このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
慢性不眠症は症状を無効にし、機能的能力を低下させることに関連しています。それは心不全(HF)および偶発的死亡率の発生に寄与し得る。我々の以前の研究では、注意管理条件として提供されたHF自己管理教育と比較した不眠症の認知行動療法(CBT-I)は実行可能で許容でき、HF患者の不眠症と疲労に大きな影響を及ぼした。
目的
このランダム化比較試験(RCT)の目的は、不眠症の重症度、睡眠特性、昼間の症状、症状群、機能的性能、および健康に対するHF自己管理教育(注意管理)と比較したCBT-I群の持続的効果を評価することです安定した心不全患者のケア利用 我々は、CBT-Iの費用対効果を推定し、無イベント生存期間(EFS)に対するCBT-Iの効果を探究する。
方法
200人の参加者が単一のセンターパラレルグループ(CBT-1対アテンションコントロール)RCTにクラスター化されてランダム化されます。手首のアクティグラフィーと自己申告は不眠症、睡眠の特徴、症状、そして機能的なパフォーマンスを引き出すでしょう。睡眠障害の影響を評価するために精神運動警戒テストを使用し、日中の機能への影響を評価するために 6分歩行テストを使用します。医療記録の見直しとインタビューは、医療利用とEFSを引き出すでしょう。統計的手法には、一般的な線形混合モデルと潜在的遷移分析が含まれます。競合するリスクアプローチを用いた確率論的費用対効果分析を採用して費用対効果分析を実施する。
討論
結果は、慢性併発性不眠症のHF患者に一般化することができ、そして広帯域環境へのCBT-1の普及と翻訳に焦点を当てた将来の研究への道を開く。
前の記事次の記事
略語
アレス無呼吸リスク評価システムBLベースラインCBT-I不眠症に対する認知行動療法EFSイベントフリーサバイバルEMR電子カルテHF心不全LVEF左室駆出率PHQ-9患者健康調査票-9QALY品質調整された生活年RCTランダム化比較試験SA睡眠時無呼吸
キーワード
自己管理心不全不眠症認知行動療法睡眠症状
©2017 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1551714416302671