このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
不眠症は不安、抑うつ、および経験の異常の潜在的な原因です。別の研究では、不安、抑うつおよび経験の異常がパラノイアの予測因子であることが示されています。したがって、不眠症は迫害観念の形成と維持に貢献するかもしれません。目的は、初めて一般集団における不眠症の症状と妄想の関連性や迫害を持つ個人で不眠症の範囲検討することであった妄想出席精神科サービスを。不眠症、迫害観念、不安、および鬱病の評価は、一般集団からの300人の個人および迫害妄想および非感情的精神病の診断を受けた30人の個人によって完了された。不眠症の症状は、迫害思想の高レベルと明らかに関連していました。パラノイアの理論的理解と一致して、協会は不安と鬱病の存在によって部分的に説明されました。中等度または重度の不眠症は、妄想グループの50%以上に見られました。この研究は、不眠症が高レベルのパラノイアを持つ人に共通しているという最初の直接的な証拠を提供します。睡眠障害が迫害観念の発達に寄与することはもっともらしい。
前の記事次の記事
キーワード
妄想迫害パラノイア不眠症精神病
1 。前書き
臨床経験は、迫害妄想を持つ多くの個人が睡眠を開始しそして維持することに困難を持っていることを示します。問題の程度は報告されていません。多くの場合、不眠症は単に日中の活動不足と就寝前の早期退職の結果です。しかし、不眠症とパラノイアとの関係は、臨床的および理論的に大きな関心を抱く可能性があります。不眠症のストレスの多い経験は、迫害観念を駆り立てる気分の低下および経験の異常につながる可能性があります。興味深い臨床的意義は、睡眠障害に対する単純で十分に確立された介入が妄想的な経験を減らすかもしれないということです。
睡眠障害がパラノイアの発症に関与しているという考えと一致する証拠があります。不眠症は感情障害の発症の危険因子であり(Ford and Kamerow、1989、Breslau et al。、1996、Morphy et al。、2007)、日中の気分障害との関連が繰り返し実証されている(Riedel and Lichstein、2000、Buysse et al。、2007)。別の研究では、パラノイアは悪影響と密接に関連しており(Freeman et al。、2008b、Bentall et al。、印刷中)、一種の不安恐怖とさえ見なされています(Freeman and Freeman、2008)したがって、不眠症は、パラノイアにつながる否定的な気分の原因の1つかもしれません。知覚的歪みや幻覚などの経験の異常もまた、パラノイアの主な原因と考えられています(Maher、1988、Freeman et al。、2008a)。それゆえ、睡眠不足が一時的な精神病のような経験を生み出すことが長い間注目されてきたことは密接に関係している(Lubyら、1960年、Westら、1962年)。睡眠障害は、統合失調症の一般的な前駆症状であり(Birchwoodら、1989、Yung and McGorry、1996)、そして未治療の統合失調症患者においてさえ、睡眠潜時の増加および総睡眠時間の減少の証拠がある(Chouinardら、2004)。)神経生物学的レベルでは、統合失調症の陽性症状の根底にあると考えられる線条体におけるドーパミンD2受容体の過剰活性も覚醒を増強することが示唆されている(MontiおよびMonti、2005)。
最近の研究は、妄想的思考が以前に考えられていたよりも一般集団においてはるかに一般的であることを示している(Freeman et al。、2008b)。不眠症の高い有病率は長い間認められてきた。一般集団の約30%が不眠症の症状を経験しており、このグループの3分の1が慢性不眠症を患っている(Ohayon、2002、Walsh、2004、Morin et al。、2006)。この睡眠障害は不安および鬱病に関連する(Taylorら、2005年、Breslauら、1996年、Bucknerら、2008年)。; 確かに、転倒または眠り続けることの困難は、鬱病、全般性不安障害、および心的外傷後ストレス障害の診断の症状である(APA、2000)。現在の研究では、目的は迫害観念と不眠症が関連しているかどうかを決定することでした。コミュニティサンプルを使用して、ある範囲のパラノイアの重症度を求め、神経弛緩薬治療および高レベルの不活動の問題を回避しました。同時に精神病のための精神科サービスに参加している迫害妄想を持つ患者のグループにおける不眠症の発生も調べられました。
2 。方法
2.1 。参加者
