このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
前書き
不眠症障害に対する非薬理学的介入への関心が高まっています。目的は、催眠術の用法の中止、および不安、鬱病および不眠症の症状に関して、耳介鍼治療(AA)および不眠症に対する認知行動療法(CBT-i)の即時治療効果を評価することであった。
方法
前向き無作為化対照研究。不眠症障害および非ベンゾジアゼピン系催眠薬の長期使用を受けた57人の参加者(平均年齢61歳(SD 8.6))は、AAまたはCBT-i による集団治療を受けた。
治療前後の尺度には、自己申告アンケートによる不安、鬱病および不眠症の症状が含まれていた:病院の不安および鬱病スケール(HAD-A、HAD-D)および不眠症重症度指数(ISI)。他の睡眠パラメータおよび催眠消費量は睡眠日記で測定された。グループ内およびグループ間で治療効果を経時的に調べるために線形混合モデルを実施した。
結果
AA参加者の71%およびCBT-i参加者の84%が、治療後に催眠薬の摂取を中止した。AA群では不安および鬱病の症状が減少し(HAD-A(p < 0.05)、HAD-D(p < 0.05))、CBT-i群では不眠症の症状が減少した(ISI(p < 0.001))。唯一の群間差は、CBT − 1を支持して、ISIにおいて生じた(p < 0.001)。グループ内睡眠日記の結果によると、CBT-iグループはより遅く就寝し(p < 0.001)、より早く眠りに落ち(p < 0.05)、彼らの睡眠効率を高め(p < 0.001)、そして自己評価された睡眠の質( p < 0.001)p < 0.05)後処理。 結論 両群とも治療後に催眠薬の低消費量を終了/維持した。AA群では不安および鬱症状が、CBT-i群では不眠症症状に関して短期間の減少が見られました。 前の記事次の記事 略語 AA耳介鍼CBT-i不眠症に対する認知行動療法コーエンの日コーエンのデルタHAD-A、HAD-D病院の不安とうつ病の規模ISI不眠症の重症度指数なだ全国鍼解毒協会SD標準偏差SE標準誤差TAUいつものように治療 キーワード 耳介鍼認知行動療法催眠消費不安不眠症うつ病 全文を見る ©2017 Elsevier GmbH 全著作権所有。 https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1876382017301816