このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

目的
調べるために、アルコール消費量を、古いプライマリー間のケア患者と全般性不安障害(GAD)。人口統計学的変数、不眠症、心配、および不安との関係。不安と不眠の関係におけるその緩和の役割。アルコール使用は以前の報告と同様であり、より高い不安と不眠と相関し、そして不安と不眠の関係を悪化させると予想した。
設計
無作為化対照試験からのベースラインデータ。
設定
Michael E. DeBakey VAメディカルセンターおよびBaylor College of Medicine。
参加者
GADを伴う60歳以上の223人の患者。
測定値
アルコール使用の頻度、不眠(不眠重症度指数)、心配(ペンシルベニア州立大学の心配のアンケート-略称、全般性不安障害重症度スケール)、および不安(状態特性不安インベントリー-形質下位尺度、のための構造化面接ガイドハミルトン不安評価尺度 [ SIGH-A])。
結果
ほとんどの患者はアルコール使用を支持したが、頻度は低かった。存在と頻度はプライマリケアサンプルの以前の報告よりも大きかった。アルコールの使用は、高等教育、女性の性別、重症度の低い不眠症、およびより低い心配(全般性不安障害重症度尺度)および不安(状態 – 特性不安インベントリー – 特性サブスケール; SIGH-A)と関連していた。白人はアフリカ系アメリカ人よりも飲み物/週を多く報告した。より多くの飲み物/週は高等教育およびより低い不安(SIGH-A)と関連していた。飲酒については、心配/不安と不眠症の関係が弱くなりました。飲酒頻度は、Penn State Worry Questionnaire-Abbreviatedと不眠症の間の積極的な関連性を緩和しましたが、飲酒頻度が高いほど低くなりました。
結論
GADを患う高齢者はアルコールを増加した割合で使用しますが、軽度から中等度の飲酒者は睡眠障害を経験しません。適度な量のアルコールは、このグループの間で不安/心配と不眠症の間の関連を最小にするかもしれません。
前の記事次の記事
キーワード
アルコール使用全般性不安障害不眠症
現在の所属:Nadorff博士は現在、ミシシッピ州立大学のミシシッピ州立大学の心理学科に所属しています。
エルゼビア社発行

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1064748113002091