コミュニティサンプルは300人の個人で構成されました。3つのエントリー基準がありました:18歳以上。英語で読み書きできます。そして、重度の精神疾患(統合失調症、双極性障害など)の治療歴はありません。サンプルは、キングスカレッジロンドンのリサーチスタディを宣伝するチラシの地方郵便番号への配布によって募集されました。チラシに回答した人々は、電話で入国基準について選別された。その後、アンケートはKing’s College Londonで、郵便での返品またはインターネットのWebサイト(選別された個人のみ利用可能)によって記入されました。臨床グループは、サウスロンドンおよびMaudsley NHS Foundation Trustの成人サービスから募集されました。参加基準は、Freeman and Garety(2000)の基準を満たす現在の迫害妄想の存在であった。そして、統合失調症、統合失調症 – 感情障害、または妄想性障害(すなわち、非感情的精神病)の臨床診断。
2.2 。対策
2.2.1。不眠症重症度指数(ISI)(Bastien et al。、2001)
ISIは精神障害の診断と統計の手引き(APA、1994年)の不眠症の基準に基づく7項目の自己申告アンケートです。この尺度は、入眠および睡眠維持の困難、それに伴う苦痛、ならびに日常の機能への干渉を評価する。各項目は0から4のスケールで評価されます。期間は過去2週間です。より高いスコアは不眠症の症状の存在を示す。この尺度は、睡眠障害診療所に通う200人以上の個人のサンプルで評価され、不眠症の研究で繰り返し使用されてきた(Bucknerら、2008年、Savardら、2005年、Bernertら、2007年)。)このアンケートは、毎日の睡眠日記、その他の重要な報告、および臨床医による評価との収束的な妥当性を示しています。現在の研究では、この尺度は高い内部信頼性を示しました(Cronbach のAlpha = .89)。スコアの解釈に関するガイドラインは、臨床的に有意な不眠症(0〜7)、閾値以下の不眠症(8〜14)、中程度の重症度の臨床的不眠症(15〜21)、および深刻な臨床的不眠症(22〜28)です。
2.2.2。睡眠-50アンケート(Spoormaker et al。、2005)
Sleep-50 Questionnaireの9項目の不眠症のサブスケールは、過去1ヶ月の間に落ちて眠り続けることの困難性を評価しますが、日常の機能の妨げにはなりません。各項目は1〜4の尺度で評価される。より高いスコアは不眠症の症状の存在を示す。スケールは、400人の学生と250人の睡眠クリニック患者のサンプルで心理測定的に評価された。現在の研究では、はかりの内部信頼性は高かった(Cronbach ‘s Alpha = .88)。臨床的不眠症は、19以上のスコアによって示される。
2.2.3。Green et al。妄想思考尺度 – パートB(Green et al。、2008)
G-PTSパートBは、過去1か月間の迫害観念の発生を自己報告したものです。16の項目(例えば、「私は私に対して陰謀があると確信していた」、「ある人は私に代わってそれを持っていた」、「私は間違いなく迫害された」)は1から5までの尺度で評価されます。迫害観念の明確な定義へ(Freeman and Garety、2000)。合計スコアは16〜80の範囲です。スコアが高いほど、迫害思考のレベルが高いことを示します。質問票は、臨床集団および非臨床集団の両方での使用について心理測定的に評価されている。スケールの内部一貫性およびテスト – 再テストの信頼性は良好です。パラノイアスケールとの収束的妥当性(Fenigstein and Vanable、1992) 示されています。現在の研究では、この尺度は非常に高い内部信頼性を持っていました(Cronbach’s Alpha = .94)。
2.2.4。うつ病不安ストレススケール(Lovibond and Lovibond、1995)
DASSは、過去1週間のうつ病、不安、およびストレスの症状を測定する3つのサブスケールを持つ42項目の器具です。各サブスケールは、0 から3までのスケールを持つ14個の項目で構成されています(0 = まったく私には当てはまりません、3 = 私にはとても当てはまります)。スコアが高いほど、精神的苦痛のレベルが高いことを示します。この尺度は、大規模な臨床集団および非臨床集団において信頼性があり有効であることが示されている(Brownら、1997、CrawfordおよびHenry、2003、Pageら、2007)。不安とうつ病のサブスケールを使用した。それぞれが現在の研究において非常に高い内部信頼性を示した(不安クロンバッハのアルファ = .91、うつ病クロンバッハのアルファ = .96)睡眠障害を評価する尺度上の項目はありません。
2.3 。分析
分析は、Stataバージョン10.0(StataCorp、2008)を用いて行われた。)目視検査は、コミュニティサンプルにおける迫害観念、不安および鬱病の測定値がすべてかなりの正の歪みを示したことを示した。46.7%、34.3%および31.0%が、それぞれ、パラノイア、うつ病および不安の尺度についての最低スコアを有していた。したがって、これらの変数は序数カテゴリーに再コード化されました:パラノイア(16、17–20、21–24、25–28、29 +)、うつ病(0、1–3、4–6、7–9、10–12、13) +)、不安(0、1 – 3、4 – 6、7 – 9、10 +)。主な分析は、従属変数としてパラノイアを用いた(Stata ologitコマンドを使用した)順序ロジスティック回帰でした。第一段階では、不眠症が独立変数でした(年齢、性別、および職業状態を管理する)。第二段階では、うつ病が追加の独立変数として追加されました。最終段階で不安がモデルに追加されました。この手順は、各不眠症尺度に対して別々に行われた。欠落データはありませんでした。3つのケースでデータが欠落している民族性と教育レベルのデータを追加してモデルを繰り返したが、結果は変更されなかった。95%信頼区間(CI)が報告されています。
