このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
インドのケララ州で、プライマリケア参加者のサンプルの中で不眠症の有病率と臨床的相関関係を研究すること。
設計
横断調査
設定
プライマリケア
参加者
クラスター無作為抽出によって選択された71のプライマリヘルスセンターに通う7017人の成人患者[18〜60歳]。
測定値
患者は、不眠症重症度指数を用いて不眠症について評価された。自己申告された社会人口統計学的および慢性的な医学的疾病の詳細に加えて、構造化された器具が精神障害、障害および生活の満足度を評価するために使用された。
結果
無症候性不眠症および臨床的不眠症は、それぞれ17.7%および4.7%の被験者によって報告された。不眠症の患者と比較した場合の無症候性および臨床的不眠症の患者は、高齢、女性の性別、都市部の背景、低学歴、慢性の医学的および精神的な障害、より大きい身体障害および低い人生の満足度を有する。無症状グループと比較した場合、臨床的不眠症を有する対象は、高齢、都市部の背景、低学歴、精神障害およびより大きな身体障害を有する可能性がより高かった。精神障害の中でも、鬱病性障害は臨床的および無症状の両方の不眠症と相関していました。
結論
臨床的および無症状の不眠症は、プライマリケアの参加者の間で一般的であり、両方とも有意な罹患率と関連している。この研究は、無視されてはいるが、それが優先事項として対処される必要があるという、公衆衛生上の大きな懸念であることを強調している。
前号の記事次の記事問題で
キーワード
不眠症プライマリケア相関するインド
前書き
不眠症は臨床現場で最も一般的な睡眠障害です。慢性不眠症の被験者は、生活の質が悪く、欠勤を含む仕事の生産性が低下し、事故のリスクが高まり、医療利用率が高くなり、死亡リスクが高くなります。1、 2 高齢、女性の性別、という分離/離婚/未亡人、下の教育や低所得は不眠症に関連することが報告されています。3、 4、 5、 6、 7つの不眠症及び精神疾患が頻繁に共起します。8、 9慢性の病状も不眠症を発症するリスクを増加させます。10不顕性睡眠障害を有する対象の相関するも、サブスレッショルド条件を損なうことができるうつ病のような他の精神神経疾患の証拠があるが研究の下で、残っています。11
時折または一過性の睡眠障害はコミュニティでは非常に一般的であり、人口の3分の1がいつでもそれを経験しています。12一般集団における不眠症の有病率は、6%から33%の間で大きく異なります。4 10〜69%の間で変動する割合で、プライマリーケアの設定から不眠症のより高い有病率が報告されています。13、14、15不眠症について報告インドの研究がまばらで。既存のインドの研究は、15〜45%の有病率を報告する単一施設の小規模研究です。16、17、18は、様々な速度が部分的に方法論の違いによって説明することができますが、同様の方法論を使用した国際研究は、ばらつき報告している地理的分布不眠症のを。4、19、インドから現在までの様々な国やインデックス付きの研究からプライマリケアにおける主要な研究がにまとめて表1。
表1。各国からのプライマリケアにおける不眠症の有病率に関するインドの研究
作者 国/地域 サンプルサイズ 使用した楽器 サンプル 有病率
Leger et al。、2010 10か国 13,124 AASM、DSM-IV プライマリケア 32.6%
Terzano et al。、2004 イタリア 3284 半構造化アンケート プライマリケア 64%
Alattar et al。、2007 米国 1935年 半構造化アンケート プライマリケア 33%
Simonら、1997 米国 373 CIDIからのアイテム プライマリケア 18%
Siversten et al。、2010 ノルウェー 24,715 プライマリケアの国際分類 プライマリケア 11.2%
Zallinawati et al。、2012 マレーシア 2075年 ICD 10とDSM IV プライマリケア 35.5%
インド研究
Roy et al。、2015 西ベンガル州カルマルハーティ 1185年 ISQ 一つの都市クラスター(一般人口) 15.4%
Panda et al。、2012 カルナータカ州バンガロール 1050 睡眠障害プロフォーマ、エプワース眠気尺度、およびPSQI ある病院の患者さんの健康な担当者 18.6%
Bhaskar et al。、2016 カルナータカ州バンガロール 278 アテネ不眠症スケール 一病院のかかりつけ医外来 33%
世界的に多くの否定的な相関関係や社会経済的負担が報告されているにもかかわらず、インドのプライマリケア参加者を対象とした大規模な多施設共同研究は報告されていません。これに関連して、この研究は、インドのケララ州の複数の施設にまたがる多数のプライマリケア参加者の間で、不眠症の有病率と相関関係を調べたものです。ここで報告された調査結果は、プライマリケア参加者の間で心理的問題を評価した大規模研究の一部の調査結果です。
参加者と方法
