このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

不眠症に対する認知行動療法は、認知プロセスに有益です。

対面治療は、これらの認知的尺度に対するオンライン治療よりも優れています。

認知測定は、不眠症の重症度と睡眠効率への影響を仲介します。

認知測定は不眠症の重要な根本的な要因であるように思われます。
抽象
前書き
ガイド付きオンラインおよび個々の不眠症に対する認知行動療法(CBT-1)の両方が、不眠症の症状と睡眠効率の改善に効果的です。この効果を生み出す根本的なメカニズムについてはほとんどわかっていない。本研究は、就寝前の覚醒、睡眠関連の心配、および睡眠に関する機能障害的な信念が、不眠症に対する認知行動療法の効果における媒介因子であるという仮定をテストします。
方法
無作為化対照試験(N = 90)から以前に収集されたデータに対して二次分析を行った。この試験では、参加者は対面のCBT-I状態、インターネットで配信されたCBT-I状態、または待機リストグループのいずれかに無作為化された。この記事は、就寝前の覚醒、睡眠関連の心配、および機能不全の信念に対するこれらの介入の有効性について報告しています。さらに、これらの対策が不眠症の重症度および睡眠効率に対する治療効果を媒介しているかどうかを調べた。
結果
両方の治療法は、これらの認知測定に有効でした。ただし、対面治療はオンライン治療よりも優位性を示しました。3つの認知対策すべてが不眠症の重症度への影響を媒介した。睡眠関連の心配および就寝前覚醒は睡眠効率への影響を仲介したが、機能不全の信念は仲介しなかった。
結論
全体として、これらの結果は、不眠症の治療における認知プロセスの重要性を示しており、不眠症の心理学的治療はこれらの認知プロセスを(また)標的とすることによって最もよく導かれる可能性があることを示唆する。
前号の記事次の記事問題で
キーワード
不眠症CBT-I認知プロセス調停

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945718302740