このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)の同類の被験者は、自殺念慮と不眠症の症状を経験します。

自殺念慮は、うつ病や睡眠障害に関する信念と相関しています。

社会的支援の低下と生活の質の低下は、OSA患者の自殺念慮に影響します。

共線性の可能性は、睡眠障害および気分障害の間に存在する。

不眠症およびうつ病は、OSA患者の自殺念慮において重要です。
抽象
目的
不眠症の症状は閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)の被験者によく見られ、自殺念慮(SI)の重要な危険因子です。しかし、SIの意義は、OSAと不眠症の両方の人には明らかに証明されていません。SIの有病率と不眠症の症状、気分、およびその他の関連要因との関係を調査することを目的としました。
方法
未治療のOSA(無呼吸 – 低呼吸指数≧5 / h)を有する合計117人の連続した被験者がこの研究に参加した。彼らは、SI([BDI-II]、項目9)、不眠症の症状(不眠症重症度指数[ISI])、抑うつ気分(修正BDI-II [mBDI-II]、SIおよび睡眠障害に関する項目を除外)に関するアンケートを完了した。睡眠障害(DBAS)、社会的支援、および生活の質に関する機能不全の信念および態度。
結果
OSA患者におけるSIの全体的な有病率は20.5%でした。合計32人の被験者(27.4%)が重大な不眠症の症状を報告していた(ISI≧15)。SIが高いほど、ISI、DBAS、およびmBDI-IIのスコアが高く、社会的支援および生活の質の質問票に関するスコアが低くなりました。不眠症の重症度は、憂うつな気分と正の相関がありました。SIと不眠症の重症度との関係は、鬱病の症状の重症度を調整した後は重要ではなかった。
結論
OSA患者はSIと不眠症の症状があります。睡眠障害と気分障害の間に共線性が観察された。それでも、不眠症へのさらなる貢献であるOSAとSIの間の重要な関連を見つけることは注目に値します。この研究は、OSAの包括的な治療のためのSIへの統合的アプローチおよび関連要因の必要性を示唆している。
前の記事次の記事
キーワード
閉塞性睡眠時無呼吸自殺念慮不眠症うつ病ソーシャルサポート
著作権©2015 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945715008151

関連記事はこちら