3 。結果
3.1 。コミュニティグループ
コミュニティグループは140人の男性と160人の女性で構成されていました。平均年齢は37.7歳(SD = 12.5 歳)であった。報告された民族は、白人(n = 216)、黒人カリブ人(n = 16)、黒人アフリカ人(n = 18)、黒人 – その他(n = 6)、インド人(n = 6)、パキスタン人(n = 1)であった。 )、その他(n = 35)。116人の参加者がフルタイムで働いており、70人がパートタイムで働いており、13人が引退し、64人が失業者、そして47人が学生でした。学歴はなし(n = 19)、GCSE(n = 19)です。 57)、AS / Aレベル(n = 41)、卒業証書(n = 32)、学位(n = 97)、大学院学位(n = 53)。
測定値のスコアを表1に示します。不眠症重症度指数に基づくと、216人(72%)の参加者は臨床的に有意な不眠症を有さず、62人(20.7%)の参加者は閾値下不眠症を有し、17人(5.7%)の参加者は中等度の重症度の臨床不眠症を有し、5人(1.7%)の参加者重度の臨床的不眠症がありました。そのため、コミュニティサンプルの28%にある程度の睡眠障害がありました。ISIとSleep-50不眠症スコアの間には高い相関関係があり、r = .83、p < .001。46人(15.3%)が潜在的な臨床的不眠症を示しており、Sleep-50でカットオフを超えた。 表1。アンケートスコア コミュニティグループ(N = 300) 迫害妄想グループ(N = 30) 平均 SD 最小 – 最大 平均 SD 最小 – 最大 不眠症の重症度インデックス 5.90 5.17 0〜28 15.07 7.34 0〜27 睡眠 – 50不眠症 13.89 4.95 9〜35 23.07 8.44 11〜36 GPTS – パートB(迫害観念) 19.94 7.85 16〜73 65.27 13.49 39〜80 ダス – うつ病 4.42 6.99 0〜42 26.63 11.17 2〜41 ダス – 不安 3.32 5.56 0〜38 21.93 10.90 4〜41 パラノイアと不眠症の関連性を調べる通常のロジスティック回帰を表2に報告します。。不眠症の規模とパラノイアとの強い関連性があります。結果の解釈については、不眠症尺度のオッズ比は一点変化を指すことを忘れないでください。不眠症重症度指数の10ポイントの増加は、パラノイアカテゴリーの増加に対するオッズ比4.4と関連しています(1.16の10乗)。睡眠-50尺度での10ポイントの増加は、パラノイア序数スケールに沿った増加に対するオッズ比6.2と関連しています。最も高いカテゴリーのパラノイアスコアのもののうちの70%は、ISIによって評価されるように、少なくとも閾値未満の不眠症の困難性を有していたが、これは、いかなるパラノイダルイデーションもない参加者のわずか17%の場合であった。Sleep-50質問票では、最も高いパラノイアカテゴリーの59%が不眠症のカットオフを上回りました。最も低いパラノイアカテゴリーの8%だけが同じように採点しました。うつ病が回帰モデルに追加されると、不眠症とパラノイアとの関係は減少するが、パラノイアスコアを予測することに対する各変数の独自の寄与があることが分かる。不安が加わると、不眠症とパラノイアの関係はさらに大幅に減少し、ISIにとって統計的に有意ではなくなります。 表2。従属変数としてパラノイアを用い、年齢、性別、および職業状態を管理する、コミュニティサンプル( N = 300)の順序ロジスティック回帰 オッズ比 p値 95%CI 不眠症の重症度指数 1.16 < .001 1.11、1.22 不眠症の重症度指数 1.09 < .001 1.04、1.15 うつ病 1.73 < .001 1.46、2.03 3.不眠症の重症度指数 1.04 .180 .98、1.09 うつ病 1.33 0.002 1.11、1.60 不安 2.22 < .001 1.67、2.96 睡眠50不眠症 1.20 < .001 1.14、1.26 睡眠 – 50不眠症 1.13 < .001 1.07、1.19 うつ病 1.67 < .001 1.41、1.97 睡眠50不眠症 1.07 0.024 1.01、1.13 うつ病 1.31 0.004 1.09、1.58 不安 2.12 < .001 1.59、2.82 3.2 。臨床グループ 迫害妄想グループは18人の男性と12人の女性で構成されていた。平均年齢は44.2歳(SD = 11.7)。