このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

不眠症は地域の高齢者の間で非常に流行しています。

不眠症の訴えを持つ個人は、しばしば体力が劣っています。
抽象
目的
中国河北省の地域高齢者における睡眠障害と不眠症の疫学を調査し、潜在的な社会人口統計学的および臨床的相関および薬物使用を調査すること。
方法
この横断研究は河北省の4つの主要都市に居住していた60歳以上の地域社会の成人を対象に実施されました。基礎的な社会人口学的および臨床的データを収集し分析した。合計3176人の高齢者(男性1292人、70.2±6.8歳;女性1884人、68.8±6.7歳)にインタビューを行った。参加者全員が標準化された質問表にインタビューを受け、不眠症スクリーニングを受けた。
結果
不眠症の有病率は37.75%であった。最も一般的なタイプの睡眠障害は、睡眠を維持することの困難さ、続いて睡眠の開始および早朝の覚醒の困難さでした。決して喫煙しないこと、親を失うこと、冠状動脈性心臓病の病歴、および鬱病の症状を経験することは、男性における不眠症の独立した危険因子であった。時折の飲酒は、男性の不眠症に対する独立した予防要因でした。高齢、鬱病の症状、脳出血歴、高脂血症、配偶者のいない生活、軽度の認知障害は、女性の不眠症の独立した危険因子でした。不眠症のあるサンプルの11.1%だけが睡眠薬を定期的に服用していました。
結論
不眠症は河北省のコミュニティ高齢者の間で非常に流行しています。睡眠薬を定期的に服用している人の割合は、不眠症の人の間では低いです。不眠症の症状がある人は、身体的および精神的な健康状態がよくないため、より多くの医療処置が必要になることがあります。高齢者の不眠症を軽減するために、心理社会的行動および個人的行動を含む包括的な対策を実施する必要があります。
前の記事次の記事
キーワード
不眠症中国お年寄り疫学コミュニティ睡眠
Y.-MWとH.-GCはこの記事に等しく貢献しました。
©2015 Elsevier BV無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S138994571502047X