このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

バックグラウンド
不眠症は非常に流行しており、そして損なわれているだけでなく、他の慢性的な身体的/精神的な障害とも非常に合併している。人口ベースの研究は、それ自体が不眠症に独自に関連する役割障害と併存疾患による障害とをまだ区別していない。
方法
米国の大規模な商業用健康保険プランへの6791人の成人加入者の代表的なサンプルが、睡眠と健康について電話で調査されました。不眠症と併存することが以前にわかっていた21の条件は、医療/薬局クレームデータと検証された自己申告尺度で評価されました。DSM-IV-TR、 ICD-10の包含基準、および研究診断基準/ 睡眠障害の国際分類に従って、完全に構造化された、臨床的に検証された尺度である簡単な不眠症アンケート:診断およびコーディングマニュアル、第2版。世界保健機関の障害アセスメントスケジュールⅡでは、健康上の問題により回答者が通常の日常活動を行うことができなくなった過去30日間の日数を評価しました。回帰分析は、不眠症と、役割を失う日数を制御する併存疾患との関連を推定した。
結果
不眠症は、グロスモデルにおいて、役割外日数(.90日/月)と有意に関連していた。コントロールが併存症のために導入されたとき(0.42日/月)、関連は減少した。この正味の関連付けは、併存疾患の数や種類によっては異なりませんでしたが、35歳以上の回答者に限定されていました。不眠症は、それが最大平均休業日数の間で関連していた個人レベルだけでなく、全日数の13.6%と関連していた総合レベルでも研究された最も重要な条件の1つでした。ロールアウト
結論
不眠症は、併存疾患の関数として変化しない、役割日数との強い正味の関連を有する。
前の記事次の記事
キーワード
併存症ロールアウト日疫学不眠症知覚健康役割障害
著作権©2011生物学的精神医学会。Elsevier Inc.が発行します。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S000632231100816X