このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
目的
その目的は、偶発性および持続性不眠症における精神的および身体的状態の役割を調査することでした。
設計
これは1 。5 年にわたる3つの測定点に関する前向き研究でした。
設定
参加者には自宅の住所に調査が送られました。
参加者
調査は2つのスウェーデンの郡の5000人のランダムな個人(18-70歳)に送られました。ベースライン質問票に回答した人々(n = 2333)には、2つの追跡調査(6 ヶ月後および18 ヶ月後)が送られ、それぞれ1887人および1795人が完了した。
測定値
この調査には、社会人口学的要因および不眠症の総体症状、病院の不安とうつ病の尺度、12種類の体調(心疾患や頭痛など)の評価項目に関する質問が含まれていました。
結果
ベースラインうつ病、頭痛、精神医学的および身体的状態の数は、不眠症の独立した危険因子であることがわかった。また、鬱病および心臓病の状態の悪化、ならびに経時的な状態の数の増加は、不眠症発生の危険性を増大させた。不安; うつ病。首、背中、または肩の痛み。そしてベースライン時の頭痛は、持続性不眠症の人々と持続性正常睡眠の人々との間を有意に区別することがわかった。持続的な不眠症の人たちはまた、持続的な通常の睡眠の人たちと比べて、より多くの状態を報告しました。精神医学的または身体的状態のいずれも、不眠症の寛解と比較して不眠症の持続と関連することは見出されなかった。
結論
現在の研究は、精神状態と体性状態の両方が発生率に関与しているが不眠症の持続には関与していないことを示唆している。結果の臨床的および理論的意義について説明します。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症精神科体性入射持続性危険因子
© 2016 National Sleep Foundationを代表してElsevier Inc.によって公開されています。全著作権所有。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2352721816300341