このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

我々は、不眠症または鬱病のためにインターネットで配信されたCBTのRCTの35人の参加者にインタビューし、質的研究を行った。

参加者は不眠症とうつ病を併発していました

定量的および半定性的データを用いて定性分析を深めた

不眠症治療の参加者は、より肯定的であり、併存する症状に悩まされていませんでした

この研究は将来の研究のための仮説を生み出した:併用療法、療法士の支援、そしてメカニズムとしての受容
抽象
不眠症および鬱病は一般的で衰弱させる併存疾患であり、治療は通常鬱病に対して主に行われます。この報告の基になっている最近の研究では、この患者グループでは、不眠症に対するガイド付きインターネットベースの認知行動療法(ICBT-d)が優れていることが判明したが、多くの患者は到達しなかった寛解。
ねらい
ICBT-iとICBT-dの患者のための促進因子と阻害因子を同定し、将来の研究のために仮説を立てる。
方法
6ヶ月の追跡調査時の質的な電話インタビュー。35のインタビューが行われ、根拠のある理論アプローチで分析されました。定性的結果に基づいて、定量的および半定性的を含む反復法 – 三角測量を実施した。
結果
インタビューは738文にコード化され、47のカテゴリーにまとめられ、最後に11のテーマにまとめられました。方法三角測量法を用いて、さらに4つの分野を調査した:治療、遵守、症状の阻害および受け入れについての意見。ICBT-1の患者は、ICBT-1の患者よりも治療に関して肯定的でした。治療成分を使用することは、両方のグループの結果と正に関連していました。不眠症、うつ病および他の併存症の症状は、ICBT-iよりもICBT-dのほうが妨げになると認識されていました。否定的な感情や認識と同様に診断関連の問題を受け入れることは、ICBT-iの結果と正に関連していました。
将来の研究仮説の提案
1)不眠症に対するCBTと鬱病に対するCBTの組み合わせは、1つの治療法よりも効果的です。2)追加のセラピスト支援は、より合併症の高い患者の転帰を増加させます。3)受け入れはCBT-iの変化のメカニズムです。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症うつ病定性心理療法インターネット方法三角測量CBTICBTCBT-i
1 。前書き
不眠症と大うつ病はおそらくそれぞれ10〜20%と5〜8%の有病率を持つ2つの最も一般的な精神医学的診断である( Ohayon and Roth、2003、Kimら、2000、Ford and Kamerow、1989、Youngら)。 、2008年、Wittchen and Jacobi、2005年)。それらは両方とも個人に多くの苦しみと社会に多大な費用をもたらします(Daley et al。、2009、Bijl and Ravelli、2000)。不眠症は治療せずに放置すると多かれ少なかれ慢性であり、うつ病は最初のエピソードの後に​​再発する可能性が高い(Burcusa and Iacono、2007、Ford and Kamerow、1989)。)不眠症と鬱病の共存症は非常に一般的であり、鬱病患者の約3分の2 も不眠症を患っている(Buysse et al。、2008、Soldatos、1994)。
両方の状態のための最も一般的な治療法は薬です。効果的な心理的治療法がありますが、一般的には手に入れるのがより困難です。心理療法の軽度から中等度のうつ病のための最も説得力のある科学的証拠を持つフォームは、認知行動療法(CBT)である(バトラーら、2006)。不眠症では、CBTが最適な治療法と考えられており、睡眠薬よりも優れた長期効果を示しています(Morin et al。、2006、Riemann and Perlis、2009)。
併存する不眠症とうつ病を治療するための最も一般的なアプローチは、うつ病を治療することです。鬱病は歴史的にしばしば睡眠障害の原因として見られてきた、そして鬱病を治療することは睡眠を改善することが期待される。しかしながら、以前の研究は、不眠症がしばしば鬱病に先行することを示し(Walsh、2004)、未治療の不眠症は鬱病への再発のリスクを増大させることを示している(Perlis et al。、1997)。以前のランダム化比較試験(RCT)において(Blom et al。、2015aこのガイドでは、ガイド付きインターネットベースの認知行動療法(ICBT)について、不眠症に対するICBT(ICBT-i)の方が、この患者グループに対する鬱病に対するCBT(ICBT-d)よりも効果的であることを見出しました。いずれかの診断を受けた患者と比較した場合、予想されるほど改善しなかった(Hedmanら、2013年、Jernelövら、2012年、Blomら、2015年b)。このサンプルは、いずれかの診断を受けた患者よりも負担が大きいようです。
治療を改善する方法についての詳細を理解するために、我々は、策定したかった検証可能な仮説 ICBTと自分の仕事にこれらの患者のための要因を促進し、妨げに関しては、我々は以前のRCT(に基づいて、質的研究でこれを行うことを決めたブロムet al。、2015a )は、定性的な発見にさらに光を当てるために利用可能な定量的データを使用する可能性が
心理療法の無作為化臨床試験を検討した以前の定性的研究はほとんどなく、存在するものは異なる見解と見方をしています。最近発表されたレビューでは、不眠症の質的研究と現在の知識の状態が調べられています( Araújoet al。、2016 )。このレビューでは、不眠症の経験と治療に関する不眠症者の見解を調べます。とりわけ、彼らは、不眠症は24時間365日不眠症に影響を与えている欲求不満な集団であると結論付けています。不眠症患者は、それらが薬理学的治療以外の選択肢にほとんど気付いていないように見える医療提供者によって完全に理解されていることを知りません。
ICBTを検討している質的研究が増えています。インターネットは心理療法を広めるためのかなり新しい方法であり、そしてそれがどのようにそしてなぜそれが働くのかについてもっと学ぶことが急務である。ICBTに関するこれまでの定性的研究のいくつかは、動機づけ者と動機付け(Donkin and Glozier、2012)、プライマリケアにおける期待と経験(Beattieら、2009年)、およびセラピスト行動(Paxlingら、2013年、Holländareら、2007)を調べている。 、2016)。うつ病のICBTに関する研究(Bendelin et al。、2011そして、変化の過程は対面治療の変化の理論に対応していること、そして成功を自分自身に帰し、彼らの治療に対して責任を負う患者はより多くの利益を得ることを発見した。この研究におけるセラピストの支持は対面的であったとしても、私たちの研究におそらく最も関連する報告は、うつ病に対するICBTにおける患者の有用性の経験に関するものである(Lillevoll et al。、2013)。ブレンド療法 その研究は、最も有用な側面として、患者の積極的な関与、セラピストからのガイダンス、そして治療の内容を強調しています。
本研究の目的は、定性的電話インタビューおよびインタビューデータ、定量的データおよび半定性的臨床データを用いた方法三角測量によって、両方の診断を有する患者について、不眠症または鬱病に対するICBTの研究を妨げ、促進する要因を調査することであった。インターネット治療プラットフォームから。この知見は、後に証明されればこの患者群の治療法の改善に役立つであろうという研究仮説を立てるために使用された。
2 。方法
この研究は、不眠症と診断された参加者の両方について、不眠症の誘導インターネット配信CBT(ICBT-i)と鬱病の誘導インターネット配信CBT(ICBT-d)を比較するRCTの6か月の追跡調査と並行して行われた。大うつ病(Blom et al。、2015a)。RCTはClinicaltrials.gov(登録ID:NCT01256099)に登録され、スウェーデンのストックホルム郡公衆衛生局のインターネット精神科クリニックに設置されました。
2.1 。元のRCTの説明
2.1.1。設計
最初の研究のデザインは、6、12、36ヶ月の追跡調査を伴う9週間の無作為化比較試験でした(36ヶ月の追跡調査結果はまだ報告されていません)。参加者は、併存する不眠症とうつ病と診断され、メディアを通じて募集され、精神科医によって評価された43人の成人でした。研究は不眠症とうつ病の両方を持つ個人向けであると宣伝され、同意する前に、参加者は彼らが不眠症の治療またはうつ病の治療のいずれかに無作為化されることを知らされました。ランダム化は、www.random.orgを使用して独立した人によって行われました。
2.1.2。結果の測定
プライマリアウトカム指標は症状だった自己評価尺度不眠症重症度指数、ISI(モランら。、2011 )とモントゴメリーアスベルグうつ病評価尺度 MADRS-S(Svanborgとアスベルグ、1994年後のフォローアップによる治療の前と後に評価します)、 6、12、36 ヶ月。参加者の睡眠薬の使用およびICBT完了後のさらなる治療の必要性についても調査した。平均(SD)ISIスコア前処置は19(4)であり、平均(SD)MADRS-Sスコアは26(6)であった。
2.1.3。介入とサポート