報告された民族は、白人(n = 16)、黒人カリブ人(n = 3)、黒人アフリカ人(n = 5)、黒人 – その他(n = 3)、インド人(n = 1)、その他(n = 1)であった。 2)。22人の患者が失業し、3人がパートタイムで働いており、3人が引退し、そして1人が学生でした。学歴はなし(n = 6)、GCSE(n = 10)、AS / Aレベル(n = 5)、卒業証書(n = 5) 6)、学位(n = 1)、大学院学位(n = 2)。診断は:統合失調症(n = 24)、統合失調症- 感情障害(n = 4)および妄想性障害(n = 2)であった。抗精神病薬の投薬データは、低用量(0〜200 mg)、中濃度(200〜400 mg)、高濃度(≥)に分類されたクロルプロマジン同等物に変換されました 400mg)。1人は薬を服用しておらず、11人は低用量、14人は中用量、4人は高用量でした。7人の患者がクロザピンを服用し、17人の患者が他の非定型抗精神病薬を服用し、そして5人が典型的な抗精神病薬を服用していました。5人の患者が2種類の抗精神病薬を処方されていました。 ISIによって評価された迫害妄想群における不眠症の有病率は、27%(n = 8)の重症臨床不眠症、27%(n = 8)中等度の臨床的不眠症、および30%(n = 9)閾値下不眠症であった。 。臨床的に有意な不眠症を示さなかったのはわずか17%(n = 5)でした。ISIスコアとSleep-50スコアの間には高い相関があり、r = 0.78、p < 0.001。迫害妄想群の60%(n = 18)が、Sleep-50不眠症カットオフを上回った。スコアはISIの投薬レベルによって異ならなかった、F(2、26 ) = .137、p = .872、またはSleep-50、F(2,26 ) = .350、p = .708。 4 。討論 コミュニティサンプルにおける睡眠障害の発生率は疫学文献と一致していた。ほぼ30%が不眠症の症状を有し、そして約10%が臨床的範囲内であった。しかし、この研究のユニークな焦点は、睡眠障害と妄想的思考との間の潜在的な関連性にありました。結果は明らかでした:不眠症のより高いレベルは、迫害思考のより高いレベルと関連していました。臨床パラノイアを有する個人における不眠症の高い有病率によって確認が提供された。不眠症は、迫害妄想のある個人のための精神科サービスにおいて見落とされがちな問題です。 睡眠障害は迫害妄想の理論的説明にすでに組み込まれている(Freeman et al。、2006しかし、その役割は直接テストされていませんでした。この研究では、睡眠とパラノイアの関係は主に不安と鬱のレベルによって説明されました。これは当然のことです。パラノイアと睡眠障害の両方が悪影響と密接に関係しています。それにもかかわらず、不眠症とパラノイアとの間の媒介経路は、より綿密な(そしてより厳密な)検査を必要とする。考えられる第2の経路は、知覚異常の発生によるものです。睡眠不足は個人にとって不可解な内的状態を引き起こすかもしれません、それは不安の文脈では、誤って外的脅威に帰されます。迫害妄想患者における不眠症の根底にあるメカニズムの研究も必要です。睡眠障害は反すう、睡眠関連の脅威への注意などの確立された不眠症関連のプロセスによって部分的に維持されるかもしれません、Harvey et al。、2005)。 現在の研究におけるサンプルの代表性は疑問である。臨床グループは小規模だったが、コミュニティグループは地元の郵便番号にちらしを貼られた多くの人々のほんの少数でした。自己申告による評価への依存もありました。この研究は特定の経験(妄想的な考え)に焦点を当てていたが、非臨床集団による完全な診断スクリーニング面接の完了が関心のある情報を提供したと主張することができた。ただし、この研究の主な制限は断面デザインです。不眠症とパラノイアの関係の因果関係の方向は不明です。評価された不眠症が単なる妄想的恐怖との共生の結果であることはもっともらしいことであるが、不眠症、不安症および妄想症の間の循環関係はよりありそうである。関係の縦断的研究は明らかに保証されています。優先順位は、確立された不眠症介入の評価です(例:Espie、2006、Harvey et al。、2007)は妄想のある人のためのものです。これらの介入は不眠とパラノイアの因果関係のより強いテストを提供し、妄想的信念に対する治療の有効性を高めるという見込みを保持します。 資金源の役割 この研究のための資金は、ウェルカムトラストからダニエルフリーマン博士に授与されたフェローシップによって提供されました。ウェルカムトラストは、試験デザインにおいてこれ以上の役割はありませんでした。データの収集、分析および解釈 報告書の執筆中。そして論文を発表のために提出するという決定において。 貢献者 Daniel Freemanが研究をデザインし、データを分析し、そして論文を書いた。Katherine Pugh、Natasha Vorontsova、およびLaura Southgateがデータを収集し、原稿にコメントしました。 利益相反 利益相反はありませんでした。 