この研究は、インドのケララ州にあるプライマリヘルスセンター(PHC)(政府主導の一般診療)に参加している成人患者[18〜60歳]を対象に、2016年5月に実施された横断調査です。ケララ州には14の地区があり、これらは州の行政区画です。各地区は5つのクラスターに分割され、各クラスターから1つのPHCが無作為に選択されました。選択された70のPHCに加えて、欠けているデータを補うためにもう1つのPHCがランダムに選択されました。予想カバレッジ90%、信頼区間 1%、およびデザイン効果2.5%に基づいて、7000のサンプルサイズが計算されました。サンプルサイズを確実にするために、各PHCから少なくとも100人の患者を評価した。
合計7555人の被験者が参加を求められ、そのうち390人(5.2%)の被験者が同意を得ていません。回答者のうち、148(1.9%)のアンケートに欠けている項目がかなりあり、分析のための有効なアンケートは7017(92.9%)でした。
この質問票は、PHCの医療担当官の監督の下、PHCのNational Health Mission(Kerala)のBlock PR担当者(Block PRO)によって管理された。PROはソーシャルワークの大学院での資格を持ち、アンケートに関する事前トレーニングを受けていました。
すべての患者は、PHCの医療担当者に任命された後、調査担当者から連絡を受けました。彼らは調査の広い目的を説明され、インフォームド・コンセントを与えたすべての人がアンケートに回答した。参加への動機はありませんでしたが、参加者は、プロジェクトは医療制度の中のあらゆる問題に取り組むというより広い公衆衛生目標を持つことになると説明しました。
倫理的配慮
制度的倫理的承認は、ErnakulamのGovernment Medical Collegeから受け、行政承認はKeralaの政府から受けました。調査の前にインフォームドコンセントがとられた。被験者には、質問の一部または全部に回答しないという選択肢も与えられました。
方法論
社会人口統計学的プロファイル(年齢/性別/生活の手配/居住地域/教育/職業/経済指標/配偶関係)および慢性医学的疾患の病歴をチェックリストを用いて評価した。不眠症は不眠症重症度指数で評価した。20不眠症重症度指数(ISI)は、2週間の回収期間で不眠症の性質、重症度および影響を評価するために設計された7つの質問からなる自記式質問票です。7未満の合計スコアは、臨床的に有意な不眠症がないことを示す。8〜14は閾値下不眠症を示す。臨床的不眠症15〜21人(中程度の重症度)。22〜28は臨床的不眠症(重症)を示します。この研究の目的のために、レポートすべての被験者睡眠障害 ≤14のISIスコアを有するサブ臨床不眠症(臨床的に有意な不眠症と一緒にグループ化されたサブスレッショルド不眠症無しのISIサブカテゴリー)に分類し、ISIを有する被験体は、スコアた ≥ 15でした臨床的不眠症として分類される(臨床的不眠症のISIサブカテゴリ[中等度および重度の重症度])。睡眠障害を報告している被験者に、症状が6ヶ月を超えたかどうかを尋ねました。
ISIに加えて、以下の機器が様々な相関関係を評価するために使用された。患者健康調査票SADS(PHQ − SADS)を用いて、鬱病、不安、身体化、およびパニック症状を評価した。21 PHQ-SADSは、プライマリケアにおけるこれらの疾患のスクリーニングと診断のツールとして検証されています。アルコール使用の評価は、世界保健機関(WHO)によって開発された10項目のスクリーニングツールであるアルコール使用障害識別テスト(AUDIT)を使用することによって行われました。22 この試験では、カットオフスコアは8であり、危険なアルコール使用を示しています。ニコチン依存性についてのFagerstrom試験を使用してタバコの使用を評価した。これは、ニコチンに対する身体的嗜癖の強さを評価するためのゴールドスタンダード機器である。23 12項目のWHO障害評価スケジュール(WHODAS)を使用して、先月の全体的な機能を損なう健康状態による障害のレベルを評価しました。24条件を超えて比較できる総得点を計算することは可能であり、より高い得点はより大きな困難を意味する。生活の質および生活の満足度の簡潔な評価は、生活の質を評価するための十分に検証された手段であるWHOQOL-BREFからの2つの項目を用いて行われました。25年
統計分析
分析にはSPSSバージョン22を使用した。26被験者によって報告された睡眠障害のさまざまなカテゴリの罹患率及び持続時間を決定しました。
