HJ ヒップラー、G。 ビショップ 調査測定における管理効果が反応効果に与える影響 APPL Cogn Psychol 、5 (1991 )、頁193 – 212 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [66] DL ライト、WS アキリノ、AJ サプリル 喫煙、アルコール、薬物使用に関する調査における、コンピューターと紙と鉛筆による自己管理アンケートの比較 Public Opin Q 、62 (1998 )、pp。331 – 353 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [67] F. ロサノ、JM ロボス、JR 月、E. カラスコ、MB バロス、JR ・ゴンサレス・ポラス 間欠性跛行の患者の中でインタビューに基づくアンケートに対する自己投与:彼らは異なる結果が得られますか?横断的研究 サンパウロメッドJ 、134 (1 )(2016 )、頁。63 – 69 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [68] MA Puhan 、A. アフジャ、ML ヴァン・ナッタ、LE Ackatz 、C. Meinert 、エイズ研究グループの眼合併症の研究 生活アンケートの自己管理、健康関連QOL対インタビュアー-それは問題ではありませんか? Health Qual Lifeの結果、9 (2011 )、p。30 CrossRef Google Scholar [69] CM モリン、G. ベルヴィル、L. Bélanger 、H. Ivers 不眠症の重篤度指数:不眠症のケースを検出し、治療応答を評価するための心理指標 睡眠、34 (5 )(2011 )、pp。601 – 608 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード [70] DV ホスマー、S. Lemeshow 応用ロジスティック回帰 John Wiley&Sons、Inc. (2000 ) Google Scholar [71] P. Peduzzi 、J. Concatoの、AR ファインスタイン、TR ホルフォードの 比例ハザード回帰分析における独立変数あたりのイベントの重要性。II。回帰推定の精度と精度 J Clin Epidemiol 、48 (1995 )、pp。1503 – 1510 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース [72] E. Vittinghoff 、CE McCulloch ロジスティックおよびCox回帰で変数ごとに10イベントの規則を緩和する アムJ Epidemiol 、165 (2007年の)、頁710 – 718 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード ©2017 The Authors。エルゼビア社発行 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0163834317302700