介入は、不眠症(ICBT-i)または鬱病(ICBT-d)のいずれかのICBTでした。治療は同じ技術的プラットフォームで行われ、参加者とそのセラピストだけがアクセスできる安全なWebサイトでアクセスされました。モジュールは読むためのテキスト、理論上で答えるための質問、行動の変化の演習、ワークシート、そしてICBT-iグループのための睡眠日記からなっていました。参加者は1週間に平均1つのモジュールを完了することが期待されていました。各モジュールは参加者が安全なメッセージングシステムを介して在宅勤務報告を送信することで終了しました。セラピストは報告を受け、宿題の質問に対する回答、記入されたワークシートおよび睡眠日記(ICBT-iのみ)をレビューし、24時間以内に意見を述べました。 平日にhし、ついに参加者に次のモジュールへのアクセス権を与えました。参加者はまた、セラピストに質問やコメント付きのメッセージを送ることができました。セラピストはマニュアルの範囲外のアドバイスをしないように指示されました。参加者が1週間活動していなかった場合は、携帯テキストメッセージがセラピストによって送信されました。それでも活動がなかった場合は電話をかけ、これらの連絡の試みが約3週間失敗した場合は、参加者に連絡を促す手紙が送られました。6人のセラピストはマスターレベルの臨床心理学の最終(5)年生で、少なくとも18 ヶ月のCBTの理論的かつ実践的な監督付き訓練を受け、CBTと不眠症/うつ病治療の専門知識を持つ臨床心理士によって指導された。
不眠症治療は、以前にいくつかの試験で試みられたマニュアルの中の標準的なCBT-i成分から成っていた(Blomら、2015b、Jernelövら、2012、Kaldoら、2015a ):睡眠についての精神教育およびCBT-i、睡眠衛生学、睡眠薬とその中止方法、睡眠制限と刺激管理、ストレス管理、睡眠についての否定的な考えの再評価に関する教育。治療中の主な焦点は睡眠制限と刺激管理でした。
うつ病治療は、以前はRCTと通常の治療の両方で試みられていましたが、現在使用されており(Andersson et al。、2005、Hedman et al。、2013 )、うつ病とCBTの精神教育、行動の活性化、認知的再評価と不安や心配を扱うための対処戦略。治療とセラピストのサポートは、行動の活性化と否定的な考えの再評価に焦点を当てました。
RCTに関する詳細は、元の記事に記載されています(Blom et al。、2015a)。
2.2 。手順
RCTの6ヵ月評価(FU6)の時点で、すべての参加者は電話で連絡を取り、治療についての長期の面接に参加したいかどうかを尋ねられました。43名の参加者のうち37名が参加し、全員参加することに同意しました。37人全員がインタビューを受けたが、そのうちの2人は技術的な問題のために録音が失われ、35人のインタビューを受けた参加者、18人はICBT-i、17人はICBT-dからのデータを残した。ベースライン時の平均(SD)年齢は48(13)歳であり、不眠症の平均年数は16(SD 14)であった。評価前の2週間で、51%の女性、54%の患者が睡眠薬を使用し、37%の抗鬱剤が使用されていました。
インタビューは電話で行われ、テープレコーダーで記録され、それから診療所の医療秘書によって逐語的に転写された。最初の著者(KB)は28回のインタビューを行い、2番目の著者(SJ)は7回でした。
インタビューは、「治療はどうだったと思いましたか」という質問から始まる2つの質問に基づいていました。2つ目の質問は、「なぜうまくいったと思いますか」とのことでした。この後、面接では、参加者が出したことは何でも自由にフォローすることができ、参加者の治療観に変化を見込めるように未解決の質問にとどまることを試みました。参加者が発言するものを使い果たしたり、覚えておくために助けが必要な場合、インタビュアーにはインタビューに取り入れることができるいくつかの追加のテーマがありました。
a)
治療中の問題や障害?
b)
治療テキスト:範囲と分かりやすさ
c)
技術
d)
はじめにに関する問題
e)
治療を行うためのルーチン
f)
治療法を利用する
g)
メソッド使用の効果
h)
参加者の問題に対する治療の関連性
私)
セラピストサポート
j)
治療前および治療開始後のしばらく
2.3 。インタビュアーとアナリスト
インタビューと分析は、最初と2番目の著者によって行われました。最初の著者(KB)は、心理学の科学の修士号を取得している認定心理学者です。彼女は約8年間、不眠症と鬱病治療(CBT)を用いた公衆衛生の精神科クリニックで勉強し、働いていて、スウェーデンのストックホルムのカロリンスカ研究所でこの分野の博士課程の研究の最終段階にあります。KBは積極的にこの報告書の基になっている最初の研究に関与し、治療を監督し、プロジェクト全体を調整する彼女の経験は例えば、この研究のデザインに影響を与えたインタビューの質問分析と同様に。2人目の著者(SJ)は、カロリンスカ研究所の心理学者であり、心理学者教育プログラムの講師としても活躍しています。彼女は、臨床実習(CBT)と、約16 年間の研究の文脈の両方で、不眠症とストレスについて研究し、働いてきました。
2.4 。分析
インタビューの分析は、Guvåand Hylander(2003)によって記述されたように、根拠のある理論からの方法論に基づいていた。結果を充実させるために、我々は、以下でさらに説明される定量的および半定性的分析を行うことによって、インタビュー資料のいくつかの方法三角測量(Flick、2004)を使用した。まず、転記された資料を注意深く読み、インタビューの中で、コーダーによって意味があると思われるものすべてを表す文章にコード化しました(最初の著者、KB)。次に、これらの文(n = 738)は同様に47のカテゴリーに要約され、同様の内容の文章を網羅した。3番目に、インタビュー全体が最初の作者によって読み直され、コンテンツに一致するカテゴリが割り当てられました。2人目の著者(SJ)も、コーディングとカテゴリの評価者間信頼性をテストするために、6人の参加者に対して3番目のステップを実行しました。評価者間信頼性テストは、カテゴリ生成の健全性、または顔の妥当性のテストと見なすべきです。最後に、4番目のステップとして、カテゴリをさらに広いテーマにまとめました。
上記の4つのステップで、また事後分析中にコーディングと再コーディングを行っている間に、資料に関する著者の意見にメモがとられました。メモは、どの知見を用いて報告書に提示すべきかについてのメモとして、また、資料の理解を補完するために検討し分析する必要がある定量的および半定性的データへのインプットとして使われました。メソッド三角測量 分析が飽和に達するまで、すなわち利用可能なすべての関連性のあるデータ(定性的および定量的)が分析されるまで、分析の各ステップを新しい分析(定性的、定量的および半定性的)への入力として使用した。そのため、これらすべての追加分析は本質的に事後的なものです。面接する対象の人数を決定するときに飽和の原則は使用されず、追加の準定性分析および定量分析を実行することを決定するためだけに使用されます。さらなる分析のために選ばれなかったインタビューからのテーマは、でのみ提示されます。表3では、どのインタビューカテゴリがテーマを構成しているか、および参加者の数によって表現されていることを確認できます。測定値およびデータソースの選択は分析プロセスの一部であったため、定量的および半定性的測定値の詳細は結果のセクションに記載されています。
主要評価項目(ISIおよびMADRS-S)と事後評価およびFU6評価の両方に対する治療結果の比較を容易にするために、我々は複合測定値を計算した:Z変化。我々の分析に使用されたデータは事後評価と6ヶ月の追跡調査の両方から得られたので、参加者のために値の解釈がより透明でなくても、我々はZ変化を計算するとき両方の評価点を含めることに決めました評価ポイント間のばらつき。最初に、我々は、各参加者および測定値について、ポストについての平均フォローアップスコア(FU)および6ヶ月のフォローアップ(FU6)スコアを計算した(すなわち、平均FU ISIスコア = (ISI(ポスト) + ISI(FU6))。 ) / 2および平均FU MADRS-Sスコア = (MADRS − S(ポスト) + MADRS − S(FU6)) /2)。次に、治療前の値から平均FUスコアを引いた変化変数を計算した:ISI変化=ISI(pre)- 平均FU ISIスコア。MADRS-S変更= MADRS-S(前)- FU MADRS-Sスコアを意味します。処置前からの平均変化を表すこれらの変化変数をZ値、すなわち平均からの標準偏差として表した変化に変換し、測定値間の比較を可能にした。最後に、ISIのZとMADRS-SのZから平均Zを計算し、最終的に両方の結果について、FU6評価前後からの特定の患者の変化を表すZ値を得ました。この変数をZ変化と呼びます。正のスコアはISIとMADRS-Sの両方に対する参加者の平均フォローアップスコアがサンプル全体の平均よりも優れていることを示し、負のスコアはより悪いフォローアップスコアを示しますサンプル全体の平均よりも。
インタビューからの引用を提示するときは、わかりやすくするためにいくつかの単語を追加して[かっこの中に]提示します。引用された各参加者は、グループアイデンティティ、Z変化値および参加者の順守の見積もりとともに提示され、プラットフォーム内の半定性的データと主要治療成分の使用、完了したモジュールの数および治療に費やされた日数に関するアンケート。
