このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
不眠症の影響は、個人が感じる機能障害の身体的および心理的状態をもたらします。本研究の目的は、不安鬱症状および不眠症を呈する患者の場合に適用される催眠療法および緩和介入の効果を調査することであった。61人の患者のサンプル(Mage = 41.8; SD = 11.17)は、不安、鬱病および不眠症の測定を完了した。我々の調査結果は、緩和と臨床催眠術のテクニックを含む心理療法的介入が一次または二次不眠症を経験している不安 – 抑うつ症状患者の間で肯定的な結果につながることを明らかにしました。
前の記事次の記事
キーワード
催眠術くつろぎ不安不眠症。
全文をPDFでダウンロードする
参考文献
ブノワとゴールデンバーグ、2004年
Benoit、O、Goldenberg、F.(2004)。L’insomnie chronique [慢性不眠症]。エルゼビア・マッソン。
Google Scholar
シャベス、2000
Chaves、J.、F.(2000)。病状に関連する不安の管理における催眠とその治療 Mostofskyでは、David I.(Ed); Barlow、David H.(編)、医学的障害におけるストレスと不安の管理、(pp。119-142)。ニーダムハイツ、マサチューセッツ州:アリン&ベーコン。
Google Scholar
診断、1994
精神障害の診断と統計のマニュアル、第4版。(1994)。ワシントンDC:アメリカ精神医学会。
Google Scholar
証拠、2005年
証拠報告成人における慢性不眠症の徴候と管理 (2005)。作成者:アルバータ大学エビデンスベースのプラクティスセンターエドモントン、カナダ、アルバータ州。AHRQ公開番号05 − E021−2。
Google Scholar
ギルバートソンとケンプ、1992
Gilbertson、AD&Kemp、K.(1992)。不安状態の治療における催眠術の使用 心理医学、10、13-20。
Google Scholar
グッドウィンとジャミソン、1990
Goodwin、FK、Jamison、KR(1990)。躁うつ病。ニューヨーク:オックスフォード。
Google Scholar
Graci and Hardie、2007年
Graci、G.、M.&Hardie、J.、C.(Jul 2007)。睡眠障害管理のためのエビデンスに基づく催眠療法 臨床および実験催眠術の国際ジャーナル、55(3)、288-302。
Google Scholar
Flammer and Bongartz、2003
Flammer、E.&Bongartz、W.(2003)。催眠術の有効性についてメタ分析的研究 現代の催眠術、20、179-197。
Google Scholar
ハミルトン、1959年
Hamilton、M.(1959)。評価による不安状態の評価 医学心理学のブリティッシュジャーナル、32、50-55。
Google Scholar
2009年Holdevici
Holdevici、I.(2009)。Hipnoza clinici、エド。Trei、Bucureşti。
Google Scholar
Kales et al。、1984
Kales、J。、Kales、A。、Bixler、EO、Soldatos、CR、Cadieux、RJ、Kashurba、GJおよびVela-Bueno、A。(1984)。不眠症の生心理行動学的相関 V:臨床的特徴と行動の相関関係 Am J Psychiatry; 141(11)、1371-1376。
Google Scholar
Knight et al。、1997
Knight、RG、Williams、S.、McGee、R.、&Olaman、S.(1997)。中年女性のサンプルにおける疫学研究センターうつ病尺度センター(CES ‐ D)の心理測定的性質 Behavior Research&Therapy、35(4)、373-380。
Google Scholar
Kummer et al。、2010
Kummer、A。、Cardoso、F。およびTeixeira、AL(2010年)。パーキンソン病における全般性不安障害とハミルトン不安評価尺度 Arquivos de Neuro-Psiquiatria、68(4):495-501。
Google Scholar
Marchini et al。、1983
Marchini、E。、Coates、TJ、Magistad、JG&Waldum、SJ(1983)。不眠症患者は日中何をし、考え、そして感じますか?予備調査 眠り、6:147-155。
Google Scholar
Michaux et al。、2007
Michaux、D.、Halfon、A.&Wood、C.(2007)。Manuel d’hypnoseは、[職業催眠術ハンドブック]、Edを参照してください。マロイン、パリ。
Google Scholar
モリン、1993
Morin、CM(1993)。不眠症:心理学的評価および管理。ニューヨーク:ギルフォードプレス。
Google Scholar
ラドロフ、1977
ラドロフ、LS(1977)。CES ‐ D尺度一般集団における研究のための自己申告うつ病尺度 アプライド心理測定、1,385-401。
Google Scholar
Roberts et al。、1989
Roberts、R.、Vernon、S.、W。およびRhoades、HM(1989)。精神科患者に対するCES ‐ Dの信頼性と妥当性に対する言語と民族的地位の影響 Journal of Nervous and Mental Disease、177、581-592。
Google Scholar
ロバートソン、2012年
Robertson、D.(2012)。認知行動催眠療法の実践:証拠に基づく臨床的催眠術のためのマニュアル、Karnac Books
Google Scholar
スミス、1990
WH、スミス(1990)。不安の治療における催眠 Menningerクリニックの速報、54、209-216。
Google Scholar
Taylor et al。、2007
Taylor、DJ、Mallory、LJ、Lichstein、KL、Durrence、HH、Riedel、BW&Bush、AJ(2007)。医学的問題を伴う慢性不眠症の合併症 30(2)、213-218をスリープさせます。
Google Scholar
Zammit et al。、1999
Zammit、GK、Weiner、J。、Damato、N。、Sillup、GP、McMillan、CA、(1999)。不眠症の人々の生活の質。寝ます。22(2):379−385。
Google Scholar
2006年ヤプコ
Yapko、M.、D.(2006)。反すう動物性うつ病に関連した不眠症への対処における催眠術の利用 ヤップコでは、マイケルD.(エド)、催眠術と。うつ病の治療:臨床診療への応用、(pp。141-159)。ニューヨーク、ニューヨーク:Routledge / Taylor&Francis Group。
Google Scholar

応用実験心理学のルーマニア協会の責任の下での選択と査読。
著作権©2014作者。エルゼビア株式会社発行

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1877042814024069