このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

我々は171人の不眠症患者と171人の心理療法患者の一致したサンプルを評価した。

不眠症患者の52.0%が少なくとも1つの人格障害診断を受けた。

人格障害は不眠症に関与している可能性があります。
抽象
バックグラウンド
選択された人格特性は、不眠症の重要な素因および永続的な要因を表している可能性があり、以前の研究では、不眠症患者の人格障害を評価することの重要性が強調されていました。
方法
DSM – IV軸II / DSM – 5 セクションII人格障害(PD)と不眠症との関係を評価するために、年齢と性別に合わせて、171人の連続して認められた不眠症患者の試料と171人の心理療法患者の試料を投与した。DSM – IV軸II人格障害のための構造化臨床面接、バージョン2.0(SCID-II)のイタリア語訳。不眠症患者のうち、52.0%(n  = 89)が少なくとも1回DSM – IV Axis II / DSM – 5 を受けていますSCID-IIに従ったPD診断 評価。
結果
我々の不眠症患者のサンプルにおけるPDベースレートの推定値は、一般集団におけるPDの中央値および平均ベースレートの推定値よりも著しくかつ著しく高かった。群内自己陶酔的、他に特定されないPD、演技PD、およびことを示したボーダーライン PDが示され、最も頻繁に診断-の両方の次元とcategorically- DSM – IVアクシスII / DSMは – 5 私たちの不眠症患者サンプルにおける第II PD機能。継続的に採点されたPDが考慮されたとき、不眠症患者は精神療法患者より有意に少ない数のParanoidとBorderline PDの特徴を示しました。ただし、対応する効果の大きさ見積もりは、これらの違いはそれほど大きくないことを示唆していました。カテゴリースコアのPDはいずれも、不眠症患者と心理療法患者を有意に区別しなかった。
結論
全体として、我々の調査結果は、パーソナリティ機能障害が不眠症にも関与している可能性がある一方で、不眠症患者においても不適応性格特性の評価に対する次元的アプローチの必要性を強調している。
前の記事次の記事
全文を見る
©2018 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0010440X18301597