χ 2治療について正および負の意見の-Testsを正文と負文の和の合計に基づいていた(図1 )それぞれのすべての参加者から治療群、正または負の文の、すなわち数ICBT-コードさICBT-dと同じコーディングと比較した、i対ICBT-iでコーディングされていない正または負のステートメントの数。SPSSバージョン22ソフトウェアパッケージ(IBM社、米国ニューヨーク州アーモンク)を用いて統計分析を行った。
図1
フルサイズの画像をダウンロード
図1。メソッド三角測量でより詳細に分析された表3のテーマと組み合わせたテーマ。数字はサブグループごとのステートメントの数を表します。症状によって妨げられる = テーマ3と4の合計。治療に関して肯定的= テーマ6とカテゴリー10.3の合計。治療に関して否定的=テーマ1、2および5の合計。ポジティブステートメントの合計= テーマ6、7、9、および10の合計。負のステートメントの合計= テーマ1、2、3、4、5、8、および11の合計。上= Z平均が平均より上にあるサブグループ、下= Z 平均が下にあるサブグループ
3 。結果
3.1 。サブグループの定義
2つの処置群は、群の平均より上または下のZ変化を有することに基づいて、上下と呼ばれるZ変化に基づいて2等分した。群のZ変化データは表1に見出すことができる。負のZ変化値が負の治療結果と同じではないことに注意してください。詳細な結果データは元の記事にあります。
表1。グループごとの最大、最小、および平均Z変化。
グループ、n 最小Z変化/最大Z変化 平均Z変化(SD)
ICBT-i、18 – 1.88 / 2.70 0.07(1.08)
ICBT-d、17 – 1.31 / 0.99 – 0.08(0.68)
ICBT-iアッパー、9 0.24 / 2.70 0.86(0.80)
ICBT-dアッパー、9 0.01 / 0.99 0.46(0.33)
ICBT-i下、9 – 1.88 / 0.14 – 0.72(0.66)
ICBT-d下、8 – 1.31 / 0.0 – 0.68(0.42)
インタビューを受けていない、すなわち正しく記録されていない、したがって分析に含まれていない8人の参加者は、ICBT-i(n = 4)に対して0.71(SD 0.88 )、ICBT-d(±0.52 )の平均Z変化値を有した。 = 4)。
3.2 。コーディング、カテゴリー、テーマ
インタビューをコーディングする手順は、「方法」のセクションで説明されています。カテゴリをインタビューに関連付けるための評価者間信頼性は89%でした。転写されたテキストを要約文に、次にカテゴリおよびテーマにコーディングする例を表2に示します。
表2。コーディングプロセスの例
転記されたインタビューテキスト 要約文 カテゴリー テーマ
1.それを始めるのに問題があり、そのためにコンピュータで必要な時間を費やすのが困難でした。読書と演習の両方を行います。私は私の診断のために私が始めるのに問題があると思います。 1.読書や演習をするのが難しい 3.1始めるのが難しい 3不眠症/うつ病の症状に妨げられて
2診断関連の問題 3.2治療をしているときの診断関連の問題
2.すべてが悪くなったような気がしました…まあ、それはこれらの不安症状のようなもので、完全に集中することを妨げていました…そしてそれを機能させるようなものです。 3すべてがうまくいかないという経験
4不安の症状が集中を妨げる
インタビュー資料から導き出されたカテゴリーは表3に示されており、そのカテゴリーに対応する何かを言った参加者の数を示しています。面接中に同じまたは類似のことを何度か言ったとしても、各参加者には1回しかカテゴリーを割り当てることができませんでした。
表3。各カテゴリについて発言する参加者の数。グループおよび効果ごとに分けられます。テーマとそれぞれのテーマを構成するカテゴリ
テーマ 合計n = 35 平均以上の治療効果 平均治療量以下
カテゴリー ICBT-i n = 18 ICBT-d n = 17 ICBT-i上位n = 9 ICBT-d上限n = 9 ICBT-i下位n = 9 ICBT-d下n = 8
1 ICBTの内容に関する問題 5 11 1 3 4 8
1.1多すぎる材料 2 5 1 2 1 3
1.2材料が難しすぎる 2 3 0 1 2 2
1.3テキストベースの素材では難しい 0 2 0 0 0 2
1.4インターネット経由で作業するのが難しい 1 1 0 0 1 1
2ストレスの多い治療 14年 14年 5 7 9 7
2.1困難で厳しい治療 6 3 2 2 4 1
2.2時間がない 2 5 1 2 1 3
2.3業績予想に遅れを取っている/遅れている 3 4 1 2 2 2
2.4パフォーマンスの低下による失敗/罪悪感 3 2 1 1 2 1
3不眠症/うつ病の症状に妨げられて 6 13年 0 3 6 10年
3.1始めるのが難しい 1 3 0 1 1 2
3.2治療をしているときの診断関連の問題 2 5 0 1 2 4
3.3疲れているという気持ち 2 5 0 1 2 4
3.4睡眠不足による心配やストレス 1 0 0 0 1 0
4一般に病気に妨げられて 1 9 0 4 1 5
4.1身体疾患 1 4 0 2 1 2
4.2体性痛 0 3 0 1 0 2
4.3患者にとって不明な一次診断 0 1 0 1 0 0
4.4病気休暇 – 妨げになる 0 1 0 0 0 1
5治療に反対 17年 18年 4 9 13年 9
5.1最初は治療に陽性であったが陰性に変化した 1 1 0 0 1 1
5.2最初から治療に否定的/懐疑的 3 2 1 1 2 1
5.3治療に新しいことは何もない 2 1 0 1 2 0
5.4他の治療法が欲しい – うつ病 5 0 1 0 4 0
5.5他の治療をしたい – 不眠症 0 6 0 2 0 4
5.6無作為化についての誤解による否定的な態度 1 2 0 1 1 1
5.7不十分な支援 5 6 2 4 3 2
6治療に積極的 23 19年 16 12年 7 7
6.1インターネットフォーマットが好き 9 7 5 4 4 3
6.2最初から治療に積極的 4 1 4 1 0 0
6.3最初は治療に否定的だが肯定的に変更 3 2 3 2 0 0
6.4心理教育は重要だと思われる 0 2 0 0 0 2
6.5いつ、いつ(治療)に関する柔軟性 2 0 1 0 1 0
6.6セラピストからの良いサポート 5 5 3 3 2 2
6.7難しい材料 – ポジティブ 0 2 0 2 0 0
7処置の部品と活動的 21 20 13年 10年 8 10年
7.1運動を始めます 0 2 0 0 0 2
7.2運動以外の行動の活性化 0 5 0 1 0 4
7.3否定的な考えで働いていることを感謝する 0 3 0 2 0 1
7.4やる気があり/治療に従事している 8 6 5 4 3 2
7.5一般的な治療法に従う 7 4 5 3 2 1
7.6睡眠制限をしましたか 6 0 3 0 3 0
8処置の部品と不活性 2 3 0 1 2 2
8.1活発だが助けにならない方法で、または助けにならないものを使って 1 0 0 0 1 0
8.2やる気がない 0 2 0 1 0 1
8.3反映するが行動しない 1 1 0 0 1 1
9診断上の問題の受け入れ 7 0 5 0 2 0
9.1診断関連の問題の受け入れ 7 0 5 0 2 0
10その他の促進 9 3 7 2 2 1
10.1病気休暇 – 促進 1 0 0 0 1 0
10.2薬の取り扱い – 促進 1 1 1 1 0 0
10.3成功したおかげで 7 2 6 1 1 1
11その他の妨げ 4 3 1 1 3 2
11.1人生のその他の問題 2 1 1 0 1 1
11.2アンケートと測定に悩まされている 0 1 0 0 0 1
11.3薬の取り扱い – マイナス 1 0 0 0 1 0
11.4睡眠障害を受け入れないことを表す 1 1 0 1 1 0
最初の質問
かなりまたはかなりよく行った 13 a 7 8 A 4 5 3
非常にまたはかなりひどく行った 4 a 10年 0 A 4 4 6
ある
ICBT-iアッパーの参加者の一人は意見を述べることを拒否した。
以下では、調査の目的を最も満たすと思われるインタビューの中から、テーマとカテゴリーに関する詳細を提示し、調査をさらに進めます。これらのテーマに関するグループ間の違いの概要を図1に示します。
3.3 。治療とセラピスト支援についての意見
3.3.1。意見の定性分析
両治療群の参加者は、治療に対する肯定的および否定的な態度の両方を表明したが、ICBT-iはICBT-dよりも肯定的で否定的な記述を表明した(図1 参照)。さらに、ICBT-1の上位参加者は、他のサブグループよりも治療について前向きでした。両方のグループとも治療について否定的な意見を表明していますが、表3に明記されているようにICBT-1は他のグループよりも治療内容に関してより多くの問題を表明し、材料が難しすぎて取り扱いが困難すぎることを訴えたが、ICBT-1がより低いことは治療について最も強調されているように思われた。ICBT - dでは、2つのサブグループは治療を行うことから等しく強調されているように見え、ICBT - 1上部は最も強調されていない。参加者の約半数がインターネット形式に前向きであることを表明し、これは両グループで同様でした。インターネットフォーマットに完全に反対していると表明した人はほとんどいません。
うーん、それは [治療] 私を助け、望ましい効果をもたらした。[ … ] そうです、あなたが家でそれをすることができると[私は好きです] [治療に取り組む] 。自分でやりなさい。時間があるとき (ICBT-i、Z-change:2.7、遵守:高)