了承 この研究は、ダニエル・フリーマン博士に授与されたウェルカムトラスト・フェローシップによって資金提供されました。 参考文献 1994年アメリカ精神医学会 アメリカ精神医学会 精神障害の診断と統計マニュアル (第4版)、アメリカ精神医学会、ワシントンDC (1994 ) Google Scholar 2000年アメリカ精神医学会 アメリカ精神医学会 精神障害の診断と統計マニュアル (第4版)、APA 、アーリントン、VA (2000 ) テキスト改訂 Google Scholar Bastien et al。、2001 バスティエン C.H. 、Vallières A. 、モリン C.M。 不眠症研究の結果尺度としての不眠症重症度指数の検証 Sleep Medicine 、2 (2001 )、pp。297 – 307 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Bentall他、プレス中 Bentall、RP、Rowse、G。、Shryane、NMなど。妄想性妄想の認知的および情動的構造:統合失調症スペクトラム障害および鬱病を有する患者の診断的調査 一般精神医学のアーカイブ。 Google Scholar Bernert et al。、2007 Bernert R.A. 、メリル K.A. 、ブレイスウェイト S。R. 、Van Orden K.、Joiner T. ジュニア 若者の将来の評価における家族生活のストレスや不眠の症状 家族心理学のジャーナル、21 (2007 )、頁。58 – 66 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Birchwoodら、1989 Birchwood M. 、Smith J. 、MacMillan J. F. 、Hogg B. 、Prasad R. 、Harvey C. 、Bering S. 統合失調症の再発の予測 Psychological Medicine 、19 (1989 )、pp。649 – 656 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Breslau et al。、1996 ブレスラウ N. 、ロス T. 、ローゼンタール L. 、アンドレスキ P. 睡眠障害と精神障害:若年成人の縦断的疫学的研究 Biological Psychiatry 、39 (1996 )、pp。411 – 418 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Brownら、1997 ブラウン T.A. 臨床試料中のうつ病不安ストレススケール(DASS)の 精神 測定的性質 、Chorpita B.F. 、Korotitsch W. 、Barlow D.H. 行動研究と治療、35 (1997 )、pp。79 – 89 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Buckner et al。、2008 Buckner J.D.、Bernert R.、クローマー K。R. 、ジョイナー T.E. 、シュミット N. 社会不安と不眠症:抑うつ症状の仲介的役割 うつ病と不安、25 (2008 )、pp。124 – 130 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Buysse et al。、2007 Buysse D.J. 、Thompson W.、Scott J.、Franzen P.、ジェルマン A、ホール M、モール D.、Nofzinger E.A. 、クッパー D.J. 原発性不眠症における日中の症状:生態学的瞬間評価を用いた前向き分析 Sleep Medicine 、8 (2007 )、pp。198 – 208 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Chouinard et al。、2004 未治療の統合失調症患者における Chouinard S. 、Poulin J. 、Stip E. 、Godbout R. 睡眠:メタアナリシス 統合失調症会報、30 (2004 )、頁957 – 967 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード クロフォードとヘンリー、2003 Crawford J.R. 、Henry J.D. うつ病不安ストレススケール(DASS):大きな非臨床サンプルにおける規範的データと潜在構造 臨床心理学のイギリスの雑誌、42 (2003 )、頁111 – 131 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 2006年エスピー エスピー C. 不眠症や睡眠障害の克服 ロビンソン、ロンドン(2006 ) Google Scholar FenigsteinとVanable、1992 Fenigstein A. 