このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

目的:アクティグラフィーを用いて客観的に長期および短期の睡眠パターンを調べること。

不眠症の56人の参加者を含むランダム化比較試験。

耳介鍼治療(AA)および不眠症に対する認知行動療法(CBT-i)。

AAグループはより多く眠り、CBT-iグループはより少ない後治療を眠りました。

客観的睡眠時間は、不眠症の主観的知覚に必ずしも影響を与えるわけではありません。
抽象
本研究の目的は、耳介鍼治療(AA)および不眠症に対する認知行動療法(CBT-i)の後、短期および長期の観点から睡眠パターンがどのように影響を受けるかを客観的に調べることでした。不眠症障害を有する60人の参加者(男性/女性9/51;平均年齢60.5歳、(SD 9.4))は、AAまたはCBT − 1によるグループ治療に無作為化された。アクティグラフィー記録をベースライン、治療後および6ヶ月の追跡調査で行った。CBT-iグループは、就寝時間、実際の睡眠時間、睡眠潜時および実際の目覚め時間を短縮しました。AAグループはより長く眠り、就寝時間を長くし、治療後の睡眠潜時を減少させた。グループ間の結果は、起床時間、起床、就寝時間、実際の睡眠時間および実際の覚醒時間において異なっていた。その差は6か月後には維持されませんでした。以前の知見によれば、結果は客観的睡眠時間が必ずしも不眠症の主観的知覚に影響を与えるわけではないという考えを支持する。
前の記事次の記事
キーワード
耳介鍼認知行動療法不眠症アクティグラフィー処理非薬理学的
©2017 Elsevier Ltd.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1744388117300506