おお、私は鬱の中にいる間、すべての資料に固執することは非常に難しいと思いました、それはあまりにも重すぎて理解するには多すぎると思いました。私は後で振り返ったときにでも、私は時に ‘ うつ病のうち、mは、その中にいくつかの本当に良いのビットがあります。だから、のdidn ” tは時間で私をとても助け、それは将来に役立つだろう。[…] まあ、それはあなたが正と負の重量を量ると、より積極的に考えなければならないこれらの実践的な演習だった、と私を助けて、日常生活の中でいくつかの実用的な演習、[今] 私は思います。 (ICBT-d、Z変更:0.99、付着性:中 – 高)
はい、それはあなたが物事を通してどのようなことがプラスとマイナスの結果をもたらすと考えるべきであったか、そして … ポジティブ … あなたが常にあなたの内側について考えるべきであるときにこのことでした。私はそれがとても難しいと感じました。(ICBT-d、Z変化:0.01、付着性:高)
両グループからの何人かの参加者はインタビューの中で彼らは他の治療法を好むであろうと述べた(表3のカテゴリー5.5と5.6を見よ)。ICBT-dの少数の参加者は、彼らが不眠症の結果として完全にうつ病を見ていることを非常に明確にしており(うつ病になったことには同意しませんでした)。彼らのために:
私は私が間違ったグループで終わったと感じた … それは一種のさ … 睡眠はあなたが落ち込んで作る … あなたはひどく寝るとき … 非常に悪い睡眠をして仕事を扱うことができない、それはなった … それはあなたが落ち込んでます。[…] このようにうつ病について読むために面白かった、研究では、とどのようにあなたの思考と、そのような変更をすることができ、私はまだドン “をtは任意のより良い睡眠を。(ICBT-d、Z変化: – 0.37、アドヒアランス:高)
一方、ICBT-iでは、うつ病の治療を希望する参加者は、うつ病の症状が原因で治療を受けることができないという一般的な能力の欠如を訴えていました:開始困難、集中困難、失敗感および一般的な能力低下作業:
私は私が本当に他の研究 [治療]に行き着いているべきだと思います。私はその研究によって助けられていることができれば、私がすることができたかもしれない … 研究からより多くのメリットがあります。それは少し奇妙に聞こえるかもしれ、それ「私はどのように感じるか、本当にね、それは主にうつ病だったこと、ソートの、私の睡眠での作業から私を妨げました。(ICBT-i、Z-change: – 1.67、順守:低)
何人かの参加者が彼らのセラピストに感謝の意を表明した一方で、何人かは彼らがもっと何かを望んでいたであろうと言いました – それはインターネットによる治療だけでは十分ではありません。これについては何も自発的なアイデアを持っていませんでしたが、対面セッション、グループセッション、電話サポートについて尋ねられたとき、多くは彼らのインターネットセラピストから電話サポートを受けることに部分的でした。
うーん、よく、私はこの接触について考え、あなたが持っていることになったことが、治療中。[…] 呼び出し誰か、あなたが今のように、それは、一種の、はるかに簡単です … あなたはその可能性を持っていることができれば、に、種類の [真似セラピスト]「 – 私はあなたにこれを置く計画、どのようにあなたがやっていますか?できますか、それとも問題はありますか?」 – ご存知ですか?言いたいことに、途中で私に会いましょう。それ」より簡単だ、あなたが連絡を取ることを躊躇し、それは「sが好き:私は何をすべきか知っているが、私はできる」tを始めます。しかし、誰かが私を呼んで私を押してくれたら私は少し形を整えるでしょう。[…] 週に一度はいいでしょう。1週間に2回、ああ、それから、あなたは知っている:これは深刻です、ハハ!(ICBT-i、Z-change:0.57、順守:高)
3.3.2。意見の定量分析
χ 2 -Testsは、ICBT-iは(参照治療についてICBT-Dよりも正意見を述べていることが確認図1)。ICBT-iは、73 288のうちの可能な正文(18人の参加回16種類)は、ICBT-D、χに272から対49を作製した中で2 -値 = 4.4、DF = 1、P = 0.04。ICBT-dがICBT-Iよりも負意見を述べ:ICBT-Dで446個の可能な負のステートメントはICBT-I、χ505のうち対53行われたのうち81 2 -値 = 8.6、DF = 1、P = 0.003。治療に関する意見が結果に関連しているかどうかを調査するために、我々は治療後に配布された顧客満足度アンケート(CSQ-8、参照)を分析した。CSQスコアは0〜32ポイントの範囲であり、スコアが高いほど治療に対する満足度が高いことを示します。治療後の平均(標準偏差(SD)、信頼区間(CI))スコアは、ICBT-iでは22.7(5.3、19.9-25.5)、ICBT-dでは23.2(4.4、20.9-25.4)でした。大きな違い。Z-変化はICBT-iではCSQ-8と有意に相関した(r = 0.85、CI 0.64-0.95、p < 0.01)が、ICBT-d では相関しなかった(r = 0.48、CI - 0.002-0.78、p > 0.05)。
また、インタビューで表明された意見についてのデータを調べ、「どのように考えましたか?」という質問に答えました。(非常によく、かなりよく、かなりひどくまたは非常にひどく)。この意見尺度(表3参照、尺度が「良く」と「悪い」に圧縮されている)は、ICBT-iのZ変化と有意に相関していた(r = 0.78、CI 0.48〜0.92、p < 0.01)。 ICBT-dには当てはまらない(r = 0.32、CI - 0.19-0.70、p > 0.05)。我々はまた、治療がどのように行われたかについての彼らの意見に関して群間の違いをチェックするためにフィッシャーの厳密検定を行った(良くも悪くも、表3)。そして、ICBT − 1参加者がよりポジティブであることを示す有意差を見出した(フィッシャー正確検定値 = 0.047、df = 1、p < 0.05)。
参加者には、治療後の治療について、どのような種類の支援を希望するのかをアンケートで尋ねました。選択肢は、(括弧内でこの選択肢を選択したグループあたりの参加者数):インターネットによるサポートのみ(ICBT-i:8、ICBT-d:5)、毎週の電話サポート(ICBT-i:2、ICBT-d:6) 、週1回の個別の対面セッション(ICBT-i:2、ICBT-d:6)、週1回のグループセッション(ICBT-i:4、ICBT-d:0)、連絡なし(ICBT-i:1) 、ICBT − d:0)。
3.4 。動機と遵守
3.4.1。動機と遵守の定性分析
面接分析の間、上下のサブグループからの両方のグループの参加者は、彼らがやる気があり、治療に従事していたこと、そして彼らが治療の方法を遵守していると感じたことを発見した。表3のカテゴリ7.4と7.5 を見ると、上記の平均的なサブグループの参加者は、下位のサブグループと比較して、やる気があり治療に固執していると報告していることがわかります。4つの群全てが治療成分に対して活性であると表現し(図1参照)、ICBT − iはICBT − iよりも少し多いが、ICBT − dサブグループについては差がない。
(遵守)活動をスケジュールすることは重要でした、私はこれについて私の連絡先[セラピスト]に話しました、そして、彼女は私のカレンダーを使うのはOKであると言いました。私はスムーズに働いた何を考えて、私の日常生活にそれを得るのではなく、余分な作業の多くをやって、そう言って。[…] それは私の考えで作業することが重要である、とにかく、それは本当に良かったです。はい、あなたはあなた自身についても多くを学ぶようになったと私は思います、信じられないほど多く。(ICBT-d、Z-change: – 1.3、順守:非常に高い)
(動機)私はそれを望んでいた [仕事へ] と私はそれを信じて、あなたが知っています。私は改善を望んでいました。(ICBT-i、Z-change: – 1.88、順守:中低)
したがって、インタビューは、自己申告の動機、遵守、および活動のレベルは、ほぼ同じではあるが、少なくともICBT-iでは結果と何らかの関係がある可能性があることを示していた。
3.4.2 。動機づけと遵守の定量的分析
