このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

不眠症は自殺の強力な予測因子です。

4つのサンプルの説明要因として、妨害された帰属を調べます。

不眠症は、禁断の帰属および自殺傾向と有意に関連していた。

禁じられた帰属は不眠症と自殺の関係を説明した。

不安は不眠症と自殺の関係を有意に説明しなかった。
抽象
バックグラウンド
不眠症は自殺念慮と行動の強い相関です。予備調査では、不眠症と自殺念慮の間の説明的なリンクとして、妨害された帰属(社会的断絶を参照)が確認されています。
目的
この研究は、人口統計学的に多様な4つのサンプルで、横断面デザインと縦断デザインの両方を使用して、以前の知見を複製し拡張します。さらに、妨害された帰属の特異性は、ライバルメディエータとして不安をテストすることによって評価されました。
方法
不眠症の症状、所属の阻害、自殺念慮と自殺行動、不安の自己申告による測定を4つの成人サンプル、469人の学部生、352人の精神科外来患者、858人の消防士、および217人のプライマリケア患者で実施した。
結果
より重度の不眠症は、より重度の阻止された帰属および自殺傾向と関連していた。禁断の帰属は、不安を超えて、横断的および縦断的に、不眠症と自殺傾向との間の関連を有意に説明した。特に、所見は阻止された帰属の特異性を支持した:不安は不眠と自殺の関連を有意に媒介せず、不眠は阻止された帰属と自殺の関係を媒介しなかった。
制限事項
この研究は自己申告措置のみに頼っていた。客観的な睡眠測定を組み込んだ将来の研究が必要です。
結論
調査結果は、自殺リスクを軽減するために睡眠障害および社会的切断を評価し対処することの有用性を強調しています。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症睡眠障害阻止された帰属自殺念慮自殺行動不安
©2016 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165032716311302