社会人口統計学的変数、精神障害(鬱病、不安障害、身体化、危険なアルコール使用およびニコチン依存を含む)の存在、慢性的な医学的疾患、身体障害、生活の質および生活の満足度を睡眠障害のない被験者間で評価、亜臨床多変数バイナリの完全なモデルを用いて、不眠症及び臨床不眠症ロジスティック回帰分析。さらに、一般的なカテゴリーとしての精神障害が不眠症を報告する可能性が非常に高いことを示したので、それぞれの精神障害を評価し、フルモデルで別々に報告した。結果はオッズ比(OR)と95%信頼区間(CI)の形で報告された。すべての検定は両側検定であり、統計的有意性は P < 0.05 に設定した。 結果 大多数の被験者は女性4444人(65.5%)で、平均年齢は41.14歳、標準偏差は11.05人(範囲19〜60歳)でした。 合計1570人(22.4%)の被験者が、評価前の2週間に睡眠障害を患っていると報告しました。これらの被験者のうち、潜在性不眠症は1244人(17.7%)(臨床的に有意な不眠症がない[646人(9.2%)]およびしきい値未満の不眠症[598人(8.5%)])が報告されている。臨床的不眠症は326人の被験者(4.7%)によって報告された(ISIカテゴリーの臨床的不眠症(中等度)[258(3.7%)]および臨床的不眠症(重度)[68(1%)])。症状の期間は49%で6ヶ月を超えました。 フルモデルを用いた多変量解析では、不眠症のない被験者と比較した場合の無症候性および臨床的不眠症の被験者は、高齢、女性の性別、都市の背景、低学歴、慢性内科および精神疾患、より大きな障害および満足度の低い生活。さらに、無症状グループと比較したときに臨床的不眠症を有する対象は、高齢、都市部の背景、低学歴、精神障害およびより大きい障害を有する可能性がより高かった(表2)。 表2。不眠症の被験者の人口統計学と臨床相関⁎ 不眠症なし、N = 5447(77.6%)n(%) 無症候性不眠症、N = 1244(17.7%)n(%) 臨床的不眠症、N = 326(4.7%)n(%) 不眠症と無症候性不眠症の調整後のオッズ比(95%CI ‡) 不眠症対臨床不眠症の調整オッズ比(95%CI ‡) 無症候性不眠症対臨床不眠症の調整オッズ比(95%CI ‡) 年齢(平均 ± SD) 39.8 ± 11.0 45.1 ± 10.1 47.6 ± 8.8 1.02(1.01 - 1.03) 1.04(1.02 - 1.06) 1.03(1.01 - 1.04) 性別 男性 1959年(36.2) 353(28.6) 86(26.8) 1.0 1.0 1.0 女性 3453(63.8) 882(71.4) 235(73.2) 1.68(1.39 - 2.04) 1.93(1.32 - 2.81) 0.98(0.67〜1.44) リビングアレンジ 一人で 125(2.3) 62(5.0) 23人(7.1) 1.0 1.0 1.0 家族 4936(91.2) 1100(88.9) 278(86.3) 0.90(0.57〜1.44) 0.86(0.42〜1.77) 0.71(0.35-1.48) 機関/その他 350(6.5) 76(6.1) 21(6.5) 0.95(0.56〜1.60) 0.88(0.37〜2.05) 0.93(0.39〜2.20) 配偶者の有無 未婚 646(11.9) 87人(7.1) 19(5.9) 1.0 1.0 1.0 既婚 4458(82.0) 988(80.1) 246(76.2) 0.95(0.68〜1.32) 0.76(0.39-1.47) 0.70(0.35〜1.38) 未亡人/離婚 334(6.1) 158(12.8) 58(18.0) 1.07(0.70〜1.61) 0.82(0.70〜1.61) 0.80(0.39〜1.86) レジデンス 都市 2025年(37.5) 654(53.1) 158(49.2) 1.0 1.0 1.0 農村 3391(62.5) 577(46.9) 163(50.8) 0.62(0.53-0.72) 0.55(0.41〜0.75) 0.79(0.58 - 1.08) 社会経済的地位† 貧困線より上 2833(52.2) 645(52.5) 152(47.4) 1.0 1.0 1.0 貧困線以下 2597(47.8) 584(47.5) 169(52.6) 0.92(0.79〜1.07) 0.95(0.70〜1.29) 1.05(0.77〜1.45) 教育 ≤10歳 3792(70.2) 1014(82.2) 266(83.9) 1.0 1.0 1.0 > 10年 1609(29.8) 220(17.8) 51(16.1) 0.79(0.64 – 0.98) 0.64(0.42-0.98) 0.62(0.42-0.98)
雇用
失業者 2934(54.2) 659(53.4) 196(60.7) 1.0 1.0 1.0
雇用された 2483(45.8) 575(46.6) 127(39.3) 0.74(0.62 – 0.87) 0.95(0.68〜1.34) 1.19(0.85〜1.67)
精神障害
不在 5054(92.8) 1005(80.8) 149(45.7) 1.0 1.0 1.0
プレゼント 393(7.2) 239(19.2) 177(54.3) 1.89(1.50〜2.37) 6.50(4.66〜9.07) 2.9(2.1〜4.1)
慢性の医学的病気
不在 3374(61.9) 396(31.8) 82(25.2) 1.0 1.0 1.0
プレゼント 2073(38.1) 848(68.2) 244(74.8) 2.38(2.02 – 2.81) 1.77(1.27 – 2.47) 0.8(0.55〜1.14)