他のデータソースでも同じことが示されているかどうかを確認するために、治療の順守についてさらに詳しく 調べたいと思いました。これは、例えば宿題報告書のような治療後評価アンケートと治療プラットフォーム資料を分析することによって行われました。治療後に実施された質問票において、参加者は、「全くない」(0点)から「非常に」(4点)までの5段階尺度で各治療成分をどれだけ使用したかをスコア付けするよう求められた。すべての治療成分の総使用量をZ変化と相関させると、ICBT-i(r = 0.53、CI 0.07-0.81、p < 0.05)とICBT-d(r = 0.56、CI 0.11 )の両方の成分使用量と有意な相関関係が見られました。 –0.82、p < 0.05)。 この仕事の質を考慮しながら、セラピストと参加者間の会話と宿題の完成を見て、遵守の補足分析を行った。この情報を使用して、完成したモジュールの数と治療における活動日数を計算しました。完成したモジュールの数と積極的な治療日数との間でZ変化を相関させるとき、我々はグループまたはサブグループのいずれについてもサンプル全体についても有意な相関を見いださなかった。 3.5 。併存疾患の妨げ 3.5.1。併存疾患の定性分析 ICBT - d lowerは、治療中に、彼らの診断、すなわち不眠症および/または鬱病、ならびに他の病気によって最も妨げられていると自覚するグループとして際立っている。これらのテーマをもっと詳しく見ると(表3を参照)、体の病気や痛みが、ICBT-iサブグループの両方のサブグループの何人かの参加者とのインタビューで明らかになっています。また、ICBT-dの参加者は、彼らが不眠症の症状および/またはうつ病の診断によって妨げられていることをICBT-iの参加者の2倍であると表現しています。 私の診断のために物事を始めるのに問題があると思います。しかし、私はまた昨年椎間板ヘルニアであるというもう一つの合併症を抱えていました、そして私は大きな痛みに苦しんでいました、私は5〜10分以上コンピュータのそばに止まることができませんでした。とても大変でした。(ICBT-d、Z変化: – 0.84、付着性:非常に低い) 私の理論は、私の問題の背後には生理学的なものがあるということ、そして私には他の問題もあるということだと思います。だけでなく、私の睡眠は極端で、私はまた、同時に他の神経学的な問題の数を持っています。だから私は睡眠はそれとホルモンの問題にも関係していると思います。私はそれが考える「生理的な何かによって引き起こされ、あなたが動作するか、他よりもずっとじゃない、あなたが知っています。(ICBT-i、Z-change: – 0.73、アドヒアランス:高) 私が感じたことはない、と今でもドン ” tは他の理由のために落ち込んで感じて [寝問題より] 。私はちょうどそうだった、またはまだ、とてもひどく疲れています。しかし、その状態で、もちろん … それはなった … 全体の存在が硬くなる …(:0.17、アドヒアランス:中ICBT-D、Z-変化します) また「私が言ったように、S、私はリウマチの痛みに苦しんでいると私はときに私は非常に低い気分を取得する」多くの痛みでは、M。しかし、その「うつ病に罹患していると同じではありませんよ、それは」より接続されねウェイクアップと病気に感じ、その種の低い気分であなたを置きます。(ICBT-d、Z変化:0.48、遵守:低い) 3.5.2。併存疾患の定量分析 私たちは、ICBT-dの参加者が実際にはICBT-iよりも併存症により重荷を負っているのか、あるいは、おそらく彼らが治療を妨げている症状についてもっと不平を言っているという事実が治療自体のいくつかの特徴に関係しているのかもしれないという事実を知りたいと思いました。そのため、我々はスクリーニング質問票と元のRCTの評価面接で、併存疾患に関する情報を分析した。オンラインスクリーニング質問票は参加者に20の特定の障害(身体障害、行動医学障害、精神障害、睡眠障害)について尋ね、他の障害を追加する余地があった。次の上映電話インタビューで質問票に報告されている条件について質問され、質問票に忘れられていたり省略されている可能性があるものについても質問されました。参加者は彼らが自分たちが障害を持っていると思ったのか、それとも彼らが医療専門家によって診断されたのかどうか尋ねられた。診断は他の方法では検証されませんでした。診断された併存疾患の総数について、独立した t検定を用いてグループを比較しました。ICBT-d群は、治療前の診断された併存疾患の数が多少多かったが、有意にはそうではなかった(t = 1.2、df = 33、p = 0.2)。併存疾患の平均(SD、CI)数は、ICBT-iが1.8(1.9、0.9-2.8)、ICBT-dが2.8(2.6、1.4-4.1)でした。サブグループを分析したところ、ICBT-1アッパーよりもICBT-1アッパーよりも有意に少ない併存疾患があり(t = 2.4、df = 16、p = 0.03)、ICBT-1よりも低かった(t = 2.0、df = 16) 、p = 0.06)。併存疾患の平均(SD、CI)数は、ICBT-iの上限が1.0の場合:1.0(0.9、0.3-1.7)。ICBT-i下:2.7(2.3、0.9〜4.5)。ICBT − d上限:2.8(2.1、1.2〜4.4)。ICBT-dの低下:2.8(3.2、0.08〜5.4)。 3.6 。受け入れ 3.6.1。受け入れの定性分析 インタビュー資料によると、睡眠障害を受け入れることは、ICBT-iグループの何人かの参加者が満足のいく結果を得るために役立つと考える重要な部分であるとのことです。ICBT-dの参加者は、促進要因としての症状または問題の容認を引き起こさなかった(表3のカテゴリー9.4を参照)。ICBT-iの上位Z-change値を持つ5人の参加者全員が、何らかの方法で睡眠障害の容認を報告しました。 私はそれについての私の考えで多くのことを働いたと信じて、私は完全な夜を寝て、私の8時間の睡眠のというように取得することに重点をたくさん入れました。そして、私はそれについてかなり質問するようになりました。私は再考し、私は信じて、大部分は私が私の睡眠についてはあまり考えて停止したことでした。それはwasn「前ほど重要トンを。また、私はdidnの実現 ” tはそれほど多くの時間を必要とし、それはとにかくうまく働いたこと、ようにと。そう、そういう意味ではかなり変わったのです。(ICBT-i、Z-change:0.54、アドヒアランス:高) はい、私は推測する私は、おそらくことを受け入れている … 物事があるしかしので … しかし、私は持っている、何とか、との折り合いをつける、と、よく、私の人生の状況、そしておそらく私の睡眠の質はそれのおかげで改善されている、私が持っているので、完全に睡眠の薬を使用して停止し、あなたが参照してください。はい。その意味で、私は以前よりずっと気分が良くなりました。(ICBT-i、Z変更:1.33、準拠:中) 3.6.2。受け入れの定量分析 この知見は、RCTで実施された2つの質問票、睡眠問題受容質問票SPAQ(Bothelius et al。、2015)および受け入れおよび行動質問票II、AAQ-II(Bond et al。 2011年)どちらの方法も、受容は心理的治療の変化のメカニズムであるという考えに基づいています。名前が示すように、SPAQは睡眠障害に対する態度を測定するためのものです。それはもともと不眠症の人々からのデータに基づいており、8項目(0〜6ポイント)と48ポイントの最大スコアを持っています。スコアが高いほど、睡眠障害の許容度が高くなります。AAQ-IIは、より一般的な受入質問票であり、一般に心理的問題に対する態度の変化、特に否定的な認識や感情の変化を拾うと想定されているため、ICBT-dグループでも受諾の変化を検知すると考えられる。AAQ-IIには10項目(1〜7点)と最大70点があります。スコアが低いほど、否定的な感情や認識を受け入れやすくなります。インタビューが示しているように、 SPAQをZ変化と相関させると、ICBT-1では、Z変化は治療前から治療後までのSPAQの変化と有意に相関していた(r = 0.68、CI 0.28〜0.88、p < 0.01)。ICBT − dに関して、Z変化とSPAQの変化との間に相関はなかった。 AAQ-IIとZ変化を相関させると、ICBT-1では、Z変化は前処理からFU6までのAAQ-IIの変化と有意に相関していた(r = 0.53、CI 0.02〜0.82、p < 0.05)。ICBT − dについて、Z変化とAAQ − IIの変化との間に相関はなかった。 4 。討論 この研究の参加者は不眠症と鬱病の両方と診断され、以前に報告されたRCTで不眠症または鬱病のいずれかについてICBTを受けていた(Blom et al。、2015a )。本研究の目的は、鬱病または不眠症に対するICBTでの参加者の作業を妨げたり促進したりする要因を見つけ、その結果を将来の研究で検証する仮説を立てるための基礎として使用することでした。これをするために私達は電話インタビューを行ったこれが主な情報源でした。インタビューデータは、主要テーマをさらに調査することを目的とした定量的および半定性的分析を引き起こした。インタビューから浮かび上がってきた、他のデータのより詳細な分析につながる分野は、治療、動機づけと順守、併存症と受け入れについての意見でした。 全体的に見て、ICBT-iよりもICBT-iの方が治療に関して肯定的な意見が多く、ICBT-dではICBT-iより否定的な意見が多くなっています。これは、ICBT-iがICBT-dよりも有効であると判明し、さらなる自己治療報告の必要性が少なくなったという当初の有効性試験の結果と一致しているため、治療効果の間接主観的評価と解釈できる。 。CSQ-8によって測定されるような治療と参加者の満足度は、(同じ又は非常に類似した処理のマニュアルを使用して、他の研究とほぼ同じであったブロムら、2015b、Kaldoら、2015a、Hedmanら、 2013年)、例えば、ある試験のアクティブコントロールグループと比較して高い(グループCohen’s d間)。0.8 Kaldo et al。、2015a )。CSQ-8はICBT-iの結果と相関したが、ICBT-dの結果とは相関しなかった。それでも、サンプルの4分の1の11人もの参加者が、他の治療法を望んでいただろうと述べました。最も成功したサブグループ、ICBT-i上位(ICBT-1の平均を超える治療効果を有する)のうち1人だけが、他の治療を望んでいると報告した。CBTを心理力学的心理療法と比較した定性的研究でも同様の発見がなされたが、それはまた両方の治療からの不満のある参加者が他の治療を望んでいたことを見出した(Nilsson et al。、2007)。)