このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

抽象
バックグラウンド
てんかんを有する退役軍人における不眠症の高い罹患率にもかかわらず、それはまだ研究されていない。私たちの目的は、サウスフロリダの退役軍人における不眠症とてんかん、併存疾患、および治療に関連する変数との関連を特定することでした。
方法
我々は18 か月以上てんかんクリニックに通う退役軍人の断面分析を行った。参加者は発作と睡眠の標準化された評価を完了しました。不眠症は、1)睡眠の開始、維持、または日中の結果による早期の覚醒の困難、または2)前月のほとんどの夜の鎮静催眠使用として定義された。
結果
165人の退役軍人(男性87%、年齢56 ± 15 歳)が含まれた:66人が不眠症を報告した(40%)。ロジスティック回帰分析では、不眠症は心的外傷後発作の病因、ラモトリジンの処方、気分および精神病性障害と有意に関連していた。女性の性別およびレベチラセタム治療は、不眠症に対するより低い可能性と関連していた。
結論
不眠症は心的外傷後てんかん、気分/精神病併存症、および抗てんかん療法と関連していた。不眠症は包括的なてんかん治療を改善するための認識されていない機会を表しています。
ハイライト
►米国の退役軍人における不眠症の症状をてんかんで調べます。►てんかんを持つ退役軍人の40%が不眠症の症状を持っていました。►不眠症は精神医学的診断、ラモトリジン、および心的外傷後てんかんと関連していました。►女性の性別およびレベチラセタム治療は不眠症に対して保護的でした。►不眠症のスクリーニングは日常的なてんかん治療の一部であるべきです。
前の記事次の記事
キーワード
退役軍人てんかん不眠症睡眠障害心的外傷後てんかんラモトリジンレベチラセタム

資金援助:この研究はVAてんかんのCenter of Excellenceからの助成金によって資金を供給されました。
エルゼビア社発行

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1525505013000279

関連記事はこちら