障害スコア(平均 ± SD) 3.1 ± 6.5 6.9 ± 8.2 13.2 ± 10.9 1.04(1.02 – 1.05) 1.06(1.04 – 1.07) 1.05(1.03 – 1.06)
生活の質
良い 3576(66.0) 645(52.3) 95(29.6) 1.0 1.0 1.0
平均 1460(26.9) 422(34.2) 106(33.0) 1.25(0.94〜1.68) 2.17(1.35〜3.48) 1.56(0.96 – 2.54)
悪い 384(7.1) 168(13.6) 120(37.4) 0.99(0.82〜1.20) 1.1(0.74-1.62) 0.98(0.64〜1.49)
人生の満足
満足 3913(72.2) 607(49.2) 68(21.2) 1.0 1.0 1.0
平均 1002(18.5) 350(28.3) 87(27.2) 1.71(1.34 – 2.20) 2.93(1.86 – 4.61) 1.81(1.13 – 2.90)
不満 506(9.3) 277(22.5) 165(51.6) 1.82(1.49 – 2.23) 2.56(1.68〜3.91) 1.40(0.88〜2.22)

欠けている反応は分析から除外されたので、いくつかの特徴についてサンプルサイズが7017に増加しない

インド政府の社会経済的指標

信頼区間
評価された精神障害のそれぞれを完全モデルにおいて別々に分析した場合、臨床不眠症の被験者は不眠症のない被験者と比較してより高い鬱病、不安障害および危険なアルコール使用を有し、無症候性不眠症の被験者は鬱病障害のみのより高いオッズを有した。さらに、無症候性群と比較した場合、臨床的不眠症を有する対象は、不安および鬱病性障害の可能性がより高かった(表3)。
表3。精神障害と不眠症との関連
不眠症なしN = 5447(77.6%)n(%) 亜臨床型不眠症N = 1244(17.7%)n(%) 臨床的不眠症N = 326(4.7%)n(%) 不眠症と亜臨床型不眠症の調整オッズ比(95%CI ‡) 不眠症対臨床不眠症の調整オッズ比(95%CI ‡) 臨床下不眠症対臨床不眠症の調整オッズ比(95%CI ‡)
不安障害 69(1.3) 70(5.6) 87(26.7) 1.51(0.97〜2.35) 3.20(1.87〜5.46) 2.25(1.37–3.69)
うつ病性障害 115(2.1) 108(8.7) 127(39.0) 1.90(1.33–2.71) 7.57(5.01 – 11.46) 3.69(2.47〜5.50)
体化障害 20(0.4) 29(2.3) 29(8.9) 1.24(0.58〜2.63) 2.36(0.99〜5.63) 1.41(0.63〜3.14)
アルコール(有害/依存)の使用 70(1.3) 31(2.5) 18(5.5) 1.27(0.73〜2.20) 2.62(1.16–5.94) 2.06(0.89〜4.75)
たばこ依存症 190(3.5) 63(5.1) 20人(6.1人) 1.42(0.95〜2.12) 1.89(0.92〜3.85) 1.09(0.52〜2.26)

信頼区間
討論
この研究は、インドのケララ州のプライマリーケア参加者における不眠症の有病率と相関関係を報告しています。無症候性および臨床的不眠症は、それぞれ我々の被験者の17.7%および4.7%によって報告された。インドや他の国々からのプライマリーケアの設定からの研究は、しかし10-69%の範囲の率で不眠症のより高い有病率を報告しました(表1)。13、14、15本研究では、「臨床不眠症」の有病率は4.4から6.4パーセントの間で変動するclassificatoryシステムあたりと診断不眠症の速度を報告した疫学研究に匹敵します。4インドからのコミュニティ調査は2つあり、どちらも単一の中心都市クラスターのみを対象としており、15〜18%の割合で報告されています。17、18 我々の調査結果の直接比較は、不眠症のケースを定義するためのサンプルの違い(一般集団対例えば、臨床)、基準を含み、研究間の方法論の違い、ために適切ではないかもしれないが(例えば、症候群対症状)、使用された手段(例えば、自己申告対半構造化面接対構造化評価)、および同じ手段のカットオフスコアの変化。以前に報告されたように、有病率の違いは、睡眠習慣、気候、および不眠症の表現における文化的変動の違いが原因である可能性があります。4
対象のかなりの割合(49%)が6ヶ月以上不眠症の症状を報告しており、彼らの症状は慢性であることを示唆しています。我々の研究では、女性の性別、年齢が高く、学歴が低いことは、以前に報告されたように、不眠症の有病率が高いことと相関していた。4、6 対照的に、配偶者の有無は、分離/離婚されている科目の中でより高いレートを報告した以前の研究とは異なり、不眠症の症状と相関しませんでした。6、14インドでは、文化的に、ほとんどの人は強い家族の絆を保持し、彼らは離婚している場合でも、その拡張家族と生き続ける/不眠症の危険因子として想定される社会的孤立を減らす分離しました。4我々の科目では、社会経済的地位は不眠症と相関しておらず、以前の研究は相反する所見を報告していた。4、6 不眠症は、当社では、より一般的だった都市人口に比べて農村人口おそらく異なるライフスタイルと都会の被験者の間で高いストレスに関連することができます。