、Vanable P.A. パラノイアと自己意識 人格と社会心理学ジャーナル、62 (1992 )、pp。129 – 138 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード フォードとカメロー、1989 フォード D.E. 、Kamerow D。B. 障害と精神障害の疫学的研究予防のための機会 Journal of the American Medical Association 、262 (1989 )、pp。1479 – 1484 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード フリーマンとフリーマン、2008年 フリーマン D. 、フリーマン J. パラノイア:21世紀の恐怖 オックスフォード大学出版局、オックスフォード(2008 ) Google Scholar フリーマンとギャルティ、2000 Freeman D. 、Garety P.A. 迫害妄想の内容に関するコメント定義は明確化を必要としているか? British Journal of Clinical Psychology 、39 (2000 )、pp。407 – 414 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Freeman et al。、2006 Freeman D. 、Freeman J. 、Garety P.が 妄想と疑わしい考えを克服する ロビンソンコンスタブル、ロンドン(2006 ) Google Scholar Freeman et al。、2008a Freeman D. 、Gittins M. 、Pugh K. 、Antley A. 、Slater M. 、Dunn G. 一人が妄想になり、別の人が不安になる理由は何ですか?実験的状況における社会不安と迫害観念の微分予測 心理医学、38 (2008 )、pp。1121 – 1132 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Freeman et al。、2008b Freeman D. 、Pugh K. 、Antley A. 、Slater M. 、Bebbington P. 、Gittins M. 、Dunn G. 、Kuipers E. 、Fowler D. 、Garety P.A. 一般集団における妄想思考のバーチャルリアリティ研究 British Journal of Psychiatry 、192 (2008 )、pp。258 – 263 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Green et al。、2008 緑 C. 、フリーマン D. 、Kuipers E. 、Bebbington P. 、ファウラー D. 、ダン G. 、Garety P。 迫害と参照の考えを測定すること:グリーン等。妄想思考スケール(G-PTS) 心理医学、38 (2008 )、PP。101 – 111 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Harvey et al。、2005 Harvey A.G. 、Tang N.KY 、Browning L. 不眠症に対する認知的アプローチ Clinical Psychology Review 、25 (2005 )、pp。593 – 611 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Harvey et al。、2007 Harvey A.G.、Sharpley A.L.、Ree M.J.、Stinson K.、Clark D. 慢性不眠症に対する認知療法の公開試験 行動研究と治療、45 (2007 )、pp。2491 – 2501 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース ロビボンドとロビボンド、1995 ロビボンド P.F. 、ロビボンド S.H. 否定的な感情状態の構造:鬱病不安ストレススケール(DASS)とベック鬱病および不安インベントリーとの比較 行動研究と治療、33 (1995 )、pp。335 – 343 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Luby et al。、1960 ルビー E.D. 、Frohman C.E.、Grisell J.L.、Lenzo J.E.、Gottlieb J. 睡眠不足:行動、思考、運動能力、および生物学的エネルギー伝達システムへの影響 Psychosomatic Medicine 、22 (1960 )、pp。182 – 192 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード マー、1988年 Maher B.A. 異常な経験と妄想的思考:説明の論理 TF Oltmanns 、BA マヘル(編)、妄想信念、ワイリー、ニューヨーク(1988 )、頁。