研究への参加に同意する前に、参加者はいくつかの方法で研究が2つの治療のうちの1つを無作為化されることを伴うことを知らされました。それでも、一部の参加者が他の治療法のうちの1つを望んでいる可能性はほとんどありません – 残念ながら、我々は彼らが持っていたかもしれない嗜好に関する治療前のデータを持っていません。この点でICBT-iとICBT-dの間には質的な違いがあるようです – ICBT-dでは、不眠症治療を望んでいる参加者は不眠症介入を望んでいることについて具体的でした。ICBT-iでは、うつ病治療を希望する参加者はそれほど明確ではないと考えていたようです他の治療法が彼らの一般的な妨げとなっている治療の開始を困難にし、治療に集中するのを助けてくれたのかもしれません。参加者の希望と、治療後の鬱病率が満足のいくものではなかったという事実を考えると、将来の研究のための自然なコースはCBT-iとCBT-dの組み合わせであるように思われます。現在、CBT − dのいくつかのバージョンは、不眠症に対する限定的な介入を含む(Hedmanら、2013年、Vernmarkら、2010年)。この研究とそれが基づいているRCTは、おそらく反対のほうがより有益であろう、すなわち不眠症の介入を重視した併用治療であることを示唆している。 仮説1 不眠症のCBTと鬱病のCBTの組み合わせは、不眠症のCBTに重点を置いて、併発性不眠症と鬱病の患者のための唯一の治療よりも効果的です。 予想されたように、治療構成要素を扱うことに関して治療へのより強い順守は、両方のグループにおいてより良い結果と関連していることがわかった。これは、CBTを順守することを検討した以前の研究と一致している(Kaldoら、2015b、El Alaouiら、2015年、Geraghtyら、2010年、Matthewsら、2013年)。正常に完了した治療モジュールの数、または治療に有効な日数のみを見た場合、これは結果と関連していませんでした – 例えばEl Alaoui et al。(2015年)誰が、遵守の尺度として完成したモジュールの数を使用し、それが結果を予測するものであることを発見した。遵守と結果の分析のこれらのやや決定的でない結果は、このサンプルの小さなサブグループの力の問題、または結果が何の認識に影響を与えたかもしれないときに治療後の構成要素の使用を評価したという事実による彼らは治療中にしました。 2つの治療群は、共存症の数や鬱病の症状レベルと不眠症の前治療に有意差はありませんでした。それでも、ICBT-dの参加者は、自分たちの診断や他の併存症の症状が自分たちの治療の仕事を妨げているとさらに不満を訴えました。このことは、うつ病治療は不眠症治療よりもこの患者群にはあまり適していないという疑いを引き起こします。説明がいくつかあります。一つは明白です:不眠症治療は症状の重症度に影響を与えましたうつ病治療以上のもの。したがって、ICBT-dの参加者は治療を通してより多くの症状を経験し、結果としてこれについてより多くの不満を述べました。インタビューから生じるもう一つの、おそらくより推測的な説明は、不眠症の治療よりも、症状レベルが高い患者にとっては、それ自体では鬱病の治療はより困難である可能性があるということです。CBT-iでは、主な介入は基本的にあなたの就寝時間を変更し、就寝時間を減らすことです。CBT-dは、治療の遵守を困難にするような症状、つまり活動レベルの低さや反芻の症状を、それほど正確ではない方法でターゲットにしています。ランシー等。(2014)不眠症治療結果に対するうつ病重症度の影響を調べましたそして、うつ病患者は不眠症治療の恩恵を受けたが、よりうつ病患者は良い効果を得るためにはセラピストによる支援がもっと必要でした。我々の研究では、最も成功したサブグループであるICBT-i upperは他のサブグループよりも共存症が少なく、与えられたサポートに最も満足していましたが、他のグループはより多くの種類のサポートを望んでいました。どのような種類の支援が最も効果的で、誰のために行われているのかについては、まだ調査が必要です。書面によるサポートまたはスタンドアロンの電話サポートの使用は、この調査の参加者からの意見を考慮すると、さらに検討する価値があります。以前の研究では、非常に短時間の電話サポートでも、主要な治療法の順守を高めるのに非常に効果的である可能性があることを示唆しています( Kaldo et al。、2015b)。 仮説2 追加の、または異なる種類のセラピストによる支援は、より合併症の高い患者の転帰を増やすでしょう。 症状関連の問題の受け入れが重要な促進要因として報告されることは予想されていませんでした。彼らの睡眠障害を受け入れることは、治療中に何が役に立つかについての最も成功したICBT-i参加者の思い出の中で際立ったものでした。ICBT-dの参加者は、インタビューの受け入れについて話しませんでした。興味深いことに、不眠症治療を受けているグループでは、全体的な改善は睡眠の受容の尺度(SPAQ)だけでなく、否定的な感情や認識に焦点を当てた一般的な受容の質問票(AAQ-II)とも相関していました。不眠症治療は具体的な睡眠行動の変化を強調し、それは概して概日リズムの安定化と組み合わせて睡眠圧の上昇を介して作用すると考えられている(Morin and Espie、2003)。しかしながら、睡眠制限はまた、患者を疲れて眠いことにさらす。睡眠不足の疲労やその他の昼間の影響を恐れることは不眠症の中心であり、そしてこれらの恐れられた結果にさらされることは非常に重要であるかもしれません。この側面は、通常CBT-iでは強調されていません。受け入れが不眠症治療の変化のメカニズムであるかどうか – そしてもしそうであれば、それがどのように機能するか – はさらに調査される必要がある。 仮説3 睡眠障害、および/または一般に否定的な感情および認識の受容は、CBT − 1における変化のメカニズムである。 この研究にはいくつかの制限があります。35人の参加者を4つのサブグループに分割することは、統計分析のパワーが非常に低いことを意味し、この研究における統計は、特に以前の研究に基づいて予想される関連性が見つからなかった場合にはその観点から見られるべきです。サブグループを作成するために使用された複合Z変化スコアは、患者の全体的な結果をよりよくカバーするために、事後評価および6ヶ月の追跡調査の両方のISIおよびMADRS-S測定値から計算された。参加者が1つの評価から別の評価への非常に異なった採点をしたならば、これはZ-変化スコアに反映されません。したがって、サブグループ分析の解釈は慎重になる必要があります。また、すべての統計分析は、仮説によるものではなく、面接調査の結果によって引き起こされたものです。多重比較によるタイプIエラーのリスクを統計的に説明していないため、注意が必要です。我々が実施した全ての統計的検定の32%(37のうち12)が有意な結果を有していたので、これは純粋な偶然水準の5%をかなり上回っていた。重要な結果はしばしば同じ方向、すなわちICBT-dに対するICBT-iの一般的な優位性を指し示しており、これもまた無作為ではなく系統的な効果を示している。面接は治療の約6ヵ月後に行われました。これは、特にうつ病や不眠症の症状がまだある人にとって、面接対象者が詳細を思い出すのは難しいことを意味します。の 我々が実施した全ての統計的検定の32%(37のうち12)が有意な結果を有していたので、これは純粋な偶然水準の5%をかなり上回っていた。重要な結果はしばしば同じ方向、すなわちICBT-dに対するICBT-iの一般的な優位性を指し示しており、これもまた無作為ではなく系統的な効果を示している。面接は治療の約6ヵ月後に行われました。これは、特にうつ病や不眠症の症状がまだある人にとって、面接対象者が詳細を思い出すのは難しいことを意味します。の 我々が実施した全ての統計的検定の32%(37のうち12)が有意な結果を有していたので、これは純粋な偶然水準の5%をかなり上回っていた。重要な結果はしばしば同じ方向、すなわちICBT-dに対するICBT-iの一般的な優位性を指し示しており、これもまた無作為ではなく系統的な効果を示している。面接は治療の約6ヵ月後に行われました。これは、特にうつ病や不眠症の症状がまだある人にとって、面接対象者が詳細を思い出すのは難しいことを意味します。の ICBT-dに対するICBT-iの全般的な優位性。これは、ランダムではなく系統的な影響も示しています。面接は治療の約6ヵ月後に行われました。これは、特にうつ病や不眠症の症状がまだある人にとって、面接対象者が詳細を思い出すのは難しいことを意味します。の ICBT-dに対するICBT-iの全般的な優位性。これは、ランダムではなく系統的な影響も示しています。面接は治療の約6ヵ月後に行われました。これは、特にうつ病や不眠症の症状がまだある人にとって、面接対象者が詳細を思い出すのは難しいことを意味します。の評価者間信頼性尺度は6人のインタビュー(17%)の記録に基づいていた。この尺度は、面接分析から生成されたカテゴリの正当性を示すものとしてのみ見なされるべきであり、研究全体の最終的な有効性および信頼性を表すものとしてではありません。すべての定性的研究と同様に、アナリストの偏見はインタビューの分析とさらなる調査のために選ばれたテーマに必然的に影響を与えるでしょう。 4.1 。概要 我々は、ICBT-iの参加者は彼らの治療に対してより積極的であり、治療を行う上での障害要因が少ないと報告した。特にうつ病の治療を受けている人にとっては、複数の併存疾患を抱えていることが妨げとなるようです。治療成分の自己申告による使用として定義される順守は、転帰と正の関連がありました。