けれども断面設計調査のはへに関していかなる結論排除因果関係を、臨床不眠症やサブ臨床不眠症を報告した被験者は、負の相関の数を持っていました。我々の研究では、臨床的および無症候性不眠症の両方を有する対象は、精神障害および慢性病状の割合がより高かった。多くの以前の研究は、不眠症を有する対象におけるこの強い関連性を報告しているが、これは閾値下特徴を有する対象においてまばらに研究されたままである。8、 9、 10、 14 不眠症は、気分、不安のリスク増加が注目されてきた物質使用障害を、そうも不眠症、これらの疾患の症状として起こります。8、 9 不眠症とサブスレッショルド不眠症と研究における患者は、より高い障害スコアと生活との貧弱な満足感を持っていました。障害スコアはまた、症状の重症度の増加がより高い罹患率と関連していることを示し、最高スコアが臨床的不眠症を有する群について報告されている。地域社会においてもプライマリケアにおいても、不眠症を有する対象において、身体障害および生活に対する満足度の低さが以前に報告されている。2、 14はこのように、不眠症で私たちの被験者の中で報告された相関関係はほとんどが世界中で行われる類似の研究の調査結果に同意します。さらに我々の研究では、無症候性不眠症の被験者でも臨床不眠症群と比較して障害スコアが低いにもかかわらず同様の負の相関関係を示し、無症候性不眠症の患者でも罹患率の低下に役立つ可能性がある。
報告された調査結果は、調査の長所と限界を踏まえて検討されなければなりません。報告された調査結果は、PHCが無作為に選択された大規模なサンプルからのものであるため、プライマリケアの参加者に一般化することができます。調べた相関関係の多くはインドから初めて報告されたものです。訓練を受けた要員が構造化楽器を使用したが、その楽器は簡潔だった。最近の多くの研究でISIの優れたカットオフスコアが報告されていますが、インドの人口ではカットオフスコアが確立されていないため、元のカットオフスコアを選択しました。質と生活の満足度の評価は、この複雑な構成を評価するのに十分ではなかったかもしれない単一の質問をすることによるものでした。この研究の断面デザインは、不眠症と検査された相関との間の因果関係のいかなる結論も排除する。最後に、ケララ州のプライマリケア参加者による我々の調査結果は、インドの他の地域や地域に容易に一般化することはできないかもしれません。
結論と今後の方向性
この研究は、臨床的および無症候性の両方の不眠症がインドでプライマリケアを受けている被験者の間で珍しくないことを示しています。さらに、医学的/精神医学的領域における有意な負の相関関係を有する不眠症(および無症候性不眠症)とより高い障害との関連は、インドのような発展途上国における焦点がほとんどないにもかかわらず、主要な公衆衛生上の懸念として不眠症を示唆する。これを考えると、国内の不眠症についての研究と国民の認識を優先させる必要がある。予防を含む効果的な介入を実施するためには、地域での有病率とその相関関係を推定することが非常に必要です。無症候性不眠症についてのより大きな研究および改善された臨床医の認識に対する必要性がある。最後に、インドのような発展途上国における不眠症の早期認識と治療を確実にするために、医療専門家、管理者そして政策決定者を含む様々な利害関係者を敏感にすることが必要です。
利益相反
無し。
謝辞
この研究は、インドのNational Health Mission(Kerala)によって資金提供されました。資金提供者は研究デザインにおいて役割を果たしていなかった。データの収集、分析および解釈 報告書の執筆中。そして出版のために記事を提出するという決定において。
著者は、アンケートの管理に携わっていたNational Health Mission(Kerala)のBlock PROと、データ入力を手伝ってくれたShri Ajayakumarとチームに感謝します。
参考文献
1
DA Katz 、CA McHorney
慢性疾患患者における不眠症と健康関連QOLとの関係
J Fam Pract 、51 (3 )(2002 )、pp。229 – 235
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
2
D. レガー、V. バイヨン
不眠症の社会的費用
睡眠メッドするRev 、14 (6 )(2010 )、PP。379 – 389 、10.1016 / j.smrv.2010.01.003
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
3
D. レジェ、M. Partinen 、M. Hirshkowitz 、S. Chokroverty 、J. Hedner
