このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ハイライト

米国成人の自己申告不眠症の傾向を調べた(2002年、2007年、2012年)。

不眠症の年齢調整された有病率は17.4%から18.8%に増加しました。

不眠症の有病率ほとんどの人口統計学グループで増加しました。

糖尿病を有する成人は、不眠症の有病率において27.0%の相対的増加を示した。

日中の過度の眠気の割合は、9.8%から12.7%に増加しました。
抽象
目的
不眠症は、米国およびその他の地域で流行している疾患です。それは様々な身体的および精神的状態に関連しており、そして生活の質、職場での生産性、および学校の​​成績に悪影響を及ぼす。本研究の目的は、米国の成人における自己申告不眠症および過度の日中の眠気の傾向を調べることであった。
方法
2002年(30,970人の参加者)、2007年(23,344人の参加者)、および2012年(34,509人の参加者)の国民健康面接調査の18歳以上の参加者のデータを使用した。
結果
不眠症または睡眠障害の未調整の罹患率は、2002年の17.5%(3750万人の成人を表す)から2012年の19.2%(4620万人の成人を表す)へと増加した(相対的な増加:+ 8.0%)(P傾向<0.001)。年齢調整有病率は17.4%から18.8%に増加した。18〜24歳、25〜34歳、55〜64歳、および65〜74歳の参加者、男性、女性、白人、ヒスパニック、糖尿病の参加者、および関節痛の参加者の間で有意な増加が見られました。18〜24歳の参加者(+ 30.9%)と糖尿病の参加者(+ 27.0%)との間で大きな相対的な増加が見られました。定期的に過度の昼間の眠気があると報告した参加者の年齢調整割合は、9.8%から12.7%に増加しました(P傾向<0.001)。大部分の人口統計グループでは、大幅な増加が見られました。最も増加が大きかったのは、25〜34歳の参加者でした(+ 49%)。高血圧、慢性閉塞性肺疾患、喘息、および関節痛のある参加者の間でも増加が見られました。 結論 健康とパフォーマンスに対する不眠症の有害な影響を考えると、米国の成人における不眠症の有病率の増加と過度の日中の眠気は、潜在的に厄介な開発です。 前の記事次の記事 キーワード 関節痛糖尿病健康調査不眠症人口サーベイランス傾向 Elsevier BVによって出版された https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389945715000301