15 – 33 Google Scholar モンティとモンティ、2005 Monti J. M. 、Monti D. 統合失調症における睡眠障害 国際精神医学レビュー、17 (2005 )、pp。247 – 253 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Morin et al。、2006 モリン C.、LeBlanc M. 、Daley M. 、Gregoire J.P. 、MéretteC . 不眠症の疫学 Sleep Medicine 、7 (2006 )、pp。123 – 130 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Morphy et al。、2007 Morphy H.、Dunn K.、Lewis M. 、Boardman H.F. 、Croft P.R. 不眠症の疫学:英国の集団における縦断的研究 スリープ、30 (2007 )、頁274 – 280 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 2002年オハヨン オハイヨン 夫人 不眠症の疫学:私たちが知っていることとまだ知る必要があること Sleep Medicine Reviews 、6 (2002 )、pp。97 – 111 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Page et al。、2007 Page A.C. 、Hooke G.R. 、モリソン D.L. 鬱病臨床試料における鬱病不安ストレススケール(DASS)の心理測定特性 臨床心理学の英国ジャーナル、46 (2007 )、pp。283 – 297 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Riedel and Lichstein、2000年 リーデル B.W. 、Lichstein K。L. 不眠症と昼間の機能 Sleep Medicine Reviews 、4 (2000 )、pp。277 – 298 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Savard et al。、2005 M-Hを守ってください。、Savard J. 、Simard S. 、Ivers H. 癌患者の不眠重症度指数の実証的検証 Psycho-oncology 、14 (2005 )、pp。429 – 441 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Spoormaker et al。、2005 Spoormaker V.I. 、Verbeek I. 、van den Bout J. 、Klip E.C. SLEEP-50アンケートの初期検証 Behavioral Sleep Medicine 、3 (2005 )、pp。227 – 246 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード StataCorp、2008年 StataCorp Stata Statistical Software:リリース10.0 スタタコーポレーション、カレッジステーションテキサス州(2008 ) Google Scholar Taylor et al。、2005 テイラー D.J. 、Lichstein K。L. 、Durrence H.H. 、Reidel B.W. 、ブッシュ A. 不眠症、鬱病、および不安の疫学 Sleep 、28 (2005 )、pp。1457 – 1464 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 2004年ウォルシュ ウォルシュ J. 不眠症の臨床的および社会経済的相関 臨床精神医学のジャーナル、65 (S8 )(2004 )、頁。13 – 19 Scopus Google Scholarでレコードを表示する West et al。、1962 西 L.J. 、Janszen H.H. 、レスター B.K. 、コーネリ スーンF. ジュニア 睡眠不足の精神病 科学の史料ニューヨークアカデミー、62 (1962 )、頁。66 – 70 Scopus Google Scholarでレコードを表示する 1996年、Yung and McGorry Yung A.R. 、McGorry P.D. 最初のエピソード精神病の前駆症状段階 統合失調症会報、22 (1996 )、頁353 – 370 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード 著作権©2008 Elsevier BV https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S092099640800532X