プライマリケア設定における不眠症の特性:10カ国から5293人の不眠症のEQUINOX調査
睡眠メッド、11 (10 )(2010 )、PP。987 – 998 、10.1016 / j.sleep.2010.04.019
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
4
MM Ohayon
不眠症の疫学:私たちが知っていることとまだ学ぶ必要があること
睡眠メッド改訂、6 (2 )(2002 )、頁97 – 111 、10.1053 / smrv.2002.0186
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
5
K. キム、M. 内山、M. 大川、X. 劉、R. 荻原
日本人一般集団の中で不眠症の疫学調査
睡眠、23 (1 )(2000 )、41 – 47ページ
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
6
Y.-T. 翔、X. 馬、Z.-J. CAI 、ら。
中国の北京の農村部および都市部における不眠症の有病率、その社会人口統計学的および臨床的相関、ならびに治療:一般集団ベース調査
Sleep 、31 (12 )(2008 )、pp。1655 – 1662
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
7
D. レジェ、C. Guilleminault 、JP ドレフュス、C. ドライエ、M. パイヤール
フランス12人の778成人の調査における不眠症の流行
JスリープRES 、9 (1 )(2000 )、頁。35 – 42 、10.1046 / j.1365-2869.2000.00178.x
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
8
EO ジョンソン、T。 ロス、N。 ブレスラウ
不眠症と不安障害および鬱病との関連性:リスクの方向性の探究
J Psychiatr RES 、40 (8 )(2006 )、PP。700 – 708 、10.1016 / j.jpsychires.2006.07.008
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
9
N. ブレスラウ、T. ・ロス、L. ローゼンタール、P. Andreski
睡眠障害や精神疾患:若年成人の長手方向の疫学調査
BIOL精神医学、39 (6 )(1996 )、PP。411 – 418 、10.1016 / 0006から3223(95)00188から3
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
10年
DA Katz 、CA McHorney
慢性疾患患者における不眠症の臨床的相関
アーチインターンメッド、158 (10 )(1998 )、頁。1099 – 1107 、10.1001 / archinte.158.10.1099
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
11
MR ・ロドリゲス、R. ヌエボ、S. Chatterji 、JL Ayuso・マテオス
定義とサブスレッショルド抑うつ状態と関連要因:系統的レビュー
BMC精神医学、12(2012)、p。181 、10.1186 / 1471-244X、12から181まで
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
12年
CM モリン、M. ルブラン、M. デイリー、JP グレゴワール、C. Mérette
不眠症の疫学:有病率は、自助治療、相談、およびヘルプを求める行動の決定
スリープメッド、7 (2 )(2006 )、頁123 – 130 、10.1016 / j.sleep.2005.08.008
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
13年
T. Shochat 、J. Umphress 、AG イスラエル、S. Ancoliイスラエル
プライマリーケア患者における不眠症
Sleep 、22 (suppl 2 )(1999 )、pp。S359 – S365
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
14年
GE Simon 、M. VonKorff
プライマリケアにおける不眠症の罹患率、負担、および治療
Am J Psychiatry Wash 、154 (10 )(1997 )、pp。1417 – 1423
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
15年
W. のHu 、P. クラウゼ、M. Höfler 、ら。
NISAS-2000:「全国的な不眠症スクリーニングと意識調査」プライマリケアにおける有病率と介入