睡眠障害、否定的な感情および思考の受容は、CBT-iの転帰と正に関連していました。将来の研究仮説の提案:1)不眠症のCBTに重点を置いた、不眠症のCBTと鬱病のCBTの組み合わせは、1つの治療法よりも効果的です。2)追加の、または異なるタイプのセラピストによる支援は、より合併症の高い患者の転帰を増加させるでしょう。 利息の宣言 無し。 謝辞 インタビューをすべて記録してくれたインターネット精神科クリニックのメディカルセクレタリーであるKarin Larseに、そして行政支援のためにMonica Hellbergに感謝します。このプロジェクトは、ストックホルム郡評議会とカロリンスカ研究所(20100026)、セーダーストロム – ケーニヒスカ財団(SLS-156621)、KIファンド(2011FoBi0770)およびAFAシックネス保険研究基金(2011FoBi0770)との医療訓練および臨床研究に関する地域協定(ALF)によって賄われました。2999 / 09−721)。 参考文献 Andersson et al。、2005 G. アンダーソン、J. バーグストロム、F. Holländare 、P. Carlbring 、V. Kaldo 、L. Ekselius うつ病のためのインターネットベースのセルフヘルプ:ランダム化比較試験 Br。J. Psychiatry 、187 (2005 )、pp。456 – 461 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Araújoet al。、2016 T. アラウージョ、DC Jarrin 、Y. Leanza 、A. Vallières 、CM モリン 不眠症の定性的研究:分野における知識の現在の状態 睡眠中。牧師(2016 ) Google Scholar Beattie et al。、2009 A. Beattie 、A. Shaw 、S. Kaur 、D. Kessler プライマリケア患者の鬱病に対するオンライン認知行動療法に対する期待と経験:定性的研究 健康への期待 、12 (2009 )、頁。45 – 59 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Bendelin et al。、2011 N. Bendelin 、H. Hesser 、J. ダール、P. Carlbring 、KZ ネルソン、G. アンダーソンの うつ病のためのガイドインターネットベースの認知行動治療の経験:質的研究 BMC精神医学、11(2011)、p。1 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Bijl and Ravelli、2000 RV Bijl 、A. Ravelli 現在および精神病理に関連した残留機能障害:オランダメンタルヘルス調査や発生率研究からの所見(NEMESIS) サイコロ。メド。、30 (2000 )、PP。657 – 668 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Blom et al。、2015a K. ブロム、S. Jernelöv 、M. Kraepelien 、MO Bergdahl 、K. Jungmarker 、L. Ankartjärn 、N. Lindefors 、V. Kaldoの 両方の診断を有する患者のための不眠症やうつ病のいずれかをアドレッシングインターネット治療:無作為化試験 Sleep 、38 (2015 )、pp。267 – 277 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Blom et al。、2015b K. ブロム、H. Tarkian Tillgren 、T. Wiklund 、E. Danlycke 、M. Forssen 、A. Soderström 、R. ヨハンソン、H. Hesser 、S. Jernelöv 、N. Lindefors 、G. アンダーソン、V. Kaldo Internet-不眠症に対する群提供認知行動療法対無作為化比較非劣性試験 ふるまい。結果 その 、70 (2015 )、頁。47 – 55 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Bond et al。、2011 FW Bond 、SC Hayes 、RA Baer 、KM Carpenter 、N. Guenole 、HK Orcutt 、T. Waltz 、RD Zettle 受容性と行動に関するアンケートの予備的心理学的特性―II:心理的な柔軟性の欠如と体験的な回避の尺度 ふるまい。その 、42 (2011 )、頁676 – 688 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Bothelius et al。、2015 K. Bothelius 、S. Jernelöv 、M. Fredrikson 、LM マクラッケン、V. Kaldo 睡眠困難の受け入れを測定:スリープ問題受入アンケートの開発 スリープ、38 (2015 )、頁。1815年- 1822年の Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード BurcusaとIacono、2007年 SL Burcusa 、WG Iacono うつ病の再発リスク クリン サイコロ。牧師、27 (2007 )、頁959 – 985 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース バトラー他、2006 AC バトラー、JE チャップマン、EM フォルマン、AT ベック 認知行動療法の経験的地位:メタアナリシスのレビュー クリン サイコロ。牧師、26 (2006 )、頁。17 – 31 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Buysse et al。、2008 DJ Buysse 、J. 鬼胎、A. ガンマ、V. Ajdacic 、D. アイヒ、W. レスラー 有病率、当然、および若年成人における不眠症とうつ病の併存疾患 Sleep 、31 (2008 )、pp。473 – 480 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Daley et al。、2009 M. デイリー、CM モリン、M. ルブラン、JP グレゴワール、J. Savard 不眠症の経済的負担:不眠症症候群、不眠症の症状を持つ個人のための直接的および間接的なコスト、良い枕木 スリープ、32 (2009 )、頁。55 – 64個の Scopus Google Scholarでレコードを表示する Donkin and Glozier、2012年 L. Donkinに、N. Glozier 動機とオンライン心理学的介入に固執する動機:治療完了者の質的研究 J.Med。インターネット解像度 、14巻(2012年)、p。e91 CrossRef Google Scholar El Alaoui et al。、2015 S. エルAlaoui 、E. Hedman 、B. Ljótsson 、N. Lindefors ルーチン精神科医療における社会不安障害のためのセラピスト誘導インターネットベースの認知行動療法の長期効果と予後予測因子 BMJオープン、5(2015)、p。e007902 CrossRef Google Scholar 2004年フリック U. フリック 質的研究における三角測量 定性的研究のコンパニオン(2004 )、pp。178 – 183 Scopus Google Scholarでレコードを表示する フォードとカメロー、1989 DE フォード、DB Kamerow 睡眠障害と精神障害の疫学的研究。予防の機会はありますか? JAMA 、262 (1989 )、pp。1479 – 1484 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Geraghty et al。、2010 AW Geraghty 、AM Wood 、ME ハイランド 自主的介入からの消耗:心理学的予測因子、介入内容および身体不満介入介入からの脱落の関係の調査 Soc。サイ。メド。、71 (2010 )、頁。30 – 37 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Guvåand Hylander、2003年 G. グヴァー、I. ハイランダー グラウンデッド理論、研究展望を 生み出す 理論 Liber 、Stockholm (2003 ) Google Scholar Hedman et al。、2013 E. Hedman 、B. Ljótsson 、V. Kaldo 、H. Hesser 、S. エルAlaoui 、M. Kraepelien 、E. アンダーソン、C. ラック、C. Svanborg 、G. アンダーソン、N. Lindeforsの インターネットベースの認知の有効性精神科医療におけるうつ病の行動療法 J.Affect。無理。(2013年) Google Scholar Holländareet al。