このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

目的
不眠症は、その起源が様々な変数に起因すると最も一般的な睡眠障害です。現在の研究は、その予測因子のいくつかを調査することによって不眠症の症状を予測することを目的としています。
方法
うつ病や不安症状、心配、就寝前覚醒(認知覚醒および体性覚醒)、機能不全認知、および睡眠に関するメタ認知的信念などの多数の変数が不眠症予測因子として評価されました。テヘラン医科大学の合計400人の学生が、うつ病不安ストレススケール(DASS)、ペン状態心配アンケート(PSWQ)、睡眠前覚醒スケール(PSAS)、機能不全の信念および睡眠スケールに関する態度(DBAS)を記入しました。 -10)、メタ認知アンケート – 不眠症(MCQ-I)、および不眠症重症度指数(ISI)。
結果
すべての変数は不眠症の症状と有意に相関していた(P <0.001)。段階的重回帰分析は、認知的覚醒、睡眠についての機能障害的な信念、睡眠についてのメタ認知的な信念、および鬱症状を含む不眠症の予測モデルを示唆した。 結論 調査結果は、不眠症の症状を予測するための認知的およびメタ認知的変数の重要な役割を強調しています。さらに、これらの結果は、睡眠についてのメタ認知的信念が不眠症の文脈における重要な要素として考慮される必要があるかもしれないことを示唆している。 前の記事次の記事 キーワード 不眠症うつ病不安心配覚醒認知メタ認知 著作権©2014 Elsevier Inc.無断複写・転載を禁じます。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1550830714000706