FortschritteメッドORIG 、119 (1 )(2001 )、頁9 – 19
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
16
S. Bhaskar 、D. Hemavathy 、S. プラサド
成人患者における慢性不眠症の有病率と医療併存疾患との相関関係
Jファムメッドプリムケア、5(4)(2016)、p。780 、10.4103 / 2249から4863.201153
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
17年
S. パンダ、AB TALY 、S. シンハ、G. Gururaj 、N. Girish 、D. ナーガラージャ
睡眠関連疾患南インドの健常者集団の中で
Neurol India、60(1)(2012)、p。68 、10.4103 / 0028から3886.93601
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
18年
S. ロイ、A. Bhattacharjee 、C. Chakraborti 、R. シン
西ベンガル州の都市人口における不眠症の有病率:コミュニティベースの横断的研究
Int Jメッド公衆衛生、5 (4 )(2015 )、頁293 – 296 、10.4103 / 2230から8598.165953
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
19年
D・ レジェ、B・ ポウサイン、D・ ノイバウアー、内山M.
一般住民の睡眠障害に関する国際調査
CURRメッドRES OPIN 、24 (1 )(2008 )、PP。307 – 317 、10.1185 / 030079907X253771
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
20
CH バスティアン、A. Vallières 、CM モリン
不眠症研究の成果尺度として不眠重症度指標の検証
睡眠メッド、2 (4 )(2001 )、PP。297 – 307 、10.1016 / S1389-9457(00)00065から4
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
21
K. Kroenke 、RL スピッツァー、JBW ウィリアムズ、B。 ローウェ
患者の健康に関するアンケート身体的、不安、およびうつ症状のスケール:系統的レビュー
GEN HOSP精神医学、32 (4 )(2010 )、PP。345 – 359 、10.1016 / j.genhosppsych.2010.03.006
記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース
22
JB サンダース、OG Aasland 、TF Babor 、JR ・デ・ラ・フエンテ、M. グラント
アルコール使用障害識別テストの開発(AUDIT):WHO共同プロジェクト有害なアルコール消費者の早期発見に- II
中毒、88 (6 )(1993 )、791 – 804 頁
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
23
TF ヘザートン、LT コズロウスキー、RC Frecker 、K.-O. Fagerstrom
ニコチン依存症に対するFagerstrom検定:Fagerstrom耐性質問票の改訂
BR Jアディクト、86 (9 )(1991 )、頁。1119 – 1127 、10.1111 / j.1360-0443.1991.tb01879.x
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
24
TB Üstün 、S. Chatterji 、N. Kostanjsek 、ら。
世界保健機関の障害者アセスメントスケジュール2.0の策定
Bull World Health Organ 、88 (11 )(2010 )、815 – 823 頁、10.2471 / BLT.09.067231
Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード
25年
A. ハーパー、M. パワー、J. オーレイ、ら。
世界保健機関WHOQOL-BREF QOL評価の開発
Psycholメッド、28 (3 )(1998 )、頁551 – 558 、10.1017 / S0033291798006667
Scopus Google Scholarでレコードを表示する
26
SPSS
I
IBM SPSS Statistics 22
アルゴリズムChic IBM SPSS Inc (2013 )
Google Scholar

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2352721817302279

関連記事はこちら