、2016 F. Holländare 、SA グスタフソン、M. Berglind 、F. ブドウ、P. Carlbring 、G. アンダーソン、H. Hadjistavropoulos 、M. Tillfors 抑うつ症状のためのインターネットベースの認知行動療法(ICBT)でセラピストビヘイビア インターネット間隔 、3 (2016 )、頁。1 – 7 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Jernelövet al。、2012 S. Jernelöv 、M. Lekander 、K. ブロム、S. Rydh 、B. Ljótsson 、J. Axelsson 、V. Kaldo 共病的および原発性不眠症、無作為化のためのセラピストガイダンスを伴うまたは伴わない行動自助治療の有効性対照試験 BMC精神医学、12(2012)、p。5 Google Scholar Kaldo et al。、2015a V. Kaldo 、S. Jernelöv 、K. ブロム、B. Ljótsson 、M. Brodin 、M. ヨルゲンセン、M. Kraepelien 、C. ラック、N. Lindefors 対照処理と比較して、不眠症のためのガイドインターネット認知行動療法-無作為裁判 ふるまい。結果 その 、71 (2015 )、頁90 – 100 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Kaldo et al。、2015b V. Kaldo 、J. Ramnerö 、S. Jernelöv 治療方法でクライアントを伴う:治療関係に無視インタラクション J.相談してください。クリン サイコロ。、83 (2015 )、頁1136 – 1141 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Kim et al。、2000 K. キム、M. 内山、M. 大川、X. 劉、R. 荻原 日本人一般集団の中で不眠症の疫学調査 スリープ、23 (2000 )、頁。41 – 47 Scopus Google Scholarでレコードを表示する Lancee et al。、2014 J. Lancee 、MJ Sorbi 、MC Eisma 、A. ヴァンStraten 、J. ヴァンデン試合 への支援の効果インターネット配信不眠症の治療を:ベースラインうつ病の重症度に関係していますか? ふるまい。その 、45 (2014 )、PP。507 – 516 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Lillevoll et al。、2013 KR Lillevoll 、M. ウィルヘルムセン、N. Kolstrup 、RS Høifødt 、K. ウォータールー、M. Eisemann 、MB リソル うつ病のためのガイドインターネットベースの治療における有用性の患者の経験:統合された治療寸法の質的研究 J.Med。インターネット解像度 、15 (2013 )、第e126 条 CrossRef Google Scholar Matthews et al。、2013 EE Matthews 、JT Arnedt 、MS Mccarthy 、LJ Cuddihy 、MS Aloia 不眠症に対する認知行動療法の遵守:系統的レビュー 睡眠中。牧師、17 (2013 )、頁453 – 464 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Morin and Espie、2003 CM Morin 、CA Espie 不眠症:評価と治療のための臨床医のガイド スプリンガー(2003 ) Google Scholar Morin et al。、2011 CM モリン、G. ベルヴィル、L. Belanger 、H. Ivers ザ・不眠症の重症度指数:不眠症のケースを検出し、治療応答を評価するための心理指標 Sleep 、34 (2011 )、pp。601 – 608 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Morin et al。、2006 CM モリン、RR Bootzin 、DJ Buysse 、JD エディンガー、CA ESPIE 、KL Lichstein 心理や不眠症の行動療法:最近の証拠の更新(1998-2004) Sleep 、29 (2006 )、pp。1398 – 1414 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Nilsson et al。、2007 T. ニルソン、M。 スヴェンソン、R。 サンデル、D。 クリントン 認知行動療法および心理療法における変化の患者の経験:定性的比較研究 サイコザー。結果 、17 (2007 )、頁553 – 566 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード オハヨンとロス、2003年 MM Ohayon 、T. Roth うつ病および不安障害の過程における慢性不眠症の場所 J.結果 、37 (2003 )、頁9 – 15 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Paxling et al。、2013 B. Paxling 、S. ラングレン、A. ノーマン、J. Almlöv 、P. Carlbring 、P. Cuijpers 、G. アンダーソン インターネット配信認知行動療法におけるセラピストの行動:全般性不安障害の治療におけるメール対応の分析 ふるまい。コグ サイコザー。、41 (2013 )、PP。280 – 289 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Perlis et al。、1997 ML Perlis 、DE Giles 、DJ Buysse 、X. Tu 、DJ Kupfer 再発性鬱病の前駆症状としての自己 申告による 睡眠障害 J.Affect。無理。、42 (1997 )、PP。209 – 212 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース RiemannとPerlis、2009年 D. Riemann 、ML Perlis 慢性不眠症の治療:ベンゾジアゼピン受容体アゴニストと心理療法および行動療法のレビュー 睡眠中。牧師、13 (2009 )、頁205 – 214 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Soldatos、1994 鬱病と不安に関連した CR Soldatos 不眠症:疫学的考察 J. Psychosom。結果 、38 (補遺1 )(1994 )、 頁38 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Svanborg andÅsberg、1994 P. Svanborg 、M. アスベルグ 総合精神病理学的評価尺度に基づき、うつ病や不安状態のためのA新しい自己評価尺度 Acta Psychiatr。スキャンします。、89 (1994 )、頁。21 – 28 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード Vernmark et al。、2010 K. Vernmark 、J. Lenndin 、J. Bjärehed 、M. カールソン、J. カールソン、J. Oberg氏、P. Carlbring 、T. エリクソン、G. アンダーソン インターネット個別電子メール療法に対する投与導か自助:無作為大うつ病に対するCBTの2つのバージョンの試験 ふるまい。結果 その 、48 (2010 )、頁368 – 376 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース 2004年ウォルシュ JK ウォルシュ 不眠症の臨床的および社会経済的相関 J.Clin。精神医学、65 (補遺8。 )( 2004 )、頁。13 – 19 Scopus Google Scholarでレコードを表示する WittchenとJacobi、2005年 H.-U. Wittchen 、F. Jacobi ヨーロッパにおける精神障害の規模と負担 – 27の研究の批評的総説と評価 ユーロ。神経精神薬。、15 (2005 )、頁357 – 376 記事のダウンロードPDF Scopusの中に見るのレコードGoogleニュース Young et al。、2008 アレクサンダー・S・ ヤング、ルース・ クラップ、レベッカ・ ショアイ、ケネス・B ・ウェルズ 米国における永続的な鬱病と不安:有病率とケアの質 精神科 サービス 、59 (2008 )、頁。1391 – 1398 Scopus Google ScholarのCrossRef ビューレコード ☆ 研究のための設定:インターネット精神医学クリニック、ストックホルム、スウェーデン。 ☆☆ 試験登録:この試験は、並行試験と一緒にClinicaltrials.govで“ Internet-CBT for Insomnia”登録ID:NCT01256099として登録された。 ©2016作者。Elsevier BVによって出版された https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2214782916300161