このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
就寝前のなだめるような音楽介入と、夜間の音楽と組み合わせたトレッドミルの活発な歩行運動が慢性不眠症の座りがちな高齢者の睡眠の質に及ぼす影響を検討すること。
バックグラウンド
睡眠を改善するための補完的介入の使用を支持する証拠があります。台湾の高齢者にはほとんど適用されません。
方法
クロスオーバー対照試験を用いて、50〜75歳の38人の参加者が音楽介入/活発な歩行シーケンスまたは活発な歩行/音楽介入シーケンスに無作為に割り当てられた。各参加者は2回の介入セッションを完了した(1週間の間隔を空けて)。各介入は30分続いた。脳波検査(EEG)と質問票で拡張したアクティグラフを用いて睡眠の質を評価した。
結果
どちらの介入も、不眠症の成人の主観的な睡眠の質に有益な効果を示しました。また、就寝前になだめるような音楽を聴くことは、夜間の活発な歩行と比較して、EEGによって測定される入眠後の覚醒時間を有意に短縮した。
結論
この研究で適用される介入は、不眠症の高齢者に対するエビデンスに基づく看護介入として適用することができます。
前の記事次の記事
キーワード
音楽不眠症運動ピッツバーグ睡眠品質指数脳波
資金:本研究は、台湾のTzu Chi大学からの助成金(TCRPP101001)によって資金提供された。
相反する利益の宣言:著者による利益相反の宣言はありません。
©2016 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0897189716300313